英語 中国簡体 中国繁体 韓国語

Kyoritsu Biyo Scrap(KBS)

美人の条件忘れ鼻の作り方とは?

公開日:2022年07月22日(金)

鼻の整形
鼻の綺麗な女性

このコラムを読むのに必要な時間は約 8 分です。
最後まで有意義なページになっていますので是非ご覧ください。

美人の条件ともいわれる「忘れ鼻」をご存知でしょうか?

忘れ鼻とは、「どんな鼻だったか忘れてしまうほど、すっきりしていて目立たない鼻」という意味で用いられる言葉であり、これが「美人の条件」とも言われています。

鼻の形は顔の印象を決める非常に重要なパーツであり、スッと鼻筋の通った鼻や、左右差のないきれいな鼻、小鼻が小さく細くて整った鼻など、「理想的な鼻」を手に入れたいと願う人は非常に多いです。

整った鼻というのは、決して目立たず、主張せず、「どんな鼻だったか忘れてしまうほど整っている」ため、忘れ鼻イコール「自然で綺麗に整った鼻」ということを意味します。

そのため、忘れ鼻は美人の条件とも言われており、共立美容外科でも「忘れ鼻」を手に入れたいと希望される方が多くいらっしゃいます。

そこで今回は、美人の条件となる忘れ鼻について詳しく解説しながら、忘れ鼻の作り方や注意点などを紹介していきます。

美人の条件である忘れ鼻を手に入れたいという方は、ぜひ最後までご覧ください。

 

そもそも忘れ鼻とは?

鼻を触っている女性

どんな鼻だったか忘れてしまうほどに、すっきりしていて目立たない、それでいて整っていて美しい、そんな鼻を意味する言葉が「忘れ鼻」です。

「美人の忘れ鼻」と言われることもあるように、忘れ鼻は美人の条件として挙げられています。

目立たない小さい鼻ということではなく、「あまりに整っていて美しいからこそ鼻の印象が頭に残らない」というようなイメージです。

忘れ鼻の人は「鼻に存在感がない」ため、顔のバランスがまとまりやすく、その他のパーツ(目・唇・頬・肌など)の美しさを際立たせることができます。

さらに、鼻は年齢が現れやすいパーツのひとつであるため、鼻の印象が強い人はエイジングサインが外見に現れやすくなります。

忘れ鼻であれば、顔が老けた印象を与えにくく、若々しい外見を手に入れることも可能です。

とはいえ、忘れ鼻を作るためには、単純に鼻を高くしたり、鼻の形を整えるだけでは不十分であり、顔や体全体のバランスを見ながら、鼻の形を調整していく必要があるため、一般的な鼻の美容整形よりも難易度は上がります。

共立美容外科では、カウンセリングの際に何度もシミュレーションを行うことで、「顔全体のバランス」を重視した鼻の美容整形を実施しています。

忘れ鼻のような、「整っていて顔とのバランスも良く自然に美しい鼻」を手に入れたいという方は、まずは共立美容外科までご相談ください。

 

忘れ鼻の特長は?

美人を規定する「忘れ鼻」の条件とはどのようなものなのでしょうか。

  • 高い鼻?
  • 鼻筋がとおった鼻?
  • 鼻先が下を向いている鼻?

これらの鼻は、どれも美容整形では人気の鼻の形なのですが、理想的な忘れ鼻を作るためには、もっと重要なことがあります。

それは「主張しない自然な鼻」 を作るということです。

特に日本人などのアジア人の顔は、比較的彫りが浅く「薄い」 認証の顔であることが多い。

そのため、ただ高く整った鼻を作るだけでは、鼻だけが主張してしまっているように見えてしまう可能性があります。

顔のバランスや体のバランスなどとの兼ね合いが非常に重要であり、鼻の形だけを意識するのではなく、全体として整えていくことで綺麗な忘れ鼻を作ることができます。

このように、忘れ鼻は「鼻」のことを意味する言葉なのですが、忘れ鼻を手に入れるためには、鼻だけではなく顔全体や体全体を整えていくことが重要となります。

だからこそ、共立美容外科では、あえて印象の薄い鼻をご提案することもあります。

鼻にコンプレックスを抱えている方の中には、「とにかく鼻を高くしたい」といった希望をされる方も多いですが、鼻だけを高くしてしまっては全体のバランスが崩れてしまう可能性がありますので、何度もシミュレーションを繰り返し、最適なバランスの鼻を作っていくことが、美人の条件である忘れ鼻を手に入れるためには大切となります。

 

具体的に忘れ鼻ってどんな鼻?

より具体的に忘れ鼻について紹介していくと、忘れ鼻は「鼻の高さが鼻の長さに対して1/3程度」 とされています。

鼻の角度は「30度」が理想で、正面から見た時に鼻の穴が見えにくい(完全に隠してしまうのもNG)状態にするのが理想的と考えられています。

さらに、顔面の面積と鼻の大きさとのバランスが最も重要であり、顔面の面積に応じて鼻の大きさや高さを調節していくことが大切です。

彫りが浅い日本人の顔に合わせるためには、比較的鼻は小さくまとめていくことが理想です。

鼻の美容整形を行った方の中には、鼻を高くしたいという思いから、とにかく鼻を高くしてしまって、鼻だけが浮いてしまったような状態になっている方もいらっしゃいます。

鼻だけにフォーカスした美容整形では、理想的な忘れ鼻を手に入れることが出来ませんので、繰り返しますが、鼻と顔全体とのバランスが最も重要となります。

 

忘れ鼻になるためには?

ではここからは、理想的な忘れ鼻を手に入れていくための方法を解説していきます。

忘れ鼻を手に入れるためには、大きく分けて、「メイク」と「美容整形」の2つの方法があります。

 

忘れ鼻を作るためのメイクとは?

忘れ鼻は「整っていて、自然で、主張しない鼻」です。

そのため、忘れ鼻を作っていくためのメイクでは、「鼻の印象を薄くしていく」ことがポイントです。

鼻にコンプレックスを持っている方は、鼻を隠したいという思いから、鼻周りのハイライトやノーズシャドーなどを活用して、少しでも鼻を高くしようとするメイクをしてしまいがちですが、あまりおすすめなメイクとはいえません。

鼻の主張を緩和していくことで、自然と忘れ鼻に近づけていけますので、「鼻以外の部分を目立たせるメイク」を行っていくこともポイントです。

鼻のメイクはやりすぎず、できるだけナチュラルメイクにとどめておくこと、さらに、鼻以外のメイクをしっかりめに行い、他のパーツを目立たせることなどがおすすめです。

 

忘れ鼻を作るための美容整形とは?

鼻の形を変えるにはメイクだけでは限界があるため、より整った忘れ鼻を作るためには、必要に応じて美容整形を組み合わせていく必要があります。

特に、顔の大きさに対して鼻が大きすぎてしまったり、鼻の向きで鼻の穴が目立ってしまうという場合には、どうしても鼻の印象が強くなってしまうので、美容整形の力が必要となります。

鼻の印象を変える美容整形には様々なものがありますが、忘れ鼻を手に入れるためには、「鼻の主張を減らす」事が重要であり、小鼻のサイズを小さくする「小鼻縮小術」などがおすすめです。

もちろん、現在のお悩みによって最適な美容整形を選択していく必要がありますが、鼻を大きく高くしていくというアプローチよりも、自然に鼻の存在感を減らしていくアプローチが重要となります。

 

小鼻縮小術

小鼻縮小術とは、小鼻の付け根部分の皮膚を切除する(鼻の穴の中から皮膚を切除する)ことで、小鼻(鼻翼)の大きさを小さくしていく美容整形です。

傷跡はほとんど目立たず、鼻の大きさを小さくすることができます。

横方向に広がってしまっている鼻を正面に向けることで、自然に鼻が高くなって、理想的な忘れ鼻を作ることも可能です。

 

小鼻縮小手術のバナー

▼共立美容外科の小鼻縮小術の料金や手術についての詳細はこちら

 

プチスレッド・ノーズアップ

プチスレッド・ノーズアップは、医療用の特殊な糸を鼻に挿入し、鼻先を高くする「切らない」美容整形です。

体に傷跡を残すことなく、自然に鼻先を高くすることができます。

仕上がりがナチュラルであることが「プチスレッド・ノーズアップ」の特徴であり、美容整形をしたことが他人にバレにくい施術のひとつです。

プチスレッド・ノーズアップであれば、自然に目立ちにくい整った鼻を作ることも可能であり、忘れ鼻を作るのにもおすすめな施術です。

 

プチスレッドノーズアップのバナー

▼共立美容外科のプチスレッド・ノーズアップの料金や手術についての詳細はこちら

 

小鼻ボトックス

小鼻縮小のボトックス注射は「笑うと鼻が広がるのが気になる」、「小鼻縮小をしたいけど切る手術は怖い」などの悩みを持つ方におすすめの美容整形です。

ボトックスと呼ばれる薬剤を鼻に注射することで、小鼻の膨らみを小さくすることができます。

ダウンタイムなどもなく、注射後3日〜1週間後には効果が現れます。

切る美容整形に比べると効果は限定的ですが、だからこそ自然な変化を生み出すことが可能であり、ナチュラルな「忘れ鼻」を作るには最適な施術方法になります。

 

小鼻ボトックスのページへのバナー

▼共立美容外科の小鼻ボトックスの料金や施術についての詳細はこちら

 

ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸注入は、ヒアルロン酸を鼻に注入することで鼻を高くすることができる美容施術です。

注射するだけで手軽に鼻を高くすることができるため、非常に人気の美容整形なのですが、しっかりとシミュレーションを行ってからヒアルロン酸を注入しないと、「鼻だけが主張した顔」になってしまう可能性もあり、忘れ鼻を作りたいときには注意が必要です。

とはいえ、高く鼻筋が整った鼻を作るには非常におすすめな方法であり、ヒアルロン酸注入を上手く活用することで、魅力的な鼻を作ることが可能です。

 

鼻のヒアルロン酸のバナー

▼共立美容外科の人気の鼻のヒアルロン酸の料金や手術方法についての詳細はこちら

 

 

美人の条件!忘れ鼻を作りたい人は!?

共立美容外科を案内している女性

今回は忘れ鼻についてご紹介しました。

忘れ鼻を作るためには、ただ鼻を整えれば良い というわけではなく、顔全体のバランスや全身の雰囲気に鼻を合わせていく必要があります。

鼻だけが目立ってしまうような美容整形とは異なり、自然に整った鼻を作っていくのがポイントです。

共立美容外科では、じっくりとカウンセリングを行い、確かな技術を持つ専門医によって、何度も仕上がりのシミュレーションを行いますので、美容整形で鼻だけが目立ってしまうということはありません。

自然に整った鼻、整形がバレないようなナチュラルな鼻、忘れ鼻を手に入れたいという方は、まずは共立美容外科までお気軽にご連絡下さい。

 

鼻の整形のバナー

▼共立美容外科の鼻の整形のメニューや料金、手術方法についての詳細はこちら

 

カウンセリングの予約バナー

▼初めての方でも入りやすい♪カウンセリングの予約をする。

 

このページの監修・執筆医師

  • 磯野 智崇(いその ともたか)

    磯野 智崇(いその ともたか)

    共立美容グループ 総括副院長

    • 略歴

      • 1995年
        聖マリアンナ医科大学 卒業
        1995年
        聖マリアンナ医科大学形成外科 入局
        1999年
        東大宮総合病院整形・形成外科 入職
        2002年
        共立美容外科 入職
        2009年
        共立美容外科 浜松院院長就任
        2020年
        共立美容グループ 総括副院長就任
    • 主な加盟団体

      日本美容外科学会
      日本美容外科学会認定専門医

当院は医療広告ガイドラインを遵守しています。

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-500-340 (診療時間 10:00~19:00)

よくあるご質問

×

新宿・名古屋・大阪・福岡をはじめ
全国26院 共通ダイヤル
0120-500-340

あの久次米総括院長も診察♪
新宿本院 直通ダイヤル
0120-500-340

銀座院 直通ダイヤル
0120-560-340

渋谷院 直通ダイヤル
0120-340-428

池袋院 直通ダイヤル
0120-340-800

立川院 直通ダイヤル
0120-489-340

上野御徒町院 直通ダイヤル
0120-340-444