英語 中国簡体 中国繁体 韓国語

マウスピース矯正

マウスピース矯正
-インビザライン・システム-

インビザライン・システムとは

インビザライン・システムとはマウスピースを使用した歯列矯正の一種です。

1999年にアメリカでアライン・テクノロジー社により誕生しました。

2020年1月時点で世界100カ国以上の国々で治療が行われ、800万人を超える患者様が受けられています。

マウスピースは透明な素材なので、従来のワイヤーを使用した歯列矯正より目立たないことが特徴です。

取り外しもできるため、ワイヤー矯正より負担の少ない歯列矯正になります。

アライナー

アライナー

インビザライン・システムで使用するマウスピースはアライナーといいます。
アライン・テクノロジー社により独自にデザインされ開発されました。

アライナーの形状は患者様お一人おひとりの口腔内に合わせて、コンピューターテクノロジーの高度なアルゴリズムによって歯の最適な移動が考えられ、それに合わせて開発されます。

取り外し可能なので、食事と歯磨きの時以外はつけていただきます。

ポリウレタン製

平面に置いたアライナー

アライナーは、金属は使用されておらず、ポリウレタン製でできています。

そのため、金属アレルギーに配慮された作りになっています。

約1週間に1度交換

1週間ごとのカルテ

矯正期間中に使用するアライナーは1つの型だけではなくその数は、約50~100型あります。

アライナーの型は徐々に綺麗な歯並びに近づいていきますので、それを約1週間ごとに付け替えて使用することで歯並びを矯正していきます。

1週間ごとに歯を動かす距離は少ないのですが、効率的に動かすので、ワイヤーを使用する矯正と治療期間はほとんど変わりません。

歯の動きをコンピューターで予測しているので、アライナーは歯に分散して力が加わるようにできており、特定の歯に大きな負担がかかる心配はあまりありません。

密封されているアライナー

アライナーはこのように1つ1つ密閉されており、清潔な状態でお渡ししています。

認定証

インビザライン認定証

新宿本院の會田歯科院長は、アライン・テクノロジー社が指定するインビザライン・システムのコースを修了しています。

■會田歯科院長が所有するマウスピース矯正の認定医
インビザライン認定医
インビザラインIG認定医
ケンライン認定医
アソアライナー認定医

インビザラインの治療の流れ

インビザラインの治療の流れ

インビザラインの治療の流れをご説明します。

ご説明する内容はおおよその治療の流れになります。

実際は、患者様の口腔内の状態により異なります。

ご来院1回目 カウンセリング

カウンセリング

カウンセリングでは歯科医師よりインビザラインについて、メリットデメリットを詳しくお伝えさせていただきます。
また、実際歯並びの状態を確認させていただきます。

ご来院2回目 口腔検査

口腔検査

治療前と治療後の歯並びを確認する為に、セファロ(側方頭部X線規格写真)を撮影します。

セファロは矯正歯科用で使用する口腔内のレントゲン、顔の骨格や歯根の並び方を調べるために使用刺されます。

また、当院(新宿本院)ではCTを完備しているため、セファロは2次元でしか分かりませんが、必要に応じてCTを使用し3次元で調べる場合もあります。

■口腔内の撮影

口腔内の撮影

口腔内の写真を撮影します。
噛合わせや歯並び、虫歯の治療状況を確認します。

また、インビザラインで使用するアライナー(マウスピース)を作成するためのデータもお撮りします。

■歯の型取り

歯の型取り

アライナーを制作するための歯型を取ります。

よくある従来のマウスピース矯正とは違い、インビザラインは歯型を取るのは1度だけになります。

専用キット

歯型を採ります。歯型のキットは衛生面に配慮されています。

治療計画

治療計画

撮影したデータをアメリカののアライン・テクノロジー社に送ります。

そして、後日アライン・テクノロジー社より送られてきた「クリンチェック」と呼ばれる3Dのコンピュータ画像を使用して、お一人お一人の口腔内の状態に合わせて治療計画を立てます。

■3Dシミレーション

この動画は患者さまの口腔内を再現した実際の3Dのシミレーションです。

アライン・テクノロジー社が独自に開発した3D治療計画ソフトウェアを使用してシミレーションを行います。

治療開始から終了までどのくらいの期間でどのように歯が動くか、様々な角度から噛み合わせなどを分析します。

ご来院3回目 治療計画のご説明

治療計画のご説明

治療計画が完成したら、実際の3Dシミレーションをご覧いただきながら、治療期間や注意点を患者様にご説明します。

患者様にご納得いただきましたら、アメリカのアライン・テクノロジー社にアライナーの制作を依頼します。

アメリカからアライナーの到着

アメリカからアライナーの到着

1か月から2か月程度で患者様専用にカスタマイズされたアライナーが製造され送られてきます。

アライナーは患者様のもともとの歯並びの状態により異なりますが、50個から100個程度送られてきます。

おおよそ1から2週間に1度付け替えていくペースで徐々に綺麗な歯並びに近づけます。

ご来院4回目 アライナーの装着

アライナーの装着

まず、歯が動くスペースを確保するために、専用キットで歯の隙間を少し整えます。
適宜フロスなどで移動量を確認して行います。

■歯の表面の処理

歯の表面の処理

歯の表面にアタッチメントを装着する為に、歯の表面に処理を加えます。

アタッチメントは、アライナーと歯がすぐに外れないようにする突起の事です。

■アタッチメントの作成

アタッチメントの作成

アライナーにアタッチメントを作る個所に樹脂を流し込みます。

■アライナーの装着

アライナーの装着

アライナーを装着します。

■アタッチメントの設置

アライナーの装着

アライナーを温めます。

樹脂を固め、アタッチメントを設置します。

■アライナーの取り付けレッスン

アライナーの装着

アライナーの取り付け、取り外しの方法をご説明します。
食事をするときはアライナーを外して頂きます。

併せてご自宅でのアライナーの取り扱い方法や注意事項もご説明させていただいています。

最初のアライナーを装着してから1週間から2週間程度たちましたら、一度ご来院頂き、口腔内を検査し治療経過を確認します。

ご来院5回目以降 定期健診

定期健診

最初のアライナーを装着した後は、定期的に口腔内検査にご来院頂きます。

初めのうちは、噛み合わせの確認などで数週間に1度お越しいただきますが、問題がなければ徐々に検診の間隔があいていきます。

ご自身で交換

アライナーを数週間分お渡しするので、おおよそ1週間に1度、ご自宅で次のステップのアライナーにご自身で交換いただきます。

治療期間

インビザラインの治療の流れ

もともとの歯並びの状態によりますが、最短で1年程度、重度の場合は2年から3年程度かかります。

少しの歯並びの改善でしたら半年で終わります。

治療効果は1か月後から実感される方が多いです。

徐々に歯並びが綺麗になっていきますし、装着するアライナーが綺麗な歯並びに近づいていくので、アライナーを比較することで、治療前と治療後がわかるので、楽しく矯正することができると思います。

アライナーの取り扱い

ケースにしまってあるアライナー

アライナーを外した時は歯ブラシでよこれを落として下さい。
熱湯で洗うと変形する恐れがあります。

外した時は専用ケースで保管してください。

マウスピース矯正-歯並び矯正-の概要
保険適用外の自由診療

施術料金 上下の歯 ¥990,000

料金に関する詳細が知りたい方

  • 表示料金は目安の金額となります。
  • 術後のアフターフォローもしっかりしております。追加料金は一切かかりません。
    いつでもご遠慮なく、担当医にご相談ください。

最新の日本美容外科学会 学会長としてのご報告

最新の日本美容外科学会 学会長としてのご報告

2019年4月に行われた、第107回日本美容外科学会で共立美容外科・歯科の理事長の久次米秋人が務めました。

2020年は日本美容外科学会が中止となりましたので、2021年時点で最新の美容外科学会になります。

当学会では、2日間にわたり、特別講演やシンポジウムなど30ものプログラムを通して、国内外から参加した登壇者と参加者とが一丸となり、美容医療の発展に寄与しました。

当院としても、移り変わる社会からの美容医療への要求に対して、お応えできるよう日々研鑽(けんさん)を積んでまいります。

また、第109回日本美容外科学会は2021年5月26日、27日を予定しています。

学会の様子についてはこちらをご覧ください。

内閣府認定 日本美容医療協会

日本美容医療協会(JAAM)

日本美容医療協会(JAAM)は、内閣府から認定された美容分野の公益社団法人です。

「すべての人に美しくなってほしい」ことを目的としています。
当院の久次米秋人理事長と、野本俊一医師は日本美容医療協会の理事として、皆さまと専門医をつなぐ架け橋になるよう努めています。

当協会は美容分野で唯一、内閣府より公益社団法人の認定を受けています。

様々な科目の専門医が在籍

様々な科目の専門医が在籍

当院には、様々な科目の専門医が在籍し、当サイトも執筆、監修しています。

例えば、日本形成外科学会が認定する形成外科専門医、日本外科学会が認定する外科専門医、日本麻酔科学会が認定する麻酔科専門医、日本脳神経外科学会が認定する脳神経外科専門医、日本抗加齢医学会が認定する専門医、日本外科学会が認定する外科専門医、日本救急医学会が認定する救急専門医、日本旅行医学会が認定する認定医、日本禁煙学会が認定する認定指導医です。

また、日本美容医療協会理事で厚生労働省認定臨床研修指導医でもある日本医科大学付属病院の野本俊一が在籍しています。

様々な科目の専門医や出身者による総合的な医療の上に成り立っているのが、共立美容外科なのです。

定期的な研修や勉強会を開催し、IMCAS(世界皮膚老化会議)などの参加を通じて、医療技術の向上に努めています。学術研究についてはこちらをご覧ください。

医学博士も在籍

医学博士も在籍

当院には、医学博士の新妻 克宜医師が在籍しています。

学会発表などアカデミックな視点からも、美容医療の向上に努めています。

そして、全ての医師が解剖学を学んでいます。

救急科専門医と麻酔科専門医が在籍

救急科専門医と麻酔科専門医が在籍

日本救急医学会が認定する救急科専門医で麻酔科認定医のの児玉肇医師や救急科専門医で麻酔科専門医の岡田大輔医師が在籍しています。

感染症予防など「未然に防ぐこと」に対して積極的に取り組んでいます。

さらに、ヒヤリ・ハット事例を、収集、分析し「何かあった時の対応」に対しても取り組んでいます。

その他、各専門医の情報については、こちらをご覧ください。

早稲田大学の経営管理研究科と提携

早稲田大学の経営管理研究科と提携

共立美容外科は早稲田大学の経営管理研究科と2017年から2021年現在まで、提携講座を開設しています。

当院のスタッフが、接遇サービスや、おもてなし、どのようなクリニックが選んでいただけるかといった講義を行っております。

また、「真っ当な医療を患者様に丁寧に届ける」という企業理念を崩さないことが大切であるという話もしています。

この理念は、クリニックとして開院以来30年間一貫しています。

当院のサービス向上部門には、早稲田大学大学院のMBAや博士課程のスタッフが複数名在籍し、スタッフの人材育成に努めています。
早稲田大学との提携講座を通じ、患者様にご満足いただけるような接遇サービスの向上に日々、努めています。

「日本美容外科医師会」認定医療機関

「日本美容外科医師会」認定医療機関

「日本美容外科医師会」は、美容外科医が中心となり、美容医学の推進と美容医療の質向上を目的として結成された特定非営利活動法人です。

所属するには、以下の条件を満たしていなければなりません。

院長は医師会の会員であること
共済会に加入して三年以上であること
過去に重大事故(後遺障害3級以上)をおこしていないこと

さらに、以下の審査項目があり、これらも認定への大切なポイントとなります。

美容外科110番でのクレーム状況
美容外科への貢献度
医師としての倫理感
手数料、更新料の支払状況

これらの審査基準を満たして日本美容医師会に所属しているということは、クリニック選びの重要な指針となるはずです。

また、当院の久次米秋人理事長は、日本美容外科医師会の理事として美容医療を通じて医学の進歩と社会の福利に貢献するよう努めています。

新型コロナウイルス感染症に対する院内の取り組み

新型コロナウイルス感染症に対する院内の取り組み

厚生労働省対策本部の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の見解(令和2年3月9日及び3月19日公表)を受けて、院内の備品、施設の消毒管理、外気の取り入れ(換気)、全てのスタッフの体調管理等を行っています。

詳しくは、下記ページをご覧ください。

このページの監修・執筆医師

  • 歯科医師 會田 隆介(あいた りゅうすけ)

    歯科医師

    會田 隆介(あいた りゅうすけ)

    • 略歴

      • 2008年
        鶴見大学歯学部卒業
        2009年
        同大学総合歯科研修医終了
        2010年
        同大学保存学教室入局
        2011年
        都内歯科医院勤務
        2012年
        共立美容外科・歯科勤務
    • 主な加盟団体

      日本顎顔面インプラント学会会員
      日本歯周病学会会員
      日本保存学会会員
      日本口腔インプラント学会会員

当院は医療広告ガイドラインを遵守しています。

参考文献

  • 1) 大多良俊光.「患者管理と調整法」. 『 GPのための成功する マウスピース矯正導入マニュアル,第1版』.杉山 晶二 ,Kimi S. Caswell, 大多良俊光,小玉晃平, 五十嵐祐二.永末書店. 2011, 49,52−53頁
  • 2)槇宏太郎.「アライナー型矯正装置の基礎知識」.『正しく使おう!アライナー型矯正装置』.槇宏太郎,佐本博,土岐泰弘,福田哲也,窪田正宏,坂本紗有見,西村則彦.デンタルダイヤモンド社.2019,10−11頁
  • 3)「患者さんとのコンサルテーションに役立つ前歯部アライナー矯正Q&A」.『前歯部アライナー矯正 導入・実践編』.長尾龍典,岩城正明,新井聖範,五十嵐一,鈴木仙一,脇田雅文,森本太一朗.クインテッセンス出版.2019,74−75頁
  • 4)「ClinCheck®ソフトウエアによる治療設計」.『アライナー矯正歯科治療 CLEAR ALIGNER TECHNIQUE』.Sandra Tai,五十嵐一,森本太一朗,長尾龍典 監訳.クインテッセンス出版.2020,34−35頁
  • 共立美容外科

    マウスピース矯正のインビザライン・システムのページをご覧の皆様へ

    このページは2021年5月に最終確認をしています。
    このページでは、インビザライン・システムの治療方法と費用などについてご確認頂けます。
    イビザライン・システムとはアメリカで誕生したマウスピースを使用した歯列矯正の一種で、取り外しのできるポリウレタン製の透明な素材を使用しており、従来のワイヤー矯正に比べて負担が少なく目立たないことが特徴です。