英語 中国簡体 中国繁体 韓国語

口コミが多い美容整形外科のメニューを地域別に医師が解説

銀座で見つける!豊胸手術の名医や種類を解説

公開日:2022年06月03日(金)

銀座
大きい胸に手を当てている女性
            美容外科医への無料カウンセリング実施中:予約ボタン

このページを読むのに必要な時間は約 10 分です。
最後まで有意義なページになっていますので是非ご覧ください。

女性らしさの象徴とも言われるバスト。しかし、多くの方がバストを重要視するが故に、コンプレックスを感じる女性も多いです。

民間療法やマッサージを試してみるものの、あまり効果が得られず悩みが深まる…という経験ありませんか?

そんなバストに関するコンプレックスを克服する施術が「豊胸手術」です。

過去の豊胸手術は、施術の選択肢が少なく、失敗や根も葉もない噂が独り歩きしていたため、敬遠する女性も多かったように感じます。

しかし、美容医療の普及から、より安全で違和感の少ない豊胸手術が開発され、以前に比べ手軽に受けることができるようになりました。

今回は、銀座で豊胸手術を受けたい方に向けて、豊胸手術の種類や失敗を防ぐための対処法、豊胸手術の名医の特徴について解説します。

 

 

豊胸手術の名医の特徴を解説!

豊胸手術は大変繊細な施術であり、仕上がりは医師の技量に左右されてしまう面も大きいです。

多くのクリニックがある中、どういった基準で医師やクリニックを選択すればいいのか迷うこともあります。

銀座には多くの美容外科がひしめいているので、1件だけカウンセリングを受けてその美容外科で手術をすることを決めるのではなく、複数の美容外科をはしごして、ネットの情報だけでなく直接自分で名医を探すことがポイントです。

ここでは、豊胸手術における名医の特徴を4つご紹介します。

 

(1)カウンセリングが丁寧

名医と言われる医師は、カウンセリングを重要視している傾向にあります。

専門用語を使わずかみ砕いたわかりやすい説明ができる医師は、十分な知識を身に付けていると考えてよいでしょう。

また、メリットはもちろんデメリットの説明に時間をかけるのも名医の特徴です。

デメリットを説明したうえで、実際の対策を説明してもらうことで、安心感が生まれますね。

 

(2)豊胸手術の実績や研究成果がある

豊胸手術に限らず、経験や実績が豊富な医師は、その分野の技術力や知識が身に付いています。

特に豊胸手術の研究実績や症例発表などを積極的に行っている医師であれば、関心も高いと考えられます。

最近では、ホームページ上に実績を掲載しているサイトも多いため、確認しておきましょう。

 

(3)日本美容外科学会、日本形成外科学会に所属している

日本美容外科学会や日本形成外科学会に所属している美容外科医は信頼できるでしょう。

学会では、美容分野の最新情報や従来の治療の症例発表、副作用の共有などが行われ、情報のアップデートに役立っています。

また、医師同士の交流から、情報交換も盛んに行われています。

常にアンテナを張り巡らせている医師であれば、より良い施術を受けることができますよ。

 

(4)希望を聞いたうえでより良い提案ができる

カウンセリングでは、患者様の希望を伺いながら施術を決定しています。

その際に、患者様の希望を汲みつつ、より良い提案を行える医師は名医と言えるでしょう。

医師は膨大な経験則と知識を持ち合わせており、個人に合わせた施術を考えています。

特に名医は、体全体のバランスや骨格なども考えながら提案を行うため、オーダーメイドの施術を受けることができますよ。

 

 

豊胸手術とは?

豊胸手術は、バストを大きくしたり、形を整えたりといった美容目的でバストを調整する施術を指します。

豊胸手術は3種類が主流ですが、予算や目的に合わせた選択が可能です。

 

豊胸手術の種類を解説

豊胸手術には、ヒアルロン酸注入・人工乳腺法(バック式豊胸)・自己脂肪注入法の3種類があります。

自分にはどの施術がいいのか、向いている施術はなにか気になる方も多いのではないでしょうか。

ここでは、豊胸手術の種類別にメリットやデメリット、価格や向いている人についてご紹介します。

 

ヒアルロン酸注入

人工のヒアルロン酸製剤をバストに注入し、バストアップを図る施術です。

豊胸手術の中では一番安価であり、多くのクリニックで取り扱いがあります。

その反面、仕上がりが医師の技術力に左右されることが多いため、医師やクリニック選びは重要となります。

ヒアルロン酸製剤は、体組織との親和性が高いものがほとんどですが、薬剤によっては使用を禁止されているものや注意が必要なものもあるため、ホームページやカウンセリング等で事前にしっかり確認しましょう。

 

【メリット】

  • 多くのクリニックで取り扱いがある
  • 豊胸手術の中では安価で気軽に実施できる
  • 施術時間やダウンタイムが短い
  • 針の挿入のみで侵襲が少ない

 

【デメリット】

  • 医師の技術力に左右される
  • 薬剤の種類によっては危険なものもある
  • しこりになりやすい
  • 触感が変化してしまうことが多い
  • 1カップ程度のバストアップしかできない

 

 

【向いている人】

  • 豊胸を検討しているが費用を抑えたい
  • 大幅なバストアップではなく、バストの形を整えたい

 

ヒアルロン酸 豊胸 バナー

▼銀座で人気のヒアルロン酸豊胸手術の料金や手術方法についての詳細はこちら

 

人工乳腺法(バック豊胸法)

人工乳腺法は、乳房内部にシリコンバックを挿入し、バストアップを図る施術です。

豊胸手術と言えばこの人工乳腺法を想像される方も多いのではないでしょうか。

シリコンバックに関しては、乳がんリスクなど根拠の薄い噂などもありますが、現在でも美容医療で広く普及しています。

バックの素材や成分も、体に害の少ないものへと日々変化しているため、安全に行える施術と言えます。

 

【メリット】

  • バックのサイズによってバストの大きさを選択できる
  • 最小限の侵襲で実施できる
  • バックを除去すれば元に戻る

 

【デメリット】

  • バックによる違和感が出る場合もある
  • シリコンバックによるアレルギーや体調不良が出現する可能性がある
  • バックの寿命が10年なので取り換えが必要

 

【相場価格】

バック式豊胸の相場価格は50~100万円と言われています。

体に害のない安全なバックの購入や、専門的な技術を要する点から費用はやや高額です。

しかし、大きさが自由に選択できるため、自由度が高く、理想のバストを実現できます。

 

【向いている人】

  • 2サイズ以上のバストアップを希望している方
  • 確実にサイズアップしたい方

 

モティバのバナー

▼銀座で人気のモティバの料金や手術方法についての詳細はこちら

 

 

脂肪注入法

自身の脂肪を吸引し、その脂肪から不純物を取り除いて乳房に注入する豊胸法です。

気になる部位の部分痩せ効果も期待でき、豊胸も可能という一石二鳥の施術と言えます。

しかし、脂肪吸引と脂肪注入を同時に行うため施術に時間がかかり、ダウンタイムも長めになります。

効果は半永久的であり、自身の脂肪を使用することから、豊胸手術の中でも最も自然な仕上がりとなります。

 

【メリット】

  • 自然な仕上がりと触感
  • 効果が半永久的に続く
  • 異物を体内に入れないため安全性が高い

 

【デメリット】

  • ダウンタイムや施術時間が長い
  • 医師の技術力に左右される
  • 大幅なサイズアップはできない

 

【相場価格】

脂肪注入法による豊胸の相場価格は、100〜150万円と言われています。

脂肪吸引と脂肪注入を同時に行う点や全身麻酔での施術である点から専門的な技術や機械を使用するため、費用は高額となっています。

効果は半永久的であり他者にもバレにくいため、選択される方は多いです。

 

【向いている人】

  • 見た目も触感も自然なバストを手に入れたい方
  • 部分痩せも同時に叶えたい方

 

コンデンスリッチ豊胸のバナー

▼銀座で人気のコンデンスリッチ豊胸手術の料金や手術方法についての詳細はこちら

 

 

豊胸手術の失敗例と対策を解説

豊胸手術は専門的な知識や技術が必要不可欠であり、専用の医療資材を用意しなければならないことから、1回の施術に高額な費用が発生します。

そんな高額な施術にもかかわらず、ネット上の口コミには、失敗例も散見されますよね。

ここでは、過去の失敗例を参考に、失敗に至った原因や失敗しないための対策について解説します。

 

失敗1:しこりができてしまった

しこりは3つの豊胸手術のすべてに共通して発生報告のある事象です。

原因は施術によって異なりますが、どの施術を受けるにしても、医師の実績や技術量・知識量を確認しておく必要があります。

 

【原因】

人工乳腺法:バックの破損、石灰化、バック位置のズレ

脂肪注入法:脂肪を塊のまま注入した、施術前の濾過過程に問題があった

ヒアルロン酸注入法:同一部位への注入が多かった

全施術共通:医師の技術・知識不足、粗悪な材料の使用

 

【対策】

  • 実績のあるクリニックを選ぶ
  • 万が一トラブルが起こった場合のアフターフォローを確認しておく
  • 修正手術を実施しているクリニックを選ぶ(失敗例の知見があり分析・対策をしている)

 

失敗例2:左右差が出た

豊胸手術の失敗の理由としてよく挙げられるのが左右差です。

乳房の形や位置だけではなく乳首の位置も見た目の印象には重要ですよね。

左右差が出てしまう原因としては下記があります。

 

【原因】

人工乳腺法:バックの破損・ズレ、配置

脂肪注入法:注入部位がズレている、施術前のデザインの問題

ヒアルロン酸注入:注入量が左右で違う、注入位置が不均等

 

【対策】

  • カウンセリングで仕上がりに近い写真を見せてもらう
  • 左右差が出ないための対策を教えてもらう
  • 実績のある医師に施術を依頼する

 

失敗例3:痛みが持続する

こちらは失敗ではありませんが、思っていたよりも痛いと感じる方は一定数存在するようです。

豊胸手術は、表面的な傷は小さいものもありますが、乳房の内部に接触する施術であることから、皮下組織への刺激は大きいです。

そのため、疼痛が継続する場合もあります。ヒアルロン酸注入に関しては、あまり痛みを伴わない場合が多いです。

 

【原因】

人工乳腺法:術後のマッサージによるもの、バックの摩擦

脂肪注入法:脂肪注入部と脂肪吸引部の刺激によるもの

皮下組織へのダメージ

 

【対策】

  • カウンセリングで痛みの程度について聞いておく
  • ある程度の痛みは覚悟しておく
  • 痛みに弱い人は事前に医師に伝えておく
  • 鎮痛剤は我慢せず内服する
  • 施術後は安静にし、クーリングをしっかり実施する

 

失敗例4:思っていた仕上がりではない

仕上がりが理想と違うという口コミもあります。

理想の仕上がりをしっかり伝えきれていない場合もありますが、カウンセリング不足やデザイン通りに施術を行えなかった医師の技術不足な可能性もあります。

 

【原因】

カウンセリング不足

医師と患者様との認識の齟齬

医師の技術不足

 

【対策】

  • 執刀医師がカウンセリングを行うクリニックを選ぶ
  • 自分の理想とするバストのイメージ画像があれば持っていく
  • 納得できるまでとことん話し合う

 

 

銀座での豊胸手術を受けるなら名医を探そう!

銀座には豊胸を取り扱う多くのクリニックが存在しています。

しかし、豊胸手術は大変繊細な手術であり、中でも医師の技術力が特に重要です。価格やホームページの良し悪しでクリニックを決めるのではなく、直接カウンセリングを受けてみましょう。

共立美容外科銀座院は、銀座駅から徒歩3分という好立地にあり、ショッピングの合間でも気軽にカウンセリングを受けることができます。

実績豊富な名医が多く在籍しているため、まずは話を聞いてみてはいかがでしょうか。

 

豊胸手術のバナー

▼銀座院で人気の豊胸手術についての料金や手術方法についての詳細はこちら

 

 

銀座院

銀座院の接客の様子

■住所
〒104-0061
東京都中央区銀座7-9-11
モンブラン銀座ビル7F

■お電話
0120-560-340

銀座院の詳細はコチラから▶

東京メトロ銀座駅 A3出口より徒歩5分

 

 

 

カウンセリングの予約バナー

▼初めての方でも入りやすい♪カウンセリングの予約をする。

 

~監修医師~

遠山 貴之(とおやま たかゆき)

■認定医等
日本美容外科学会認定専門医
麻酔科専門医

■略歴
1997年 順天堂大学 医学部卒
1997年 順天堂大学医学部付属病院 麻酔科入局
2006年 共立美容外科・歯科 入局
2020年 共立美容外科 上野御徒町院院長就任
2020年 共立美容グループ 総括副院長就任

■主な加盟団体
日本美容外科学会会員
日本美容外科学会認定専門医
麻酔科専門医

 

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-500-340 (診療時間 10:00~19:00)

よくあるご質問

×

新宿・名古屋・大阪・福岡をはじめ
全国26院 共通ダイヤル
0120-500-340

あの久次米総括院長も診察♪
新宿本院 直通ダイヤル
0120-500-340

銀座院 直通ダイヤル
0120-560-340

渋谷院 直通ダイヤル
0120-340-428

池袋院 直通ダイヤル
0120-340-800

立川院 直通ダイヤル
0120-489-340

上野御徒町院 直通ダイヤル
0120-340-444