英語 中国簡体 中国繁体 韓国語

Kyoritsu Biyo Scrap(KBS)

ヒト幹細胞は美容液で使うと怖い?効果やリスクについて美容外科医が解説

公開日:2022年02月07日(月)
最終更新日:2022年03月14日(月)

コスメ・ホームケア
ヒト由来の幹細胞

このコラムを読むのに必要な時間は約 8 分です。
最後まで有意義なページになっていますので是非ご覧ください。

医療業界や美容業界で注目を集めているのが「幹細胞」です。

幹細胞を医療や美容に応用することで、今までは不可能であった病気の治療が可能になったり、従来のコスメでは得られなかったようなアンチエイジング効果を期待できるとも言われています。

幹細胞の中にも様々な種類があり、特に効果や安全性が優れていると考えられているのがヒト由来の幹細胞である「ヒト幹細胞」を使用したものです。

ヒト幹細胞と聞くと、「なんだか気持ち悪い」、「本当に安全なのだろうか」と感じる方も多いと思いますが、実際には、ヒト(他人)の細胞が含まれているわけではなく、安全性はしっかりと証明されています。

むしろ、最新の科学によって作られている非常に優れた製品であるため、「有効に活用しないほうがもったいない」ともいえます。

そこで今回は、ヒト幹細胞に関して解説しながら、幹細胞コスメやヒト幹細胞を使用した美容液やクリームの特徴を紹介します。

幹細胞コスメやアンチエイジングに興味があるという人は、ぜひ最後までお読み下さい。

 

【簡単に解説】ヒト幹細胞とは?

幹細胞コスメのイメージ

ヒト幹細胞の技術を応用した美容医療や美容製品(美容液など)の効果を理解するためにも、まずは「ヒト幹細胞とはなにか?」ということを勉強しましょう。

できる限り簡単に分かりやすく説明しますが、多少専門用語が出てきますことをご了承下さい。

 

 

そもそも幹細胞とは?

幹細胞をシャーレに抽出しているイメージ3

ではまず、そもそも「幹細胞」とは何か?ということを紹介します。

幹細胞は、自分自身を複製する能力「自己複製能」と、自分以外の様々な細胞に分化する(複製する)能力である「多分化能」を持つ特殊な細胞です。

通常の細胞は、自分自身と同様の細胞に分化・複製することはできても、異なる性質を持つ細胞に文化することはできません。

例えば、骨の細胞は骨になり、血液の細胞は血液になるということです。

骨の細胞を血液にしたり、血液の細胞を肌の細胞に変化させることはできません。

しかし幹細胞は、骨や血液の細胞を含め、「どのような細胞にもなれる」という特別な性質をもっています。

このような幹細胞の性質を医療に応用することで、損傷した組織や機能障害を受けた臓器を再生させることすら可能になるため、再生医療として大きな注目を集めています。

 

幹細胞の種類

幹細胞のイメージ

幹細胞には、いくつかの分類が存在しており、主に胚性幹細胞(ES細胞)、成体幹細胞、iPS細胞などとよばれるものが存在します。

特にiPS細胞は、2006年に京都大学の山中伸弥教授がノーベル賞を受賞したこともあり、日本国内でも多くの話題となっています。

iPS細胞やES細胞という名前を聞いたことがあるという人も多いかと思います。

それらの細胞こそ幹細胞の一種であり、幹細胞を活用した技術は日々進歩しているのです。

 

 

ヒト由来・植物由来・動物由来?

培養上清液

また、幹細胞は大きく3つの種類に分類することができ、ヒト由来・植物由来・動物由来のものが存在します。

「由来」という言葉のとおり、人の細胞から作られた(人の細胞に由来する)ものをヒト由来の幹細胞、植物の細胞から作られたものを植物由来の幹細胞、ブタやヒツジなどの動物の細胞から作られたものを動物由来の幹細胞といいます。

特に医療や美容において頻繁に使われるのは、ヒトの細胞から作ったヒト由来の幹細胞であり、植物や動物由来の幹細胞以上のメリットがあると言われています。

ヒト由来の幹細胞は、人間の細胞をもとに作り上げられているため、人の体や細胞との親和性が高く、植物や動物由来のもの以上に有効性や安全性が期待できると考えられています。

 

 

ヒト幹細胞のリスクは?怖い?

ヒト幹細胞のリスクを患者に説明する医師

ヒト幹細胞のリスクや危険性に関する噂は数多く、「ヒト幹細胞を使用した化粧品でがんになる」などの恐ろしい話を耳にすることがあります。

しかし、幹細胞を使用した医療技術において、細胞ががん化するようなリスクは今のところ見つからないといわれています。

リスクが無いと結論づけることは難しい(不可能)ですが、専門家の下で使用されている分には、特別な危険性はほぼ無いといえるでしょう。

もちろん、決められた用法を守らずに使用した場合には、何らかのリスクが生じる可能性もあります。

しかし、喫煙や過度のアルコールのように、明らかに健康を害するというものではないということを知っておきましょう。

 

 

【幹細胞コスメ】ヒト幹細胞エキスを使用した化粧品とは?

幹細胞をシャーレに抽出しているイメージ2

ここまでで、「幹細胞とはなにか」、「ヒト幹細胞とはなにか」、「ヒト幹細胞の危険性」などについて紹介をしました。

ではここからは、幹細胞の技術を美容に応用した「幹細胞コスメ」について解説していきます。

 

 

 

幹細胞コスメには幹細胞が入っていないってホント?

幹細胞コスメのイメージ

結論から言ってしまうと、「幹細胞コスメには幹細胞は配合されていません」。

え?っと思われる方も多いかもしれませんが、幹細胞コスメに配合されているのは「幹細胞を増殖させた際の培養物から抽出した培養液」であり、幹細胞そのものが配合されているわけではありません。

しかし、幹細胞培養液にも非常に多くの美容効果が認められているため、これを美容液やクリームなどの化粧品として使用することで、従来の化粧品では得られなかったような効果が期待できる可能性があるのです。

幹細胞コスメは幹細胞の技術を応用した化粧品であるのは間違いありませんが、幹細胞そのものが配合されているわけではなく、「幹細胞の培養液が配合されている化粧品である」ということです。

また、化粧品に配合されている幹細胞培養液としては、「ヒトの幹細胞培養液」と「植物の幹細胞培養液」が一般的であり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

 

 

植物幹細胞培養液の美容効果

植物幹細胞コスメのイメージ

植物幹細胞の培養液を配合した幹細胞コスメには、抗酸化作用や保湿効果などが期待できます。

抗酸化作用には肌の老化を防止する働きもあるため、肌のハリやみずみずしさ、肌のキメを整えるなどの効果が期待できます。

さらに、植物幹細胞培養液の最大の魅力は「価格」です。

ヒト幹細胞培養液を配合した化粧品よりも低コストに生産することが可能であるため、購入しやすいというのが大きなメリットとなります。

 

 

ヒト幹細胞培養液の美容効果

ヒト幹細胞由来の培養液には、植物由来のもの以上の美容効果が期待できます。

人間の細胞の表面にはレセプター(受容体)というカギ穴のような部分が存在します。

レセプターに特定の「カギ」が合致することで、細胞は活性化して様々な反応が引き起こされます。

ヒト幹細胞培養液にはレセプターのカギとなる成分が含まれているため、細胞を活性化し、新陳代謝やターンオーバーを促進させる効果が期待できます。

この作用がヒト幹細胞由来の培養液と植物幹細胞由来の培養液の大きな違いになります。

また、ヒト幹細胞培養液は人間の細胞との親和性が高いため、アレルギーなどの副作用が少なく、安心して使用することができるのも大きなメリットです。

一方、ヒト幹細胞培養液のデメリットは価格です。

どうしても生産コストが高くなってしまうので、植物幹細胞培養液と比べても製品価格が高くなってしまうという問題点があります。

しかし、値段と効果のバランスである費用対効果(コストパフォーマンス)を考えると、ヒト幹細胞培養液を配合した製品に大きな有用性があるのは言うまでもありません。

できることならヒト幹細胞培養液を配合した化粧品を使用するのがおすすめです。

 

 

ヒト幹細胞培養液の美容液やクリームは危険?気持ち悪い?

幹細胞をシャーレに抽出しているイメージ

ヒト幹細胞培養液配合の化粧品に対して、「危険」や「気持ち悪い」というご意見を伺うことがありますが、科学的にはヒト幹細胞培養液配合の化粧品にはデメリットはほとんどありません。

先にも述べたように、価格が高いというデメリットがあるだけで「危険」ということはありません。

むしろ、ヒト幹細胞以外の配合成分(アルコールや添加物など)によるアレルギー反応のほうがリスクが高いと考えられます。

また、ヒト幹細胞の培養液が配合されているだけで、「細胞そのもの」が配合されているわけではありませんので、「気持ちが悪い」と感じる必要はないかと思います。

ヒト幹細胞と聞くと「なんだか気持ちが悪い」と感じるのも無理はありませんが、他人の細胞が使用されているわけではありませんので、他の化粧品と変わらずご使用いただけます。

 

 

幹細胞コスメのおすすめ成分とは?

幹細胞コスメには様々なものがありますが。スキンケア目的で幹細胞コスメを用いる場合には、「ヒト幹細胞由来の培養液」を配合した製品を選択することがおすすめです。

また、幹細胞コスメは従来のエイジングケア化粧品とは異なり、「20代や30代の若い世代からの継続した使用」が勧められる製品です。

若いうちから幹細胞コスメでケアを行うことで、肌を若々しくキープする効果が期待できます。

幹細胞コスメの美容液は種類も多く選択するのが難しいかと思います。

値段も高く間違った使用方法では効果が得られない場合もあります。

不死化ヒト乳歯歯髄幹細胞培養上清液を使用したフシカクリームは、朝と夜にお使いのスキンケアアイテムの最後にプラスして使うだけの簡単のスキンケア幹細胞コスメです。

 

フシカクリームのバナー2

▼ドクターズ幹細胞コスメ。フシカクリームの料金や成分などの詳細はコチラ。

 

 

FUSICA CREAMのご購入はこちら

 

このページの監修・執筆医師

  • 久次米 秋人(くじめ あきひと)

    久次米 秋人(くじめ あきひと)

    日本美容外科医師会理事
    日本美容外科学会認定専門医

    • 略歴

      • 1983年
        金沢医科大学医学部 卒業
        1983年
        高知医科大整形外科入局
        1989年
        東京本院(品川)開院
        2002年
        本院を新宿に移転
        2013年
        銀座院院長就任
        2018年
        第107回日本美容外科学会 学会長就任
    • 主な加盟団体

      日本美容外科医師会理事
      日本形成外科学会会員
      日本美容外科学会会員
      日本美容外科学会認定専門医
      日本脱毛学会会員
      北米脂肪吸引形成外科学会会員
      日本坑加齢美容医療学会会員

当院は医療広告ガイドラインを遵守しています。

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-500-340 (診療時間 10:00~19:00)

よくあるご質問

×

新宿・名古屋・大阪・福岡をはじめ
全国26院 共通ダイヤル
0120-500-340

あの久次米総括院長も診察♪
新宿本院 直通ダイヤル
0120-500-340

銀座院 直通ダイヤル
0120-560-340

渋谷院 直通ダイヤル
0120-340-428

池袋院 直通ダイヤル
0120-340-800

立川院 直通ダイヤル
0120-489-340

上野御徒町院 直通ダイヤル
0120-340-444