英語 中国簡体 中国繁体 韓国語

Kyoritsu Biyo Scrap(KBS)

乳頭縮小術のクリニックを安いだけで選ぶリスクを名医が詳しく解説!

公開日:2022年07月20日(水)

豊胸
胸に悩みのある女性

このコラムを読むのに必要な時間は約 8 分です。
最後まで有意義なページになっていますので是非ご覧ください。

乳頭の悩みはデリケートな問題であり、相談できずに一人で悩まれている方が少なくありません。

原因や悩みによってはセルフケアでは改善が困難なことも多く、現状のまま諦めざるを得ない方もいます。

乳頭のお悩みを抱える方におすすめの施術が「乳頭縮小術」です。

乳頭縮小術は、乳頭のお悩みやコンプレックスを解消できるとても人気の施術ですが、体への侵襲があることから医師の技術力が必要不可欠です。

今回は、乳頭縮小のメリットやデメリット、施術の相場価格などを説明し、クリニックの選び方についても解説していきます。

 

乳頭縮小術とは?

乳頭縮小術について説明している女医

乳頭縮小術とは、乳頭の一部を切除することで形や大きさを整える施術の総称です。

施術は主に、授乳ができる乳管温存法と先端や周囲の組織を切除する施術に分けられます。

手術は30分から1時間程度で終了します。

麻酔は局所麻酔が主流ですが、静脈麻酔を使用することもあります。

 

乳頭縮小術のメリット

 

  • 乳頭の形や大きさが平均的になる
  • 温泉やスーパー銭湯での羞恥心がなくなる
  • 傷が残りにくいため、周囲にバレる心配が少ない
  • 乳児が授乳しやすくなる
  • 今後授乳予定、授乳中でもできる施術がある

 

乳頭縮小術のデメリット

 

  • ダウンタイムがある(約2週間)
  • 全身麻酔や硬膜外麻酔の副作用が出る方もいる
  • 自費診療のため費用が高額

 

乳頭縮小術の相場価格とは?

乳頭縮小術は、審美目的での施術がほとんどで、多くの場合自費診療となります。

そのため費用は必然的に高額になりやすく、相場価格は両側乳頭の施術で30万〜50万と言われています。

相場価格はあくまでも参考価格ですが、相場価格から大きくかけ離れている場合は、どの項目にいくらかかっているのか内訳を直接聞いてみると良いでしょう。

乳頭の形や大きさが授乳困難の原因になっている場合は、保険適用で施術を受けることが出来る場合もあります。

 

乳頭縮小術の失敗例とは?原因と対処法を詳しく解説!

失敗例と聞くと施術自体が恐ろしく感じる方もいるかもしれません。

しかし、失敗例を知っておくことで、今後の対策やクリニック選びの参考になりますよ。

低単価な施術が多いクリニックでは、未熟な医師が担当することも多く、失敗のリスクが高まります。

ここでは、施術の失敗が起こってしまった原因や対処法を詳しく解説します。

 

失敗例1:左右差が出来てしまった

失敗例として多いのが、施術後の乳頭の左右差が出現した例です。

もともと左右差がある方もみえますが、施術で是正してほしいと依頼していたにもかかわらず直っていなかったという声もあります。

 

原因

 

  • 未熟な医師による施術
  • デザイン力の不足
  • カウンセリング不足

 

対処法

 

  • 実績や経歴を見て医師を決める
  • カウンセリングでしっかりと希望を伝える

 

失敗例2:理想の仕上がりにならない

「希望した感じではなかった」「乳頭が小さくなりすぎた」など、思っていた仕上がりとは違ったという声もあります。

人によって感じ方が異なることから、カウンセリングで患者様とのすり合わせをしっかり行っていく必要があります。

また、「施術を受けたが変化がなかった」という声も聞かれました。

変化がないことは通常ありえませんが、仕上がりへの満足度の低さがうかがえます。

執刀した医師の力量によっては、組織の切除が甘く、大きさの変化を感じられない可能性はあります。

 

原因

 

  • カウンセリングでの共有不足
  • 納得して施術を受けていない
  • 医師の技術不足

 

対処法

 

  • 医師がカウンセリングを行っているクリニックを選ぶ
  • 理想や希望をしっかり伝える

 

失敗例3:乳頭の形が変形してしまった

施術後乳頭の形が歪になり、変形してしまったという失敗もあるようです。

乳頭が乳輪に埋もれてしまったパターンもあるとか。

変形は修正手術でなければ改善されないため、余計な費用と負担がかかります。

 

原因

 

  • 医師の技術不足
  • アフターフォローが不十分

 

対処法

 

  • 実績のあるクリニックで施術を受ける
  • カウンセリングで医師の症例写真を見せてもらう

 

失敗例4:傷が目立つ・施術がバレてしまう

傷口の善し悪しは、医師の縫い方に左右されます。

傷が目立つということは、それだけ縫い方が雑になっていると考えられます。

手術の技術は医師の経験によるところが大きいのです。

また、乳輪とのバランスを考えずに施術を行ってしまうと、不自然な仕上がりとなり、施術したことがバレてしまうリスクが高まります。

 

原因

 

  • 医師の技術・経験不足
  • 縫合の仕方が雑

 

対処法

 

  • カウンセリングで全体のバランスから施術を考えてくれる医師を選ぶ
  • 医師の経歴や実績を確認しておく

 

 

後悔しない!乳頭縮小術におすすめのクリニックの選び方4選

乳頭縮小術におすすめのクリニックの選び方4選を案内している女性

乳頭縮小術を行う医師は、デザイン力や技術力、全体のバランスを見ながら施術を行う経験則、情報収集力などさまざまな能力が必要です。

医師はクリニックの経営理念や方針に則っているため、施術を行う際はクリニックも慎重に選ぶ必要があります。

ここでは、乳頭縮小術におすすめのクリニックの選び方について解説します。

 

症例実績が多く、研究も積極的に行っている

乳頭縮小術を取り扱うクリニックは多いですが、やはり症例数や実績が多いクリニックを選ぶのが安全です。

近年はホームページでクリニックの実績を確認できますし、医師の経歴なども見ることができますよね。

そうしたホームページ上の情報も確認しながら、実績ある複数のクリニックでカウンセリングを受けてみましょう。

 

バストの施術を多く取り扱っている

乳頭縮小術以外にも、乳頭陥没や豊胸などバストの施術を多く取り扱っているクリニックの施術がおすすめです。

他のバストの施術でも身体全体のバランスや距離などを見ながら施術の方向を決定しているため、デザイン力や個別性を重視した施術経験が豊富になります。

 

他院で行った施術の修正手術を実施している

患者様の中には、「他院の施術で満足できなかった」「失敗してしまった」などの理由で修正手術を受ける方もいます。

修正手術は失敗の原因を確認して行うため、行っているクリニックは失敗例をしっかり分析しています。

麻酔の知識も豊富で、アフターフォローも整っているクリニックが多いため、安心して施術を受けることができます。

 

乳頭縮小の施術をすべて実施している

乳頭縮小術はクリニックによって取り入れている施術方法が異なります。

とくに乳管温存法は技術を要するため、行っていないクリニックもあります。

自分にどの施術が合うのかわからない中、乳頭縮小の施術数が少ないクリニックを選ぶことは、選択の幅を狭めてしまう可能性があります。

複数のクリニックを比較・検討したうえで、なるべく多くの施術を取り扱っているクリニックを選択しましょう。

 

 

症状別におすすめの施術をご紹介!

自分の乳頭の悩みはどの施術で解決できるのか気になりますよね。

乳頭縮小術にはさまざまな方法があるため、医師に相談しながら施術を決めますが、事前に知っておくことで医師の提案をより深く理解することができます。

ここでは、お悩み別におすすめの施術をご紹介します。

 

乳頭が長い

「乳頭が伸びてしまった」「長く感じる」といった方には先端を切除する施術や、乳頭の根本の皮膚を切除し入れ込んで縫合する施術が向いています。

乳頭の長さは皮膚がたるんでしまうことが原因で発生することが多いです。余分な皮膚や組織を切除することで、乳頭を短く整えることができます。

 

乳頭を全体的に小さくしたい

乳頭の大きさが気になる場合は、乳頭の胴体部分の組織をケーキのように切り取り、切除部分を縫い合わせていく施術がおすすめです。

この施術を行うことで、乳頭の直径を短くできます。

 

今後授乳する可能性があるが施術を受けたい

今後授乳する可能性がある方、特に若い女性には乳管温存法がおすすめです。

乳管の機能は維持しつつ、乳頭縮小を実現することができますよ。

乳管を傷つけないよう慎重に手術を行う必要があるため、実績が豊富で技術力の高い医師を見つけて施術を受けましょう。

 

乳頭が下垂をなんとかしたい

乳頭が下垂している方は乳頭が伸びてしまっているため、皮膚の切除を兼ねた施術がおすすめです。

ここで注意したいのが、乳頭ではなくバストの下垂が原因の場合もある点です。

乳頭がバストに対して垂直であれば、乳頭の下垂はありません。

バストの下垂が原因の場合は乳頭縮小ではなく豊胸手術が適している場合もあります。

 

乳頭縮小術は実績あるクリニックで受けよう

共立美容外科の受付

乳頭縮小術は、とても繊細な施術です。

低価格な施術を掲げるクリニックでは、環境整備不足や医師の技量の不十分さなどから、さまざまなトラブルが発生するリスクもあります。

高額な施術を受けるのですから、当然失敗や後悔のない仕上がりを目指したいですよね。乳頭縮小の施術は、実績があり症例数も豊富なクリニックがオススメです。

乳頭のトラブルで悩まれている方は、ぜひカウンセリングで話を聞いてみてくださいね。

 

乳房の悩み バナー

▼共立美容外科で人気の乳房の悩みの料金や方法についてはコチラ

 

カウンセリングの予約バナー

▼初めての方でも入りやすい♪カウンセリングの予約をする。

このページの監修・執筆医師

  • 古賀 はる香(こが はるか)

    古賀 はる香(こが はるか)

    日本形成外科学会専門医

    • 略歴

      • 2012年
        東京女子医科大学医学部医学科 卒業
        2012年
        平塚共済病院 入職
        2013年
        東京医科歯科大学医学部付属病院 入職
        2014年
        東京医科歯科大学医学部付属病院・形成美容外科 入局
        2021年
        共立美容外科 入職
    • 主な加盟団体

      日本形成外科学会
      日本美容皮膚科学会
      日本手外科学会
      日本マイクロサージェリー学会

当院は医療広告ガイドラインを遵守しています。

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-500-340 (診療時間 10:00~19:00)

よくあるご質問

×

新宿・名古屋・大阪・福岡をはじめ
全国26院 共通ダイヤル
0120-500-340

あの久次米総括院長も診察♪
新宿本院 直通ダイヤル
0120-500-340

銀座院 直通ダイヤル
0120-560-340

渋谷院 直通ダイヤル
0120-340-428

池袋院 直通ダイヤル
0120-340-800

立川院 直通ダイヤル
0120-489-340

上野御徒町院 直通ダイヤル
0120-340-444