英語 中国簡体 中国繁体 韓国語

インプラント治療 インプラント治療

安全性を重視した

丁寧なインプラント

インプラントとは

インプラント(implant)は、体に埋め込む器具の事を言います。美容外科では、鼻に入れるプロテーゼや豊胸用のバッグもインプラントと呼ばれています。

一般的にインプラント治療というと歯科で行われる人工歯根を埋入する治療を指すことが多いです。

歯が欠損している部分の下にある顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋入し、その上に一般的に差し歯とも呼ばれている上部構造(人工歯)を装着することで、機能的にも審美的にも天然歯のように機能させ、歯の欠損部分を無くす治療方法です。

歯茎を切開し骨に穴を空けるため外科的な処置が行われます。

歯の欠損に対しての当院の治療方法

治療法を説明をする歯科院長の會田医師

歯科院長の會田隆介です。

私は厚生労働省認定の、歯科医師臨床研修指導医でもあります。

まず当院で行っている歯の欠損に対しての、治療方法をご説明します。

歯は虫歯や歯周病、打撲などで歯が欠損してしまう場合があります。
欠損している状態を長いこと放置すると、もともと歯が植わっていた骨が吸収されて無くなっていきます。

骨が無くなると骨造成など、大きな手術を伴う場合があります。

また、歯が欠損していなくても歯根が膿んでいる場合、その状態を放置していると、炎症が顎の骨にも及んでしまい骨吸収につながります。

インプラントを行う場合、骨吸収の影響を加味して、骨の状態を見極めて適切に手術を行わなければなりません。

ただ、手術後聞くと怖いだけに思うかも知れませんが、インプラントはしっかり行えばとても良い治療法の1つです。

欠損している歯の治療方法は大きく分けて「インプラント」、セラミックを使用した「ブリッジ」、「入れ歯(義歯)」の3つの方法があります。

ブリッジは、欠損している歯の両サイドの歯を少し削り、その削った歯を土台にして橋を架けるように連結歯をかぶせることで欠損部分を覆います。

ただ、この場合、噛んだ時に3つの歯に加わる力が2本の土台の歯に加わるため、土台の歯に負荷がかかりすぎてしまうデメリットがあります。

また、欠損部分は人工の歯がただ覆いかぶさっているだけなので、清掃性が失われがちになります。

入れ歯の場合毎回はずして洗う必要があるため、つけたり外したりしなければならない煩わしさがあります。

また、入れ歯は歯茎の粘膜の上に置くだけなので、異物感を感じられる方が多いです。

そのためメリットデメリットを考えると、欠損している部分に対してはインプラントを行うのが無難な治療方法だと思います。

インプラントはこの様な方に向いてます

患者様の診察の様子を説明する會田医師
  • 歯を失った方
  • 入れ歯に抵抗のある方
  • 入れ歯を入れたが、違和感がある方
  • 残っている歯の周病が悪化する事を防ぎたい方
  • 食べ物を美味しく食べたい方
  • スポーツや職業柄、歯を強く噛みしめる方
  • 残っている自分の歯をなるべく守りたい方
  • 歯槽骨がしっかりしている方

インプラントの部品の名称

各インプラントの部品の説明図

上部構造( superstructure of an implant )
人工歯とも呼ばれている歯茎から出ている部分です。

天然歯と見分けがつかないように、セラミックでできています。
セラミックは陶器に使用される陶材です。
陶材の質により値段が変わります。

前歯は見た目重視、奥歯は機能重視といったようにお値段に合わせて医師とご相談の上、セラミックの素材をお決めいただきます。

アバットメント(abutment)
上部構造を支える土台の事です。上部構造とインプラントをつなぐ役割もあります。
アバットメントは、上部構造に付属しているものと分離しているものがあります。
患者様に合わせて使い分けをしています。

インプラント(implant)
歯根の部分です。骨の中に埋入します。金属アレルギーに配慮する為に、チタン製でできています。
骨の中に安定するようにネジ状の形状をしています。

使用しているブランド

使用しているブランドを説明するスタッフ

当院では、世界シェアトップクラスのノーベルバイオケア製やストローマン製のインプラントや、世界的な医療メーカーのグループ企業の1つ(アストラゼネカ社)アストラテック製のインプラントを使用しています。

どのブランドも、機能面や性能面において世界的に見ても最高品質の機器になります。

当院では骨の幅や部位に応じてこの3つのブランドを使い分けています。

装着する上部構造

セラミッククラウンを装着した模型

インプラントの上に装着する人工歯の上部構造は、ご希望のお値段に合わせて高品質のものをご用意しています。

光の透過度など、天然歯と見分けがつな無いほどのものもあります。

色は周りの歯の色に合わせることも可能です。

当院は美容外科なので、歯の色や形、高さなど、美容の面も重視して治療を行っています。

技工所

複数の厳選した技工所と契約しています。

お一人お一人に合わせて技工所と歯科医師が一緒に綺麗な見た目の歯になるように製作しています。

技工所の様子を動画でご紹介しています。
上部構造ができる様子をご確認いただけます。

感染対策と衛生管理

実際の手術の様子

手術で使用する器具は、使い捨てを利用できる場合、なるべく使い捨ての物を使用するようにしています。

また、薬液洗浄や専用の超音波で細かい振動を利用し洗浄を行いっています。

洗浄した器具は一つ一つ丁寧に薬液につけて消毒しています。

滅菌処理は、約130度の高圧蒸気やガスで行っています。

ユニットなど手で触る部分は、ホイールを巻き、感染対策と衛生管理に配慮して手術を行ってます。

ガス滅菌

医療器具をガス滅菌するスタッフ

一般的な歯科の滅菌処理は、高圧蒸気で主に熱を利用して滅菌しています。

しかし、高圧蒸気の場合プラスチック製の医療器具は溶けてしまうため、滅菌処理できない場合があります。

当院ではガス滅菌も使用し、プラスチック製の医療器具もしっかり滅菌処理をしています。

3Dシミュレーション

インプラントを行う際は、事前にCT検査を行います。

『CT』とはComputed Tomographyの略です。
つまりコンピュータを使用し口腔内を検査します。

専用のシミュレーションソフトで、CTで撮影した口腔内の断面の画像をコンピュータ処理して、3D画像にします。

立体的に口腔内の状態を確認することで、骨の厚み、骨の状態、骨内の空洞の位置を検査します。

また血管や神経の位置を把握し、それらを損傷しないようにインプラントの埋入位置を決定します。

サージカルガイドの作成

作成されたサージカルガイド

埋入位置が決定しましたら、サージカルガイドを製作します。
サージカルガイドは、手術の時にインプラントを埋入する際に使用します。

サージカルガイドを使用することで、コンピューターでシミレーションした通りの深さ、位置、角度に高い精度でインプラントを埋入することができます。

※サージカルガイド制作代は別途料金はかかりません。

痛みに関して

歯科で使用する麻酔液

インプラントの手術は局所麻酔で行います。
手術中は麻酔をしているため痛みはほとんど感じません。

しかし、麻酔を注射した際にチクッとした痛みを感じる場合があります。
ただ、麻酔液の注入時の痛みも抑えるために、事前に麻酔テープを歯茎に貼ることで痛みを緩和しています。

そして、注射針も極細のものを使用しています。

麻酔液が冷たいと体内との温度差で痛みを感じやすくなってしまうため、麻酔液は、麻酔カートリッジウォーマーであらかじめ体温と同じくらいの温度に温めています。

麻酔科を併設

麻酔科

当院は痛みに配慮する治療を行うために、麻酔科を併設しています。

麻酔科には厚生労働省が認可する麻酔科標榜医の川上勉医師、日本麻酔科学会が認定する麻酔科認定医の児玉 肇医師、日本麻酔科学会が認定する麻酔科専門医の遠山 貴之医師、岡田 大輔医師が在籍しています。

インプラントの手術は通院を必要とする治療方法です。

そのため、痛いと患者様が通院しづらくなってしまうため、痛くない治療をモットーに治療を行っています。

国際インプラント学会の認定医が手術方法を解説

国際インプラント学会認定医の諸岡梨沙

私、国際インプラント学会の認定医でアンチエイジング歯科学会の認定医でもある歯科医師の諸岡梨沙が、インプラントの手術の方法を図で解説します。

インプラントの手術方法は1回で終わらす1回法と2回に分けて行う2回法の2通りあります。

ここでは2回法をご説明します。

  • (参考文献1より引用加筆修正)
  • 歯茎の切開

    歯茎にメスを入れる

    歯槽骨頂に沿って歯茎にメスを入れて切開します。

    骨膜を気付つけないように歯茎を剥離すると歯槽骨という骨が見えます。

    歯槽骨に穴を空ける

    歯槽骨に穴を空ける

    ラウンドバーというドリルで歯槽骨にマーキング用の穴を空けます。

    埋入窩を形成

    埋入窩を形成

    マーキングした穴をパイロットドリルという器具で垂直方向にインプラントが埋入できるように穴を形成します。

    このインプラントが埋入する穴を埋入窩(まいにゅうか)と呼びます。

    次に埋入窩をツイストドリルで拡大します。

    インプラントを埋入

    インプラントの埋入とカバースクリューの装着

    インプラントを歯槽骨にサージカルガイドを使って角度や深さを確認しながら埋入します。

    埋入したら、インプラント上部の空洞にカバースクリューを装着します。

    歯茎の縫合

    歯茎の縫合

    歯茎を縫合してインプラントを封鎖します。

    1回目の手術はこの工程で終わります。

    オッセオインテグレーション

    オッセオインテグレーションが起きるまでの期間

    手術から1週間後に抜糸をします。

    その後、インプラントが歯槽骨と結合するまで、この状態で3~6か月間お過ごしいただきます。

    インプラントは、骨と結合しやすい金属のチタン製でできています。
    骨と結合することを「オッセオインテグレーション」といいます。

    顎としっかり結合することで、治療終了後は硬いものも食べられるようになります。

    一次手術から2か月の画像

    オッセオインテグレーションが起きるまでの治癒期間の実際の状況です。

    この画像の矢印で指されている個所の歯茎の下にインプラントが埋入してあります。

    一次手術の動画

    一次手術の様子を動画でご覧いただけます。

    血液が映っていますので苦手な方はお控えさい。

    二回目の手術

    歯茎の切開

    1回目の手術から3~6か月経って、歯槽骨とインプラントがしっかりと結合したら、2回目の手術を行います。

    再び、歯槽骨頂に沿って、歯茎にメスを入れて切開します。

    歯茎を剥離するとインプラントが見えてきます。

    印象用コーピングを装着

    印象用コーピングの装着

    カバースクリューを外して、上部構造を作るために必要な歯型を採るための、印象用コーピングを装着します。

    印象とは歯型を採ることをいいます。

    歯型を採る

    歯型を採る

    印象材を使用して歯型を採ります。

    採った歯型は、歯科技工所に送られ上部構造(人工歯)が制作されます。

    上部構造ができるまで10日程度かかります。

    頭出し

    インプラントの頭出し

    歯型を採ったら、インプラントの上部にヒーリングキャップを装着して、上部を露出させる「頭出し」を行います。

    この状態で上部構造ができるまで10日程度お過ごしいただきます。

    前歯の場合は、審美性の観点からアバットメントを装着し、仮歯を装着する場合があります

    アバットメントの装着

    アバットメントの装着

    上部構造ができたら、上部構造とインプラントとをつなぐために、アバットメントを装着します。

    上部構造の装着

    上部構造の装着

    上部構造を装着して完成です。

    同時に、見た目や噛み合わせも確認します。

    1回法

    1回法を説明する歯科医師

    1回法の場合は、切開を1度だけ行い、インプラントとアバットメントを埋入、頭出しまでを同時に行います。

    手術が終わったら、オッセオインテグレーションが起きるまでまって、その後上部構造を装着します。

    1回法は手術が1回で終わるので患者様の負担は少なく済みますが、インプラントを埋入する顎の骨がしっかりしていないとできないため、当院で行う手術の多くの場合は2回法になります。

    インプラント治療の流れ

    インプラント治療の流れを説明する医師

    インプラント治療の流れをご説明します。

    こちらで紹介する治療の流れは一般的な流れになります。
    実際は患者様の口腔内の状態により異なります。

    Step1 カウンセリング

    インプラントのカウンセリング

    歯科医師が直接カウンセリングを行っています。
    インプラントのメリットだけでなく、リスクもお伝えしています。

    機能面ではなく、どのような歯の色や形、並び方にされたいか歯科医師にお伝えください。

    カウンセリングでは歯科衛生士もお話をお伺いしています。

    Step2 口腔内検査

    CT撮影

    CTやレントゲン、口腔内を撮影し精密検査を行います。
    併せて歯の模型製作用に歯型を採ります。

    精密検査は、カウンセリング当日に行うことも可能です。

    ※レントゲン代、精密検査代、模型制作代は、インプラント治療代に含まれます。

    ※CTは新宿本院のみ設置してあります。
    新宿本院での治療の場合、CT撮影代はインプラント治療代に含まれます。
    大阪本院での治療の場合、CTは提携施設でお取りいただきます。
    別途費用が掛かります。

    Step3 治療計画

    治療計画

    CTデータをもとに、骨の幅や密度などの状態を確認します。
    データをもとに3Dシミレーションを行い、インプラントの本数や長さを決定します。

    治療の計画段階で歯周病の有無や噛み合わせ、残根の有無、対合歯の状態を確認します。

    保存不能な歯がある場合、抜歯をしなければなりませんが、なるべく抜かないように治療するにはどうすればよいか計画します。

    また、他院ですでにインプラントを埋入し、歯周炎で排膿等している状態の患者様については、適切な治療を計画します。

    Step4 クリーニング

    歯のクリーニング

    埋入後のインプラントを安定させるために手術前にクリーニングを口腔内の衛生環境を整えます。

    クリーニングではスケーリングといって超音波スケーラーと呼ばれる専用機器を用いて歯の表面に付着している歯垢や歯石、細菌を歯根面から除去します。

    取り切れなかったこびりついた歯石は手用スケーラーを使い丁寧に取り除きます。

    スケーリングが終わったら、歯の表面を段差をなくすために研磨します。
    この工程をポリッシングといいます。歯の表面の段差をなくすことで歯垢を溜まりづらくし、歯周病を予防します。

    ※クリーニング代はインプラント治療代に含まれます。

    Step5 歯周病予防「プラークコントロール」のご説明

    プラークコントロールのご説明

    インプラントをご希望される患者様は、歯周病をお持ちの方が多いです。

    歯周病は、歯垢中の細菌の感染によって生じる炎症です。
    細菌が増殖すると、歯茎が腫れ骨も溶けてしまいます。

    その結果、歯が抜けてしまいます。
    そのため、歯周病にならないよう予防が大切になります。

    インプラントを埋入後に歯周病になってしまうと、インプラントの周りに細菌の集団の「プラーク」が増殖し、骨を溶かしてしまいます。
    この症状をインプラント周囲炎と呼びます。

    インプラント周囲炎になると、インプラントが安定しなくなり、その機能を失うことになってしまう場合があります。

    これを防ぐために、患者様ご自身での埋入後のプラーク(細菌の集団)をコントロールする歯周病予防が重要になります。
    当院では歯周病予防について、インプラントの手術前に歯科医師と歯科衛生士がご説明させていただいています。

    Step6 歯周病治療

    歯周病治療

    歯周病がある場合、ルートプレーニングを行い、歯周病治療を行います。

    ルートプレーニングではスケーリングで取り切れなかった、歯茎と歯の間にある歯周ポケットといい溝の奥の方にある、歯周病の感染源でもある歯石や細菌を除去します。

    状態によりますが、1回~2回程度の通院が必要になります。

    ※歯周病治療はインプラント治療代に含まれます。

    Step7 手術

    インプラントの手術

    手術は1回法の場合は1回で、2回法の場合は2回に分けて手術を行います。

    手術が終わったら、上部構造を装着して完了です。

    Step8 定期健診

    手術後の定期健診

    インプラントの寿命を長持ちさせるために、定期検診を行い口腔内を検査しています。

    手術後は歯周病にならないよう、予防が大切になります。
    ご自宅でプラークコントロールをしていただくとともに、定期健診でも歯周病の大切さを啓蒙しています。

    定期健診にお越しいただきやすいよう優しい雰囲気作りを心掛けています。

    患者様の症例写真

    • 40代 インプラントに

      インプラント治療症例写真

      1.この患者様の場合、奥歯2本がないため、2本分のインプラントを埋入します。

      2.インプラントを骨に埋入した状態です。
      この状態で骨とインプラントが接着するまで約12週間以上、待ちます。

      3.インプラントにアバットメントとセラミッククラウン(人工歯)を装着して完成です。
      天然歯と見分けがつきません。

      • 施術前

        施術前

      • 直後

        直後

      • 施術前

        施術前

      • 直後

        直後

    インプラント治療の概要

    料金 ¥300,000~450,000/1本
    ※口腔内の状況により料金が異なります。
    ※料金には下記内容が含まれます。
    口腔内クリーニング代、歯周病治療代、口腔内撮影代、レントゲン撮影代、CT撮影代(新宿本院のみ。大阪本院は別途)、精密検査代、 3Dシミレーション代、模型制作代、仮歯代(必要な場合)、サージカルガイド代、麻酔代、上部構造代(人工歯)、アバットメント代、インプラント代、手術代
    治療時間 60分
    通院回数 5~10回程度
    回復までの期間 上あごの場合6ヶ月、下あごの場合3ヶ月必要
    カウンセリング当日の治療
    入院の必要性 なし
    制限事項 なし
    仕事・外出
    その他特記事項 なし

    料金に関する詳細が知りたい方

    • 表示料金は全て税抜きの金額です。
    • 表示料金は目安の金額となります。
    • 術後のアフターフォローもしっかりしております。追加料金は一切かかりません。
      いつでもご遠慮なく、担当医にご相談ください。

    よくあるご質問

    • インプラントの治療中は痛みはありますか?
      麻酔をしているので、痛みはありません。また、麻酔の注射をする前にもテープ麻酔を貼り、麻酔の注射時の痛みにも配慮しています。丁寧に痛みが少ないないように治療します。
    • 治療後の痛みはありますか?
      全く無い場合から、2~軍日痛みが続くまで個人差があります。
      ただ、痛み止めの薬を処方しますので、痛みに関しては気にならない程度です。
    • 治療後に腫れはありますか?
      手術範囲(本数)や個人差によって違いますが、腫れた場合でも5日~訓0日で徐々に緩和されます。腫れのピークは2~軍日になります。
    • 内出血はしますか?
      個人差によりますが、内出血される方もいらっしゃいます。内出血した場合も数日で消えます。
    • シャワーはいつから浴びられますか?
      当日より可能です。
    • 薬は処方されますか?
      痛み止め、抗生物質、胃薬を処方します。最低3日間はお飲み頂きます。
    • インプラントの治療後、食事に気を付ける事はありますか?
      治療当日は、なるべく刺激の強いものをさけるようにしてください。手術後2,3日は抜糸までは、インプラントの治療部位でなるべく物を噛まないようにしてください。
    • 入浴はいつからできますか?
      治療後2日目より可能。
    • 歯磨きはいつからできますか?
      治療部位は1週間は薬用洗口液をご使用して頂きます。治療部位以外は当日より歯ブラシによるブラッシングは可能です。
    • 運動はいつからできますか?
      激しい運動は2~軍日は避けてください。
    • お酒はいつから飲めますか?
      飲酒は当日はお控え下さい。また、お酒は血行を良くするので、痛みや出血の原因になるため、術後1週間は控える事を推奨しています。
    • 治療した部位を舌で触りたくなるのですが、触っても大丈夫ですか?
      治療した部位は非常にデリケートな状態なので、舌で触らないで下さい。
    • 仕事はいつから可能ですか?
      翌日より可能です。当日は安静にして下さい。

    最新の日本美容外科学会 学会長としてのご報告

    最新の日本美容外科学会 学会長としてのご報告

    2019年4月に行われた、第107回日本美容外科学会で共立美容外科・歯科の理事長の久次米秋人が務めました。

    2020年は日本美容外科学会が中止となりましたので、2021年時点で最新の美容外科学会になります。

    当学会では、2日間にわたり、特別講演やシンポジウムなど30ものプログラムを通して、国内外から参加した登壇者と参加者とが一丸となり、美容医療の発展に寄与しました。

    当院としても、移り変わる社会からの美容医療への要求に対して、お応えできるよう日々研鑽(けんさん)を積んでまいります。

    学会の様子についてはこちらをご覧ください。

    内閣府認定 日本美容医療協会

    日本美容医療協会(JAAM)

    日本美容医療協会(JAAM)は、内閣府から認定された美容分野の公益社団法人です。

    「すべての人に美しくなってほしい」ことを目的としています。
    当院の久次米秋人理事長は日本美容医療協会の理事として、皆さまと専門医をつなぐ架け橋になるよう努めています。

    当協会は美容分野で唯一、内閣府より公益社団法人の認定を受けています。

    様々な科目の専門医が在籍

    様々な科目の専門医が在籍

    当院には、様々な科目の専門医が在籍し、当サイトも執筆、監修しています。

    例えば、日本形成外科学会が認定する形成外科専門医、日本外科学会が認定する外科専門医、日本麻酔科学会が認定する麻酔科専門医、日本抗加齢医学会が認定する専門医、日本外科学会が認定する外科専門医、日本救急医学会が認定する救急専門医、日本旅行医学会が認定する認定医、日本禁煙学会が認定する認定指導医です。

    様々な科目の専門医や出身者による総合的な医療の上に成り立っているのが、共立美容外科なのです。

    定期的な研修や勉強会を開催し、IMCAS(世界皮膚老化会議)などの参加を通じて、医療技術の向上に努めています。学術研究についてはこちらをご覧ください。

    医学博士も在籍

    医学博士も在籍

    当院には、医学博士の新妻 克宜医師が在籍しています。

    学会発表などアカデミックな視点からも、美容医療の向上に努めています。

    そして、全ての医師が解剖学を学んでいます。

    救急科専門医と麻酔科専門医が在籍

    救急科専門医と麻酔科専門医が在籍

    日本救急医学会が認定する救急科専門医で麻酔科認定医のの児玉肇医師や救急科専門医で麻酔科専門医の岡田大輔医師が在籍しています。

    感染症予防など「未然に防ぐこと」に対して積極的に取り組んでいます。

    さらに、ヒヤリ・ハット事例を、収集、分析し「何かあった時の対応」に対しても取り組んでいます。

    その他、各専門医の情報については、こちらをご覧ください。

    早稲田大学の経営管理研究科と提携

    早稲田大学の経営管理研究科と提携

    共立美容外科は早稲田大学の経営管理研究科と2017年から2021年現在まで、提携講座を開設しています。

    当院のスタッフが、接遇サービスや、おもてなし、どのようなクリニックが選んでいただけるかといった講義を行っております。

    また、「真っ当な医療を患者様に丁寧に届ける」という企業理念を崩さないことが大切であるという話もしています。

    この理念は、クリニックとして開院以来30年間一貫しています。

    当院のサービス向上部門には、早稲田大学大学院のMBAや博士課程のスタッフが複数名在籍し、スタッフの人材育成に努めています。
    早稲田大学との提携講座を通じ、患者様にご満足いただけるような接遇サービスの向上に日々、努めています。

    「日本美容外科医師会」認定医療機関

    「日本美容外科医師会」認定医療機関

    「日本美容外科医師会」は、美容外科医が中心となり、美容医学の推進と美容医療の質向上を目的として結成された特定非営利活動法人です。

    所属するには、以下の条件を満たしていなければなりません。

    院長は医師会の会員であること
    共済会に加入して三年以上であること
    過去に重大事故(後遺障害3級以上)をおこしていないこと

    さらに、以下の審査項目があり、これらも認定への大切なポイントとなります。

    美容外科110番でのクレーム状況
    美容外科への貢献度
    医師としての倫理感
    手数料、更新料の支払状況

    これらの審査基準を満たして日本美容医師会に所属しているということは、クリニック選びの重要な指針となるはずです。

    また、当院の久次米秋人理事長は、日本美容外科医師会の理事として美容医療を通じて医学の進歩と社会の福利に貢献するよう努めています。

    新型コロナウイルス感染症に対する院内の取り組み

    新型コロナウイルス感染症に対する院内の取り組み

    厚生労働省対策本部の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の見解(令和2年3月9日及び3月19日公表)を受けて、院内の備品、施設の消毒管理、外気の取り入れ(換気)、全てのスタッフの体調管理等を行っています。

    詳しくは、下記ページをご覧ください。

    共立美容外科・歯科で受けられる歯科の施術

    このページの監修・執筆医師

    • 歯科医師 會田 隆介(あいた りゅうすけ)

      歯科医師

      會田 隆介(あいた りゅうすけ)

      • 略歴

        • 2008年
          鶴見大学歯学部卒業
          2009年
          同大学総合歯科研修医終了
          2010年
          同大学保存学教室入局
          2011年
          都内歯科医院勤務
          2012年
          共立美容外科・歯科勤務
      • 主な加盟団体

        日本顎顔面インプラント学会会員
        日本歯周病学会会員
        日本保存学会会員
        日本口腔インプラント学会会員

    当院は医療広告ガイドラインを遵守しています。

    参考文献

  • 1)柏井伸子.「インプラント埋入手術2回法」.『みるみる理解できる図解スタッフ向けインプラント入門』.柏井伸子,中島康.クインテッセンス出版.2019.64−11頁,68−69頁
  • 共立美容外科

    共立美容外科・歯科|インプラントによる失った歯の改善に関するページをご覧の皆様へ

    このページは2021年10月に最終確認をしています。
    このページでは、インプラントによる失った歯の治療の内容がご覧いただけます。インプラントの治療は、新宿本院、千葉院、大阪本院で行う事が出来ます。丁寧に痛みが少ないないよう施術します。製品と材質と安全にこだわって口腔外科治療を行っています。事前にCTをコンピュータに取り込みシュミレーションをして安全に配慮して行っています。ノーベルやストローマンなど世界最高品質クラスの素材を丁寧にアゴの骨に埋め込みます。口腔外科や歯科の治療はドクターひとりで行うものではありません。私たちとあなたとが信頼関係を築き二人三脚で行うもの。充分にコミュニケーションをとり、口腔外科や歯科を通してあなたの夢に近づけていきます。