英語 中国簡体 中国繁体 韓国語

Kyoritsu Biyo Scrap(KBS)

目の下のたるみを取るハムラ法の詳細を美容外科医が解説

公開日:2022年04月22日(金)

二重整形・目元のお悩み
目の下がすっきりしている女性

このコラムを読むのに必要な時間は約 8 分です。
最後まで有意義なページになっていますので是非ご覧ください。

目の下のたるみを取る手術方法の1つに、ハムラ法があります。

ハムラ法とは、目の下のふくらんでいる部分の脂肪をとり、下のくぼんだ部分に移動させるという手術方法です。

では、ハムラ法にはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

また、ハムラ法を行うとダウンタイムにはどのような症状が出るのでしょうか?

今回は、目の下のたるみをとる手術方法であるハムラ法について詳しく見ていきましょう。

 

ハムラ法とは?

ハムラの手術をしているところ

ハムラ法とは、目の下の脂肪を移動して気になるくぼみを改善させる美容整形の方法です。

このような手術方法には、皮膚を切開して形を整える方法と、結膜を切開する方法の2通りがあります。

クマや目袋は顔の中心部分にあるため、顔の印象を大きく変える部分だと言われています。

そのため、この部分を手術によって変えることで、雰囲気が大きく変わる魅力的な治療方法だと考えられています。

 

ハムラ法の手術方法

ではここからは、具体的なハムラ法の手術方法について見ていきましょう。

まず、目の下のたるみの原因となるのは、眼窩脂肪の突出だと言われています。

そのため、ハムラ法では眼窩脂肪を目の下のへこんでいるところに移動させることによって、皮膚をフラットにしていきます。

具体的には、皮膚と眼輪筋の間を眼窩下縁まで剥離を行います。その後、脂肪の位置を移動して余っている皮膚や眼輪筋を切除して縫合するという手術方法となっています。

 

ハムラ法のメリット

ハムラ法のメリットを説明する看護師

では、ハムラ法の手術を行うメリットはどのような点なのでしょうか?具体的に見ていきましょう。

 

顔の印象を大きく変えることができる

ハムラ法では、眼窩脂肪を頬の方に移動するという方法です。

そのため、目の下のふくらみと頬のへこみを両方改善することができます。

このような手術を行うと、目の下のたるみだけではなく、顔全体の印象を大きく変えることができるので、魅力的だと考えられています。

 

余計な傷を避けられる

整形手術には、脱脂術と脂肪注入という方法があります。

これを別々に行うことも可能なのです。ただ、この2つの手術を別々に行う場合には、太もも等から抽出した脂肪を目元に入れるため、体に余計な傷がついてしまいます。

ハムラ法であれば、目の下にある脂肪を適切な場所に動かすことによって印象を変える手術方法なので、余計な傷がつかない点がメリットだと言われています。

 

脂肪の定着がよい

先ほどもご説明したように、ハムラ法では目元にある脂肪を移動させる手術方法です。

この方法の場合、生きた脂肪をそのまま動かすことができるので、定着がよいと言われています。

他の場所からとった脂肪の場合、なかなか定着せずに拒否反応がでてしまうこともあるので、その心配がないという点は大きなメリットでしょう。

 

たるみも改善することができる

目の下のたるみをとる手術の中には、ふくらみを軽減したり、くまの原因となるへこみを改善することができる方法は多数あります。

しかし、そのような手術の場合は、目の下のたるみを改善することができません。

そのため、高齢になってから手術をした場合、なかなか効果が見られない可能性もあります。

ただ、ハムラ法の場合は下まぶたの表面を切開する方法となっているので、たるんだ皮膚を切除してたるみを解消することができます。

そのことから、ハムラ法は年齢を重ねた後でも取り組むことができる魅力的な手術方法だと言われています。

 

ハムラ法のデメリット

ハムラ法のデメリットを説明する看護師

ハムラ法は魅力的な手術方法となっていますが、もちろんデメリットになってしまう部分もあります。

そこでここからは、ハムラ法のデメリットについて詳しく見ていきましょう。

 

傷跡が残る可能性がある

ハムラ法では、皮膚を切開して脂肪の位置を移動させます。

そのため、どうしても皮膚に傷ができてしまいます。

ただ、ハムラ法で切開する場所はまつげの下あたりとなるケースが多いため、大半の場合は傷が治ればあまり分からなくなります。

しかし、傷が治るには時間がかかってしまいますし、あまり目立たなくなることもあるので、そこまで心配することもないでしょう。

残る傷跡のリスクよりもその効果の方が大きいので、手術する価値はあると言えます。

 

涙袋がなくなる可能性がある

ハムラ法では、眼輪筋という筋肉を切開します。

この筋肉は涙袋を作るのに必要な筋肉です。

涙袋はホルモンタンクとも呼ばれており、これがあることによって表情が豊かに見えるため、若々しく見えると言われています。

しかし、ハムラ法によって眼輪筋を切除してしまうと、涙袋がなくなってのっぺりとした表情になってしまうリスクがあります。

そのため、若い方にとっては大きなデメリットになってしまう可能性があるでしょう。

 

あかんべーの状態になる可能性がある

ハムラ法を行うと、下まぶたの緊張が弱まってしまう可能性があります。

そのような状態になってしまうと、白目が大きく見えるようになってしまったり、三白眼となってしまうことが考えられます。

人によっては、眼球が浮いてしまったり、あかんべーをしているような状態になることもあるため、注意が必要でしょう。

 

ダウンタイムの時間が長くなる

ハムラ法では、目の下の皮膚や筋肉を切開する手術方法です。

そのため、その他の手術方法に比べて、ダウンタイム期間中に腫れや内出血が強く出てしまったり、期間が長くなってしまうこともあります。

ダウンタイムでどのような症状が出るのかをしっかりと理解して、できるだけ症状が早く回復するように対処しておいた方がよいでしょう。

 

ハムラ法のダウンタイムの症状

ハムラの手術が終わったところ

ハムラ法の手術を受けたいと考える方の多くは、ダウンタイムでどのような症状が出るのは不安に感じることでしょう。

そこでここからは、ハムラ法のダウンタイムではどのような症状が出るのか、ダウンタイムの期間はどれくらいなのかについて見ていきましょう。

 

ダウンタイムの期間

ハムラ法の手術自体は、2時間程度で終わります。

しかし、ダウンタイムの期間は3日間~3カ月程度と、その他の方法よりも長くなっています。

ダウンタイムの症状が出ている場合にはなかなか普段通りの行動をとることができないので、注意しておく必要があるでしょう。

 

ダウンタイムの症状

ハムラ法の手術の後には、下まぶたや目の周りの腫れといった症状が出てしまうことが多いです。

基本的には腫れは2週間程度で終了しますが、内出血が出たり感染症になってしまった場合には腫れが長引いてしまうこともあります。

また、時には白目が腫れてしまうこともあります。

白目が腫れた時には、目の上にある膜がゼリー状にふくらんでしまい、違和感を感じることもあるでしょう。

このような症状は、基本的には1か月~2週間程度で終了しますが、3カ月程度かかることもあるので注意が必要です。

 

 

ハムラ法のダウンタイム中の過ごし方

ハムラの手術が終わって看護師と患者が話しているところ

では、ハムラ法の手術が終わった後のダウンタイム中には、どのように過ごせばよいのでしょうか?

 

コンタクトレンズは症状が軽ければOK

コンタクトレンズは基本的には症状が軽い場合には使うことができます。

しかし、白目が腫れている時にはつけることができません。目がゴロゴロすると感じる時には、使用を避けるようにしましょう。

 

メイクは抜糸後から可能

ハムラ法の手術後は、5~7日たったら抜糸を行います。

抜糸が終われば、アイメイクをすることも可能です。ただ、できるだけ優しく扱うようにしておいた方がよいでしょう。

 

洗顔や入浴は翌日から可能

ハムラ法の手術後は、翌日から洗顔や入浴をすることができます。

この点は便利に感じるでしょう。しかし、抜糸を行うまではできるだけ患部は優しく扱うようにしておきましょう。

 

定期的な検診が必要

ハムラ法の手術後は、定期的に病院に通う必要があります。

手術後3日目には圧迫を除去、5日目には抜糸、1か月後と3カ月後には検診を受けなければいけません。

状態を見て適切な対処を行わなければいけないという点を理解しておきましょう。

 

 

ハムラ法に失敗した場合の症状

ハムラで失敗した場合について説明する看護師

ハムラ法は目の下のくまをとる定番の手術方法と言われていますが、稀に失敗してしまうこともあるようです。

そのような場合には、どのような手術があるのでしょうか?具体的に見ていきましょう。

 

完全に目を閉じることができなくなる

ハムラ法では、余分な皮膚のたるみを引き上げるようにします。

そのため、目の下のたるみがなくなったように見えるのです。

しかし、皮膚を切除する範囲が大きすぎると、外反状態になってしまう可能性があります。

その場合、目を完全に閉じることが難しくなります。

目が閉じられなくなると、ドライアイになってしまうことも考えられるので、注意しておいた方がよいでしょう。

 

目の形が変わる

ハムラ法では、目の下の脂肪を他の場所に移動させます。そのため、印象が大きく変わるという点が魅力だと言われています。しかし、必ず自分の思った通りに変わるというわけではありません。カウンセリングでしっかりとイメージをすり合わせていなければ、「失敗した」と感じてしまうこともあるので、より丁寧なカウンセリングを行ってくれる医師を選んだ方がよいでしょう。

 

視界が二重に見える

ハムラ法では、目の周りの筋肉を切開して脂肪を移動させる手術方法です。

その手術の途中で目の神経を傷つけてしまう可能性もあります。そのため、視界が二重に見えるといった副作用が出てしまうことがあります。

 

まとめ

ハムラ法は顔の印象を大きく変えることができる手術方法です。

脂肪の定着もよいので、より自然な形を作ることができるでしょう。

しかし、目の周りの筋肉や脂肪を切開するため、リスクも生じます。

ハムラ法の実績が多くて定評のある先生やカウンセリングをしっかりと行ってくれる先生に受ければ、リスクをできるだけ避けた手術を受けることができるため、病院選びは慎重に行うようにしましょう。

 

 

下眼瞼切開法のバナー

▼共立美容外科のハムラの料金や手術方法についての詳細はこちら

 

 

カウンセリングの予約バナー

▼初めての方でも入りやすい♪カウンセリングの予約をする。

 

 

このページの監修・執筆医師

  • 玉田 洋(たまだ ひろし)

    玉田 洋(たまだ ひろし)

    共立美容グループ 中国四国エリア統括就任
    日本美容外科学会認定専門医

    • 略歴

      • 1990年
        愛媛大学医学部 卒業
        1990年
        愛媛大学付属病院 入局
        2004年
        共立美容外科 高松院院長就任
        2020年
        共立美容グループ 中国四国エリア統括就任
    • 主な加盟団体

      日本美容外科学会会員

当院は医療広告ガイドラインを遵守しています。

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-500-340 (診療時間 10:00~19:00)

よくあるご質問

×

新宿・名古屋・大阪・福岡をはじめ
全国26院 共通ダイヤル
0120-500-340

あの久次米総括院長も診察♪
新宿本院 直通ダイヤル
0120-500-340

銀座院 直通ダイヤル
0120-560-340

渋谷院 直通ダイヤル
0120-340-428

池袋院 直通ダイヤル
0120-340-800

立川院 直通ダイヤル
0120-489-340

上野御徒町院 直通ダイヤル
0120-340-444