英語 中国簡体 中国繁体 韓国語

Kyoritsu Biyo Scrap(KBS)

鼻のヒアルロン酸注射が上手い先生の見つけ方を名医が解説

公開日:2022年09月21日(水)

鼻の整形
鼻が高い女性
ご予約

このコラムを読むのに必要な時間は約 16 分です。
最後まで有意義なページになっていますので是非ご覧ください。

鼻の形は顔の印象に関わるため、「鼻が低くて顔に立体感がない」「鼻の骨が出っ張ってゴツゴツして見える」というように鼻の高さや形についてお悩みの方の中にはコンプレックスを解消したいと考えている方もいるはず。

鼻の形はセルフケアで変えることは難しく、美容整形を受けることで鼻の形の悩みの解消が期待できます。

鼻の美容整形にはプチスレッド・ノーズアップやプロテーゼなどさまざまな種類がありますが、中でもヒアルロン酸注射はメスを使うことなく、注射器だけでコンプレックスを解消する効果が期待できるので、はじめて美容整形を受ける方でも受けやすい施術と言えるでしょう。

この記事では鼻整形の種類をはじめ、鼻のヒアルロン酸注射のメリットや注意点、失敗しないためのクリニックの選び方について解説します。

鼻整形は悩みに合わせて選ぶこととクリニック選びが重要です。

ご自身の鼻の悩みにヒアルロン酸注射が向いているのか、失敗しにくいクリニックにはどのような特徴があるのかについて確認してみてください。

 

鼻整形とは?

鼻を触る女性

鼻整形は注射器やメスなどを使用して鼻に高さを持たせたり、鼻筋の形を整えたりして鼻の悩みを解消する施術です。

施術方法はヒアルロン酸を注入したり、糸を使ったり、プロテーゼを挿入したりとさまざま。

鼻の悩みに合わせて施術の方法を選ぶことで鼻の悩みに対して、より効果が期待できます。

鼻は顔の中心に位置するパーツのため、自分だけでなく人からも見られやすい部位です。

鼻の形や高さは顔の印象にも関わる部分なので、鼻整形で高さや形が変わると顔の印象も変わります。

「顔にもっと立体感が欲しい」「形の整った鼻にしたい」という希望がある方は鼻整形を受けることでコンプレックスが解消できるかもしれません。

鼻整形では正面から見た鼻の形も大切ですが、横から見たときのシルエットも重要です。

横顔は「Eライン」が整っていると美しいとされています。

Eラインとは鼻の先と下顎の先を真っ直ぐ結んだ線のことで、この線に唇がやや触れる程度が理想です。

鼻が低い方でEライン上に唇がある場合には、鼻を高くすることで横顔のシルエットが美しく見えやすくなるでしょう。

 

鼻の整形のバナー

▼共立美容外科の鼻の整形のメニューや料金、手術方法についての詳細はこちら

 

鼻整形には「切らない整形」と「切る整形」の2種類がある

鼻整形の種類は施術の方法によって大きく「切らない整形」と「切る整形」の2種類に分けられます。

切らない整形はメスを使わずに注射器や糸などを使用して鼻整形を行う方法で、切る整形はメスで皮膚を切開して行う鼻整形のことです。

切らない整形は皮膚を切開しないので傷が小さくて済み、ダウンタイムも短いことが多いです。

ただし美容整形の効果があまり長続きしない点には注意しましょう。

施術方法としては、ヒアルロン酸注射やプチスレッド・ノーズアップ、小鼻ボトックスなどです。

ヒアルロン酸やプチスレッド・ノーズアップに使用する糸は時間の経過とともに体内に吸収される性質があり、小鼻ボトックスは一時的に鼻の筋肉の動きを抑える効果があるので、時間が経つと効果がなくなってしまいます。

効果を持続させるには定期的に施術を受けることが必要です。

対して切る整形の施術には骨格から変化させるものもあり、鼻の悩みの原因を根本から改善できるので、効果が半永久的に持続することが期待できるでしょう。

しかし切る整形はメスで皮膚を切開する方法のため、切らない整形と比べると傷が大きく、傷跡が残りやすい方法と言えます。

施術方法としては、プロテーゼや鼻尖縮小手術、耳介軟骨移植、鼻翼縮小手術など。

切る整形は、美容外科によってはできるだけ小さい傷で済むように施術をしたり、外から見えにくい位置に傷ができるように施術したりと傷跡が目立ちにくい施術をしているところもあります。

傷跡が気になる方は傷跡に配慮した施術を行っているかを確認して、施術を受ける美容外科を選ぶのも良いでしょう。

 

鼻のヒアルロン酸注射は「切らない整形」

鼻のヒアルロン酸注射はメスを使用せず、注射器で施術を行うので「切らない整形」に分類されます。そのため傷は注射針程度と小さく、施術後の内出血などのリスクが比較的少ない方法です。

ダウンタイムが短く済むことが多いので、気軽に鼻の悩みを解消したいという方や忙しくて休みが取りにくいという方、はじめての美容整形で傷跡やダウンタイムが気になる方に向いている施術でしょう。

 

鼻のヒアルロン酸注射で効果が期待できる鼻の悩み

鼻整形は鼻の悩みに合わせた施術を行うことで望んだ効果が得やすいため、鼻のヒアルロン酸注射を受けようと考えている場合には、ヒアルロン酸注射でどのような鼻の悩みが解消できるのかを確認しておくことが大切です。

ここでは鼻のヒアルロン酸注射で効果が期待できる鼻の悩みについて解説します。

ご自身の鼻の悩みにヒアルロン酸注射の施術が合っているのか確認してみてください。

 

低い鼻

鼻が低いと顔が立体的に見えにくく、平面的な印象を与えることも。

立体感のあるはっきりとした顔立ちに憧れている方の中には低い鼻をコンプレックスに感じている方もいるでしょう。

鼻のヒアルロン酸注射は鼻筋に高さを持たせ、低い鼻の解消が期待できます。

 

段鼻・鷲鼻

段鼻(だんばな)は鼻筋の骨の一部が出っ張ることで鼻筋に段ができている状態の鼻のことです。

横から見ると鷲のくちばしのように見えるため、「鷲鼻(わしばな)」と呼ばれることもあります。

段鼻は鼻がゴツゴツとした骨太な印象を与えやすいので、解消したいと考える方は多いでしょう。

ヒアルロン酸注射は鼻筋にヒアルロン酸を注入して鼻の形を整える施術です。

段鼻の原因である鼻の骨の出っ張りの周りにヒアルロン酸を注入し、凸凹を滑らかにして目立ちにくくする効果が期待できます。

ただし段鼻の出っ張り具合は人によって異なり、出っ張りの大きさによって軽度、中度、重度に分けられます。

ヒアルロン酸注射では「軽度」の段鼻に対して効果が期待でき、中度や重度の段鼻では思うような効果が得られない場合も。

中度や重度の段鼻の場合は他の施術の方が改善が見られることもあるので、医師に鼻の状態を確認してもらった上で、どの施術を受けるかを決めると良いでしょう。

 

鼻のヒアルロン酸注射のメリット

鼻のヒアルロン酸注射を受けることにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

ここでは鼻のヒアルロン酸注射のメリットについて解説します。

 

ダウンタイムが短い

ダウンタイムが短いことはヒアルロン酸注射のメリットです。

ダウンタイムとは美容整形を受けた後にできる傷や腫れ、内出血などが治るまでの期間のこと。

鼻整形では顔の中でも目につきやすい部位に傷や腫れ、内出血などができるため、治癒期間が短い方法が良いという方は多いはず。

ヒアルロン酸注射は注射器で行う方法のため、傷が小さく、腫れや内出血のリスクが少ない方法です。

全く症状が現れないというわけではありませんが、できるだけダウンタイムが短い方法で鼻の悩みを解消したいという方にはヒアルロン酸注射が向いていると言えるでしょう。

 

効果に即効性がある

効果の即効性も鼻のヒアルロン酸注射のメリットの一つです。

美容整形を受ける方の中には施術の効果を早く実感したいという方もいるでしょう。

美容整形には施術をしてすぐに効果が実感できる方法と、数日経ってから効果が得られる方法があります。

ヒアルロン酸注射はヒアルロン酸を注入した部分の皮膚を内側からヒアルロン酸が持ち上げて形を整える方法のため、注入した直後から効果が実感しやすいのです。

効果に即効性があるヒアルロン酸注射は、短期間で効果を得たい方に向いている方法と言えます。

 

鼻のヒアルロン酸注射の注意点

鼻のヒアルロン酸注射にはメリットもありますが、注意点もあります。

施術を受ける際には注意点も含めて理解していないと、思わぬ結果に戸惑うことがあるかもしれません。

ここでは鼻のヒアルロン酸注射を受ける前に知っておきたい注意点について解説します。

注意点も併せて確認して、ヒアルロン酸注射がご自身に合っているかチェックしてみてください。

 

施術後の変化が小さいことがある

ヒアルロン酸注射の施術後に感じられる変化が小さいことがあります。

これは鼻筋に注入できるヒアルロン酸の量が限られているからです。

ヒアルロン酸注射は注入する量が多いと注入箇所の周りに流れてしまうことがあるため、施術では周辺に流れないように適切な量を注入することが重要になります。しかし適量では大きな変化を感じるのが難しいことも。

どの程度鼻にヒアルロン酸を注入できるかは人により異なります。

人によっては想像していたよりも変化が小さいと感じる可能性もあるので、施術を受ける前にご自身の鼻の状態を医師に見てもらい、ヒアルロン酸注射でどの程度の変化が見込めるのかを確認しておくと良いでしょう。

 

効果が永久には続かない

ヒアルロン酸は時間の経過とともに体に吸収される性質があるため、効果が永久に続くわけではありません。

効果を持続させるにはヒアルロン酸が体に吸収されて効果が薄れてきたタイミングで再度施術を受ける必要があります。

効果の持続期間はヒアルロン酸の種類によって異なるので、できる限り長時間効果を持続させたいという方は、医師と相談した上で効果が長続きしやすいヒアルロン酸を選ぶと良いでしょう。

ヒアルロン酸は種類ごとに特徴があるので、持続期間以外の部分に関しても医師に確認をして選ぶのがおすすめです。

 

鼻のヒアルロン酸注射が向いている人

鼻のヒアルロン酸注射が向いている人を説明している看護師

鼻のヒアルロン酸注射が向いている方の特徴としては以下のような点が挙げられます。

  • 通った鼻筋にしたい方
  • 高い鼻にしたい方
  • 段鼻を目立たなくしたい方
  • 皮膚を切開したくない方

 

鼻にヒアルロン酸注射を施す場合は鼻筋に注入するため、鼻筋の通った鼻や高い鼻に近づくことができます。

また段鼻の出っ張った骨も目立ちにくくなるように鼻筋を滑らかにできるので、鼻の形をコンプレックスに思っている方に向いている方法です。

他にも皮膚を切開する施術はダウンタイムが長くなったり、顔に傷跡が残ってしまう可能性もあるので、顔にメスを入れたくないと考える方は少なくないはず。

ヒアルロン酸注射は傷跡が残る可能性が低いので、傷が不安な方でも安心して受けられるでしょう。

 

鼻のヒアルロン酸注射の施術

鼻の部位は大きく「鼻筋」「鼻先」「小鼻」の3つに分けられ、鼻のヒアルロン酸注射ではこのうちの「鼻筋」に施術を行います。

鼻を高くしたいという方の中には鼻先にも高さを持たせたいと考える方もいるかもしれません。

しかし鼻先は血管や皮脂腺が集まっているため、誤ってヒアルロン酸が入り込むことがないように鼻のヒアルロン酸注射では鼻先を避けてヒアルロン酸を注入するのです。

鼻に高さを持たせる際には、鼻の付け根から鼻先の手前の鼻筋部分にヒアルロン酸を注入し、段鼻を解消する場合には、段鼻の原因である出っ張っている骨の高さと同じになるようにヒアルロン酸を注入します。

ヒアルロン酸は硬さによって分けられ、「柔らかいヒアルロン酸」と「硬いヒアルロン酸」の2種類です。

鼻のヒアルロン酸注射では硬いヒアルロン酸を使用します。

柔らかいヒアルロン酸を使用すると鼻の皮膚につぶされてしまい、形を維持することが難しく、注入した箇所の周囲に流れてしまうことも。

硬いヒアルロン酸であれば狙った箇所で留まって、高さを持たせやすいのです。

ヒアルロン酸の持続期間はヒアルロン酸の種類によって異なります。

共立美容外科の鼻整形で採用しているヒアルロン酸は「クレヴィエル」「ボリューマXC」「ボラックスXC」の3つです。

持続期間には個人差がありますが、一般的にはクレヴィエルが12~15カ月ほど、ボリューマXCは約24カ月、ボラックスXCは18カ月以上とされています。

施術中は麻酔クリームを塗るので、痛みは気にならないでしょう。

施術後、麻酔が切れると若干の痛みを感じることもありますが、強い痛みではないため、そこまで気になりません。

しかし痛みの感じ方は人それぞれなので、痛みに弱い方はその旨を医師に伝えておくと、痛みに配慮した施術を提案してくれるはずです。

 

共立美容外科で行っている痛みや副作用への配慮

共立美容外科の鼻のヒアルロン酸注射では「マイクロカニューレ」という注射針を使用して、痛みや副作用に配慮した施術を行っています。

マイクロカニューレはとても細くて柔らかく、針の先が丸くなっている注射針です。

注射針が太いとその分痛みは強くなります。そのためマイクロカニューレのように細い針を使用することで痛みを感じにくくなるのです。

また内出血は皮膚の内部で注射針によって血管が傷つくことで起こります。

針が柔らかく、針の先が丸いマイクロカニューレであれば血管を傷つけにくいので、内出血のリスクが低いです。

他にもマイクロカニューレの特長として、針の穴が横についていることが挙げられます。

針の穴が横にあることで医師が針をコントロールしてヒアルロン酸を狙った箇所に注入しやすく、希望通りの仕上がりが期待できるのです。

 

鼻のヒアルロン酸のバナー

▼共立美容外科の人気の鼻のヒアルロン酸の料金や手術方法についての詳細はこちら

 

 

鼻のヒアルロン酸注射のダウンタイム

鼻のヒアルロン酸注射はダウンタイムが短いことが多いです。

症状としては腫れや内出血が考えられますが、1日程度で気にならなくなることがほとんど。

しかし症状の出方には個人差があります。症状が強く出た際に放置してしまうと、傷跡として残ってしまう可能性もあるので注意が必要です。

もし気になる症状が現れた場合には医師に相談しましょう。

施術後の過ごし方によってはダウンタイムが長くなることも。

施術後24時間以内に飲酒や激しい運動をしたり、日光を長時間浴びたり、サウナのような高温になる場所に長時間滞在したりといった行動をすると、血行が良くなって腫れや内出血などの症状が出やすくなったり、悪化したりしやすくなってしまう可能性があります。

他にもヒアルロン酸注射の施術箇所をマッサージしたり、圧迫したりすることも症状が出やすくなる原因になるので、施術後1週間ほどは避けてください。

施術後の過ごし方については医師から説明があるので、指示に従って過ごすことでダウンタイムを少しでも短くできるでしょう。

 

共立美容外科ではヒアルロン酸注射の修正もできる

ヒアルロン酸注射を受けたものの、希望通りの鼻の形にならなかった場合やヒアルロン酸を注入しすぎて仕上がりが凸凹してしまったというような場合、共立美容外科でヒアルロン酸注射の修正ができます。

ヒアルロン酸注射の修正とは、「ヒアルロニダーゼ」というヒアルロン酸を溶かす作用のある酵素を気になる部位に注入することで修正したい箇所のヒアルロン酸を溶かし、ヒアルロン酸注射による違和感を軽減する方法です。

ヒアルロニダーゼの効果は注入後、数時間ほどで現れることが多く、注入した日から3週間~1カ月ほど期間を空ければ改めてヒアルロン酸を注入することもできるので、ヒアルロン酸注射による違和感とコンプレックスを同時に解消することもできるでしょう。

他院でヒアルロン酸を注入した際にもヒアルロン酸注射の修正が可能です。

いつ頃にどのくらいの量のヒアルロン酸をどの部位に注入したのかを医師に伝えてください。

 

ヒアルロニダーゼのバナー

▼共立美容外科の人気のヒアルロン酸の修正の料金や方法についてはコチラ

 

 

鼻のヒアルロン酸注射を受けるクリニックの選び方

鼻のヒアルロン酸注射を受ける際に「失敗するのでは?」と心配する方もいるかもしれません。

鼻のヒアルロン酸注射は気軽に受けられる施術ではありますが、注入するヒアルロン酸の量や種類を間違えると、思ったような仕上がりにならないことも。

鼻のヒアルロン酸注射の施術で失敗しないためには施術を受けるクリニックの選び方が重要です。

ここでは鼻のヒアルロン酸注射を受けるクリニックの選び方について解説します。

施術を受けるクリニックを選ぶときの参考にしてください。

 

鼻のヒアルロン酸注射の実績のある医師が在籍しているか

各クリニックには公式のWebサイトがあり、Webサイトにはそのクリニックに在籍している医師の紹介などが載っているので、鼻のヒアルロン酸注射の実績がある医師がいるかを確認すると良いです。

鼻のヒアルロン酸注射の施術は医療系資格を持っている医師であれば施術が可能です。

しかし美容整形は医師の技術力や経験によって仕上がりが左右されます。

施術の実績がある医師であればさまざまな症状に対して施術を行っているので、ご自身の鼻の形に合わせた施術が期待できるでしょう。

 

カウンセリングで寄り添って話を聞いてくれるか

多くのクリニックでは無料カウンセリングを行っています。

無料カウンセリングは施術を受けるかどうか検討している段階で受けられるので、気になるクリニックがあれば申し込んでみましょう。

施術を受けるクリニックを選ぶ際には、無料カウンセリングのときに医師がご自身の希望や悩みに寄り添って話を聞いてくれるかを確認することが大切です。

無料カウンセリングの時点でご自身の希望や悩みをしっかり聞いてくれる医師であれば、実際に施術を受ける際に不安があったり、心配事があった場合でも相談しやすいでしょう。

美容整形には痛みや副作用が伴うことが多く、不安に感じる部分なので、医師に気軽に相談できると安心して施術が受けられるはずです。

 

施術内容を詳しく説明してくれるか

無料カウンセリングの際に鼻のヒアルロン酸注射の施術内容について詳しく説明をしてくれるかどうかも確認しておきたいポイントです。

施術の流れや痛み、副作用はどの程度のリスクがあるのかなど、詳しく説明してもらえれば、実際の施術のイメージがつきやすかったり、施術後に腫れや内出血などが起きても冷静に対処したりできるでしょう。

無料カウンセリングの際に施術内容について医師に聞き、分かりやすく説明してくれるかどうかも施術を受けるクリニックを選ぶ基準の一つにすると良いです。

 

痛みや副作用に配慮した施術が受けられるか

クリニックによって施術方法に特徴があるので、各クリニックの施術方法を確認しましょう。

中には痛みや副作用に配慮した施術を行っているところもあります。美容整形で痛みや副作用ができるだけ気にならない方法で施術を受けたいという方は多いはず。

同じ施術方法でも医師の経験などによって差が出ることもありますが、痛みや副作用に配慮した施術を行っているクリニックであれば、不安が少なく施術が受けられるでしょう。

施術を受けるクリニックを選ぶ際には施術の方法について確認して決めるのも一つの方法です。

 

クリニック選びは複数の美容外科で無料カウンセリングを受けることが大切!

施術を受けるクリニックを選ぶ際には、できるだけ多くの美容外科で無料カウンセリングを受けることが大切です。

無料カウンセリングではクリニックや医師の雰囲気がご自身に合うのか、不安なことがあるときに気軽に相談ができる空気感かどうかを確認できます。

ヒアルロン酸注射を受けた後は傷や内出血などに不安を抱くこともあるかもしれません。

クリニックの雰囲気がご自身に合っていて、不安なことを気軽に相談できるのかどうかは施術を受けるクリニック選びにおいて重要な部分です。

また、はじめに無料カウンセリングを受けたクリックの雰囲気が気に入ったからといって、他のクリニックでカウンセリングを受けずに決めるのではなく、比較できるように複数のクリニックでカウンセリングを受けた上で決めると、施術後に後悔する可能性を低くできるでしょう。

Webサイトだけでは分からない部分を確認できる機会なので、カウンセリングは可能な限り複数の美容外科で受けるようにするのが良いです。

 

鼻のヒアルロン酸注射を受けるなら共立美容外科へご相談ください

共立美容外科をお勧めしている看護師

「鼻を高くしたい」「段鼻を目立たなくしたい」という方にはヒアルロン酸注射という方法があります。

ヒアルロン酸注射は注射器でできる鼻整形でダウンタイムも短く、傷跡などの心配が少ない方法です。

しかし傷跡や副作用などのリスクはゼロではないため、後悔しないためにも、クリニック選びはしっかりと行いましょう。

共立美容外科では鼻のヒアルロン酸注射の痛みや副作用に配慮した施術を行っています。

施術を検討中の方でも受けられる無料カウンセリングもご用意しているので、まずはお気軽にご相談ください。

 

カウンセリングの予約バナー

▼初めての方でも入りやすい♪カウンセリングの予約をする。

このページの監修・執筆医師

  • 川上勉(かわかみ つとむ)

    川上勉(かわかみ つとむ)

    • 略歴

      • 1999年
        田辺製薬株式会社入社
        2008年
        大分大学医学部医学科 卒業
        2008年
        八戸市立市民病院 入職
        2012年
        日本鋼管病院整形外科 入職
        2015年
        共立美容外科 入職
        2018年
        共立美容外科 神戸三宮院院長就任
        2021年
        共立美容外科 上野御徒町院院長就任

当院は医療広告ガイドラインを遵守しています。

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-500-340 (診療時間 10:00~19:00)

よくあるご質問

×

新宿・名古屋・大阪・福岡をはじめ
全国26院 共通ダイヤル
0120-500-340

あの久次米総括院長も診察♪
新宿本院 直通ダイヤル
0120-500-340

銀座院 直通ダイヤル
0120-560-340

渋谷院 直通ダイヤル
0120-340-428

池袋院 直通ダイヤル
0120-340-800

立川院 直通ダイヤル
0120-489-340

上野御徒町院 直通ダイヤル
0120-340-444