英語 中国簡体 中国繁体 韓国語

Kyoritsu Biyo Scrap(KBS)

ホワイトニングのリスクと危険性について歯科医師が解説

公開日:2022年05月06日(金)

美容歯科
歯が白い女性

このコラムを読むのに必要な時間は約 8 分です。
最後まで有意義なページになっていますので是非ご覧ください。

芸能人のような真っ白な歯を手に入れたい…。

歯を白く、美しくするためには、ホワイトニングを行っていただく必要があります。

日本人の歯は、もともと黄味がかった色をしており、一般的な歯科クリーニングでは「白色の歯」を実現することは難しいです。

ホワイトニングは、特殊な薬剤を使い、歯の表面に対してアプローチすることで、本来の歯以上の白さを作っていくという施術になります。

ホワイトニングに関する疑問として、「ホワイトニングは安全か?」、「ホワイトニングで歯は傷つかないのか?」といった質問をよくいただきます。

そこで今回は、ホワイトニングのリスクや危険性について解説していきます。

ホワイトニングに興味があるという方はぜひ最後までご覧ください。

 

ホワイトニングの種類と特徴

ホワイトニングには様々な種類があり、どのタイプのホワイトニングを行うかによって、リスクや危険性は変わります。

共立美容外科で行っているホワイトニングとしては、レーザーホワイトニング(オフィスホワイトニング)、ホームホワイトニング、その両方を行うダブルホワイトニングがあります。

 

 

レーザーホワイトニング(オフィスホワイトニング)とは

レーザーホワイトニングとは、レーザーを使用して歯を白くするホワイトニング施術です。

歯の表面に過酸化水素を主成分とした漂白ジェルを塗り、そこに特殊なレーザーを照射することで、歯の黄ばみを分解し、真っ白な歯に導いていくという方法です。

レーザーホワイトニングは効果が高く、1回の施術でも「歯が白くなった」と実感することができるというメリットがあります。

また、クリニックで行う施術になるため、安全にホワイトニングを行うことができます。

一方、レーザーホワイトニングの デメリットとしては、高額である、通院に手間がかかる、などが挙げられます。

しかし、より安全で効果の高いホワイトニングを希望される方は、レーザーホワイトニング(オフィスホワイトニング)がおすすめです。

 

 

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは、その名の通り、ご自宅で(自分で)行っていただくホワイトニングです。

歯を白くするための漂白剤とマウスピースを用いて、徐々に歯を白くしていくホワイトニングの方法です。

過酸化尿素を主成分とした漂白ジェルをマウスピースに塗り、決められた時間マウスピースを装着することで、歯を白くしていきます。

ホームホワイトニングで使われる薬剤は、オフィスホワイトニングのものより効果がマイルドであることが多く、「徐々に歯が白くなっていく」というイメージのホワイトニングになります。

そのため、効果が出るまでに時間がかかってしまうというデメリットがあります。

また、マウスピースや漂白ジェルの使用方法をしっかりと守ってご使用いただく必要があり、誤った使用方法によって、歯を傷つけてしまうというリスクもあります。

早く歯を白くしたいという思いから、決められた時間以上にマウスピースを装着したり、漂白ジェルを大量に塗布したりすることで、歯がダメージを受けてしまうリスクがあります。

繰り返しますが、ホームホワイトニングは、「徐々に歯を白くする」ホワイトニング手法です。

マウスピースを長時間使用したからといって、オフィスホワイトニングのように一気に歯が白くなるわけではありません。

決められた使用方法を守ってご使用いただくことがとても大切です。

 

 

デュアルホワイトニング(Wホワイトニング)

デュアルホワイトニングとは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用して実施する方法です。

2種類のホワイトニング方法を組み合わせることで、より効果的に歯を白くしていくことが可能です。

レーザーホワイトニングの即効性だけではなく、じっくり白くしていくというホームホワイトニングのメリットを併せ持つ方法であり、最も効果的な方法とも言えます。

しかし、その分コストが高くなってしまうというデメリットがあります。

 

 

ホワイトニングのリスクと危険性

ホワイトニングのリスクと危険性を説明する歯科衛生士

ではここからは、ホワイトニングのリスクと危険性についてご紹介していきます。

ホワイトニングでは、過酸化水素をベースとした漂白剤を使用していくことになります。

この漂白剤によって、歯の表面を白くしていくというのがホワイトニングです。

しかし、この漂白剤が歯以外の部分(歯茎や口の中の粘膜など)に付着した場合には、炎症などを起こしてしまう可能性があります。

美容クリニックや歯科医院で行われるオフィスホワイトニングでは、特殊な薬剤で歯茎などをカバーすることで、漂白剤が歯(狙った部分)以外に付着しないように徹底したケアを行います。

歯科医師指導の下で施術が実施されますので、安全に配慮してホワイトニングを行うことが可能です。

ホワイトニングによって、歯の表面のバリア機能が低下することで、一時的な知覚過敏状態が発生することがあり、間欠的な痛みが出現する場合があります。

基本的には24時間以内(長くても2日以内)に良くなりますが、痛みが強い場合や長期間症状が続く際には、フッ素などを用いた治療が行われることもあります。

いずれにせよ、レーザーホワイトニング(オフィスホワイトニング)は、専門家の管理下で行いますので、強力な漂白剤を使うことはあっても、安全に施術を行うことが可能です。

 

 

ホームホワイトニングは用法と用量に注意

ホームホワイトニングでは、オフィスホワイトニングよりマイルドな薬剤を使用していただきます。

そのため、漂白剤自体の濃度としては、ホームホワイトニングで使用されるものの方が安全といえます。

しかし、ご自身でホワイトニングを行っていただく必要があるため、漂白剤が粘膜や歯ぐきを傷つけてしまったり、予期せぬリスクが出現する可能性もあります。

よくあるトラブルとしては、「決められた時間以上にマウスピースを装着する」というケースです。

より白い歯を手に入れたいという気持ちから、決められた時間以上にホワイトニングを実施したり、漂白剤をたっぷりと付着させてしまうことで、口腔内がダメージを受けるといったトラブルです。

確かに濃度の高い漂白剤を使えば、歯を白くする効果は高いと言えます。

しかし、それによって口腔内がダメージを受けてしまうと、「そもそもホワイトニングができない」という状況になってしまうため、自分の判断で使用方法を変更するのは危険です。

また、市販のホワイトニング剤や海外から個人輸入するような漂白剤などには多くのリスクが潜んでいます。

自分の判断でホワイトニングを行って何らかのトラブルが起こってしまうと、何度も歯科医院に通院しなければならない状況に落ちる可能性があり、結果的に歯を白くすることができなくなるリスクもあります。

専門家指導の下で行うホワイトニングは、リスクや危険性が少ない施術と言えますが、自己判断で強力な漂白剤を使用したり、決められた用法以上のホワイトニングを行うと、口腔内がダメージを受ける危険性があります。

 

 

ホワイトニングを避けるべき人とは?

ホワイトニングをしてはいけない人を説明する歯科衛生士

クリニックで行うオフィスホワイトニングや、専門家指導の下で行うホームホワイトニングは、安全に行っていただけるホワイトニング施術です。

しかし、「そもそもホワイトニングができない人」や、「ホワイトニングを避けるべき人」もいますので、以下に当てはまる方はご注意下さい。

 

  • 妊娠中、授乳中の人
  • 15歳未満の人(歯の形成過程の子ども)
  • 無カタラーゼ症の人
  • 光線過敏症(日光アレルギー)の人

 

*無カタラーゼ症とは、過酸化水素を分解するはたらきを持つカタラーゼという酵素が不足する病気です。

レーザーホワイトニングの薬剤に一般的に配合される過酸化水素を分解できないため、体内に過酸化水素が残ってしまい、進行性口腔壊死などを招く恐れがあります。

上記以外であっても、ホワイトニングが適さないと考えられる方もいらっしゃいます。

まずは、専門家にご相談の上、最適なホワイトニング手法をご検討ください。

 

 

ホワイトニングのリスクや危険性を理解しましょう

共立美容歯科を案内する歯科衛生士

ホワイトニングは、比較的安全に「真っ白の歯」を手に入れることができる施術です。

通常の歯科クリーニングやブラッシングでは、「歯をきれいにする」ことはできても、「真っ白の歯」を実現することは難しいです。

日本人やアジア人の歯は乳白色(黄味がかった白)をしており、いくら歯をきれいに磨いても、その白さには限界があります。

芸能人のように輝く白い歯を手に入れるためには、特殊な薬剤を用いたホワイトニングが必要になります。

レーザーホワイトニングやオフィスホワイトニングなど、クリニックで行うホワイトニングは、徹底的に安全性に配慮した上で最大限の効果を発揮することが可能です。

ホワイトニングを行いたいという方は、オフィスホワイトニング、ホームホワイトニングにかかわらず、まずは一度専門家に相談してみることが重要です。

共立美容外科では、医師や歯科医師を含め、専門のスタッフがお一人おひとりに寄り添ったアドバイスをさせていただいております。

ホワイトニングにかかわらず、お悩みやコンプレックスなどを解消していくために、安全で効果的な最善の方法をご提案させていただきます。

ホワイトニングや美容整形に興味があるという方は、お気軽にご相談ください。

 

ホワイトニングへのバナー

▼共立美容外科の人気のホワイトニングの料金や手術方法の詳細はこちら

 

カウンセリング予約のボタン

▼初めての方でも入りやすい♪カウンセリングの予約をする。

 

 

このページの監修・執筆医師

  • 諸岡 梨沙(もろおか りさ)

    諸岡 梨沙(もろおか りさ)

    日本アンチエイジング歯科学会認定医
    メディカルアロマセラピスト認定医

    • 略歴

      • 2005年
        福岡歯科大学 卒業
        2009年
        共立美容外科・歯科 入職
        2009年
        共立美容外科・歯科 大阪本院(歯科部門)院長就任
    • 主な加盟団体

      日本口腔インプラント学会
      日本審美歯科学会
      日本補綴歯科学会
      顎機能咬合学会
      アンチエイジング歯科学会
      アンチエイジング歯科学会認定医
      メディカルアロマセラピスト認定医
      ヨガインストラクター

当院は医療広告ガイドラインを遵守しています。

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-500-340 (診療時間 10:00~19:00)

よくあるご質問

×

新宿・名古屋・大阪・福岡をはじめ
全国26院 共通ダイヤル
0120-500-340

あの久次米総括院長も診察♪
新宿本院 直通ダイヤル
0120-500-340

銀座院 直通ダイヤル
0120-560-340

渋谷院 直通ダイヤル
0120-340-428

池袋院 直通ダイヤル
0120-340-800

立川院 直通ダイヤル
0120-489-340

上野御徒町院 直通ダイヤル
0120-340-444