英語 中国簡体 中国繁体 韓国語

ワイヤー矯正

嬉しい!
短期間で終わる
ワイヤー矯正

ワイヤー矯正とは

共立美容外科・歯科のワイヤー矯正は、広島大学歯学部から誕生したベンチャー企業、スリーブラケッツのフルサポートのもと、矯正期間が短くなるように行っています。

外側からワイヤーが見えない、裏側矯正にも対応しています。

また、部分的な矯正にも対応しています。

ワイヤーを使って弱い力で徐々に歯を動かし、歯並びを整えていきます。

矯正装置

ブラケットとワイヤーを示した図

矯正装置は、大きく分けると、ブラケットとワイヤーの2つに分けられます。

ブラケットは、1つ1つの歯の表面に装着する器具です。

ブラケットには、金属製のものがありますが、目立ってしまうため、当院では前歯に使用するブラケットはほとんどの場合、セラミック製やプラスチック製などを使用しています。

ワイヤー矯正では、このブラケットにワイヤーを通すことで、歯並びの治療を行います。
ブラケットに通すワイヤーをメインワイヤーと呼びます。

必要に応じてこのメインワイヤーとブラケットを細い金属線やゴムなどでできている結紮線(けっさつ)を使って結びつけます。

ブラケットやワイヤーは目立たないといっても、完全に目立たないわけではありません。
やはり他人からは、ワイヤー矯正をやっている事がわかってしまいます。

そのため、矯正期間中はワイヤーを歯につけているアクセサリーとしてとらえて、ファッション感覚で身に着けることも楽しい方法かもしれません。

ワイヤー矯正の流れ

治療の流れを説明する會田医師

ワイヤー矯正のおおまかな流れをご説明します。

歯並びは、個人により差があります。

また、歯周病等の進行状況も異なるため、ここでご紹介する治療の流れはあくまで一例になります。

歯のクリーニング

ブラケットが歯に装着できるよう、歯の表面を綺麗に磨きます。

比較的歯が綺麗な方の場合は、クリーニングはすぐに終わりますが、歯石や歯垢が歯周ポケットに多く溜まっている場合は、時間をかけてスケーリングを行って除去します。

ブラケットの接着

歯の表面をクリーニングで研磨した後、防湿を行います。

その後、ワイヤーを通すためのブラケットを一つ一つの歯に直接接着します。

抜歯(必要に応じて)

極力、歯は抜きませんが、歯を移動させるためのスペースを物理的に確保する必要がある場合、歯を抜くことがあります。

歯を抜く場合は、事前に患者様に治療方針をご説明の上行っています。
テープ麻酔に加え、しっかりと麻酔液を注入するため痛みはほとんどありません。

麻酔液を注入する際、チクッとした痛みはありますが、細い注射針を使用するため、怖がらなくていいほどの痛みだと思います。

抜歯をする際は、組織をなるべく傷つけないようにしているため、出血も少ないです。

ワイヤーの装着(約1週間後)

ブラケットを歯に装着してから約1週間後に、ブラケットにワイヤーを取り付けます。

ワイヤーの取り付け方を工夫することで、効果には個人差がありますが、歯列矯正の期間を早くすることも可能です。

矯正期間が短期間になるように工夫して取り付けています。

ワイヤーの調整(ワイヤー装着から1週間後以降)

ワイヤーを装着してから約1週間後にワイヤーの調整を行います。
ワイヤーの調整間隔は、個人差がありますが、おおよそ数週間に1回~月1回になります。

噛み合わせを意識しながらワイヤーを調整することで、徐々に綺麗な歯並びになっていきます。

美容外科が行うワイヤー矯正なので、機能面はさることながら、見た目も重視して調整を行います。

短期間で終わるよう経験をもとにワイヤーを調整行っています。

ワイヤーの調整 2回目

2回目のワイヤーの調整の様子を動画でご紹介しています。

だんだん歯並びが綺麗になってきました。

矯正期間中の歯のクリーニング

クリーニングの施術の様子を解説する會田医師

矯正期間中は、矯正器具を装着しながら食事をしていただきます。

矯正装置は凹凸があるため、通常の状態に比べ、汚れが溜まりやすいです。
そのため、日常的にしっかりと歯を磨いていただく必要があります。

しっかり磨いたつもりでも、セルフケアだとどうしても磨き残しがでてしまいます。
矯正装置に溜まった汚れは放置すると虫歯や歯周病を誘発してしまう場合があります。

当院では、ワイヤー調整のご来院時に必要に応じてスケーリングやポリッシングなどの歯のクリーニングを行っています。

矯正期間中の歯のクリーニングを動画でご紹介します。

スケーリング

矯正装置と歯の隙間に溜まった歯周病の原因となる汚れ・歯垢(プラーク)・歯石を、超音波スケーラーという専用機器を使用して丁寧に除去します。

細かい個所は、手動のハンドスケーラーを使用し歯肉縁上の歯石や歯垢を取り除きます。

超音波スケーラーとハンドスケーラーを使い分け、口腔内環境を整えます。

汚れを取ることで、口臭予防も行えます。

ポリッシング

歯の表面を研磨し、細かい凸凹をできる限り無くします。

凸凹をなくすことで、見た目が綺麗な歯になるだけでなく、凹んでいる部分に歯垢が溜まる事を予防します。

矯正期間終了後のアフターケア

保定装置を装着した口内の解説をする會田医師

矯正期間が終了し、歯並びと噛み合わせが正常な状態になったら「保定装置」を装着します。

矯正装置を取った後は、歯が元の歯並びに戻ろうと「後戻り」しようとしてしまいます。

この後戻りを防ぐために、動かした歯を支える骨や歯周組織が安定するまで保定装置を装着します。

この時期は、アフターケアとして大切な時期です。
保定装置は、色々な種類がありますが、元の歯並びの状態により保定装置を選びます。

月1回から2ヶ月に1回程度の頻度でご来院頂き、咀嚼や発音などのロ周囲の動きと歯並びとの調和を診察します。

個人差がありますが、保定装置の装着期間は約1年間で終了します。

当院のワイヤー矯正の症例写真

矯正期間1年

上顎中切歯翼状捻転を伴う歯並びの症例

上顎中切歯翼状捻転を伴う歯並びの症例です。

セクショナルアーチとクワドヘリックスにて拡大しました。

矯正期間1年2か月

クワドヘリックスで拡大した上下の歯並びの症例

上下の歯列を矯正しました。

上顎はクワドヘリックスにて拡大しました。

矯正期間1年8か月

クワドヘリックスとバイヘリックスで治療した上下の歯並びの症例

上下の歯列をクワドヘリックスとバイヘリックスにて拡大後、歯を抜かないで治療しました。

矯正期間1年2か月

保定装置を装着している下の歯並びの症例

歯を抜かないで治療しました。

矯正期間1年3か月

抜歯して治療した下の歯並びの症例

両側の第一小臼歯を抜歯して治療しました。

矯正期間2年8か月

骨格性下顎前突の症例

上顎の叢生(そうせい:歯並びがガタガタな事)と臼歯部クロスバイトを伴う骨格性下顎前突の症例です。

上顎を急速拡大装置にて拡大後、歯を抜かないで治療しました。

矯正期間2年11か月

第一小臼歯を抜歯した治療の症例

両側の第一小臼歯を抜歯し矯正を行いました。

矯正期間2年9か月

第一小臼歯を抜歯した治療の症例

両側の第一小臼歯を抜歯し矯正を行いました。

矯正期間1年

上顎歯列弓狭窄による側方クロスバイトの症例

上顎歯列弓狭窄による側方クロスバイトの症例です。

拡大床にて、側方被蓋改善をしました。

矯正期間2年7か月

インプラントを使用した症例

インプラントを使用して、歯を抜かないで治療しました。

矯正期間2年9か月

第一小臼歯を抜歯した治療の症例

両側の第一小臼歯を抜歯して治療しました。

矯正期間2年11か月

両側の第一小臼歯を抜歯する治療の上下の歯列の症例

上下の歯の両側の第一小臼歯を抜歯し、上下の歯列矯正を行いました。

矯正期間11か月

歯を抜かずに治療した歯列の症例

歯を抜かないで治療しました。

その他の歯科矯正

セラミック矯正

当院で人気No1の歯列矯正です。

ワイヤー矯正と違い、治療開始日その日に綺麗な歯並びにすることができます。
歯の色や形、高さもお好みにお選びいただけます。

歯を少し削り、その上から天然歯と見分けのつかないほど綺麗な人工歯のセラミッククラウンをかぶせることで、綺麗な歯並びにすることができます。

ただ、歯を少し削る事をデメリットだと感じる方もいらっしゃいますが、機能面では問題ないので、あまりデメリットではない気もします。

また、神経はなるべく抜かないよう行っています。

ワイヤー矯正より早く終わらせたい方に向いています。

マウスピース矯正

ワイヤーではなくマウスピースで行う矯正もあります。
当院では、インビザライン・システムを導入しています。

マウスピースなので、ワイヤーに比べ目立たない事が特徴です。
また、食事中も外すことが可能です。

約1週間に1度のペースで異なる形のマウスピースを交換してはめていただき、歯列を矯正します。

マウスピースは、アライナーと呼ばれ、矯正期間中に装着するアライナーの数は数十個におよび、その形は徐々に綺麗な歯並びの形に近づいていきます。

アライナーはコンピューターテクノロジーにより、お一人お一人に合った形で制作されます。

歯並びの形は人それぞれです。
どの歯列矯正が向いているかは、ホームページ上の情報だけではわからない場合があります。

治療前に医師とご相談の上、ご希望に沿った矯正方法をお選びいただきます。

ワイヤー矯正の料金と概要

治療料金 ■部分矯正
上顎 ¥523,820
下顎 ¥523,820

■全部矯正
上顎 ¥629,200
下顎 ¥629,200

■裏側矯正
上顎 ¥1,047,640
下顎 ¥1,047,640
手術時間 ■初回30分~1時間程度
■定期検診は15分程度
通院回数 週1回~2か月に1回程度
※月1回程度のご来院の方が多いです。
矯正期間 1年から3年程度
カウンセリング当日の治療
入院の必要性 なし

料金に関する詳細が知りたい方

  • 表示料金は目安の金額となります。
  • 術後のアフターフォローもしっかりしております。追加料金は一切かかりません。
    いつでもご遠慮なく、担当医にご相談ください。

最新の日本美容外科学会 学会長としてのご報告

最新の日本美容外科学会 学会長としてのご報告

2019年4月に行われた、第107回日本美容外科学会で共立美容外科・歯科の理事長の久次米秋人が務めました。

2020年は日本美容外科学会が中止となりましたので、2021年時点で最新の美容外科学会になります。

当学会では、2日間にわたり、特別講演やシンポジウムなど30ものプログラムを通して、国内外から参加した登壇者と参加者とが一丸となり、美容医療の発展に寄与しました。

当院としても、移り変わる社会からの美容医療への要求に対して、お応えできるよう日々研鑽(けんさん)を積んでまいります。

学会の様子についてはこちらをご覧ください。

内閣府認定 日本美容医療協会

日本美容医療協会(JAAM)

日本美容医療協会(JAAM)は、内閣府から認定された美容分野の公益社団法人です。

「すべての人に美しくなってほしい」ことを目的としています。
当院の久次米秋人理事長は日本美容医療協会の理事として、皆さまと専門医をつなぐ架け橋になるよう努めています。

当協会は美容分野で唯一、内閣府より公益社団法人の認定を受けています。

様々な科目の専門医が在籍

様々な科目の専門医が在籍

当院には、様々な科目の専門医が在籍し、当サイトも執筆、監修しています。

例えば、日本形成外科学会が認定する形成外科専門医、日本外科学会が認定する外科専門医、日本麻酔科学会が認定する麻酔科専門医、日本抗加齢医学会が認定する専門医、日本外科学会が認定する外科専門医、日本救急医学会が認定する救急専門医、日本旅行医学会が認定する認定医、日本禁煙学会が認定する認定指導医です。

様々な科目の専門医や出身者による総合的な医療の上に成り立っているのが、共立美容外科なのです。

定期的な研修や勉強会を開催し、IMCAS(世界皮膚老化会議)などの参加を通じて、医療技術の向上に努めています。学術研究についてはこちらをご覧ください。

医学博士も在籍

医学博士も在籍

当院には、医学博士の新妻 克宜医師が在籍しています。

学会発表などアカデミックな視点からも、美容医療の向上に努めています。

そして、全ての医師が解剖学を学んでいます。

救急科専門医と麻酔科専門医が在籍

救急科専門医と麻酔科専門医が在籍

日本救急医学会が認定する救急科専門医で麻酔科認定医のの児玉肇医師や救急科専門医で麻酔科専門医の岡田大輔医師が在籍しています。

感染症予防など「未然に防ぐこと」に対して積極的に取り組んでいます。

さらに、ヒヤリ・ハット事例を、収集、分析し「何かあった時の対応」に対しても取り組んでいます。

その他、各専門医の情報については、こちらをご覧ください。

早稲田大学の経営管理研究科と提携

早稲田大学の経営管理研究科と提携

共立美容外科は早稲田大学の経営管理研究科と2017年から2021年現在まで、提携講座を開設しています。

当院のスタッフが、接遇サービスや、おもてなし、どのようなクリニックが選んでいただけるかといった講義を行っております。

また、「真っ当な医療を患者様に丁寧に届ける」という企業理念を崩さないことが大切であるという話もしています。

この理念は、クリニックとして開院以来30年間一貫しています。

当院のサービス向上部門には、早稲田大学大学院のMBAや博士課程のスタッフが複数名在籍し、スタッフの人材育成に努めています。
早稲田大学との提携講座を通じ、患者様にご満足いただけるような接遇サービスの向上に日々、努めています。

「日本美容外科医師会」認定医療機関

「日本美容外科医師会」認定医療機関

「日本美容外科医師会」は、美容外科医が中心となり、美容医学の推進と美容医療の質向上を目的として結成された特定非営利活動法人です。

所属するには、以下の条件を満たしていなければなりません。

院長は医師会の会員であること
共済会に加入して三年以上であること
過去に重大事故(後遺障害3級以上)をおこしていないこと

さらに、以下の審査項目があり、これらも認定への大切なポイントとなります。

美容外科110番でのクレーム状況
美容外科への貢献度
医師としての倫理感
手数料、更新料の支払状況

これらの審査基準を満たして日本美容医師会に所属しているということは、クリニック選びの重要な指針となるはずです。

また、当院の久次米秋人理事長は、日本美容外科医師会の理事として美容医療を通じて医学の進歩と社会の福利に貢献するよう努めています。

新型コロナウイルス感染症に対する院内の取り組み

新型コロナウイルス感染症に対する院内の取り組み

厚生労働省対策本部の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の見解(令和2年3月9日及び3月19日公表)を受けて、院内の備品、施設の消毒管理、外気の取り入れ(換気)、全てのスタッフの体調管理等を行っています。

詳しくは、下記ページをご覧ください。

共立美容外科・歯科で受けられる歯科の施術

共立美容外科・歯科で受けられる歯科の施術

このページの監修・執筆医師

  • 歯科医師 會田 隆介(あいた りゅうすけ)

    歯科医師

    會田 隆介(あいた りゅうすけ)

    • 略歴

      • 2008年
        鶴見大学歯学部卒業
        2009年
        同大学総合歯科研修医終了
        2010年
        同大学保存学教室入局
        2011年
        都内歯科医院勤務
        2012年
        共立美容外科・歯科勤務
    • 主な加盟団体

      日本顎顔面インプラント学会会員
      日本歯周病学会会員
      日本保存学会会員
      日本口腔インプラント学会会員

当院は医療広告ガイドラインを遵守しています。

共立美容外科

共立美容外科・歯科|ワイヤー矯正のページをご覧の皆様へ

このページは2021年10月に最終確認をしています。
このページでは、ワイヤーを使った歯科矯正の期間や治療の流れについてご確認いただけます。症例を交えて、歯科医師が解説しています。費用は、部分的な矯正と全体的な矯正とで異なります。動画では、実際にブラケットやワイヤーを装着している部分をご覧いただけます。