英語 中国簡体 中国繁体 韓国語

Kyoritsu Biyo Scrap(KBS)

男性のすね毛の自己処理・永久脱毛について美容外科医が解説

公開日:2022年05月29日(日)

医療脱毛
男性の脛

このコラムを読むのに必要な時間は約 9 分です。
最後まで有意義なページになっていますので是非ご覧ください。

「すね毛ってどの方法で脱毛するのが良いんだろう」

「女性はすね毛をどう思っているんだろう」

そんな風に、すね毛の脱毛が気になっている男性は多いでしょう。

メンズ脱毛がエチケットになりつつあると知っていても、なかなか踏みだせない人もいるのではないでしょうか。

そこでこのコラムでは、「男性のすね毛を脱毛する方法」や「女性は男性のすね毛をどう思っているのか」についてご紹介。すね毛脱毛を考えている方は、ぜひ最後までご覧ください。

 

SNSで調査!男性のすね毛脱毛に関する女性の意見

SNS上で男性のすね毛に対する女性の意見を調べたところ、以下のような意見がみられました。

 

  • すね毛がないほうが清潔感を感じる
  • 自分よりキレイだとつらくなる
  • プールや夏のハーフパンツで見えると恋愛対象から外す

 

すね毛を脱毛したほうが、女性からの好感度は高いようです。

しかし「自分より彼氏の脚がキレイだと困る」という声も…。

女性の評価を気にしてすね毛脱毛を考えているなら、まずは毛量を減らしてみるといいのかもしれません。

 

すね毛脱毛のメリット

女性からの評価のほかにも、すね毛脱毛をすることで以下のようなメリットがあります。

  • 清潔感を演出できる
  • 蒸れや臭いを軽減できる
  • ハーフパンツを気軽に履ける

 

それぞれのメリットを詳しくご紹介します。

 

清潔感を演出できる

昨今は男性もムダ毛の処理をすることがエチケットになりつつあります。

すね毛を脱毛するだけで、清潔感のある印象に。

すべての毛を脱毛するのに抵抗がある場合、まずは毛量を減らすところから始めてみましょう。

 

蒸れや臭いを軽減できる

すね毛がある状態で長ズボンを履くと、汗や皮脂などの汚れで不衛生になりやすいため、蒸れや臭いが起こりやすくなります。

すね毛を脱毛すれば、そのような不快感がなくなるほか、毛穴汚れが原因で起こる肌トラブルの減少も期待できます。

 

ハーフパンツを気軽に履ける

すね毛があると、ハーフパンツや水着をかっこよく着こなせません。

カミソリや除毛クリームで処理しても、数日で生えてくることがほとんど。

気になる人は、永久脱毛をすることで脚の出るファッションを今以上に楽しめるようになります。

 

すね毛脱毛のデメリット

すね毛脱毛には、キレイになる一方でデメリットもあります。

  • 痛みがある
  • 通うのが面倒
  • 肌トラブルのリスクがある

 

すね毛脱毛のデメリットについて詳しくご紹介します。

 

痛みがある

「光脱毛」や「レーザー脱毛」はほとんどの場合、黒い色素に反応するしくみです。

毛がしっかりしていて密度の高いすね毛の脱毛は、照射の際に痛みを感じる場合があります。

すね毛の場合、痛みの強さは軽くゴムではじかれる程度ですが、痛みに耐えられない場合は「麻酔クリーム」などを利用して施術を受ける方法もあります。

痛みには個人差もあるので、心配な人はカウンセリング時に確認しましょう。

 

通うのが面倒

個人差はありますが、2カ月に1回、少なくとも5回は通う必要があります。

脱毛が完了するまでに、1~2年かかることも。

通勤途中や自宅付近にあるクリニックを選んで、なるべく通いやすい工夫をするのがおすすめです。

 

肌トラブルのリスクがある

脱毛を受けると、以下のような肌トラブルのリスクがあります。

 

  • 火傷
  • 赤み
  • 黒ずみ

 

毛根を高温で熱して除去するため、脱毛直後は軽い火傷状態になっています。

特に敏感肌の人は、肌トラブルを起こしやすい状態に。

施術後に肌の保湿や冷却を行うと、ある程度の肌トラブルは防げます。

もし肌トラブルが起こった場合は、早めにサロンやクリニックに連絡しましょう。

 

すね毛を永久脱毛する方法は?「自己処理」と「医療脱毛」との違い

 

家庭用脱毛器は値段が安く肌ダメージも少ないですが、永久脱毛の高い効果は期待できません。

永久脱毛をしたいなら、医療脱毛を受けるのがおすすめです。

一時的に薄くするだけなら、すね毛を脱色する方法もあります。

どうしてもすね毛を剃るのに抵抗がある方は、まずは脱色してみてもいいかもしれません。

それぞれの脱毛方法を詳しくご紹介します。

 

肌トラブルになりやすい「カミソリ」

「カミソリ」で自己処理をすると角質層が剥がれるため、ヒリヒリ赤くなったり乾燥したりする可能性が高いです。

毛が埋もれてしまい、かえって毛穴が目立つ場合もあります。

カミソリによる肌トラブルを軽減するには、前後にしっかりと保湿をすること。

カミソリを使用する前には、ジェルやクリームを塗ってから毛流れに沿って剃りましょう。

 

初心者におすすめの「脱毛クリーム」

薬で毛を溶かして毛を除毛する「脱毛クリーム」。

肌を潤す成分が入っていることが多いため、簡単に除毛できるうえに肌トラブルも起こりにくい方法です。

ただしクリームが肌に合わないことで肌トラブルが起きる可能性があるため、敏感肌の人は24時間前までにパッチテストを行っておくと安心です。

 

痛いが2週間は保てる「ブラジリアンワックス」

「ブラジリアンワックス」は、専用のワックスを肌に塗って毛を根元から引き抜く方法です。

一瞬で脱毛できますが痛みが非常に強いので、痛みに弱い人にはおすすめできません。

完全に毛がなくなってツルツルになるため、抵抗がある場合は前述の「脱毛クリーム」から始めてみるとよいでしょう。

 

効果は高いが永久脱毛はできない「家庭用脱毛器」

家庭用脱毛器は、自己処理に比べて脱毛効果が高いといわれています。

しかしエステサロンで使用する「光脱毛」と同じく永久脱毛は期待できないので、また生えてくる可能性があります。

 

高いが永久脱毛が可能な「医療脱毛」

医療脱毛で使用する、看護師や医師しか施術ができない「レーザー脱毛」は、毛根にダメージを与えて毛を生えてこさせなくさせるため、永久脱毛が可能です。

1~2年で脱毛が終わったあとは、自己処理が不要に。

ただし、すね毛の毛量や毛質によっては、美容脱毛に比べて痛みが強いこともあります。

 

すね毛脱毛の効果を高める生活習慣

すね毛脱毛の効果を高めたい場合は、生活習慣にも気を配るのがおすすめ。

生活習慣が乱れると「男性ホルモン」が過剰に分泌されやすくなり、毛量が増える可能性が考えられるからです。

すね毛脱毛の効果を高める生活習慣を、詳しくご紹介します。

 

飲酒を避ける

すね毛脱毛の効果を高めるには、飲酒を避けましょう。脱毛後にお酒を飲むと体温が上がり、赤みや腫れなどの炎症を引き起こす可能性があります。

肌トラブルを防ぐために、最低でも施術後12時間は飲酒を控えてください。

 

睡眠をとる

睡眠時間が短い場合、ホルモンバランスが崩れて男性ホルモンの分泌量が増え、体毛が濃くなる場合があります。

睡眠不足が原因でターンオーバーが乱れ、脱毛期間が長くなることも。

脱毛後は、6~7時間前後の睡眠時間を確保できるとベストです。

 

禁煙

同様に煙草も生活リズムが乱れて、男性ホルモンの過剰な分泌を引き起こす可能性があります。

禁煙が難しい場合は、脱毛期間中だけでも本数を減らすか、電子タバコに切り替えるのがおすすめです。

 

ストレスを軽減する

ストレスが多くなると、ホルモンバランスが乱れて毛が濃くなる可能性があります。

ストレスを完全になくすことはなかなか難しいかもしれませんが、読書や軽い運動をするなど自分に合ったストレス軽減方法を見つけておきましょう。

 

すね毛脱毛の前後における注意点

すね毛脱毛の前後には、いくつか注意点があります。

なかでも体温が上昇して赤みや腫れなどの肌トラブルにつながる可能性があるため、以下の行動は避けましょう。

  • 日焼け
  • 飲酒
  • サウナや入浴
  • 激しい運動

 

赤みがあまりにもひどいと、施術が受けられないこともあり、結果的に脱毛を受ける期間が長くなってしまうことも。

脱毛直後はできるだけ涼しい部屋で安静に過ごし、サウナや入浴は翌日以降に行いましょう。

 

すね毛を永久脱毛したいなら医療脱毛がおすすめ!

すね毛脱毛を、医療機関の「レーザー脱毛」かエステサロンの「光脱毛」のどちらで行うか、お悩みの人は多いでしょう。

ここでは「医療脱毛の特長」を2つご紹介します。

 

「レーザー照射」で永久脱毛できる

医療脱毛では、毛根にアプローチして永久脱毛できる「レーザー照射」が行えます。

エステサロンで用いられる「光脱毛」では永久脱毛が行えないので、しっかり脱毛をしたい人は医療脱毛がおすすめです。

 

5回で効果が得られる

医療脱毛では、1回で20%ほどの毛を脱毛できるといわれています。

そのため、5回程度の施術で効果を実感できる人がほとんどです。

自己処理をずっと続けて「赤み」や「黒ずみ」などの肌トラブルで困っている人は、医療脱毛を受けた方が時間もお金もムダになりません。

 

医療脱毛の痛みは輪ゴムではじかれる程度

医療脱毛の「痛み」を懸念している人もいるかもしれません。

すね毛を脱毛する場合の痛みは、前述のとおり耐えられないほどの痛みにはなりませんのでご安心ください。

どうしても痛みに耐えられない場合は、「麻酔クリーム」などで痛みを緩和する方法もあります。

万が一肌トラブルが起こった場合も、医師が施術をするためその場で処置を行えて安心です。

 

エチケットにもなる、すね毛の永久脱毛

すね毛の自己処理を重ねている人も、時間や料金のコスパを考えると医療脱毛がおすすめです。

共立美容外科の「すね毛脱毛の特徴」を表にまとめました。

 

治療時間 約30分〜60分
回復までの期間 ほとんどなし(赤みは1日程度)
カウンセリング当日の施術 可能
制限事項 当日はサウナ・入浴を避ける
仕事・外出 可能
脱毛方法 レーザー脱毛・蓄熱式の脱毛
痛み ゴムではじく痛みあり。痛みに弱い方向けに麻酔クリームあり

 

カウンセリング当日に施術も可能で、最大でも60分程度で施術が終わるため、お仕事の合間にも気軽に施術を行えます。

脱毛の料金については、こちらから。

 

 

男性の脱毛のバナー

▼共立美容外科の人気のメンズ脱毛についての詳細はこちら

 

わきが多汗症のバナー

▼初めての方でも入りやすい♪カウンセリングの予約をする。

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-500-340 (診療時間 10:00~19:00)

よくあるご質問

×

新宿・名古屋・大阪・福岡をはじめ
全国26院 共通ダイヤル
0120-500-340

あの久次米総括院長も診察♪
新宿本院 直通ダイヤル
0120-500-340

銀座院 直通ダイヤル
0120-560-340

渋谷院 直通ダイヤル
0120-340-428

池袋院 直通ダイヤル
0120-340-800

立川院 直通ダイヤル
0120-489-340

上野御徒町院 直通ダイヤル
0120-340-444