英語 中国簡体 中国繁体 韓国語

口コミが多い美容整形外科のメニューを地域別に医師が解説

京都でダーマペンのおすすめのクリニックを探すコツを解説

公開日:2022年05月29日(日)

京都
素肌が綺麗な女性
            美容外科医への無料カウンセリング実施中:予約ボタン

このページを読むのに必要な時間は約 10 分です。
最後まで有意義なページになっていますので是非ご覧ください。

スキンケアにどんなに時間やお金をかけても、小じわや毛穴の黒ずみ、ニキビ跡など肌トラブルが改善せず、美肌には程遠いなぁ…とお悩みではありませんか?

そんな方は美容クリニック・美容皮膚科で行われている「ダーマペン」の施術を受けると、お肌本来が持つ再生力が高まり、肌質が改善され、ツルピカの若返り効果が期待できます。

「ダーマペン」は施術部位によって幅広い美容効果が期待できますので、あらゆるお肌のお悩みに対応することができる美容医療メニューの一つです。

このコラムでは、はじめて京都でダーマペンの施術を受ける際に名医を探すコツとダーマペンの美容効果、失敗しない対策法などの情報をまとめてご紹介しましょう。

 

京都でダーマペンが上手い美容クリニックの名医を探す3つのコツ

「ダーマペン」とは、極細の針を使って肌に穴をあけて、お肌の生まれ変わりを促し、コラーゲン分泌を促進することで、お肌のトラブル改善と肌質改善が期待できる美容医療です。

ダーマペンは毛穴の黒ずみや開き、ニキビ跡やお肌の凹凸、お肌のくすみ、小じわなどの様々な肌トラブルの改善に期待できるため、幅広い方に人気がある治療法になります。

京都の繁華街には多くの美容クリニック・美容皮膚科が立ち並び、その多くがダーマペンの施術を提供していますが、患者様はクリニック・医師選びを慎重に行うことが大切です。

ダーマペンの治療はたった1回の施術だけではすぐに効果は現れないため、3週間〜4週間の期間を空けて、平均4回〜5回の治療を繰り返し受ける必要があります。

もし、クリニック・医師選びに失敗してしまうと、半年間かけてダーマペンの治療を続けても効果が実感できなかったり、シミや内出血などの副作用が起こることがあるので要注意!

ここからは、京都でダーマペンの治療が上手いクリニック・名医を探す3つのコツを押さえておきましょう。

 

 

1)なるべくキャリア10年以上の医者を選ぶ

美容クリニック・美容皮膚科には多くの医師が在籍していますが、医師によって経歴やキャリアはそれぞれ異なりますので、患者様はしっかりと調べておくことが大切です。

美容医療に限らず、どんな業界であっても、新人よりもその道に長く精通したベテランの方が長年の豊富な経験により技術に自信を持っています。

ベテラン医師はその状況に合わせて適切な判断を下すことができますので、美容医療の施術においても大きな失敗や副作用リスクを避けることができるのです。

医師になるには、医学部で6年間、人体の解剖学や基礎医学について学び、国家試験に合格すれば医師免許を取得できて、新人医師としてデビューし、実際に手術を行うことができます。

しかし、大学を卒業したばかりの新人医師は現場での経験がないので、まずは大学病院や市民病院などの総合病院で研修医として2年間、医師の指導を受けたり手術の介助などを学びます。

その後、医師は自分の専門の科を決めて、上司の先生に指導を受けながら、担当患者を受け持ち、実際に手術を繰り返して学び、一人前の医師として成長するのです。

そして、どの科であってもベテランの域に達するには最低でも10年の経験が必要だと言われています。

患者様がベテランの美容外科医を探す際には、ホームページに掲載されている医師の経歴を見て、研修医・形成外科・美容外科の経験が10年以上あると経験が豊富だと判断できます。

信頼できる美容クリニックでは実務経験が長い医師を採用していますので、失敗するリスクは最小限に押さえられて、患者様も理想の仕上がりに満足されるケースが多いです。

美容医療で人気のあるダーマペンやヒアルロン酸注射、ボトックス注射、二重まぶた埋没法などを受ける際には、新人医師は避けて、10年以上の経験がある医者を選びましょう。

一方で、大手チェーンで店舗数を拡大しているクリニックでは、経験が浅い新人医師を大量に採用して、質よりも数をこなし、売上至上主義を取っている強引なクリニックがあります。

例えば、目や鼻、豊胸などの人気の手術から一つだけを集中的にやらせて、「二重の名医」「鼻整形のスペシャリスト」を作り上げて、宣伝として使う手法も目立ってきています。

キャリアが浅い医師はまだ技術を学んでいる成長過程にありますので、ベテラン医師と比べると技術と知識が未熟で、失敗するリスクは上がりますので注意が必要です。

 

 

2)リスク・副作用についてもしっかり説明がある

美容医療には必ずリスクが伴いますので、美容クリニックのカウンセリングでは医師がしっかりとリスクや副作用、ダウンタイムの症状など、デメリットも説明する必要があります。

例えば、まぶたが分厚い患者様が理想の芸能人の目元と全く同じ二重ライン幅と平行型にして欲しいとご希望の場合、物理的に叶わない場合は医師はしっかりできない理由を説明します。

無理に施術をするとどんなリスクが起こり得るか説明すると、患者様は納得していただけることがほとんどです。

しかし、売上至上主義を取る強引なクリニックでは、デメリットを説明すると患者様が施術を受けずに帰ってしまうために、都合の良い話だけをして施術を薦める医師がいるので要注意。

患者様の話を笑顔で聞き続けて、治療のリスクや副作用を話さない医師もいますので、患者様はリスクを理解しないまま治療を受けて、結果的に後悔するというパターンが多いようです。

治療後にイメージと全然違った、失敗したのでやり直したい、ダウンタイムが長すぎて生活に支障をきたしている、といったトラブルは患者様からとても多く聞きます。

医師も人間ですから色んな性格の人がいますので、カウンセリングの第一印象で感じが良かった、話しやすかったという理由だけで決めてしまうのは失敗リスクが上がるのでNGです。

美容医療は一度の治療で簡単にやり直しができるものではありませんので、医師を選ぶ際には効果だけでなく、リスク・副作用についてもしっかり説明するかを判断基準にしましょう。

 

3)ネット上の口コミ・ブログ・紹介サイトは信憑性が低い

最近の美容クリニック業界では、真面目に美容医療と向き合うクリニックとネット広告や情報操作によって売上至上主義を取るクリニックの2極化が進んでいます。

京都の美容クリニック・美容皮膚科で名医を探すには、ネット上の口コミサイト、美容クリニック紹介ブログ・サイトは信憑性がなく、信頼度が低いので鵜呑みにしないことです。

例えば、「京都のダーマペン名医のランキング」という記事があるとして、そのランキング上位を見てクリニック・医師を決めるのは失敗リスクが上がるのでNGです。

美容クリニックの情報サイトのほとんどはサイト運営者が美容クリニックの紹介料として報酬を受け取っているアフィリエイトサイトですから、順位は報酬が高い順番になっています。

口コミサイトの場合は美容クリニックが第三者業者に良い口コミの記入を依頼したり、悪い口コミを削除するといった操作が行われていますので、信憑性は非常に低いため要注意!

つまり、ネット上の美容クリニックの口コミは業者に費用を払えばいくらでもよく見せたり、悪く見せたりすることができますので、クリニック・医師選びには役立ちません。

そうはいっても、患者様は美容クリニックの口コミや評判は気になりますし、初めての美容クリニック選びの際には、熱心にネット検索からの情報集めをする方がほとんどです。

多くの美容クリニックはなるべく良い評判を見せるために記事や口コミを大量投下したり、ライバルのクリニックを悪く見せるために攻撃して、実際に摘発されたケースがあります。

真面目に美容医療の提供に取り組んでいるクリニックはネットの口コミで自作自演をしなくても、信頼と実績によって多くの患者様がリピートしてくださり、新規にも繋がっています。

そのようなクリニックに引っかからないためにも、京都でクリニック・医師選びをする際には口コミ・ブログ・紹介サイトを見て決めるのはリスクが高いのでNGです。

実際にクリニックに足を運んで、カウンセリングを受けてどの美容外科が自分に合うか決めることが失敗しないコツです。

 

 

ダーマペンで期待できる5つの美容効果

ここからは、ダーマペンで期待できる5つの美容効果についてご紹介しましょう。

 

1)シワ・シミやくすみ・ハリ不足の改善

 

  • 目元、口元の小じわ改善
  • シミ・くすみ(色素沈着)の改善
  • ハリ不足の改善

 

真皮を刺激して、線維芽細胞を活性化し、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンの生成を助けます。

 

2)ニキビ予防・ニキビ跡(クレーター)の改善

 

  • ニキビ予防
  • ニキビ跡(クレーター)の凹凸

 

肌の再生力を引き出し、過剰な炎症を抑えて皮脂の分泌を正常化します。

 

3)毛穴の開きの引き締め

 

  • 鼻や頬の毛穴の開きを引き締める
  • 毛穴の黒ずみを改善する

 

ターンオーバーが促されて皮膚がなめらかになり、毛穴が目立たなくなります。

 

4)肌質の改善

 

  • たるみ、乾燥を改善

 

自然治癒が働き、繊維芽細胞が活発になり、肌再生によって肌質の改善効果が期待できます。

 

5)リフトアップ効果

 

  • たるみの改善

 

 

ダーマペンで失敗しないために大切なこと

ダーマペンの施術では肌に小さく穴が開き、刺激によってお肌が傷ついている状態です。

ダウンタイムは赤みや腫れ、内出血を起こすことがあるので、刺激を受けないように要注意。

ダウンタイムの期間は人によって異なりますが、約1週間は続きますので、その間は紫外線対策を徹底し、スキンケアやお化粧でお肌に刺激を与えないように気をつけましょう。

注意点としては、ダーマペンの針によって肝斑を刺激するとシミが濃くなるケースがあるので、肝斑がある方はカウンセリングの際に担当医とよく相談して決めてください。

ダーマペンは複数回の治療を受けてお肌の改善を目指す治療になりますので、クリニックは通いやすさや治療費などもチェックして決めると良いです。

 

京都院の内装

共立美容外科では全ての医師が解剖学を学んでおり、救急科専門医と麻酔科専門医、医学博士も在籍しています。

開院以来35年間、真っ当な医療を患者様に丁寧に届ける事を心掛けています。

当院のカウンセリングではベテラン医師が患者様と向き合って、理想の仕上がりになるために丁寧な診療をして、最適な治療法を提案させていただきます。

当院では必要がない治療を勧めたり、当日に治療を急かすようなことは一切ありませんのでご安心ください。

施術料金はホームページに明確な記載があり、強引な勧誘はございません。

京都で信頼できる美容クリニック・医師をお探しの方は一度、「共立美容外科 京都院」の無料カウンセリングにお越しくださいませ。

 

 

■住所
〒600-8007
京都府京都市下京区四条通高倉西入立売西町76番地
四条高倉大西ビル6F

■お電話
075-231-5400

京都院の詳細はコチラから▶

 

■阪急京都線
「鳥丸駅」下車 地下通路15番出口より徒歩3分

■市営地下鉄鳥丸線
「四条駅」下車 地下通路15番出口より徒歩3分、1番出口より徒歩4分

 

 

ダーマペン4のバナー

▼京都院で人気のダーマペン4にの料金や施術ついての詳細はこちら


カウンセリングの予約バナー

▼初めての方でも入りやすい♪カウンセリングの予約をする。

 

 

~監修医師~

久次米 秋人(くじめ あきひと)

■認定医等

日本美容外科医師会理事
日本美容外科学会認定専門医

■略歴

1983年 金沢医科大学医学部 卒業
1983年 高知医科大整形外科入局
1989年 東京本院(品川)開院
2002年 本院を新宿に移転
2013年 銀座院院長就任
2018年 第107回日本美容外科学会 学会長就任

■主な加盟団体

日本形成外科学会会員
日本美容外科学会会員
日本脱毛学会会員
北米脂肪吸引形成外科学会会員
日本坑加齢美容医療学会会員

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-500-340 (診療時間 10:00~19:00)

よくあるご質問

×

新宿・名古屋・大阪・福岡をはじめ
全国26院 共通ダイヤル
0120-500-340

あの久次米総括院長も診察♪
新宿本院 直通ダイヤル
0120-500-340

銀座院 直通ダイヤル
0120-560-340

渋谷院 直通ダイヤル
0120-340-428

池袋院 直通ダイヤル
0120-340-800

立川院 直通ダイヤル
0120-489-340

上野御徒町院 直通ダイヤル
0120-340-444