英語 中国簡体 中国繁体 韓国語

Kyoritsu Biyo Scrap(KBS)

二重切開のダウンタイムはどのくらい? なるべく短くするためにできること

公開日:2021年10月25日(月)
最終更新日:2022年06月15日(水)

二重整形・目元のお悩み
二重切開のダウンタイム
ご予約

このコラムを読むのに必要な時間は約 15 分です。
最後まで有意義なページになっていますので是非ご覧ください。

二重整形を検討する際は、術後のダウンタイムがどのくらい必要なのかも重要なポイントです。ダウンタイム中は理想の二重を作るため、適切な対応を行って処置後のまぶたが悪化してしまわないようにしなければなりません。

この記事では、二重切開の場合にかかるダウンタイムの目安や、ダウンタイムが長引きやすい人の特徴などをご紹介していきます。術後の腫れや内出血をなるべく少なくするためのポイントも挙げているので、ぜひ参考にしてみてください。

二重切開とは

「切開法」による二重整形は、目の周辺の皮膚を切開して、二重を形成する手術です。切開する範囲や場所によって完成するデザインのイメージが変わるため、複数のメニューを設けている病院も多いです。

例えば共立美容外科の場合は、
・半永久的なすっきりしたきれいな二重を作る「全切開・ミニ切開」
・目頭を切開する「目頭切開」
・目尻を切開する「目尻切開」
の3種類の「切開法」があります。

「切開法」では、二重ラインの細部にまでこだわって作ることができるため、理想の二重を作って定着させたい人におすすめです。時間がたってもラインが変化しづらいため、一度手術して二重が完成してしまえば元に戻ることもほとんどありません。

全切開・ミニ切開(部分切開)

「全切開・ミニ切開」は、まぶたの上を切開する手術です。切開する長さが長いか短いかで呼び方が変わり、「ミニ切開」は病院によって「部分切開」と呼ぶこともあります。

「全切開」は作りたい二重の折れ目に沿って、きれいな二重のラインがでるように長く切開する手法です。広い面積のまぶたを切開するため不要な脂肪を多く取ることができ、すっきりとしたまぶたにできる他、まぶたの皮膚がたるんでいる場合などは切除もできます。

一方「ミニ切開」はまぶたの一部だけを切り取り、そこを中心に二重の折れ目を作る方法です。希望のデザインやまぶたの状態によって、中央を切開する場合と両端2カ所を切開する場合があります。「全切開」よりもまぶたの脂肪やたるんだ皮膚を取れる量は減りますが、傷口が小さくなるメリットがあるため、こちらを選ぶ人も多いです。

目頭切開

目頭部分の皮膚を切開し、目を大きな印象にする効果が期待できる手術方法です。多くの場合、切った部分を二重ラインの始まる部分とし、「埋没法」や「ミニ切開」と組み合わせてまぶた全体に二重の線が入るようにします。また顔全体のバランスに対して両目の距離が離れている人は、理想的な距離に近づけることもできます。

目尻切開・タレ目形成

目を横方向に拡大する施術方法です。横に細長い印象の目になるため、切れ長の目元になりたい場合、またタレ目やつり目に形を変えたい場合に採用されます。「目頭切開」と同様、他の二重整形と組み合わせて二重ラインを作る他、とくにタレ目を形成する場合は下まぶたを一緒に切開することで、目を大きく見せることも可能です。

二重埋没法との違い

「埋没法」は比較的手軽にできる手術として知られており、「切開法」と同じ二重整形の代表格である手術です。医療用の縫合糸をまぶたの内側に留めて二重のラインを作ります。糸をとめる点数をあらかじめ決めておき、留まっている箇所を支点にまぶたの折り目を付けて、二重を形成します。

「埋没法」で作った二重まぶたは「切開法」で作った二重まぶたよりも脂肪やむくみの影響を受けやすいため、一定の圧力や時間の経過によって二重のラインが変化することも。いわゆるプチ整形と呼ばれる手術のため、糸にまぶたを支える力がなくなると元の状態に戻ります。ただし、切開しない分ダウンタイムも比較的少なく、日帰りで受けられる手術として人気の方法です。

「埋没法」と「切開法」の違いをより詳しく知りたい場合は、以下の記事もチェックしてみてください。

▼埋没法ってどんな手術?二重整形するなら切開法とどっちがいいの?

二重切開で腫れる理由

「切開法」によるまぶたの腫れは、まぶたの内側にある組織の血管を切ることで発生します。血管を切ると血液が流出し、それが皮膚の外側に流れると出血、皮膚の内側にたまると腫れや内出血となってしまうのです。特にまぶたの厚みを取るために脂肪を除去した場合、血管が多い脂肪細胞から出血するため、腫れや内出血が強くなります。

まぶたの脂肪は、眼球をクッションのように包んでいる「眼窩脂肪(がんかしぼう)」と、まぶたの皮膚に張り付いている「隔膜前脂肪(かくまくぜんしぼう)」の2種類です。まぶたの厚みの原因として切除するのは、より奥の部分にある「眼窩脂肪(がんかしぼう)」である場合が多く、切開する量が増えれば切れる血管が増えるので、「切開法」で脂肪を除去すると内出血の量が増えます。

またまぶたの血管が破損した場合に起きる生体反応は、全身の他の箇所で起きた場合と同じです。手術後のダメージに強く反応してしまいやすい人、傷跡がかゆくなりやすく搔き壊してしまう人などは、さらに腫れや内出血がひどくなるかもしれません。

一般的なダウンタイム

二重手術のダウンタイムは、どのような手術を行うかによって変わります。「切開法」は、原則「埋没法」よりも腫れやすくダウンタイムが長くなるケースが多いです。

腫れや内出血が起きるのは、まぶた内部の血管が切断されるため。切れた血管は自己治癒力により2週間ほどで再生され、血管外にたまった血液がなくなるころには再び血液が血管を流れるようになるものです。そのため個人差はありますが、基本的には時間がたてば治るものとして考えます。

個人差があるので、目安のダウンタイムよりも腫れや内出血が長引く可能性もないとは言い切れません。「切開法」の二重手術を行って数日が経っても一向に腫れが引かない、腫れが引きづらいと感じた場合はすぐに医師へ相談しましょう。万が一ダウンタイムが長引いても慌てないよう、余裕を持ったスケジュールを組んだり、眼鏡などしばらくの間傷跡を目立たなくする手段を準備しておいたりするのが望ましいです。

全切開の場合

「全切開」の二重手術を行ってダウンタイムが過ぎると、腫れや内出血がほとんど目立たなくなり、手術の跡もほぼ見えなくなります。もちろん個人差があるため長引くケースもありますが、ダウンタイムの期間を2~3週間としている病院が多いです。術後2~3週間のうちには以下のような変化が現れます。

手術直後

手術をしている間や、術後すぐは麻酔の効果により痛みを感じることはほとんどないです。手術から数時間が経過して麻酔が切れてから、皮膚を切ったことによる痛みを感じる場合があります。当日から、翌日にかけては腫れや内出血が目立ちます。

手術翌日~約1週間

目立っていた腫れや内出血は3~5日で落ちつきはじめ、5日~1週間程度で徐々に引いていきます。抜糸前のため、傷口には糸が見えている状態です。触ったり、軽く押さえたりすると少し痛みを感じることもあるでしょう。また手術翌日から3日間ほどは、まぶたが熱いような感覚があるかもしれません。

5日~1週間程度経過後

一般的な流れでは、腫れや内出血が引く5日~1週間程度が経過したら抜糸です。この際に医師は、まぶたに異状が起きていないか術後の様子を観察します。

抜糸後

内出血や軽い痛みは術後2週間程度で消えるので、心配しないでください。もしも内出血が残っている期間の見た目が気になる場合は、コンシーラーやファンデーションなどで隠すこともできるため、日常生活にも影響はほとんどないと言えます。

ダウンタイム終了後

「全切開」の二重整形は、ダウンタイムが終わってからも二重の幅が理想より少し広かったり、左右差がみられたりするかもしれません。これは、腫れが完全に収まるまでにはさらに時間がかかるためです。そのため共立美容外科の場合は、傷跡がなく自然な二重になるまでの期間について2カ月程度を目安としています。

その他の切開法の場合

「ミニ切開」などその他の「切開法」による二重手術を行った場合も、ダウンタイムの流れはほとんど同じです。血管が修復される速度には変わりがないので、どの方法を取っても腫れや内出血が引くまでには一定の期間が必要になります。

まぶたの薄い部分を切る「ミニ切開」のダウンタイムの目安は、日数自体は「全切開」と同じ2~3週間適度を目安としている病院が多いです。ただし切開する場所や量が違うことによって、腫れの目立ち方や内出血の濃さなどが変わってくることもあるでしょう。切開する面積が少ない分、比較的「ミニ切開」の方が腫れの目立ち方や内出血の濃さが少ないです。

また「目頭切開」「目尻切開」の場合はまぶたの薄い部分は切開しないため、ダウンタイムは1週間程度となり、腫れが収まった時点でメイクなどによって傷口を隠せるようになります。

埋没法と脂肪除去を一緒に行った場合

「切開法」とよく比較に挙がるのが、「埋没法」とまぶたの脂肪除去を併せて行う手術です。

多くの場合、まぶたに2~3mmの針穴を空けてその穴から脂肪を取ります。「埋没法」で糸を縫い付けるための穴を利用することもあり、「切開法」と違ってまぶたの皮膚を切りません。まぶた内部の血管も最低限しか切れないため、ダウンタイムは「埋没法」を行うのとほぼ同じぐらいの期間です。埋没法のダウンタイムは、当日~2、3日を目安にしている病院が多いです。またまぶたの脂肪を減らせるため、「埋没法」特有の元に戻ってしまうかもしれないリスクも軽減できます。

共立美容外科では「共立式シェイプ法」という、まぶたの脂肪取りと「共立式二重埋没P-PL挙筋法」をセットにしたメニューを用意しています。ダウンタイムは「埋没法」と同様ほとんどなく、手術が終わって24時間後からまぶたのメイクも可能です。

▼「共立式シェイプ法」についての詳細はこちら

二重切開のダウンタイムを左右するもの

二重切開のダウンタイムは、実際に手術を行う病院や手術内容によっても差が出るものです。特に影響が大きいものには、どのようなデザインを作りたいのかと、担当する医師の技術が挙げられます。それぞれの詳細は以下の通りです。

作りたい二重のデザイン

「切開法」は、デザインの自由度が高いことが大きな魅力です。まぶたの脂肪量や先天的な二重のラインを気にせず、より幅の広い平行型の二重も作ることができます。「埋没法」だけでは十分な二重ラインができない人や、物足りない人にとってこの魅力は大きなポイントです。

ただし気を付けなければいけないのは、ダウンタイムに関してはまぶたの脂肪量や先天的な二重のラインの場所が影響してしまうこと。「切開法」のダウンタイムは二重の幅を広く切開している方が腫れやすいと言われています。

なぜならば、切開するまぶたの位置によって、傷を付けてしまう血管の量が違うためです。まぶたの脂肪は眉に近い部分の方が量が多く、その分多数の血管が走っています。除去する脂肪が大きければ切除する面積も増えるため、出血量が増えてしまうのです。

また幅の広い平行型二重などにしたことによって、目元の印象が残りやすくなります。まぶたの皮膚は薄く柔らかいため、腫れてしまった部分が目立つはずです。ダウンタイム期間に限っては、実際以上に腫れている印象が残ってしまうことにもつながるでしょう。

このような理由から、ダウンタイム中の腫れをなるべく少なく抑えたい場合には、幅を控えめにすることやもともとの二重ラインに近い部分に新しい二重ラインを作ることも有効です。

医師の技術

「切開法」の二重整形は、必要な部分のみを切開し除去しなければならないため、当然ですが手術に正確性が求められます。余計な部分を切開してしまうと、切れてしまう血管が増えて出血の量が増えるのです。出血が増えると腫れや内出血がひどくなり、ダウンタイムが長引くことにもなりかねません。これらの理由から、医師の技術によってもダウンタイムの長さに差が出てくると言えます。

そのため手術を検討する段階で、担当する人が「信頼できる医師かどうか」という点も考えることを忘れてはいけません。カウンセリングで伝えられた内容が適切であるかを確認し、担当する医師のこれまでの手術経験などの情報を知った上で、自分にとって1番良い病院や手術内容を選ぶことをおすすめします。

ダウンタイムが長引くケース

ダウンタイムが長引く原因は、出血や液体成分の流出の量が多くなってしまうことで、腫れや内出血の原因を増やしてしまうことである場合がほとんどです。

・必要以上に血管や皮膚を損傷させてしまった
・血管から流出するものの量が多くなりすぎてしまった
などのときに、長引きやすくなります。

そのため以下のようなケースに該当する場合は、ダウンタイムの時間を目安よりも多めに取っておくのがおすすめです。

脂肪が多く厚みのあるまぶた

前述のとおり、まぶたの脂肪細胞には血管が多く、手術によって出血しやすいものです。そのため、脂肪が多く厚みのあるまぶたの人が「切開法」を行う際には、平均よりもひどい腫れや内出血が起きてしまう可能性があります。

特にまぶたの構造が先天的に一重の人は、二重のラインを作るために切開しなければいけない皮膚の量も多いため、ダウンタイムが長引きやすいと言えるでしょう。

まぶたの構造について詳しく知りたい人は以下の記事をご覧ください。

▼二重整形をする前に知っておきたい二重の種類と似合う二重のデザイン(形・幅)の見つけ方はこちら

アレルギー体質である

ダウンタイム中、まぶたの皮膚が回復し切れた血管が元通りになる過程で、かゆみを感じることがあります。これはアミノ酸からヒスタミンという物質が生成されることで、アレルギー反応を起こすためです。またまれに抜糸前の糸に対してアレルギーが出たり、手術時の消毒液などによってかぶれたりした際にもかゆくなることがあります。

もし掻いてしまうとさらにかゆみが増し、刺激によって、腫れが引くのが遅くなってしまうでしょう。ダウンタイムを長引かせないためには、かゆみに耐えるようにしてください。

むくみやすい体質である

むくみやすい人は血液循環が悪いため、皮膚の下に血液中の水分をため込む傾向があります。そのため腫れや内出血が治るのに時間がかかるのです。よってむくみやすい体質であると、ダウンタイムが長引いてしまいやすいと言えるでしょう。

むくみの改善には、普段からの生活習慣に気を付ける必要があります。毛細血管が走っている体の末端が冷えないようにしたり、塩分を控えたりとその方法はさまざまです。まずはむくみづらい体質を作ってから、切開手術を受けるようにするのも良いかもしれません。

腫れをなるべく少なくするためには

腫れをなるべく少なくするためにできること

術後内出血などが残っていても、腫れさえ引いていればメイクや眼鏡などで整形の跡を目立たなくすることは可能です。そのためダウンタイムでもっとも気がかりなのは、腫れがどのくらい続くかではないでしょうか。

腫れをなるべく少なくするためには、自分でできることも多数あります。それぞれの詳細は以下の通りです。

十分な水分補給をする

むくみを防いで術後に腫れにくくするためには、特に手術の数日前からダウンタイムが終了するまでの間、十分な水分補給を行うように心がけてください。

体の水分量を保つため、手術の前日は糖分やカフェインなどを多く含む飲み物は避け、お水やノンカフェインのお茶を飲むのがおすすめです。ただし、塩分を摂りすぎている場合のみ、利尿作用のある飲み物を飲むことも効果的と言えます。どちらにしても水分補給の際は、一度に大量に飲むのではなく、少しずつ飲むようにしてください。

また飲み物の温度にも注意が必要です。冷たすぎると体が冷えてしまうため、常温からやや冷たい程度の温度に調整すると良いでしょう。

手術を受ける際に力まないようにする

二重整形の手術中はリラックスして体の力を抜いた状態で受けることが大切です。希望するデザインの通りにしてもらうためには、手術中極力動かないようにしなければなりません。片方の目を切開している間だけ力が入っていたりすると、術後の仕上がりに左右差が生まれてしまう可能性もあります。

麻酔で痛みを緩和していていても、緊張していると痛みがあるように感じてしまうこともあるようです。痛みを抑えるために必要以上の麻酔をすると、手術中の腫れが増して細かな除去作業などが行いづらくなってしまいます。不要な部分を切ってしまったり、血管を傷付けてしまったりして、ダウンタイムが長引いてしまうかもしれません。

医師が手術を行いやすい状況にするために、力まないようにして手術を受けることが大切です。

炎症を抑える薬をもらう

二重切開の手術後には、痛みを抑える薬の他、炎症を抑える薬をもらえる場合があります。まぶたに入ったばい菌によって腫れが悪化したり、炎症を起こして化膿したりするのを防ぎ、感染症を予防するための薬です。飲み薬ではなく、点眼剤を出す病院もあります。

術後は良く冷やす

手術が終わった直後や、帰宅した後はよく冷やしておきましょう。泣いた後にまぶたを冷やすと、腫れているのが収まるのと同様に、表面から温度を下げることで腫れがなるべく少なく済む場合があります。冷やすと血管が収縮して血管の液体成分が漏れづらくなるため、腫れや内出血が収まりやすくなるのです。

冷やすことによって痛みも感じづらくなるため、しっかりと時間をかけて冷やすようにしてください。

睡眠に気を付ける

心臓から押し出された血液は、重力の影響で心臓より下の位置にある血管に集まりやすくなります。つまり、横になった状態だと心臓と同じ高さにまぶたがくるため、他の姿勢のときよりもまぶたに血液が集まりやすくなってしまうのです。手術後2、3日の間は、できるだけ横になる時間を減らし、座るか立った姿勢で過ごすように心がけましょう。ダウンタイムで暇だからといって、長時間眠ったり横になったまま過ごしたりするのは、腫れを長引かせる行為です。

また眠るときにできる工夫もあります。枕を極力高くしておけば、まぶたの周りに血液が集まるのを防げるので試してみてください。起床後に目の周りを冷やして、血管を収縮させるのもおすすめです。

長時間の入浴や激しい運動、飲酒を避ける

運動をすると、血管が拡張し血流が良くなります。術後に激しい運動を行った場合は血行が良くなりすぎ、切開した血管から液体成分が漏れることで、腫れや内出血を長引かせてしまうのです。

また長時間の入浴も、二重整形の直後は腫れや内出血の原因となってしまいます。温まった血管は膨張して血流が良くなるため、普段の健康のためには良いのですが、術後数日間は控えるようにしてください。

炎症を抑えることを考えると、シャンプーや洗顔の際は極力目元を濡らさないように気を付けましょう。炎症しているまぶたにシャワーがあたり温められると、さらに悪化してしまう恐れがあります。

飲酒についても制限している病院は多いです。アルコールが体内に入ると利尿作用が働き、体は水分不足の状態になります。それによってむくみが発生するため、皮膚の下の水分量が増え、腫れや内出血がひどくなってしまうのです。また体温が上昇することで血流が良くなることからも、運動や入浴と同様に控えるべきとされています。

注意すべき具体的な項目や期間は病院によっても異なり、多くの場合手術の前後に通知されるものです。注意点に気を付けておけば、術後の行動によってダウンタイムが長引いてしまうのを防げるでしょう。

二重切開で理想の二重を手に入れましょう

二重切開のダウンタイムは、人によって差が出ます。その中でも長引きやすい人というのも存在するため、自分はどうであるかを事前にチェックしておくのがおすすめです。

今回ご紹介したダウンタイムをなるべく少なくする方法を参考にしながら、実際に二重切開の手術を受ける際には医師の指示をしっかりと聞き、その指示に従いましょう。もしも手術を受ける前や術後に不安な点、迷うことがあれば、医師や病院のスタッフに質問して不安を解消するのも大切です。

術後は必ず過ごさなければいけないダウンタイムを充実させるためにも、やって良いこと、避けたほうが良いことを理解して、時間を有効に活用してください。

【二重埋没】ダウンタイムを最短に!二重埋没後の正しい過ごし方

 

 

二重整形のバナー

▼共立美容外科の人気の二重整形についての料金や手術方法の詳細はこちら

 

 

カウンセリングの予約バナー

▼初めての方でも入りやすい♪カウンセリングの予約をする。

 

このページの監修・執筆医師

  • 久次米 秋人(くじめ あきひと)

    久次米 秋人(くじめ あきひと)

    日本美容外科医師会理事
    日本美容外科学会認定専門医

    • 略歴

      • 1983年
        金沢医科大学医学部 卒業
        1983年
        高知医科大整形外科入局
        1989年
        東京本院(品川)開院
        2002年
        本院を新宿に移転
        2013年
        銀座院院長就任
        2018年
        第107回日本美容外科学会 学会長就任
    • 主な加盟団体

      日本美容外科医師会理事
      日本形成外科学会会員
      日本美容外科学会会員
      日本美容外科学会認定専門医
      日本脱毛学会会員
      北米脂肪吸引形成外科学会会員
      日本坑加齢美容医療学会会員

当院は医療広告ガイドラインを遵守しています。

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-500-340 (診療時間 10:00~19:00)

よくあるご質問

×

新宿・名古屋・大阪・福岡をはじめ
全国26院 共通ダイヤル
0120-500-340

あの久次米総括院長も診察♪
新宿本院 直通ダイヤル
0120-500-340

銀座院 直通ダイヤル
0120-560-340

渋谷院 直通ダイヤル
0120-340-428

池袋院 直通ダイヤル
0120-340-800

立川院 直通ダイヤル
0120-489-340

上野御徒町院 直通ダイヤル
0120-340-444