英語 中国簡体 中国繁体 韓国語

Kyoritsu Biyo Scrap(KBS)

顔に脂肪溶解注射する効果や副作用、リスクなどを美容外科医が解説

公開日:2022年04月22日(金)
最終更新日:2022年04月29日(金)

脂肪吸引・痩身
脂肪溶解注射のBNLSの製品画像

このコラムを読むのに必要な時間は約 8 分です。
最後まで有意義なページになっていますので是非ご覧ください。

顔やせのためにマッサージやストレッチなど、色んな顔やせダイエット方法を試してみても、全然効果が出ずにガッカリされていませんか?

顔に脂肪がたくさんついていたり、むくんでいると太って見えるのが気になる方もいらっしゃるでしょう。

そんな方には美容クリニックが行っている脂肪注射をすると顔やせの効果が現れて、フェイスラインもスッキリしますので、一度検討して見る価値があります。

このコラムでは、顔に脂肪溶解注射をする効果や持続期間、副作用・リスクも含めて、失敗しないコツを解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

顔の脂肪溶解注射について

顔に脂肪溶解注射を注入しているところ

「脂肪溶解注射」とは脂肪細胞を溶かす薬剤を皮下脂肪層に直接注入することで、気になる部分の脂肪を落として、顔やせの効果が期待できる美容施術です。

「脂肪溶解注射」は骨を削ることなく、注射器だけで施術ができますので、施術時間は約10分程度と短く、ダウンタイムもほとんどありませんので、気軽に受けることができます。

一度除去した脂肪細胞の数は増えないので顔やせ、小顔の効果は半永久的に続き、施術後はリバウンドがしにくいのがメリット。

施術後は一気に顔やせするのではなく、注入部位の脂肪が徐々に減っていきますので、周りの人に気づかれるリスクもありません。

顔やせダイエットで食事や運動、マッサージ、ストレッチなどを試してもなかなか効果が現れなかった方、顔だけスッキリ痩せたい方、むくみやたるみを改善したい方に最適です。

 

顔の脂肪溶解注射と脂肪吸引の違いは?

脂肪溶解注射と脂肪吸引の違いを説明する看護師

顔を部分的に痩せたいと思った時に「脂肪吸引」が気になる方もいらっしゃるかもしれません。

脂肪溶解注射と脂肪吸引はどちらも美容クリニックで受けることができる施術です。

「脂肪溶解注射」は脂肪を分解する製剤を注射器で注入して、脂肪細胞の数を減らすことで脂肪を減らすことができ、小顔効果やフェイスライン、シワ・むくみ改善に期待できます。

一方で、「脂肪吸引」とは余分な脂肪が付いている部位に数ミリの小さい穴を開けて吸引管を挿してから、直接脂肪を吸引して取り除いていく施術です。

つまり、「脂肪溶解注射」はメスを使わず注射器だけで施術を行いますが、「脂肪吸引」は麻酔をして切開する必要がありますので、「脂肪吸引」の方が体への負担が大きくなります。

「脂肪溶解注射」はダウンタイムがほとんどなく、施術後の通常通り生活できますが、「脂肪吸引」の施術後は腫れやむくみ、赤み、内出血が起こりやすくなります。

「脂肪溶解注射」は脂肪を分解するプロセスがあるので、部分痩せの効果が現れるまでに3日間くらい時間がかかりますが、「脂肪吸引」は1回の施術で目に見える効果が期待できます。

施術料金の違いはクリニックの価格設定によって変わりますが、脂肪溶解注射の場合は1本あたり1万円〜3万円が相場となっており、顔の場合は部位によって2本から3本必要です。

顔の脂肪吸引の費用相場は部位によって異なりますが、約20万円から30万となりますので、「脂肪吸引」よりも「脂肪溶解注射」の方がリーズナブルな料金となっています。

 

顔に脂肪溶解注射する5つの効果とは?

BNLS ULTIMATEのアンプル

脂肪溶解注射は顔のお悩みの部分をピンポイントでアプローチできる施術です。では、どんな美容効果が期待できるのかみていきましょう。

 

1.脂肪を減らす

頬や鼻、下アゴなど脂肪が余分に付いている部分に脂肪溶解注射をすることで、脂肪細胞が分解されますので、脂肪細胞自体を減らすことができて、小顔や引き締め効果が期待できます。

 

2.セルライトを減らす

脂肪細胞と老廃物・不純物が一緒に固まるとセルライトになり、ダイエットをしても除去するのが難しくなります。

セルライトが残ると肌がボコボコになるので注意が必要です。

顔に脂肪溶解注射をすると脂肪細胞だけでなくセルライトも除去されますので、顔やせ効果が現れて、顔が一回り小さくなるのを実感できるでしょう。

 

3.フェイスラインを整える

頬や下アゴに付いた余分な脂肪が取れると、脂肪の重みがなくなり、スッキリしたフェイスラインになる効果が期待できます。

 

4.むくみを改善する

顔がむくみやすい方は、食生活の乱れなどにより、体内に溜まった水分・塩分などが原因です。

脂肪溶解注射により代謝が良くなりますので、むくみが改善されます。

 

5.シワ・たるみを改善する

年齢とともに頬やアゴ、まぶたなどに脂肪が下がって皮膚のたるみが現れることがあります。

たるみが気になる部分に脂肪溶解注射をするといわゆる「たるみジワ」も改善されます。

 

顔に脂肪溶解注射できる適応部位

顔の脂肪溶解注射は以下の部位に適応可能です。

 

  • 頬、ほうれい線
  • 頬骨部
  • 下頬部
  • 下アゴ
  • 上まぶた(上眼瞼)
  • 鼻、小鼻(鼻翼部)
  • こめかみ など

 

ダイエットでは結果を出すのが難しい顔のパーツは顔の脂肪溶解注射をすれば、ピンポイントで脂肪分解することができるので顔の印象を理想に近づけることができるのです。

例えば、顔の輪郭をシャープにしたり、小鼻の膨らみを抑えたり、二重あごも改善することができます。

 

効果の持続期間

顔の脂肪溶解注射をした後は、徐々に余分な脂肪細胞が分解されますので、実際に小顔効果・顔やせ効果が現れるのは個人差がありますが、術後3日くらい経った頃になります。

脂肪溶解注射はたった1回の施術でも効果がありますが、しっかりと効果を出すには複数回の施術が必要になることがあります。

顔の脂肪溶解注射をした後に脂肪細胞の数自体が減り、効果は半永久的に続くので、効果を長期間維持するために何度も施術を受ける必要はありません。

 

ダウンタイム

顔の脂肪溶解注射ではメスを使わず、極細の注射器を使って、脂肪細胞を溶かす薬剤を注入しますので、術後に傷跡が残ることはありません。

ダウンタイムはほとんどなく、人によっては腫れやむくみ、赤み、内出血が起こることがありますが、症状は約1週間くらい経過すると目立たなくなり、落ち着いていきます。

日常生活に支障をきたすような大きなダウンタイムの症状は起こりませんので、はじめて注入治療を受ける方にもおすすめの施術です。

 

副作用・リスク

顔の脂肪溶解注射は信頼できるクリニック・医師に相談してから納得した上で施術を受ければ、副作用や失敗するリスクはほとんどありません。

しかし、顔の脂肪溶解注射の技術スキルが未熟な医師が担当した場合、仕上りが左右非対称になったり、たるみが出たり、コケて老けて見られるようになったという失敗例が起こります。

患者様のお悩みの部位に注射するのではなく、必要な脂肪を溶かしてしまった場合は、不自然な仕上がりになってしまうのでクリニック・医師選びは慎重に決めることが大切です。

また、脂肪溶解注射は半永久的な効果が期待できますが、術後の食生活がカロリーオーバーしたり、糖質・脂肪分が多い食べ物を摂っているともとに戻ってしまう可能性があります。

 

施術を受けられない人は?

以下に当てはまる方は、顔の脂肪溶解注射の施術を受けることができませんので、ご注意ください。

 

  • 妊娠中、授乳中の方
  • 糖尿病の方
  • 高血圧の方
  • 心疾患の方
  • 甲状腺疾患の方
  • アレルギー反応を起こしたことがある方

 

その他にも持病、既往歴、内服薬・外用薬を服用中の方は、施術を受けられない可能性がありますので、まずは美容クリニックのカウンセリングで相談しましょう。

 

顔の脂肪溶解注射を失敗しないコツ

顎に脂肪溶解注射を注入しているところ

顔の脂肪溶解はダウンタイムがほとんどなく、副作用やリスクの心配もありませんが、クリニック・医師選びに失敗すると仕上りも満足できない結果になってしまいます。

理想の仕上りに近づけるためにも、クリニックの症例実績をよく調べて、医師の技術は信頼できるかどうかホームページやブログなどで確認することが大切です。

また、脂肪溶解注射用の薬剤は複数の種類があり、クリニックによって使用する製剤が変わりますので、医師にご希望の効果が期待できる製剤かどうかを確かめておきましょう。

万が一、仕上りが気に入らなかったり、副作用が起きた場合に備えて、クリニックの保証制度や適用期間もよく確認しておくことをおすすめします。

 

顔の脂肪溶解注射はこんな方におすすめ

以下に当てはまる方は顔の脂肪溶解注射の施術を検討すると良いでしょう。

 

  • 顔やせダイエットをしても痩せなかった方
  • 顔やせしてスッキリした印象にしたい方
  • 頬や下アゴなど部分的に脂肪を落としたい方
  • 半永久的な顔やせを求める方
  • 頬のたるみを改善したい方
  • フェイスラインを整えたい方
  • 二重アゴを改善したい方
  • メスを使わずに注入治療で小顔になりたい方
  • 丸くて大きく見える鼻を小さくしたい方

 

顔の脂肪溶解注射はメスを使わずに注射器だけで施術することができて、気になる部分の引き締め効果が半永久的に続くのがメリット。

小顔効果も期待できます。

 

美容外科を案内する看護師

顔の悩みを脂肪溶解注射で解決したいけど、どのクリニックがいいのかな…とお探しの方は35年以上の症例実績がある共立美容外科の注入治療をご検討ください。

当院が顔の脂肪溶解注射で使用している製剤「BNLS」は米国FDAで認められた医薬品成分です。

植物由来成分が主成分のため人体に優しく、ダウンタイムを最小限に抑えられます。

医師は解剖学を熟知しており、技術面でも経験を積んでいますので、施術では血管や神経にダメージを与えないように、丁寧に注入することを心がけております。

「BNLS」には脂肪溶解作用、リンパ循環作用、肌の引き締め作用が期待できますので、余分な脂肪だけが溶解されて、理想的な部分痩せが可能になるのです。

顔の脂肪溶解注射をすると、個人差はありますが、約2〜3日くらい経過すると効果が現れますので、一般的な製剤よりも早く顔やせ・小顔・引き締め効果を実感できるでしょう。

顔の脂肪溶解注射にご興味がある方は、一度共立美容外科にお問い合わせください。

 

 

BNLS脂肪溶解注射へのバナー

▼共立美容外科のBNLS(脂肪溶解注射)の料金や施術の流れについての詳細はこちら

 

 

カウンセリング予約のボタン

▼初めての方でも入りやすい♪カウンセリングの予約をする。

 

 

このページの監修・執筆医師

  • 磯野 智崇(いその ともたか)

    磯野 智崇(いその ともたか)

    共立美容グループ 総括副院長

    • 略歴

      • 1995年
        聖マリアンナ医科大学 卒業
        1995年
        聖マリアンナ医科大学形成外科 入局
        1999年
        東大宮総合病院整形・形成外科 入職
        2002年
        共立美容外科 入職
        2009年
        共立美容外科 浜松院院長就任
        2020年
        共立美容グループ 総括副院長就任
    • 主な加盟団体

      日本美容外科学会
      日本美容外科学会認定専門医

当院は医療広告ガイドラインを遵守しています。

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-500-340 (診療時間 10:00~19:00)

よくあるご質問

×

新宿・名古屋・大阪・福岡をはじめ
全国26院 共通ダイヤル
0120-500-340

あの久次米総括院長も診察♪
新宿本院 直通ダイヤル
0120-500-340

銀座院 直通ダイヤル
0120-560-340

渋谷院 直通ダイヤル
0120-340-428

池袋院 直通ダイヤル
0120-340-800

立川院 直通ダイヤル
0120-489-340

上野御徒町院 直通ダイヤル
0120-340-444