英語 中国簡体 中国繁体 韓国語

Kyoritsu Biyo Scrap(KBS)

歯のインプラントの寿命やメンテナンスについて歯科医師が解説

公開日:2022年04月02日(土)

美容歯科
インプラントの歯の模型
ご予約

このコラムを読むのに必要な時間は約 7 分です。
最後まで有意義なページになっていますので是非ご覧ください。

近年では、多くの有名人や著名人がインプラント行い、真っ白で美しい歯並びの口元を手に入れていますよね。

ここ数年で一気にインプラント治療も人気が出ており、共立美容外科でも沢山の方々がインプラント治療を希望されています。

比較的新しい治療であるがゆえに間違った情報も多く、中には「インプラントは半永久的な効果が期待できると聞きました」とおっしゃられる方もいらっしゃいます。

しかし、実際にはインプラントであっても半永久的な効果が期待できるわけではなく、定期的なメンテナンスやクリーニングに加えて、再手術なども必要になる可能性があります。

そこで今回はインプラントの寿命に関して詳しく解説を行います。

 

インプラントとは?

インプラントの模型

インプラントとは、人工の医療器材を体に埋め込むことの総称を表す言葉であり、様々な領域や診療科でインプラント治療が行われています。

心臓血管外科や循環器領域での心臓のペースメーカー、整形外科領域での人工関節治療なども、広義の意味ではインプラントということになります。

また、美容領域で行われるシリコンやプロテーゼの挿入などもインプラント治療ということができます。

しかし、近年では、歯科領域のインプラント治療が注目を集めており、一般的にインプラントといえば歯科領域のインプラントを意味することが多いです。

歯科領域のインプラントは、専門的には「歯科インプラント」や「デンタルインプラント」と呼ばれていますが、インプラントといえば歯科インプラントという印象が強いですよね。

 

 

歯科インプラント・デンタルインプラント

歯科領域のインプラントでは、自分の歯の根っこ部分である歯根自体を取り除き、そこに人工のデバイスを挿入して人工の歯を埋め込んでいくという治療が行われます。

インプラントと比較される歯科治療に入れ歯や差し歯などがあります。

差し歯とは自分の歯根の上に人工の歯を入れるという治療であり、歯が抜けてしまっているという場合や歯根そのものの状態が芳しくないと言う場合には、差し歯治療を行うことができません。

また、差し歯にしたとしても、メンテナンスを怠ると歯根部分に虫歯などが発生する可能性があります。

この差し歯治療を応用したものにブリッジと呼ばれる歯科治療もあります。

両隣の歯を支台歯として、真ん中(中心)の歯を支えるといった治療方法です。

ブリッジでは、支台となる歯を大きく削らなければならないこと、2本の支台で3本分の歯を支えるため、過度な負担がかかると支台となっている歯を痛めてしまい支台歯や被せ物が割れてしまうことがあります。

入れ歯というのはご存知の方も多いかもしれませんが、歯を失って歯茎だけになった部分に覆いかぶさるように人工の歯を取り付けるという治療になります。

完全に歯を埋め込んでいるわけではありませんので、異物感が強く入れ歯のズレなどが問題となり、咀嚼力が大きく低下してしまいます。

インプラントはブリッジや入れ歯とは違い、人工の歯根を取り付け、そこに人工の歯を埋め込むという治療になります。

ブリッジや入れ歯と比較して、残っている周りの歯を削ったりすることがないので審美的にも機能的にも優れている治療です。

歯がボロボロになっていてかろうじて歯根部分が残っているという場合には、あえて歯根部分を抜歯してしまいインプラントにすることで、虫歯などの出現を防止しよりしっかりとした土台を形成することも可能です。

このようにインプラントは、従来行われてきた差し歯や入れ歯などの人工歯の治療とは異なり、人工の土台を作ることで、より安定してより自然な歯に近い人工歯を埋め込むことが可能な治療方法といえます。

 

インプラントは永久的な効果ではない?

インプラントの模型

近年、多くの有名人や著名人がインプラント治療を行っていることで、インプラント治療は注目や人気を集めており、共立美容外科でもインプラント治療を希望して来院される方が増加しています。

「インプラントは半永久的な効果が期待できる」とお考えになられている方もいらっしゃるのですが、それは必ずしも正しいとは言えません。

インプラントにはある程度寿命のようなものが存在し、メンテナンスを怠ることで寿命がどんどん縮んでしまうというデメリットがあります。

ここからはインプラントの寿命に関して詳しくご紹介をしていきます。

前提として、インプラントだけではなく、入れ歯やブリッジ(差し歯)にも寿命があり、どの歯科治療であっても定期的なメンテナンスは欠かせないということをご理解ください。

結論としては、おおよそ入れ歯は5年、ブリッジで8年が耐用年数とされている一方、インプラント治療は、適切なメンテナンスを施して使用すれば、治療後10年経過後の平均残存率9割というデータがあるため、寿命が長い歯科治療であることは間違いありませんが、半永久的な効果が期待できるというわけではありません。

 

インプラントの寿命は?

インプラントの寿命は、一般的には10年~15年とされています。

埋め込んだ人工物が経年的に劣化していくため、安全に生活していただくためには、完全に劣化する前に処置を施す必要があります。

また、10年から15年という寿命はしっかりとメンテナンスを行った上での数字です。

日々のブラッシングなどはもちろんのこと、定期的な歯科受診などのメンテナンスを怠ってしまうことで、寿命はどんどん短くなってしまう可能性があります。

一度インプラントにしてしまえば、メンテナンスもいらずに半永久的な効果が期待できるという間違った情報も散見されますが、実際にはしっかりとメンテナンスをしていただいた上で、10年から15年で改めて手術を受けていただき新しいものに取り替えるといった処置が必要になります。

 

インプラントの寿命を伸ばすには?

インプラントが寿命を迎える原因の多くは歯周病です。

差し歯などとは異なりインプラントは歯根そのものを人工物に変えていますので、虫歯などのリスクは比較的低くなります。

しかし歯茎や人工物周辺などは細菌感染を起こしてしまう可能性があるため、口腔ケアを怠ると、歯周病などの歯茎が弱る原因となります。

歯茎が弱ってしまうと人工物を埋め込んだ部分ももろくなってしまうため、インプラントそのものが寿命を迎える(だめになってしまう)可能性があります。

インプラントの寿命を伸ばすためには、まずは毎日のケアをしっかりと取り組む必要があります。

食後の歯磨きなどはもちろんのこと、歯間ブラシやデンタルフロス、マウスウォッシュなどを利用して、歯周病を予防していくケアが必要になります。

そもそも口の中には細菌がたまりやすくなるため、定期的なブラッシングなどがとても重要になります。

たとえインプラントを埋め込んだとしても、今まで以上に毎日のケアを意識するということがとても大切です。

また、毎日のケアに加えて定期的なメンテナンス(定期受診)が非常に重要です。

メンテナンスでは、歯磨きなどのケアだけでは管理できない部分を専門的にサポートしていきます。

定期的に受診してクリーニングを受けていただくことで、インプラントの寿命を伸ばすだけではなく、インプラント以外の歯を綺麗に健康的に保つことが可能になります。

もちろんクリーニングだけではなく、インプラントそのものに異常がないかをチェックすることが大切であり、人工物であるがゆえのデメリットやリスクなども存在するため、口の中の健康を保つためには必ずメンテナンスを行なってください。

 

インプラントの寿命がきたら?

インプラントの模型

最後に、インプラントの寿命が来たらどうすればいいかということを紹介します。

基本的には、インプラントの寿命がきたらもう一度手術を受けていただく必要があります。

いくら毎日のケアを行い、定期的に歯科医院でのクリーニングを受けていても、経年劣化による寿命を迎えてしまうことは避けられません。

その際には再度手術を受けていただき、新しいインプラントを埋め込んでいくという形になります。

その際の費用に関しては、クリニックによって取り決めが異なるため、事前に確認しておくことが重要です。

共立美容外科では、初期の手術費用にアフターサポートやメンテナンス費用までを含んでいますので、カウンセリングの際に、どこまでの費用が補償されるのかといったようなお話をしっかりとさせていただきます。

クリニックによっては定期的なメンテナンスに関しても、毎回費用が発生してしまうという場合もありますので、インプラントの手術費用だけではなくメンテナンス費用なども含めて見積もりを行うことが重要と言えます。

今回はインプラントの寿命に関してお話をさせていただきました。

インプラントは安全性や審美性などを兼ね備えた非常におすすめな歯科治療のひとつですが、たとえインプラントであっても、経年的な劣化は否めません。

正しいケアやメンテナンスを行い、美しく健康的な口元を維持していただく必要があります。

 

共立美容外科でもインプラントの治療を行っています。料金などについてはコチラから。

 

インプラントのバナー

▼共立美容外科の人気のインプラント治療にの料金や手術方法の詳細はこちら

 

 

カウンセリング予約のボタン

▼初めての方でも入りやすい♪カウンセリングの予約をする。

 

このページの監修・執筆医師

  • 会田 隆介(あいた りゅうすけ)

    医師

    会田 隆介(あいた りゅうすけ)

    歯科医院長
    日本アンチエイジング歯科学会認定医

    • 略歴

      • 2008年
        鶴見大学歯学部 卒業
        2009年
        鶴見大学総合歯科研修医 終了
        2010年
        鶴見大学保存学教室 入局
        2011年
        都内歯科医院
        2012年
        共立美容外科・歯科院長
    • 主な加盟団体

      日本顎顔面インプラント学会会員
      日本歯周病学会会員
      日本保存学会会員
      日本口腔インプラント学会会員

当院は医療広告ガイドラインを遵守しています。

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-500-340 (診療時間 10:00~19:00)

よくあるご質問

×

新宿・名古屋・大阪・福岡をはじめ
全国26院 共通ダイヤル
0120-500-340

あの久次米総括院長も診察♪
新宿本院 直通ダイヤル
0120-500-340

銀座院 直通ダイヤル
0120-560-340

渋谷院 直通ダイヤル
0120-340-428

池袋院 直通ダイヤル
0120-340-800

立川院 直通ダイヤル
0120-489-340

上野御徒町院 直通ダイヤル
0120-340-444