英語 中国簡体 中国繁体 韓国語

Kyoritsu Biyo Scrap(KBS)

ホワイトニングの副作用やデメリットについて歯科医師が解説

公開日:2022年05月06日(金)

美容歯科
歯の色が白い口元

このコラムを読むのに必要な時間は約 8 分です。
最後まで有意義なページになっていますので是非ご覧ください。

歯のホワイトニングを行うと、口元から見えるキラッと白い歯によって、爽やかな明るい印象の笑顔を手に入れることができます。

ホワイトニングで歯が白くなるだけでも、口元に清潔感が出るため、見た目の印象がガラリと変わります。

自分自身をポジティブな気持ちにしてくれるのはもちろん、自信をもって笑顔を見せられるようにもなります。

メリットが多いホワイトニングですが、逆にデメリットはあるのでしょうか?

そこで今回は、いろいろなタイプのホワイトニングをピックアップしながら、効果や方法、メリットやデメリットに関してご紹介します。

 

 

そもそもホワイトニングとは?

ホワイトニングとは、ブリーチングと言われる漂白方法を行うことで、黄ばんだ歯を白くて美しい歯に仕上げる治療法(施術法)のことです。

もともと人間の歯の色はやや黄色味がかっており、特に日本人の歯は、白色というよりも淡い黄色が基本的な色味になります。

そのため、歯科医院で「クリーニング(歯の掃除)」をしても、元々の色味を取り戻すことはできても、真っ白の歯を手に入れるということは難しいです。

一方、ホワイトニングは、本来の黄色い歯を特殊な技術を使って「白い歯」にするための施術であり、ハミガキやクリーニングでは実現できないレベルの「白い歯」を手に入れることができる方法です

 

ホワイトニングの種類

ホワイトニングには様々な種類があり、レーザーホワイトニング、ホームホワイトニング、その両方のダブルホワイトニングなど、色々なタイプのホワイトニングから最適な方法を選択していくことになります。

レーザーホワイトニングとは、その名のとおり、レーザーを使用して歯を白くするホワイトニング施術です。

歯の表面に過酸化水素を主成分とした漂白ジェルを塗り、レーザーを照射することで歯の黄ばみを分解し、歯を白くします。

美容クリニックや歯科医院で行われる方法であり、輝くような白い歯を手に入れることができるホワイトニング手法です。

しかし、レーザーホワイトニングを行うためには、クリニックに通院する必要があるため、ご自身(ご自宅)で気軽にホワイトニングがしたいという方には不向きです。

一方、ホームホワイトニングは、専用の漂白剤とマウスピースを使用することで、自宅で行うことができるホワイトニングです。

過酸化尿素を主成分とした漂白ジェルをマウスピースに塗り、決められた時間(1日2−3時間)マウスピースを装着することで、徐々に歯を白くしていく方法です。

ご自宅で行なっていただけるという気軽さはありますが、ホワイトニング効果を考えると、レーザーホワイトニングを組み合わせた方法がおすすめです。

レーザーホワイトニングとホームホワイトニングを併用して行う方法がダブルホワイトニングであり、より白く、色ムラの少ない仕上がりを実現することが可能です。

共立美容外科では、効果と安全性を考え、レーザーホワイトニングを受けていただくことをおすすめしています。

*ホームホワイトニングを行う際には、十分に注意して行っていただきます。

 

ホワイトニングのデメリット

ホワイトニングのデメリットを説明する歯科衛生士

白い歯を手に入れることができるホワイトニングは、施術の満足度が非常に高い、共立美容外科でも人気の施術のひとつです。

しかし、ホワイトニングにもデメリットはあります。

ホワイトニングを受けていただく際には、メリットとデメリットをしっかりとご理解頂いた上で、施術を決定していただくことが大切です。

 

1. ホワイトニング効果は一生ではない

ホワイトニングで手に入れた歯の白さは一生ものではありません。

ホワイトニングを何度繰り返しも行うことはできますが、一度の施術で半永久的な効果が手に入るというわけではありません。

そもそもホワイトニングは、歯の表面のエナメル質を質させ、それによって「白く見せている」という仕組みであり、時間とともにホワイトニングで手に入れた白さは失われていきます。

すぐにホワイトニング前と同じレベルにまで戻ってしまうということは少ないですが、一度白くなった歯を見てしまうと、若干黄色くなっただけでも「白さがなくなった」と感じてしまうということがあります。

ホワイトニングの効果を維持するためには、しっかりとアフターケアを行っていただくことが重要です。

定期的にクリニックを受診していただくのはもちろん、毎日のブラッシングやケアがとても重要になります。

 

2. ホワイトニングによる副作用

ホワイトニング施術後に、「歯がしみる」などの知覚過敏の症状が出る場合があります。

特に、もともと歯が削れていたり、欠けていたりする場合など、歯の状態によっては、ホワイトニング剤によって「歯がしみる」という副作用(副反応)が出現する可能性があります。

知覚過敏様の症状は一過性であり、通常、ホワイトニング後24時間以内に症状はおさまるといわれています。

フッ素の塗布など、通常の知覚過敏に対して行われる処置を実施することで、症状を改善することも可能です。

基本的には、施術後症状がおさまるまで安静にしていただくという対応になります。

 

3.ホワイトニング効果は個人差が大きい

「元の歯の色」は人によって異なるため、同じホワイトニング剤を用いて施術を行ったとしても、ホワイトニングの効果には個人差が大きくなります。

もともとの歯の色味によって、ホワイトニング効果の出やすさは異なりますので、「自分が思っていたレベルにまで白くならなかった」という可能性もあります。

事前のカウンセリングを行い、しっかりと仕上がりのイメージを共有していくことが重要になります。

共立美容外科では、ホワイトニングでも他の美容施術と同じようにカウンセリングを行っております、施術後に「思っていた仕上がりと違う」ということがないように 、事前にしっかりとイメージを共有させていただきますので、安心して施術に臨んでいただくことが可能です。

 

4.ホワイトニング後の食べ物や飲み物に注意

ホワイトニングを行った後(ホワイトニング期間中)は、色味の強い食べ物や飲み物を避けていただく必要があります。

ホワイトニング施術後には、歯の表面を覆っている被膜が除去された状態になっているため、色素が着色しやすく不安定な状態になっています。

そのため、ホワイトニングを行った後は、決められた期間色の濃い飲食物を避けていただくことが大切になります。

飲食物以外にも、口紅や医薬品(うがい薬)などにも注意が必要です。

 

ホワイトニング後に注意すべき飲食物

  • コーヒー
  • 紅茶
  • 日本茶
  • コーラ
  • 赤ワイン
  • ジュース類
  • 醤油
  • からし
  • わさび
  • 焼肉、焼き鳥
  • 焼きそば
  • カレーライス
  • スパゲッティ
  • ラーメン
  • チョコレート
  • 大福
  • きゅうり、トマトなど色の濃い野菜
  • ぶどう・イチゴなど色の濃い果物
  • などなど

 

5. ホワイトニングができない場合もある

様々な原因によって、そもそもホワイトニングができないという場合もありますので、まずはお気軽に共立美容外科までお問い合わせください。

 

妊娠中の方・授乳中の方

ホワイトニングに使用する薬剤(漂白剤)は、基本的に体内に入り込んでも害はありません。

しかし、赤ちゃんや胎児は抵抗力が弱く、なんらかの影響が出ないとも言えません。

そのため、妊娠中はもちろん、授乳期もホワイトニングの施術は控えた方がよいと考えられます。

 

知覚過敏・虫歯・歯周病の方

知覚過敏や虫歯、歯周病などの症状が出現している方は、ホワイトニングによって強い痛みが生じる可能性があります。

この様なケースでは、まずは現在の歯の治療を行ってからホワイトニングを受けていただく場合があります。

 

歯が灰色に変色している場合

歯が灰色に編小工しているようなケースでは、神経に影響が及んでしまっている可能性が高いです。

このようなケースでは、ホワイトニングでは効果が期待できないため、施術を行うことができない場合もあります。

 

ホワイトニングのメリット・デメリットをしっかりと学んでおきましょう

共立美容歯科を案内する歯科医師

ホワイトニングは、比較的手軽に、歯へのダメージも少なく、理想的な白い歯を手に入れることができる施術です。

しかし、ホワイトニングによる効果は半永久的ではなく、効果や持続期間については個人差が大きいなどのデメリットも存在します。

とはいえ、特にレーザーホワイトニングは、ホワイトニング効果(歯を白くする効果)が非常に高く、満足度の高い施術のひとつです。

真っ白な歯を手に入れるためには、ホワイトニングのほかにインプラントなどの選択肢もありますが、より手軽に、体への負担も少なく歯を白くできるのがホワイトニングです。

ホワイトニングは、美容クリニックや歯科医院で行っていただくことができる施術ですが、クリニック選びの際には、「しっかりとカウンセリングが行われるクリニック」を選択しましょう。

共立美容外科では、ホワイトニングを受けられる方に対しても、他の美容整形と同じ様にカウンセリングを実施させていただきます。

カウンセリングの中で、現在のお悩みや理想的な仕上がりのイメージを共有しながら施術を進めてまいります。

専門的なカウンセリングを受けながら、歯を白く美しくしていきたいと考えている方は、お気軽に共立美容外科までご相談ください。

 

ホワイトニングへのバナー

▼共立美容外科の人気のホワイトニングの料金や手術方法の詳細はこちら

 

カウンセリング予約のボタン

▼初めての方でも入りやすい♪カウンセリングの予約をする。

 

このページの監修・執筆医師

  • 諸岡 梨沙(もろおか りさ)

    諸岡 梨沙(もろおか りさ)

    日本アンチエイジング歯科学会認定医
    メディカルアロマセラピスト認定医

    • 略歴

      • 2005年
        福岡歯科大学 卒業
        2009年
        共立美容外科・歯科 入職
        2009年
        共立美容外科・歯科 大阪本院(歯科部門)院長就任
    • 主な加盟団体

      日本口腔インプラント学会
      日本審美歯科学会
      日本補綴歯科学会
      顎機能咬合学会
      アンチエイジング歯科学会
      アンチエイジング歯科学会認定医
      メディカルアロマセラピスト認定医
      ヨガインストラクター

当院は医療広告ガイドラインを遵守しています。

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-500-340 (診療時間 10:00~19:00)

よくあるご質問

×

新宿・名古屋・大阪・福岡をはじめ
全国26院 共通ダイヤル
0120-500-340

あの久次米総括院長も診察♪
新宿本院 直通ダイヤル
0120-500-340

銀座院 直通ダイヤル
0120-560-340

渋谷院 直通ダイヤル
0120-340-428

池袋院 直通ダイヤル
0120-340-800

立川院 直通ダイヤル
0120-489-340

上野御徒町院 直通ダイヤル
0120-340-444