英語 中国簡体 中国繁体 韓国語

口コミが多い美容整形外科のメニューを地域別に医師が解説

大阪で脂肪吸引の名医を探す方法を医師が解説

公開日:2022年05月19日(木)
最終更新日:2022年05月31日(火)

大阪
ウエストが細い女性
           
ご予約

このページを読むのに必要な時間は約 9 分です。
最後まで有意義なページになっていますので是非ご覧ください。

「なかなか落ちない脂肪」、「ダイエットをしてもすぐにリバウンドしてしまう」、「二の腕や太ももだけ補足したい」、「背中の脂肪が気になる」など、どれだけダイエットを頑張っても狙った部位を細くするというのはとても難しいですよね。

こんなお悩みにおすすめなのが脂肪吸引です。

今回は脂肪吸引の有効性を紹介するとともに、「脂肪吸引で本当に安全なのか」といった疑問にお答えしていきたいと思います。

 

大阪で脂肪吸引の名医を探すポイント

また、脂肪吸引はカニューレを体内に挿入するため、解剖学をしっかり学んでいる医師を選ぶことが大切です。

どんなに上手い医師であってもトラブルは避けて通れません。

そのため、万が一トラブルになった際に適切に処置をしてくれる医師を探すことがポイントです。

大阪には美容外科クリニックが梅田や心斎橋、難波に集中してあるため、治療前に複数のクリニックのカウンセリングを受ける事が容易です。

そのため1つのクリニックのカウンセリングを受けて、そのクリニックで治療する事をすぐに決めるのではなく、いろいろなクリニックを回って、しっかりとドクターが注意事項や副作用を説明してくれるかどうかなど、自分自身で見極めてからクリニックを選ぶことが名医を探すことでとても重要になります。

 

 

 

脂肪吸引とは?

脂肪吸引とは、脂肪が多くついている部位から脂肪細胞を吸引することで、「細身」を実現する美容医療です。

「太る」原因にもなる脂肪細胞は、供給されるカロリーやエネルギーの量に応じて、縮んだり膨らんだりするという特徴があります。

脂肪細胞が膨らむことによって、外見としては太って見えてしまうということになります。

特に皮下脂肪においては、脂肪細胞が膨らむことで「太る」、脂肪細胞が縮むことで「痩せる」というような現象が起こります。

一般的なダイエットを行なった際には、脂肪細胞が縮む事で痩せてスリムに見えるということになります。

しかし、脂肪細胞そのものの量や数は変わっていないため、ダイエットを中断して気を抜いてしまうことですぐに脂肪細胞は大きく膨らんでしまいます。

これがリバウンドという現象になります。

つまり、短期的に痩せるだけではなく、長期的に太りにくい体質を作っていくためには、脂肪細胞そのものの量を減らしていくという戦略が重要になります。

そこで効果的なのが脂肪吸引です。

脂肪吸引を行って脂肪細胞を吸引除去することで、太って見える根本的な原因そのものを少なくすることができるので、見た目をスリムにするだけではなく、太りにくくリバウンドしにくい体質を作っていくことができます。

脂肪吸引の方法としては、カニューレと呼ばれる細い管のような医療機器を狙った部位に挿入し、マシンを使って脂肪細胞を吸引していきます。

顔(フェイスライン)、二の腕、お腹周り、太もも、などなど…

しつこく落ちにくい脂肪がずっと気になっているという部位だけを狙って、ピンポイントに脂肪細胞を減らすことが可能です。

そのため、全身的なダイエットをしたいという方だけではなく、フェイスラインの脂肪だけが気になるという方や、バストやヒップのサイズを落とさずウエストだけを細くしたいという方にもおすすめできる痩身術となります。

 

 

大阪本院で行っている脂肪吸引

ベイザーを手に持つ磯野医師

大阪院では、一般的な脂肪吸引に加え、共立美容外科オリジナルの「共立式KB脂肪吸引」という手術をご用意しております。

脂肪吸引のデメリットの一つとして、多少なりとも傷跡が残ってしまうということが挙げられます。

カニューレは非常に細いのですが、それを体に挿入するということになりますので、少なからず傷跡が残ってしまいます。

手術の傷跡は時間とともに薄く小さくなっていきますが、それでも、全く手術痕を残さないということは難しいです。

共立美容外科では、脂肪吸引の際の傷跡を可能な限り小さく残らないようにするということを目標に、共立独自の傷跡保護シートを開発しました。

共立式KB脂肪吸引では、共立美容外科が開発し特許を取得している傷跡保護器具「KBシース」を使用することで、手術後の傷跡が一般的な脂肪吸引よりも目立ちにくくなります。

また、共立式KB脂肪吸引では、様々な部位や理想的な仕上がりのご要望に対応できるように、53種類ものカニューレをご用意しております。

ターゲット部位や目標の仕上がりに応じて細かくカニューレを選択していくことで、より理想的な脂肪吸引を行うことが可能となります。

お腹の脂肪吸引とフェイスラインの脂肪吸引を同じ形状のカニューレで行うというのは少なからず無理があるため、当院ではおひとりお一人に合わせたカニューレを選択して手術を行っていきます。

また、共立式KB脂肪吸引では、吸引部位が凸凹にならないように、直接手で触れながら「どれだけ脂肪を吸引できたか」を確認していくブラインド術を取り入れています。

当院オリジナルの医療機器を使用していくことはもちろんのこと、手術(手術)を行う医師の技術レベルも高いため、安心して手術を受けていただくことができます。

共立美容外科では、当院が定める一定の技術基準を越えた医師のみしか手術を行うことができないようなルールを設けておりますので、技術不足の医師が手術を担当するということはありえません。

なめらかな仕上がりで、傷跡がほとんど残らず、独自で開発し特許も取得した器具を使用し、高い技術力で行うのが、大阪院の「共立式KB脂肪吸引」です。

 

脂肪吸引の3つのメリットとは?

脂肪吸引の3つのメリットを説明する看護師

脂肪吸引とは、脂肪細胞そのものを吸引除去することで、部分痩せを実現させることはもちろん、長期的にも太りにくい体質を手に入れることができる痩身術です。

ここでは、脂肪吸引のメリットを3つに絞って、より具体的に紹介させていただきます。

 

部分痩せが可能

脂肪吸引のメリット1つ目が部分痩せです。

狙った部位(ターゲット部位)の脂肪細胞だけをピンポイントに減らすことができるというのは脂肪吸引ならではの大きなメリットです。

脂肪が落ちにくいフェイスラインや二の腕、太もも、脇腹など、気になる部分の脂肪だけを減らしていくことが可能となります。

食事制限や運動などでダイエットを行っていくことで、筋肉がついてしまったり、バストやヒップなどのサイズが落ちてしまったり、頬がこけてしまって不健康な印象が出てしまうというケースも多くあります。

そのような方であっても、脂肪吸引を選択することで、ピンポイントな部分痩せが可能となります。

 

太りにくい体質が作れる

脂肪吸引のメリット2つ目が太りにくい体質に変えられるということです。

一般的なダイエットの場合、膨らんだ脂肪細胞を小さく縮めることでスリムな印象に変えていくことになります。

しかし、一度膨らんだことがある脂肪細胞は、一旦縮んだとしてもまた簡単に膨らんでしまうため、これがリバウンドの原因となります。

脂肪吸引であれば、脂肪細胞を縮めるのではなく脂肪細胞そのものの量を減少させることで太りにくい体質を作ることができます。

何度もリバウンドしてしまっているという方は、一度脂肪吸引を受けて脂肪細胞の量を減らしてあげることで、リバウンドしにくい体質を作ることができる可能性があります。

 

直ぐに結果が出せる

脂肪吸引のメリット3つ目がすぐに結果が出るということです。

なかなか結果が出ないのがダイエットであり、挫折してしまったという方も多いかと思います。

脂肪吸引であれば手術後すぐに脂肪細胞の量が減少しますので、術後の腫れや炎症が収まった段階ですっきりとした印象に変えることができます。

とにかくすぐに結果を出したいという方は、脂肪吸引も選択肢に入れておくのが良いでしょう。

 

 

脂肪吸引は安全なの?

脂肪吸引が安全かどうかを説明する医師

脂肪吸引の「良い側面」をたくさん紹介してきました、そんな脂肪吸引にはどのような副作用やリスクがあるのでしょうか。

脂肪吸引は安全なのかということを考えていきたいと思います。

 

リスク

脂肪吸引はカニューレとよばれる医療器具を体に穿刺することで、脂肪細胞を吸引除去する手術方法です。

そのため、体には小さいながらも傷跡が残ります。

さらに皮下脂肪を吸引していくため、手術を行った部位には腫れや炎症が生じます。

全く体にダメージを与えず脂肪吸引をするということは不可能であり、手術に伴う一般的なリスク(感染症や血腫など)は存在します。

大きく切開するような手術ではありませんので、術後何週間も安静にしなければならないということはありませんが、手術を行った翌日から普段通りの生活ができるというわけではありませんので、脂肪吸引を行う際には仕事や日常生活への影響を考慮しておく必要があります。

 

ダウンタイムは?

脂肪吸引に伴う副作用のほとんどは数日~2週間程度で消失していきます。

痛みや腫れ、内出血、むくみなどが症状としてよく見られます。

ダウンタイムは手術部位によって異なりますが、通常1週間~1カ月程度になる事が多いです。

仕事をされている方の場合は、最低3日、可能であれば5日~1週間程度休みを取っておくのがおすすめです。

脂肪吸引をする部位によりますが、最低でも2~3日程度は自宅でゆっくりする時間を確保しておくのが良いでしょう。

手術後すぐにイベントがあるような場合は、手術の日程をずらすなどの対応がお勧めです。

 

 

 

共立美容外科も選択肢の1つ

脂肪吸引のカウンセリングをする医師

脂肪吸引は、狙った部位の脂肪細胞をピンポイントに除去することができる効率的な痩身術です。

フェイスラインや二の腕、背中や脇腹の脂肪だけを落としたいという方や、何度ダイエットをしてもリバウンドしてしまうという方には特におすすめです。

もちろん脂肪吸引にもリスクはありますが、手術のリスクやダウンタイムなどをしっかりと理解した上で手術に望むことで、大半のリスクは未然に回避することが可能です。

「脂肪吸引は気になっているけれども少し強い」と感じられている方には、脂肪を溶解する手術である脂肪溶解注射などもご用意しております。

現代医学では様々な痩身術が可能となっておりますので、「なかなか落ちない脂肪」にお悩みを抱えている方は、お気軽にご相談ください。

 

大阪本院(心斎橋)

大阪本院 内装

■住所
〒542-0086
大阪府大阪市中央区西心斎橋1丁目1−13
5・6F 東邦ビル
■お電話
0120-500-340

大阪本院(心斎橋)の詳細はコチラから▶

 

大阪メトロ御堂筋線 心斎橋駅 徒歩0分

大阪メトロ長堀鶴見緑地線 徒歩0分

 

 

梅田院

梅田院の内装

■住所
〒530-0001
大阪府大阪市北区1丁目 大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル18F

■お電話
06-6348-0360

梅田院の詳細はコチラから▶

 


OsakaMetro御堂筋線 梅田駅 徒歩約5分

OsakaMetro谷町線 東梅田駅 徒歩約5分

OsakaMetro四つ橋線 西梅田駅 徒歩約5分

JR東西線 北新地駅 徒歩約2分

JR各線 大阪駅 徒歩約8分

阪神本線 梅田駅 徒歩約5分

阪急各線 梅田駅 徒歩約10分

 

脂肪吸引のバナー

▼大阪本院と梅田院で人気の脂肪吸引の料金や副作用についての詳細はこちら

 

カウンセリングの予約バナー

▼初めての方でも入りやすい♪カウンセリングの予約をする。

 

~監修医師~

川上 勉(かわかみ つとむ)

■略歴
1999年 田辺製薬株式会社入社
2008年 大分大学医学部医学科 卒業
2008年 八戸市立市民病院 入職
2012年 日本銅管病院整形外科 入職
2015年 共立美容外科 入職
2018年 共立美容外科 神戸三宮院院長就任
2022年 共立美容外科 大阪本院院長就任

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-500-340 (診療時間 10:00~19:00)

よくあるご質問

×

新宿・名古屋・大阪・福岡をはじめ
全国26院 共通ダイヤル
0120-500-340

あの久次米総括院長も診察♪
新宿本院 直通ダイヤル
0120-500-340

銀座院 直通ダイヤル
0120-560-340

渋谷院 直通ダイヤル
0120-340-428

池袋院 直通ダイヤル
0120-340-800

立川院 直通ダイヤル
0120-489-340

上野御徒町院 直通ダイヤル
0120-340-444