英語 中国簡体 中国繁体 韓国語

Kyoritsu Biyo Scrap(KBS)

二重切開の修正手術を症例の経過をブログ形式で名医のDr.磯野が解説

公開日:2022年03月18日(金)
最終更新日:2022年03月19日(土)

二重整形・目元のお悩み
二重切開の修正手術の症例写真

このコラムを読むのに必要な時間は約 5 分です。
最後まで有意義なページになっていますので是非ご覧ください。

二重切開は、瞼にメスを入れて脂肪と皮膚を取り除いて二重を形成する美容整形です。

術後、二重切開で形成した幅が狭くなったり、失敗した場合、修正手術をする事が可能です。

ただ修正することができる場合とできない場合がありますので、このページではその点も踏まえてご紹介します。

 

1.元に戻すことができるか?

二重切開をした場合、元に戻す修正手術をすることはできません。二重切開は皮膚を切除し、瞼の脂肪も取ってなくしているためです。

 

2.幅を狭くすることができるか?

二重切開をした後に、ラインが気に入らないため幅を狭くする修正手術をすることはできません。

理由は、上記と同じで、二重切開をする場合、二重のラインになる箇所の脂肪や皮膚を排除して薄くしているため失ったものを戻すことができないためです。

名医であっても難しいと思います。

 

3.二重の幅を広くすることができるか?

二重切開した後に、二重の幅を広くすることは可能です。その場合は、埋没法や二重切開手術をもう一度行います。

 

二重切開 部分切開のバナー

▼共立美容外科の人気の二重切開、部分切開についての料金や手術方法の詳細はこちら

 

 

二重切開の名医とは?

二重のデザイン

二重切開の修正手術は難しいです。

二重切開をしている瞼の場合は、皮膚を切除し脂肪もとっているため、瞼が薄くなって硬くなっているため、手術直後のラインと仕上がりの時期(3ヶ月後)のラインが変わってしまうためです。

そのため、名医の条件としては手術直後ではなく仕上がりの時期のラインを予想して修正できる医師だと思います。

このように、既存の二重のラインより少しデザインしてデザインします。

 

 

 

修正する方法

二重切開の修正手術中

修正する方法は、主に埋没法か二重切開法で行います。

必ずしも二重切開法で修正すると決めつけるのではなく、瞼の状態を見て、埋没法を採用する場合も多いです。

当院の症例数的には半々です。

 

■脂肪注入で対応する場合もあります

二重切開の場合、皮膚の切除と瞼の脂肪除去を同時に行いますが、瞼の脂肪を取り過ぎてしまいくぼんでいる場合、瞼に脂肪を注入する事で修正する場合もあります。
脂肪は、ご自身の二の腕や太ももから採取して、特殊な機械に脂肪をかけて良質の脂肪だけを注入する「マイクロCRF」がおススメです。

 

 

修正する期間は?

カレンダー

二重切開の仕上がりは手術をしてから3ヶ月後になります。そのため修正手術をする場合、二重切開をしてから3ヶ月期間を空ける必要があります。

通常この3か月間には手術などによって、手を加えることはありません。

二重切開した直後の二重幅が気に入らないとしても、だんだん馴染んできて、予定していた二重幅にだんだん近づいていきます。

ただし、仕上がりには個人差があります。

 

 

二重切開の修正手術の症例

二重切開を修正いているところ

二重切開の修正手術の症例です。

本来この方は、瞼が厚いため埋没法に向かないため、1回目は二重切開手術を行いました。

その後3年経って、二重のラインが狭くなってきたので、埋没法の挙筋法で修正手術を行いました。

 

■手術前

手術前の目を開いている状態

目を開いている状態

 

手術前の目閉じている状態

目を閉じている状態

 

3年ほど前に二重切開をした患者様の目の状態です。

この方の場合、瞼が厚いので年月が経つとどうしても二重の幅が狭くなってしまいます。

二重切開をしている瞼の場合、切開で作った二重のラインの近いところで、埋没法で固定しようとすると厚みのある瞼の力に負けてしまうので、少し切開で作ったラインより離したところに埋没法でラインを作ることがポイントです。

また、二重切開の修正の場合、二重の幅をキープしやすくするために1点留めより2点留めで行うことをお勧めしています。

1点留めの場合、固定していないところが瞼の力に負けてしまうためです。

共立美容外科の場合、共立式二重P-PL挙筋法のベーシックではなくゴールドロング(長いラインを作れる挙筋法)で行います。

 

 

■手術直後

手術直後の目を開いている状態

目を開いている状態

 

手術直後の目を閉じている状態

目を閉じている状態

 

一度、二重切開をしているため、手術直後の浮腫み方が、通常の埋没法より出ています。

また、切開で二重のラインを決めている後での埋没法の修正のため、腫れが通常の時より多く出ています。

手術直後は右の瞼の幅の方が広くなっていますが、切開した瞼は組織の硬さに左右差があるため、仕上がりを考慮して、新たなラインを決める必要があるため、手術直後はどうしても、左右差が出てしまっています。

 

 

■1週間後

1週間後の目を開いている状態

目を開いている状態

 

1週間後の目を閉じている状態

目を閉じている状態

 

左右差がまだありますが、時間が経つにつれてだんだん馴染んできます。

内出血が少し残っています。

切開した瞼は一度固くなってしまっているため、その組織に埋没法を行うので、通常の埋没法よりもダウンタイムが長くなる可能性が多いです。

 

■1カ月後

1か月後の目を開いている状態

目を開いている状態

 

1か月後の目を閉じている状態

目を閉じている状態

 

二重のラインが馴染んできました。左右差もほぼなくなりました。まだ術後1ヵ月なので、2ヶ月後、3ヶ月後になるにつれてだんだん馴染んできます。

 

主なリスク、副作用等
  • 2~3日程度泣いた後のような腫れがでる可能性があります。
  • 手術後はご希望のラインより若干幅が広くなる場合があります。
  • 症例は個人差があります。
  • リスク・副作用に配慮して、丁寧に二重の手術の治療を行います。

 

まとめ

医師に二重切開の修正手術の相談をする患者

二重切開の修正手術は難しいです。

また、二重切開は戻すことができない手術のため、修正することがないように病院選びをしっかりと行う事をお勧めします。

共立美容外科ではカウンセリングは無料です。ぜひご利用ください。

 

 

二重切開 部分切開のバナー

▼共立美容外科の人気の二重切開、部分切開についての料金や手術方法の詳細はこちら

 

二重整形のバナー

▼共立美容外科の人気の二重整形についての料金や手術方法の詳細はこちら

 

カウンセリングの予約バナー

▼初めての方でも入りやすい♪カウンセリングの予約をする。

 

 

このページの監修・執筆医師

  • 磯野 智崇(いその ともたか)

    磯野 智崇(いその ともたか)

    共立美容グループ 総括副院長

    • 略歴

      • 1995年
        聖マリアンナ医科大学 卒業
        1995年
        聖マリアンナ医科大学形成外科 入局
        1999年
        東大宮総合病院整形・形成外科 入職
        2002年
        共立美容外科 入職
        2009年
        共立美容外科 浜松院院長就任
        2020年
        共立美容グループ 総括副院長就任
    • 主な加盟団体

      日本美容外科学会
      日本美容外科学会認定専門医

当院は医療広告ガイドラインを遵守しています。

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-500-340 (診療時間 10:00~19:00)

よくあるご質問

×

新宿・名古屋・大阪・福岡をはじめ
全国26院 共通ダイヤル
0120-500-340

あの久次米総括院長も診察♪
新宿本院 直通ダイヤル
0120-500-340

銀座院 直通ダイヤル
0120-560-340

渋谷院 直通ダイヤル
0120-340-428

池袋院 直通ダイヤル
0120-340-800

立川院 直通ダイヤル
0120-489-340

上野御徒町院 直通ダイヤル
0120-340-444