英語 中国簡体 中国繁体 韓国語

口コミが多い美容整形外科のメニューを地域別に医師が解説

福岡で目の下のたるみ取り手術が上手い名医を探すコツ。

公開日:2022年05月29日(日)

福岡
目の画像
            美容外科医への無料カウンセリング実施中:予約ボタン

このページを読むのに必要な時間は約 9 分です。
最後まで有意義なページになっていますので是非ご覧ください。

年齢とともに目の下の皮膚がたるんで目立ってきた…、脂肪のふくらみが前に出てきてメイクでも隠せない…とお悩みではありませんか?

目の下のたるんでしまう原因は人によってそれぞれ異なりますので、信頼できるクリニックによる診療のもと、症状に合わせた適切なたるみ取り手術を受ける必要があります。

この記事では、福岡の美容クリニック・美容外科で目の下のたるみ取り手術をご検討中の方に向けて、名医探しと成功のコツについてご紹介しましょう。

 

福岡で目の下のたるみ取り手術が上手い名医を探す方法

年齢を重ねると、目の下の皮膚がたるんで前にせり出してきたり、目の下の脂肪の膨らみが大きくなって目立ち始める症状が出てきます。

目の下がたるんでしまう原因は加齢による皮膚のたるみの他、長年の紫外線によるダメージの蓄積、長時間のデスクワークによる眼精疲労、筋肉のゆるみなど様々な原因が考えられます。

目の下のたるみは症状が軽い場合は、ファンデーションやコンシーラで隠すことができますが、膨らみが大きい場合はメイクでも隠せませんので、根本的な解決となる治療が必要です。

目の下にたるみがあると疲れて老けて見られるだけでなく、静脈のうっ血によって血液が滞り、クマの色素沈着が残ることがありますので、気になる方は早めに治療を検討しましょう。

福岡の繁華街や駅前には多くの美容クリニック・美容外科が立ち並んでおり、様々な種類の目の下のたるみ取り手術を行っています。

目の下のたるみ取り手術には、皮膚を切開しない方法や脱脂をしてたるみをなくす方法など、複数の種類があり、適切な治療法は患者様一人ひとりの症状によって異なります。

まずは、信頼できるクリニックのカウンセリングを受けて、医師に目の下のたるみの状態を診てもらい、どんな治療法が適切であるか提案してもらいましょう。

目の下のたるみ取り手術が上手い名医を探すには、症例経験が豊富にある皮膚科専門医や形成外科専門医を選び、技術力が伴ったベテラン医師に依頼すると成功率は上がります。

形成外科専門医を持っている美容外科医は形成外科や美容外科のキャリアが長く、解剖や創傷治癒に精通しており症例経験も豊富にありますので、修正手術も上手い医師が多いです。

一方で、急速に店舗数を広げている大手チェーンクリニックの場合、研修上がりの新人医師が多く在籍していますので、失敗リスクやダウンタイムの症状が長引く可能性があります。

目の下のたるみ取り手術の症例経験が少ない未熟な新人医師に任せると、術後の腫れや内出血が大きく出て日常生活に影響したり、たるみが残るといった失敗も起こり得るのです。

そのような失敗を防ぐには、手術の症例経験が多いクリニックを選び、形成外科専門医のベテラン医師に任せると成功率が高くなるので、安心して手術に臨むことができます。

 

共立美容外科 福岡院には目の下のたるみ取り手術の名医が揃う

福岡で目の下のたるみ取り手術が上手い名医におまかせしたいとお考えの方は、美容業界で30年以上の実績があり、丁寧な治療技術に定評のある「共立美容外科」におまかせください。

「共立美容外科 福岡院」は西鉄福岡(天神)駅より徒歩5分、市営地下鉄空港線天神駅より徒歩5分の立地にございます。

当院の医師は、形成外科専門医、麻酔科専門医、外科専門医など様々な科目の専門医が揃い、すべての手術は症例経験が豊富なベテラン医師が担当しております。

患者様への負担を最小限にするために、医師全員が痛みが少ない技術を徹底しており、理想のイメージに仕上がるように、カウンセリングと事前の意思疎通を重視しているのが特徴です。

当院では症例経験が未熟な新人医師は採用せず、経験豊富な名医が丁寧な手術を行っておりますので、はじめて美容医療を受ける方も安心していただける環境が整っております。

無料カウンセリングでは医師が患者様のお悩みをお伺いして、目の下のたるみの状態を診療させていただき、最も適切なたるみ取り治療法を提案させていただきます。

日常生活に支障をきたさないようにダウンタイムが短い治療法や根本的な解決になる治療法など、患者様のご希望に沿って多くの解決法がございますので、お気軽にご相談ください。

 

目の下のたるみ取り手術の種類をご紹介

目の下のたるみと一口に言っても、患者様の症状によって原因はそれぞれ異なります。

多くの場合は、年齢とともに目の周りの筋肉(眼輪筋など)の働きが弱くなり、目の周りの脂肪(眼窩脂肪)を支えきれずに、たるみとなるケースです。

新陳代謝の遅れや長年の紫外線によるダメージによって、血液やリンパの流れが滞り、目の下に余計な水分や脂肪が溜まってしまい、たるみが膨らんでしまうこともあります。

目の下のたるみは加齢だけが原因ではありません。

スマホやテレビ画面から出るブルーライトの影響により、真皮でコラーゲンとヒアルロン酸の生成量が落ちてしまうことも原因です。

その他にも、生まれつき目の周りの脂肪(眼窩脂肪)が多い方は、若くても目の下のたるみが目立つことがあり、加齢による筋肉の衰えでさらにたるみが大きくなることがあります。

ここからは、福岡の美容クリニック・美容外科で受けることができる目の下のたるみ取り手術の種類をみていきましょう。

 

下眼瞼切開法

「下眼瞼切開法」は下まぶたをメスで切開して、目の下にたるんでいる余分な脂肪(眼窩脂肪)を取り出して、たるみを除去し、目元をスッキリと仕上げる手術になります。

目の下のたるみの原因となっている余分な脂肪を物理的に取り除きますので、術後は目の下のたるみが改善されるだけでなく、目元が引き締まって若々しい印象を与える効果があります。

 

下眼瞼切開法のバナー

▼福岡で人気の下眼瞼切開法の料金や手術方法についての詳細はこちら

 

経結膜脱脂法(下眼瞼部脱脂)

「経結膜脱脂法(下眼瞼部脱脂)」の手術では、下まぶたの裏の結膜側から下眼瞼にある余分な脂肪(眼窩脂肪)を除去し、目の下の膨らみを取る手術です。

皮膚をメスで切除する必要がなく、まぶたの内側を切るため、ダウンタイムは比較的少なく、施術後の傷跡は気になりません。

目の下のたるみに凸凹がある場合は経結膜脱脂法と合わせて、自身の体から採取した脂肪を注入する施術が適しています。

目の下のたるんだ余分な脂肪を除去し、その後に皮膚の凸凹に沿って脂肪を注入することで、皮膚がなめらかになり、たるみが改善されます。

 

経結膜脱脂法のバナー

▼福岡で人気の経結膜脱脂法の料金や手術方法についての詳細はこちら

 

ヒアルロン酸注入

目の下のたるみを最も手軽に解消するには「ヒアルロン酸注射」という選択肢があります。

プチ整形としてよく紹介される「ヒアルロン酸注射」では、切開しませんのでダウンタイムの腫れや赤みはほとんどありません。

極細の針を使って医療用のヒアルロン酸製剤を目の下のくぼみやへこみが目立つ部位に注入すると皮膚が内側からふっくらして、高低差がなくなり、目の下のたるみ改善に繋がります。

ボリューマのページへのバナ

▼共立美容外科の人気のボリューマXCの料金や手術方法についての詳細はこちら

 

目の下のたるみ取り手術の副作用・ダウンタイムは?

目の下のたるみ取り手術「下眼瞼切開法」の場合、下まぶたをメスで切開しますので、術後に目元が腫れたり、赤み、むくみ、内出血などの症状が現れることがあります。

ダウンタイムは個人差がありますが、時間の経過とともに約1週間〜2週間で落ち着きます。

目の周りは皮膚が薄いので、傷跡も比較的早く消失します。

 

目の下のたるみ取り手術はこんな方におすすめ

目の下のたるみ取り手術は以下に当てはまる方におすすめです。

 

  • 目の下の皮膚のたるみが目立ってきた方
  • 目の下に余分な脂肪が前にせり出してきた方
  • 目の下のクマが気になる方
  • 目の下のたるみで疲れて見られる方
  • アイリフトでは目の下のたるみが改善しなかった方

 

目の下のたるみ取り手術は切開あり・なしによって、複数の施術方法があり、患者様の目元の状況とご希望に合わせて最適な治療法が異なります。まずは、クリニックの医師の診療を受けましょう。

 

 

福岡で目の下のたるみ取り手術を成功させるには?

福岡には多くの美容クリニック・美容外科にて多くのたるみ取り手術を行っていますが、医師の手術スキルや経験はそれぞれ異なりますので、事前によく下調べをすることが大切です。

目の下のたるみ取り手術には切る方法と切らない方法がありますので、どちらを選択すべきか悩まれる方も多いかと思いますが、その決定も医師とよく相談する必要があります。

切開する治療法では、目の下のたるんでいる眼窩脂肪と皮膚を直接除去しますので、目の下のたるみを根本から解決できる方法です。

ただし、切開する手術を選んだ場合、ダウンタイムは腫れや内出血が約1週間は続きますので、その間は抜糸するまでメイクで隠すことができず、日常生活への影響が出てきます。

目の下のたるみを解決したいけれど、どうしても傷跡や腫れなどが心配な方は切らない方法を選択すると良いです。根本の解決にはなりませんが、ダウンタイムの症状は抑えられます。

 

福岡院のご紹介

福岡院のカウンセリング風景

福岡で目の下のたるみ取り手術をご検討中の方は、豊富な症例経験があり、確かな腕で選ばれている「共立美容外科 福岡院」に一度ご相談ください。

当院の目の下のたるみ取り・クマ取り治療は患者様一人ひとりの症状とご希望に合わせて、様々な治療法をご用意いたしております。

切らない方法「経結膜脱脂法」、切る方法「下眼瞼切開法」のほか、目の下のへこみ部分に移動させる「ハムラ法」、糸でたるみを持ち上げる「糸リフト」という方法など選択肢が豊富です。

「共立美容外科 福岡院」には目の下のたるみ取り手術の症例経験が豊富で解剖学にも精通した専門医だけが揃い、高品質で痛みが少ない快適な手術に自信を持っております。

目の下のたるみが気になる方は、西鉄福岡(天神)駅より徒歩5分「共立美容外科 福岡院」の無料カウンセリングにお越しくださいませ。

 

■住所
〒810-0001
福岡県福岡市中央区天神2丁目3−13
USHIOビル 4F

■お電話
0120-500-340

福岡院の詳細はコチラから▶

■西日本鉄道大牟田線 西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分

■福岡市営地下鉄空港線 天神駅 徒歩5分

 

 

 

下眼瞼切開法のバナー

▼福岡で人気の下眼瞼切開法の料金や手術方法についての詳細はこちら

 

経結膜脱脂法のバナー

▼福岡で人気の経結膜脱脂法の料金や手術方法についての詳細はこちら

 

カウンセリングの予約バナー

▼初めての方でも入りやすい♪カウンセリングの予約をする。

 

~監修医師~

鈴木 康公(すずき やすきみ)

■認定医等

日本美容外科学会認定専門医

■略歴

2002年 滋賀医科大学医学部医学科 卒業
2002年 東京女子医科大学 心臓血管外科入局
2004年 東京女子医科大学 形成外科入局
2009年 共立美容外科 入職
2015年 共立美容外科 福岡院院長兼九州エリア統括就任
2020年 共立美容外科 九州エリア統括就任

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-500-340 (診療時間 10:00~19:00)

よくあるご質問

×

新宿・名古屋・大阪・福岡をはじめ
全国26院 共通ダイヤル
0120-500-340

あの久次米総括院長も診察♪
新宿本院 直通ダイヤル
0120-500-340

銀座院 直通ダイヤル
0120-560-340

渋谷院 直通ダイヤル
0120-340-428

池袋院 直通ダイヤル
0120-340-800

立川院 直通ダイヤル
0120-489-340

上野御徒町院 直通ダイヤル
0120-340-444