鼻翼を縮小する美容整形

日本美容外科医師会認定医院

美容外科 歯科 美容皮膚科

診療時間・年中無休10:00~19:00

0120-500-340
全国23院共通

0120-340-428夜間もお電話受付中!23時まで
(新宿、渋谷、銀座、立川、千葉、横浜のみ)

menu

鼻の美容整形鼻翼縮小手術(小鼻縮小手術)

鼻翼を小さくする手術で

理想的な目と鼻のバランスに

鼻翼縮小手術(びよくしゅくしょうしゅじゅつ)の適応部位

鼻翼縮小手術(びよく しゅくしょう しゅじゅつ)の適応部位

鼻の美容整形で成形できる個所は、「鼻筋」、「鼻先(鼻尖)」、「小鼻(鼻翼)」の3つの個所になります。

鼻先は、鼻尖(びせん)ともよばれ、小鼻は鼻翼(びよく)とも呼ばれます。小鼻は医学的には「鼻翼(びよく)」と呼ばれることの方が多いです。

この3つの部位の中で、鼻翼縮小手術を行う個所は、「鼻翼」になります。鼻翼を手術で小さくすることで、大きい鼻の印象を小さい鼻の印象にすることができます。
※手術の結果には個人差があります。

鼻翼縮小手術はこのような方に向いています

このような方に向いています

  • 大きい鼻を治したい
  • 小さい鼻にしたい
  • かわいい鼻にしたい
  • スッとした印象の鼻にしたい

理想的な目と鼻の距離

理想的な目と鼻の距離

鼻は、顔の中心にあるため、鼻と他のパーツとのバランスが美しい顔にとって大切です。

理想的な鼻と目のバランスは、目の幅を1とすると右目、鼻、左目のバランスは1:1:1が理想と言われています。鼻の幅が大きい原因は、鼻翼(小鼻)が横に広がっている事が原因です。

そのため、鼻翼縮小手術で鼻翼を小さくすることで、理想的な目と鼻のバランスに近づけることができ、美しい顔に近づけることができます。

鼻翼縮小手術とは

鼻翼縮小手術とは

鼻翼を小さくする場合、メスを使用した手術で行います。鼻翼縮小手術は、鼻を大きい印象にしている鼻翼の余分な部分をメスでカットをし、鼻を小さくする手術です。

カットする方法は、大きく分けて「外側法」と「内側法」の2つにわけることができます。鼻翼縮小手術は、小鼻縮小手術とも呼ばれます。

鼻翼縮小手術とは

外側法は、鼻翼の外側から鼻を大きく見せている余分な部分をメスでカットし、次にカットした部分を医療用の糸で縫い合わせます。

鼻翼縮小手術とは

内側法は、鼻翼の内側の鼻の穴側をメスでカットし、鼻を大きく見せている余分な部分を切除します。

医療用の糸で縫い合わせる部分が鼻の穴の内側になるので、他人からは目立ちません。

鼻翼縮小手術 - 外側法 -

鼻翼縮小手術 - 外側法 -

外側法は、鼻翼の横の外側からメスを入れて、この画像のように鼻翼の横の余分な部分をカットして、鼻を小さくします。

外からメスをいれるため、縫合(ほうごう:医療用の糸で縫うこと)した跡が外見から分かってしまいます。

しかし、鼻翼は脂腺が多くあり、色素沈着しやすい場所なので、傷跡の色ともともとある、鼻翼の色があっているので、傷跡はあまり目立ちません。そして、3カ月程度かけて傷跡は消えていきます。

外側法の縫合個所

外側法の縫合個所

外側法は、医療用の糸で縫う場合、傷跡を目立たないようにするために、この画像のように、尾翼の境目のへこんでいる部分の線に沿って縫います。

鼻翼縮小手術 - 内側法 -

鼻翼縮小手術 - 内側法 -

内側法は、鼻の穴の内側の下側からメスを入れて、この画像のように鼻翼の付け根部分の余分な部分をカットして、鼻を小さくします。

鼻の内側からメスを入れるため、縫合した跡が外見から分かりづらくなるのが特徴です。ただし、外側法に比べて鼻翼を小さくすることはできません。

内側法の縫合個所

内側法の縫合個所

内側法は、医療用の糸で縫う場合、傷跡を目立たないようにするために、この画像のように、鼻の穴の下側を縫うため外見からは分かりづらいです。

外側法と内側法をわかりやすく解説

外側法と内側法をわかりやすく解説

外側法と内側法を鼻を下側から見た状態をバームクーヘンに例えて、分かりやすく解説します。

外側法

外側法

外側法は鼻翼の外側からメスで切れるため、このように切除部分が大きいです。切除部分が大きいため、その分「鼻翼(小鼻)」を小さくすることができます。

内側法

内側法

内側法は、手術直後の傷跡がわからないようにするために、鼻の穴の方からメスを入れてカットします。そのため、切除部分が少なくなってしまうため、外側法に比べて、鼻翼(小鼻)を小さくすることができません。

まとめ

まとめ

つまり、外側法は余分な皮膚をカットできる量が多いため、内側法に比べて鼻翼(小鼻)を小さくすることができますが、手術直後の傷跡が外側に見えてしまうため、目立ってしまいます。

一方、内側法は鼻の中をカットするために傷跡は目立ちませんが、その分、余分な皮膚をカットする量が外側法に比べて少ないため、外側法に比べて鼻翼(小鼻)を小さくすることができません。

手術直後の傷跡と、鼻翼を小さくできる程度の関係

手術直後の傷跡と、鼻翼を小さくできる程度の関係

鼻翼縮小手術でよく言われる事は患者様自身が「手術直後の傷跡」を取るか「鼻翼(小鼻)を小さくすること」を取るか、ということです。

鼻翼を小さくしようとすればするほど、手術直後の傷跡は目立ってしまいます。手術直後の傷跡を目立たないようにしようとすると、内側(鼻の穴側)から切ることになり、あまり鼻翼を縮小することができなくなってしまいます。

手術直後の傷跡と、鼻翼を小さくできる程度の関係

このグラフはおおよそのイメージですが、鼻翼縮小手術は、このグラフのように、鼻翼(小鼻)を小さくしようとすればするほど、手術直後の傷跡は大きくなってしまいます。

手術直後の傷跡と鼻翼(小鼻)を小さくする程度は、おおよそ比例関係にあります。

手術直後の傷跡と、鼻翼を小さくできる程度の関係

そのため、鼻翼縮小手術をご希望の場合、手術直後の傷跡と、小さくできる程度に関して、事前にカウンセリングで担当医とご相談いただく事をお勧めします。

外側法の傷跡について

外側法の傷跡について

外側法は、鼻翼の外側をカットするため、手術直後の傷跡が目立ってしまいます。そのため、傷跡を目立たなくする工夫が必要です。

共立美容外科では、縫い目を鼻翼の付け根の溝(みぞ)に沿って縫います。そのため、傷跡がわかりづらくなります。

また、手術直後の傷跡は、手術直後から3か月〜6か月かけて目立たなくなっていきます。

外側法の傷跡について

手術から5日程度後に行う抜糸(ばっし:医療用の糸を抜く施術)の後は、ファンデーションを塗ることができるので、手術直後の傷跡は、ファンデーションで隠すことが可能です。

内側ラウンド法

内側ラウンド法

内側法は、外側法より、鼻翼(小鼻)を小さくすることができません。

そのため内側法でより小鼻を小さくするために、鼻翼の付け根と鼻柱の付け根に医療用の糸を通してズボンのベルトの原理と同じように鼻翼が小さくなるように結ぶ場合もあります。

このような方法を「内側ラウンド法」と呼びます。

色々な鼻翼縮小手術のカットの仕方

色々な鼻翼縮小手術のカットの仕方

鼻翼縮小手術は、大きく分けて「外側法」と「内側法」に分けることができますが、当院では一人一人の鼻の状態やご希望に合わせて色々なカットの方法により鼻翼縮小手術を行っています。

鼻の骨について

鼻の骨について

鼻は人間が呼吸ができるよう空気の出入り口になっています。骨は、硬くて頑丈ですが、その一方くだけやすい性質があります。鼻はぶつけやすいので普通の骨でできている場合、すぐ折れてしまい、呼吸ができなくなってしまいます。

そのため、鼻は鼻骨、外側軟骨、大鼻翼軟骨、小鼻翼軟骨といった複数の軟骨という弾力性がある丈夫な骨でできています。これらの軟骨が屋台骨となって空気が出入りしやすいよう、鼻の皮膚を支えています。

鼻翼縮小手術は、鼻の骨に対しては処置をせず、鼻の皮膚に対して処置をする手術になります。

日本人が好む横顔

日本人が好む横顔

顔を横から見たときに、おでこから鼻にかけて緩やかなS字カーブをしていると美しいと言われています。また、鼻先と顎の先を結んだ線はEライン(エステティックライン)と呼ばれていますが、このEラインの線上に唇があると美しいと言われています。

共立美容外科では鼻翼縮小手術をする場合、このおでこから鼻にかけての緩やかなS字カーブと鼻と唇と顎にかけてのEラインを意識して手術を行っています。

日本人が好む横顔

鼻の美容整形をする際は、鼻先と唇の距離も意識して手術を行います。黄金比という数学的な比率がありますが、手術をする際は、鼻だけでなく、鼻と目や、鼻と唇などとの距離感を考えながら手術を行っています。

解剖学を熟知

解剖学を熟知

鼻には傷をつけてはいけない大事な血管や神経細胞が沢山あります。鼻翼縮小手術をする際は、解剖学を熟知し、それらの組織を傷つけないように丁寧に手術を行っています。

完全滅菌された、こだわりのある医療機器

完全滅菌された、こだわりのある医療機器

鼻翼縮小手術を行う場合の医療器具は多岐にわたります。
共立美容外科では一つ一つこだわりを持った医療器具を使用しています。また、完全滅菌された清潔な医療器具や使い捨ての医療器具を使用しています。

デザイン

デザイン

鼻翼(小鼻)の皮膚を切除する部分を丁寧にデザインしています。このデザインに沿って鼻翼の余分な皮膚を切除します。

痛みへの配慮

共立美容外科の麻酔専門医

共立美容外科には、麻酔科の医師も在籍しています。

例えば、日本麻酔科学会が認定する麻酔科専門医の遠山貴之医師や麻酔科認定医の児玉肇医師です。また、厚生労働省より麻酔科標榜許可書の交付を受けた古田聖典医師や川上勉医師が在籍しています。麻酔科の医師が中心となって痛みに配慮した治療を研究し行っています。

痛みに配慮して鼻翼を縮小する美容整形を行っています。

鼻の整形の修正

鼻の整形の修正

他院で行った鼻の鼻翼縮小手術の修正などにも対応しています。

セカンドオピニオンも対応

セカンドオピニオンも対応

当院には、日本形成外科学会が認定する形成外科専門医(辻野医師や、中川医師、望月医師など)や、日本外科学会が認定する外科専門医(児玉医師や宮田医師など)が在籍しており、他院でされた二重の整形の修正や、セカンドオピニオンにも対応しています。

どの医師も、患者様と優しく気持ちよくコミュニケーションをお取りすることを心がけています。

鼻翼縮小手術の流れ

鼻翼縮小手術の流れ

鼻翼縮小手術の流れをご説明します。

  • 目安の流れになります。患者様のご状態、ご希望により医師の判断で、このご説明する流れと若干異なる場合があります。
  • 鼻翼縮小手術は小鼻縮小手術とも呼ばれています。
  • Step1 ご来院

    ご来院
    • 医師

      共立美容外科は、患者様になるべくお待たせしないようにするために、完全予約制となっております。
      事前に、お電話、またはホームページよりご予約の上ご来院くださいませ。

  • Step2 落ち着いた雰囲気の院内

    落ち着いた雰囲気の院内
    • 医師

      院内は、どの院も患者様にリラックスしていただけるよう落ち着いた清潔感のある雰囲気になっています。院内のBGMを聞きながらリラックスしてお過ごしくださいませ。

  • Step3 受付

    受付
    • 医師

      お越しいただきましてありがとうございます。受付でお名前をお伝えください。

  • Step4 待合室

    待合室
    • 医師

      なるべくお待たせしないようにさせていただいておりますが、お待ちになる場合は、雑誌等お読みいただきおくつろぎいただければと思います。

  • Step5 問診票の記入

    問診票の記入
    • 医師

      医師によるカウンセリングの前に、問診票をお書きいただいております。問診票には、鼻に関するお悩みに加え、美容医療に関するお悩みをお書きください。
      治療に関するご不安な点も、些細なことでも構いませんので、気兼ねなくお書きいただければと思います。

  • Step6 医師によるカウンセリング

    医師によるカウンセリング
    • 医師

      医師による鼻翼縮小手術のカウンセリングを行っています。鼻の高さや形に関してどのようなお悩みがあるのか、どのように美容整形したいのか、具体的な患者様のお悩みを一つ一つお伺いさせていただいております。

      患者様は緊張されていらっしゃると思いますので、どの医師も話しやすい雰囲気を心がけています。

  • Step7 料金のご説明

    料金のご説明
    • 医師

      スタッフよりご料金をご案内させていただきます。ご料金についてご不明な点は、スタッフにお伝えください。

      共立美容外科では各種クレジットカードや医療ローンをご利用いただけます。

  • Step8 血液検査&手術日のご予約

    血液検査&手術日のご予約
    • 医師

      鼻翼縮小手術は、リラックス麻酔(眠る麻酔)で行われます。リラックス麻酔の場合は事前の血液検査が必要になります。
      血液検査の結果が数日で出ますので、その結果が出た後に手術を行います。

  • Step9 手術日当日

    手術日当日
    • 医師

      手術日当日です。入院の必要はございませんので、リラックスしてお越しください。

  • Step10 手術室へ入室

    手術室へ入室
    • 医師

      手術室にご案内いたします。施術ベッドに横になっていただきます。手術室はBGMが流れており、清潔感に配慮された落ち着いた雰囲気になっています。
      どの院も、患者様が怖がることがないように、優しい雰囲気作りをしていますよ。スタッフは患者様に緊張されないよう、なるべく会話をするように心がけています。

  • Step11 鼻のデザイン

    鼻のデザイン
    • 医師

      鼻のデザインをします。前からだけでなく横から見ても美しくなるように計算してデザインしています。
      鼻翼縮小手術は、鼻を大きく見せている原因となる鼻翼(小鼻)にある余分な部分を切除して、鼻を小さくする手術です。
      鼻は顔の中心にあるので、顔全体のバランスを考えながら、丁寧に切除部分をデザインします。

  • Step12 眠る麻酔

    眠る麻酔
    • 医師

      リラックス麻酔(眠る麻酔)の点滴をします。だんだん眠くなってきます。深い眠りになりますので、起きたら手術が終わっている状態になります。

  • Step13 消毒

    消毒
    • 医師

      手術部位である鼻を中心に消毒をします。また、手に触れた麻酔器のチューブも消毒します。

  • Step14 医療用の布

    医療用の布
    • 医師

      衛生面に配慮するために、滅菌された医療用の布を顔にかけます。

  • Step15 鼻への麻酔

    鼻への麻酔
    • 医師

      極細の麻酔針を使用し、丁寧にゆっくりと麻酔液を鼻に注入します。

  • Step16 麻酔液を行き渡らせる

    麻酔液を行き渡らせる
    • 医師

      麻酔が鼻に行き渡るように、優しく馴染ませます。

  • Step17 使い捨てのメス

    使い捨てのメス
    • 医師

      メスを用意します。メスは、安全面を考慮して使い捨てのものを使用しています。使い捨ての刃を取り出し、本体に装着して使います。

  • Step18 鼻翼(小鼻をカット)します

    鼻翼(小鼻をカット)します
    • 医師

      鼻が小さくなるように鼻翼(小鼻)をメスでカットします。

  • Step19 人数をかけて手術

    人数をかけて手術
    • 医師

      安全面に配慮するために、医師一人では行わず複数の医療スタッフを配備して、丁寧に鼻の鼻翼縮小手術を行っています。

  • Step20 余分な部分を切除

    余分な部分を切除
    • 医師

      鼻を大きく見せている余分な鼻翼の部分を切除します。

  • Step21 縫合(ほうごう:縫い合わせ)

    縫合(ほうごう:縫い合わせ)
    • 医師

      鼻翼のカットし切除した部分を、傷跡が目立たないように丁寧に医療用の糸で縫い合わせます。

  • Step22 カットした部分の縫合(ほうごう)

    カットした部分の縫合(ほうごう)
    • 医師

      最後に、メスでカットした鼻の穴の中の部分を医療用の細い糸で丁寧に縫います。
      この糸は5日ほど経ちましたら、抜糸(糸を抜く施術)します。

  • Step23 鼻のテーピング

    鼻のテーピング
    • 医師

      縫い合わせた部分をテーピングします。

  • Step24 抜糸の日のご予約

    抜糸の日のご予約
    • 医師

      手術が終わりましたら、抜糸(ばっし)の日を予約していただきます。
      抜糸の日は、手術後5日程度です。

  • Step25 抜糸当日

    抜糸当日
    • 医師

      抜糸当日です。
      手術を受けられてから5日程度たちましたら、抜糸(縫った糸を取る施術) を行いにお越しいただきます。

  • Step26 抜糸

    抜糸
    • 医師

      抜糸は麻酔をせずに、糸を抜くだけの施術になりますので、当日はリラックスしてお越しください。

  • Step27 お疲れさまでした。

    お疲れさまでした。
    • 医師

      お疲れさまでした。手術後なにかご不安な点がございましたら、お気軽にご連絡くださいね。

鼻翼縮小手術の料金と概要

手術料金 ¥378,000〜
手術時間 10〜15分
通院回数 3回(手術、抜糸、1ヶ月検診)
回復までの期間 2ヶ月でシルエット仕上がり、1ヶ月で組織の仕上がり
カウンセリング当日の治療
入院の必要性 なし
制限事項 2、3日は禁酒
仕事・外出 多少腫れはございますが、外出可能
その他特記事項 なし

料金に関する詳細が知りたい方

  • 表示料金は全て税込みの金額です。
  • 表示料金は目安の金額となります。
  • 術後のアフターフォローもしっかりしております。追加料金は一切かかりません。
    いつでもご遠慮なく、担当医にご相談ください。

第107回日本美容外科学会 学会長就任

第107回日本美容外科学会 学会長就任

2019年4月に行われる第107回日本美容外科学会 学会長に、共立美容外科・歯科CEO兼総括院長の久次米秋人が就任いたしました。

日本美容外科学会を通じて、緊密な対話と様々な交流を経て、当学会が一丸となって日本の美容医療の発展に努めてまいります。

駅近で便利!院内も落ち着いて過ごせます。

清潔感のある内装

全国23院どの院も駅からすぐ近くにあり便利です。院内もプライバシーに配慮した、清潔感のある内装になっています。

様々な科目の専門医が在籍

様々な科目の専門医

当院には、様々な科目の専門医が在籍しています。

例えば、
日本形成外科学会が認定する形成外科専門医
日本外科学会が認定する外科専門医
日本麻酔科学会が認定する麻酔科専門医
日本脳神経外科学会が認定する脳神経外科専門医
日本救急医学会が認定する救急専門医
です。

様々な科目の専門医や出身者による総合的な医療の上に成り立っているのが、共立美容外科なのです。

医学博士も在籍

医学博士

当院には、医学博士も在籍しています。

学会発表などアカデミックな視点からも、美容医療の向上に努めています。そして、全ての医師が解剖学を学んでいます。

また、2019年に行われる第107回日本美容外科学会の学会長に久次米総括院長が就任することが決まりました。

救急科専門医在籍。安全面に配慮。

救急科専門医

当院には、クリニック全体で、安全面に徹底的に配慮しています。医療従事者以外のスタッフも含む全スタッフが参加する安全講習会を定期的に行っています。

また、日本救急医学会が認定する救急科専門医の児玉医師も在籍しています。感染症予防など「未然に防ぐこと」に対して積極的に取り組んでいます。

さらに、ヒヤリ・ハット事例を、収集、分析し「何かあった時の対応」に対しても取り組んでいます。

日本美容外科医師会認定の医院です

日本美容外科医師会認定医院

共立美容外科は、日本美容外科医師会が認定した医療機関です。厳しい基準を満たし、認定されています。

私たちの”おもてなし”が表彰されました

共立美容外科のおもてなし

共立美容外科は接遇サービスにも力を入れています。ご来院された方に対して、スタッフ一同、心を込めてご対応しています。

その努力が実を結び、先日、アラガン・ジャパン株式会社が主催する「Allergan Campaign Award 2017」において、「SATISFACTION AWARD」部門の優秀賞を受賞しました。

表彰トロフィーは渋谷院に飾ってあります。

早稲田大学で接遇サービスの授業を行っています

早稲田大学での接遇サービスの授業

共立美容外科は早稲田大学と提携講座を開設しています。久次米総括院長が、接遇サービスや、おもてなし、どのようなクリニックが選んでいただけるかといった講義を行っております。

また、「真っ当な医療を患者様に丁寧に届ける」という企業理念を崩さないことが大切であるという話もしています。この理念は、クリニックとして開院以来30年間一貫しています。

当院のサービス向上部門には、早稲田大学大学院のMBAや博士課程のスタッフも在籍し、スタッフの人材育成に努めています。

早稲田大学との提携講座を通じ、患者様にご満足いただけるような接遇サービスの向上に日々、努めています。

このページの内容は医師によって監修されています

医師による監修

このページは、医療的な内容が含まれ、専門性を有するページとなっています。そのため、医師免許を持った共立美容外科の医師陣が監修し製作しています。

例えば、日本美容外科学会(JSAS)理事で専門医の久次米 秋人総院長をはじめとし、日本美容外科学会(JSAS)の専門医の久次米 秋人医師、磯野 智崇医師、浪川 浩明医師、玉田 洋医師、日本麻酔科学会の麻酔科専門医の遠山 貴之医師、日本形成外科学会の形成外科専門医の辻野 一郎医師、中川 由美子医師、望月 香奈医師、氷見 祐二医師、日本外科学会の専門医の児玉 肇医師などによって監修されています。

その他の鼻の施術

共立美容外科

共立美容外科|鼻翼縮小手術(小鼻縮小手術)のページをご覧の皆様へ

このページでは、鼻翼を縮小する美容整形の修正についてご確認頂けます。共立美容外科の鼻の美容整形は、一人一人大切にコミュニケーションをとりながら、クオリティの高い、患者さまの立場に立った美容外科手術を行うことを信念としています。当院の鼻の美容整形は、段鼻や鷲鼻以外に、小鼻や鼻筋、鼻尖(鼻先)などあらゆる鼻のお悩みに対応しています。また、鼻の美容整形メニューとしては、ヒアルロン酸の注入をはじめ、糸で鼻先を高くするプチスレッドノーズアップや、医師が一人一人に合わせて製作するI字プロテーゼやL字プロテーゼの挿入、そして、鼻先を高くする鼻尖縮小手術や、耳の軟骨を鼻先に移植する耳介軟骨手術など、あらゆる鼻の美容整形手術を行っています。ダウンタイムや料金などは医師によるカウンセリングでご説明させていただいています。

【夜間もお電話受付中(23時まで)】
新宿、銀座、渋谷、立川、千葉、横浜のみ

新宿・名古屋・大阪・福岡をはじめ
全国23院 共通ダイヤル
0120-500-340

あの久次米総括院長も診察♪
新宿本院 直通ダイヤル
0120-500-340

銀座院 直通ダイヤル
0120-560-340

渋谷院 直通ダイヤル
0120-340-428

立川院 直通ダイヤル
0120-489-340