英語 中国簡体 中国繁体 韓国語

口コミが多い美容整形外科のメニューを地域別に医師が解説

神戸で豊胸手術の名医の探し方を解説

公開日:2022年06月09日(木)

神戸
胸を強調する女性
            美容外科医への無料カウンセリング実施中:予約ボタン

このページを読むのに必要な時間は約 10 分です。
最後まで有意義なページになっていますので是非ご覧ください。

神戸で豊胸手術の名医の探し方

豊胸手術は、バッグ式、脂肪注入、ヒアルロン酸といった種類がありますが、いずれも大切な胸に対してアプローチする手術なので丁寧に手術を行う医師を選ぶ必要があります。

また、ほとんどの場合、全身麻酔で行うため安全性が重要視されます。経験のない医師の場合、何かあった際の対処ができない場合があります。

そのため、どの医師か迷ったらベテランの医師を選んだ方が無難です。

兵庫にはで豊胸手術を行っているクリニックは数件あります。姫路や尼崎にもありますが、ほとんどが神戸市内に集中してあります。

三宮周辺は大きな都市なので、大手チェーンクリニックも多数出店しています。

神戸は比較的いろいろなクリニックを回りやすい土地柄なので1つのクリニックだけカウンセリングを受けて値段などで即決するのではなく、複数のクリニックを回って自分に合った医師を見つけることが重要です。

カウンセリングでは技術だけではなく、全身麻酔の事についてもしっかり聞く事が、神戸で豊胸手術の名医を探すポイントになります。

 

 

豊胸手術のモニターの症例

モニター価格を説明する神戸三宮院のスタッフ

神戸三宮院では随時、モニターを募集しています。

モニター価格の場合、料金は安くなります。

詳しくはお電話にて神戸三宮院へお問い合わせください。(電話:078-335-8530

今回ご紹介するモニター様の症例は、神戸三宮院でも診察している鈴木医師の豊胸バッグの症例になります。

この患者様は一気に胸を2から3カップアップしたいとのことだったので、バッグを挿入する豊胸手術を行いました。

片側230ccの大きさのモティバというFDA認可の豊胸バッグを挿入しました。

脇の下から挿入するので、傷跡は外部からわかりません。

 

 

手術前

豊胸バッグの症例写真の手術前の左側

左側

豊胸バッグの症例写真の手術前の右側

右側

 

 

1週間後

豊胸バッグの症例写真の1週間後の左側

左側

右側

 

 

1カ月後

 

豊胸バッグの症例写真の1カ月後の左側

左側

豊胸バッグの症例写真の1カ月後の右側

右側

 

 

2ヶ月後

 

豊胸バッグの症例写真の2ヶ月後の左側

左側

豊胸バッグの症例写真の2ヶ月後の右側

右側

 

両胸ともハリのある胸になりました。

1週間後でもほぼ内出血や腫れはありません。

モザイクをかけているためわかりませんが、胸が大きくなって皮膚が伸びていますが、乳輪は拡大していません。

豊胸によって皮膚に張りが出たので乳輪は拡大しています。その代わり乳輪の色は薄くなっています。

横から見てもきれいなバストに仕上がりました。

 

 

豊胸手術とは? バストアップとの違いは?

胸の大きさの比較

そもそも豊胸手術とはどのようなものなのでしょうか?

一般的に「豊胸手術」とは、美容医療の観点で行われる胸の形を整える治療の総称です。

単純に胸を大きくする「バストアップ」とは異なり、乳房の形やサイズの左右差をなくしたり、バストトップを上向きにしたり、垂れた胸にハリをもたせるなど、大きさと形にアプローチをすることができる治療が豊胸手術です。

現在のバストの状態や理想とする仕上がりのイメージに応じて、おすすめできる豊胸手術は異なります。

代表的な豊胸手術としては「シリコンバッグの挿入」があり、 「豊胸といえばシリコン」とお考えになられている方も少なくありません。

しかし、最新の美容医療を取り扱う神戸三宮院では、豊胸バッグを使用する豊胸手術だけではなく、ヒアルロン酸の注入や自分自身の脂肪を用いる「脂肪注入」まで、様々な手術をご用意しております。

最適な豊胸手術をご選択いただくために、それぞれの手術の違いを詳しくご紹介していきます。

 

 

神戸三宮院で行っている3つの方法

3つの豊胸手術の方法を説明する医師

神戸三宮院で行っている豊胸手術の種類としては、大きく分けて、「バッグ式豊胸手術」、「ヒアルロン酸注射豊胸手術」、「脂肪注入」の3つのタイプが存在します。

それぞれのタイプの中により細かな分類がありますが、まずは大きく三つのグループに分けると理解しやすくなります。

また、豊胸手術の目的としては、「胸を大きくする」だけではなく、「胸の形を整える」ことが重要であり、さらに、柔らかく、自然なバストを作るのはもちろん、できるだけ「他の方からバレない」ように手術を行うことが大切になります。

そのため、サイズ、形、固さ(さわり心地)、傷跡、ダウンタイム、異物感など、様々な条件をより多くクリアできる豊胸手術が「より良い手術」といえます。

ここからは、三つのグループに関してより詳しく解説していきます。

 

バッグ式豊胸手術

バッグ式豊胸手術は、豊胸手術といえばバッグ式豊胸手術というイメージを持たれてる方も多い手術方法です。

胸にシリコンバッグを挿入することで、大きくボリュームのあるバストを手に入れることが可能です。

バック式豊胸手術の最大のメリットとしては、胸を確実に3~4カップ大きくできるといった点が挙げられます。

ある程度サイズの決まった人工物を埋め込むため、しっかりとボリュームのあるバストを作ることが可能になります。

豊胸バッグ(シリコンバッグ)自体の性能が年々進歩しているため、物にもよりますが、自然なさわり心地でナチュラルな仕上がりを実現可能です。

一方、バック式豊胸手術では、バストサイズが一気にアップし、「整いすぎた」バストになるため、豊胸手術を行ったということが周りに気づかれやすくなります。

また、触り心地が自然なシリコンが開発されているとはいえ、豊胸バッグそのものが人工物であることに変わりはなく、完全に違和感のないバストを希望される方にはあまりお勧めできません。

 

モティバのバナー

▼神戸三宮院で人気のモティバの料金や手術方法についての詳細はこちら

 

 

ヒアルロン酸注射豊胸手術

次にご紹介するのがヒアルロン酸注射豊胸手術です。

その名の通り、ヒアルロン酸を胸に注入することで、バストを大きくすることができる豊胸手術です。
ヒアルロン酸注射豊胸手術の最大のメリットとしては、メスを使用しない手術であるため、ダウンタイム(安静期間)や痛みの心配がほとんどないということです。

異物感のない自然な仕上がりが期待できるため、豊胸のことを家族や他人、パートナーなどに気づかれたくないという方におすすめです。

片側だけにヒアルロン酸注入を行って左右差をなくしたり、ヒアルロン酸の注入部位を変えることでバストの向きを調節し、美しいバストラインを作ることも可能です。

バストトップが下を向いてしまっているという方や、バストトップがサイドに広がってしまっているという方は、ヒアルロン酸注入によって理想的なバストを実現することができます。

一方、サイズアップに限界があるというのが、ヒアルロン酸注射豊胸手術のデメリットのひとつです。

ヒアルロン酸注入量には上限があるため、1回の手術で1〜2カップのサイズアップが限界となります。

一気に胸を大きくしたいという方や、すぐにボリュームやハリのある胸を手に入れたいという方には向きません。

しかし、複数回の手術に分けてヒアルロン酸を注入していくことで、周りに気づかれることなく自然にバストを大きく成長させていくことが可能です。

一度の手術で一気にバストを大きくすることはできませんが、それがメリットでもありデメリットでもあるというのが匕アルロン酸注射豊胸手術の特徴です。

 

ヒアルロン酸 豊胸 バナー

▼神戸三宮院で人気のヒアルロン酸豊胸についての料金や手術方法についての詳細はこちら

 

 

コンデンスリッチ豊胸手術(脂肪注入)

三つ目の豊胸手術が脂肪注入です。

脂肪注入は、ヒアルロン酸の代わりに自分自身の脂肪細胞を注入することで、理想的なバストサイズやバストの形を作っていくという豊胸手術です。

ヒアルロン酸は体内にも存在する安全な物質であるとはいえ、自分自身の細胞ではないため、時間とともに体内に吸収され排泄されてしまいます。

一方、脂肪注入に使用するのは「自分自身の脂肪細胞」であり、体へのなじみがよく、一度「定着」した脂肪細胞は、その場に留まり続けることができます。

異物を注入するわけではありませんので、アレルギーなどのリスクを極限まで減らすことも可能です。

また、脂肪注入の大きなメリットの一つとして、「脂肪吸引による部分痩せができる」ということが挙げられます。

バストに移植するための脂肪細胞を、二の腕や太もも、お腹周りなどから採取することで、脂肪が気になっている部位の部分痩せを同時に実現することが可能です。

バストアップと痩身治療を同時に行っていくことで、一度の手術でより理想的な体型に近づけることが可能です。

とはいえ、脂肪吸引が必要になるため、ヒアルロン酸注入のように短時間に手術が完了するというものではありません。

脂肪吸引を行い、吸引した脂肪細胞を特殊な医療機器で移植できる状態に変化させる必要があるため、手術の時間は長くなり、ヒアルロン酸注入以上の体への負担がかかります。

とはいえ、豊胸バッグを埋め込むような大きな手術が行われるわけではありませんので、長期間のダウンタイムが必要になるというものではありません。

 

コンデンスリッチ豊胸のバナー

▼神戸三宮院で人気のコンデンスリッチ豊胸手術の料金や手術方法についての詳細はこちら

 

 

自分にあった豊胸手術を探すには?

このように豊胸手術には大きく分けて三つの種類があります。

メリットやデメリットの観点から、より多くの方におすすめできるのが「コンデンスリッチ豊胸手術」ですが、一気にサイズアップをしたいという方は「バッグ式豊胸手術」が効果的です。

また、手術の時間が取れないという方やダウンタイムのない手術を希望される方は、 ヒアルロン酸注入が良いでしょう。

このように、お一人おひとりのスタイルや目的によって、最適な豊胸手術は異なります。

神戸三宮院では、現在のバストの状態や仕上がりのイメージ、ライフスタイルやご予算などをしっかりとヒアリングした上で、ご自身に最も効果的な手術方法をご提案させて頂いております。

どの手術を受ければ良いのか分からないという方は、まずは神戸三宮院の医師までご相談ください。

 

 

バレないように豊胸手術は可能?

豊胸手術が他人にバレるかどうか説明する医師

最後に、「バレずに豊胸手術を行うことは可能か」という点に関して簡単にご紹介します。

結論から申しますと、脂肪注入やヒアルロン酸注入であれば、手術後に「バレる」心配はほとんどありません。

豊胸パックの場合は、異物感が残ってしまったり、明らかに形の整った大きなバストになるため、「バレる」可能性もあります。

しかし、脇の下からバッグを挿入するため、傷跡は他人からは分からず、また時間とともに脇の下のシワと同化するのでバレるかどうかはそんなに心配しなくても大丈夫です。

パートナーに触られたからといって、本来バストの硬さには個人差があるので、豊胸手術をしたことを気づかれることはほとんどないと思います。

実際バレるかどうかを気にして豊胸手術を受けない方はほとんどいらっしゃらないと思います。

悩みを解消するメリットの方が、バレるかどうかのデメリットを上回るからです。

もちろん、ヒアルロン酸注入や脂肪注入は、自然なバストに仕上げることができますので、バレないように手術を行うということは可能です。

しかし、実績の少ないクリニックや医師による手術を受けることで、注入したヒアルロン酸が固まって「しこり」になってしまったり、凹凸が出現する可能性もありますので、確かな実績や経験を持つ美容クリニック(美容外科医)を選択することが重要です。

 

 

 

神戸で豊胸手術を受けるなら共立美容外科も選択肢の1つ

神戸三宮院の内装

■住所
〒650-0021
兵庫県神戸市中央区三宮町1-7-5
スタイルプラザ7F

■お電話
078-335-8530

神戸三宮院の詳細はコチラから▶

神戸市内だけでなく、姫路、尼崎、加古川、明石からもご来院いただいております。

共立美容外科は、開院以来約35年に渡って豊胸手術を行っており、豊富な症例数や実績があります。

共立美容グループでは、独自の研修制度や独自の技術基準を設けており、一定のレベルに達していない医師の手術を認めておりません。

そのため、共立美容外科ではどの院で手術を受けていただいても、安心してご満足いただける仕上がりをご提供することが可能です。

また、お一人おひとりに寄り添ったカウンセリングに力を入れておりますので、ご相談や手術の質問のみにも対応させて頂いております。

美容整形に興味があるという方だけではなく、疑問点や不安点がある方は、ぜひお気軽に神戸三宮院までご相談ください。

豊胸手術の症例写真や料金の詳細はこちらから。

 

豊胸手術のバナー

▼神戸三宮院で人気の豊胸手術についての料金や手術方法についての詳細はこちら

 

カウンセリングの予約バナー

▼初めての方でも入りやすい♪カウンセリングの予約をする。

~監修医師~

磯野 智崇(いその ともたか)

■認定医等

日本美容外科学会認定専門医

■略歴
1995年 聖マリアンナ医科大学 卒業
1995年 聖マリアンナ医科大学形成外科 入局
1999年 東大宮総合病院整形・形成外科 入職
2002年 共立美容外科 入職
2009年 共立美容外科 浜松院院長就任
2020年 共立美容グループ 総括副院長就任

■主な加盟団体

日本美容外科学会
日本美容外科学会認定専門医

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-500-340 (診療時間 10:00~19:00)

よくあるご質問

×

新宿・名古屋・大阪・福岡をはじめ
全国26院 共通ダイヤル
0120-500-340

あの久次米総括院長も診察♪
新宿本院 直通ダイヤル
0120-500-340

銀座院 直通ダイヤル
0120-560-340

渋谷院 直通ダイヤル
0120-340-428

池袋院 直通ダイヤル
0120-340-800

立川院 直通ダイヤル
0120-489-340

上野御徒町院 直通ダイヤル
0120-340-444