共立美容外科の小陰唇縮小手術

日本美容外科医師会認定医院

美容外科 歯科 美容皮膚科

診療時間・年中無休10:00~19:00

0120-500-340
全国23院共通

0120-340-428夜間もお電話受付中!23時まで
(新宿、渋谷、銀座、立川、千葉、横浜のみ)

menu

婦人科形成小陰唇縮小手術

小陰唇縮小手術小陰唇縮小手術

自然に美しく

小陰唇を小さく、
余分な部分を切除

小陰唇縮小手術とは

小陰唇縮小手術とは

デリケートゾーンは複雑な構造をしており、医学的にも細かく名称がついています。左右にヒダ状のものがありますが、この部位を「小陰唇(しょういんしん)」と呼びます。

小陰唇の大きさや色、左右差が気になる場合、小陰唇縮術小(しょういんしんしゅくしょうじゅつ)という美容整形手術でお悩みを解決することができます。

小陰唇の大きさや色などは、病気などではなく先天的なものになります。そのため、気にならない方は気になりませんが、気になる方は、他の方と比べることがなかなか難しいため、ご自身が小陰唇縮小術の適応かどうか判断しづらい事があります。

ご自身で、小陰唇縮小術が適しているかどうか判断が難しいですが、基本的に大きさや形、色など、小陰唇の「見た目」で悩まれていて治療したいのであればどなたでもお受けいただく事ができます。

一方、見た目の問題ではなく、
・デニム(ジーンズ)を履いていて擦れて痛い
・長時間座っていると圧迫されて痛い
・デリケートゾーンに垢がたまりやすい
といった、お悩みをお持ちの方も、小陰唇を小さくすることで治療することができます。

大陰唇と小陰唇

大陰唇と小陰唇

デリケートゾーンには、両側に大陰唇(だいいんしん)という、脂肪でできている少し膨らんでいる皮膚があります。大陰唇はクッションの役割を果たしています。

この大陰唇の中にあるヒダ状のものが小陰唇です。小陰唇は外部から体の中に汚いものが入らないように防ぐ大事な役割があります。

そのため、完全になくすことはできませんが、手術により小さくすることはできます。小陰唇の形や色には個人差があります。

  • この画像はイメージです。

小陰唇縮小手術の適応の例

小陰唇縮小手術の適応の例

小陰唇縮小手術の適応の例をご紹介します。

長時間座っていると痛い場合

小陰唇が大きい場合、長時間座っていると、小陰唇が圧迫されて痛くなる場合があります。このような場合、小陰唇縮小手術で小陰唇を小さくすることで、治療することが可能です。

衣服にこすれて痛い場合

小陰唇が大きい場合、エクササイズやスポーツをするときに、洋服とこすれて痛くなる場合があります。このような場合、小陰唇縮小手術で小陰唇を小さくすることで、治療することが可能です。

自転車をこいでいる時に痛い場合

小陰唇が大きい場合、自転車をこいでいるときに、洋服とこすれて痛くなる場合があります。このような場合、小陰唇縮小手術で小陰唇を小さくすることで、治療することが可能です。

匂いが気になる場合

小陰唇が大きい場合、小陰唇の中を外部から綺麗にしづらいので、清潔さを保ちづらく、恥垢(ちこう)と呼ばれる垢(あか)が小陰唇の内側にたまりやすくなります。この恥垢が匂いを発するようになります。

このような場合、小陰唇縮小手術で小陰唇を小さくすることで、小陰唇の清潔さを保ちやすくなり、匂いのお悩みを解決することができます。

パートナーを意識される場合

小陰唇の形や見た目が気になる場合、パートナーからどのように思われているか不安に思われる方がいらっしゃいます。

このような場合、小陰唇縮小手術で小陰唇を小さくしたり、色素沈着している部分を切除することで、お悩みを解決することが可能です。

婦人科に通われている場合

婦人科に通われている場合、ご自身のデリケートゾーンをパートナー以外の方に見られる機会があります。小陰唇の形や色にお悩みがある場合、見られる事に抵抗する感覚をお持ちになられる方がいらっしゃいます。

このような場合、小陰唇縮小手術で小陰唇を小さくしたり、色素沈着している部分を切除することで、お悩みを解決することが可能です。

介護等を意識される場合

お年を重ねて、介護を受ける側になることを意識される場合に、デリケートゾーンを見られる事を気にされる方がいらっしゃいます。

このような場合、デリケートな問題ですので、医師のカウンセリング後、小陰唇縮小手術をすることでお悩みを解決することが可能です。

悩み別手術方法

悩み別手術方法

小陰唇は、思春期に二次成長を迎えるとホルモンの関係で大きくなります。その際に、色素沈着のように色もついていきます。

小陰唇の大きさや色に対しての美容整形の手術方法をご説明します。
色素沈着している場合
大きさが気になる場合
左右差が気になる場合
形が気になる場合

色素沈着している場合

思春期の際の二次成長の時期に小陰唇の先の部分の色が濃くなってきます。ほとんどの方の場合、色が濃くなっています。

そのため、色の濃さは先天的なものなので、性行為の回数と小陰唇の色の濃さは比例しませんが、色が濃いことに対して悩まれている方がいらっしゃいます。

小陰唇の色素沈着は外側の部分が濃いので、外側の部分を左右差がでないように丁寧にカットすることで、色素沈着のお悩みを改善することができます。

大きさが気になる場合

小陰唇が大きいと、長時間座っていたり、衣服とこすれると痛みが生じる場合があります。また、恥垢(ちこう)という垢がたまりやすくなり匂いを発してしまう場合があります。

小陰唇を小さくする場合、外側を左右差がでないように丁寧にカットすることで小陰唇を小さくすることができます。

左右差が気になる場合

小陰唇の大きさが左右で異なっているため、見た目のお悩みをお持ちの方がいらっしゃいます。

その場合、左右差が出ないように、外側を丁寧にカットすることでお悩みを改善することができます。

形が気になる場合

小陰唇の形に対してお悩みをお持ちの方がいらっしゃいます。

その場合、左右差が出ないように、外側を丁寧にカットすることでお悩みを改善することができます。

余分な部分の切除方法について

余分な部分の切除方法

小陰唇縮小術は、メスを使用して組織を切るので、傷跡が重要になります。小陰唇は唇と同じような粘膜組織なので、傷の治りが他の組織に比べて早いです。

しかしながら、カットした部分を自然に美しくするために、共立美容外科では、ひと工夫加えた組織の切り方を行っています。

綺麗で自然な見た目になるようにカット

小陰唇をカットした断面図をマシュマロを使用して解説します。小陰唇を水平にカットして縫い合わせると、中央部に組織が集中して寄ってしまい、「W」の文字のようになってしまいます。

そのため、共立美容外科では、切り込みを入れるようにカットし、縫い合わせる際に不自然になる余分な内部組織を削除することで、縫い合わせた際に綺麗で自然な形になるようにしています。

縫い方に関して

小陰唇を縫い合わせる場合、患者様の状態にもよりますが、基本的に「中縫い(なかぬい)」と「外縫い(そとぬい)」の2回、針を入れて縫い合わせています。

この画像は、小陰唇の断面図をマシュマロで例えたものですが、まず、組織の中を医療用の糸を使用して縫い合わせます。この工程を中縫いと言います。次に、外側を縫い合わせしっかりと組織と組織を密着させて止めます。この工程を外縫いと言います。

このように共立美容外科では、「中縫い」と「外縫い」と、2回縫うことによって綺麗で自然な小陰唇を形成しようとしています。

共立美容外科の小陰唇縮小手術のポイント

ポイント1

溶ける極細の糸を使用

ポイント2

解剖学を熟知

ポイント3

プライバシーに配慮した内装


ポイント1

溶ける極細の糸を使用

医療用の糸

糸は、基本的に6-0や7-0といった細い極細の糸を使用します。また、基本的に医療用の溶ける糸を使用します。糸は使い捨てになっています。

※患者様のご状態や医師の判断により溶けない糸を使用する場合もあります。

ポイント2

解剖学を熟知

解剖学を熟知

小陰唇やデリケートゾーンの周辺には傷をつけてはいけない組織や血管、神経細胞が沢山あります。小陰唇縮小手術を行う際は、それらの組織を傷つけないようにするために、医師は解剖学を熟知しています。

解剖学を踏まえ、丁寧に小陰唇縮小手術を行っています。

ポイント3

プライバシーに配慮した内装

プライバシーに配慮した内装

デリケートな部位の手術がお受けできるよう、どの院も手術室、カウンセリング室ともにプライバシーに配慮した清潔感のある、落ち着いた内装になっています。

小陰唇縮小手術の流れ

小陰唇縮小手術の施術の流れ

小陰唇縮小手術の流れをご説明します。

  • このページで紹介する流れは、リラックス麻酔(眠る麻酔)で行った場合をご説明しています。局所麻酔でも行う場合もあります。
  • 目安の流れになります。患者様のご状態、ご希望により医師の判断で、このご説明する流れと若干異なる場合があります。
  • Step1 ご来院

    ご来院
    • 医師

      共立美容外科は、患者様をなるべくお待たせしないようにするために、完全予約制となっております。
      事前に、お電話、またはホームページよりご予約の上ご来院くださいませ。

  • Step2 落ち着いた雰囲気の院内

    落ち着いた雰囲気の院内
    • 医師

      院内は、どの院も患者様にリラックスしていただけるよう落ち着いた清潔感のある雰囲気になっています。院内のBGMを聞きながらリラックスしてお過ごしくださいませ。

  • Step3 受付

    受付
    • 医師

      受付をさせていただきます。患者様は、緊張されていると思いますので、受付スタッフは、初めての方でも来院しやすい雰囲気作りをしていますよ。

  • Step4 問診票の記入

    問診票の記入
    • 医師

      医師によるカウンセリングの前に、問診票をお書きいただいております。問診票には、小陰唇に関するお悩みに加え、美容医療に関するお悩みをお書きください。
      治療に関するご不安な点も、些細なことでも構いませんので、気兼ねなくお書きいただければと思います。

  • Step5 医師によるカウンセリング

    医師によるカウンセリング
    • 医師

      医師による小陰唇の美容整形のカウンセリングを行っています。小陰唇の形や色、左右差などに関してどのようなお悩みがあるのか、どのように美容整形したいのか、具体的な患者様のお悩みを一つ一つお伺いしております。
      デリケートなお話ですので、どの医師もその点を留意し、お話しさせていただいております。またカウンセリングルームはプライバシーに配慮した完全個室となっております。

  • Step6 料金のご説明

    料金のご説明
    • 医師

      ご料金をご案内させていただきます。ご料金についてご不明な点は、スタッフにお伝えください。
      各種クレジットカードや医療ローンをご利用いただけます。

  • Step7 血液検査

    血液検査
    • 医師

      小陰唇縮小手術は、局所麻酔、またはリラックス麻酔(眠る麻酔)で行われます。どちらの麻酔で行うかは、患者様のご状態を踏まえ医師とのご相談により決まります。
      リラックス麻酔の場合は事前の血液検査が必要になります。血液検査の結果が数日ででますので、その結果が出た後に手術を行います。
      局所麻酔の場合は、カウンセリング日当日に手術を受けることが可能です。

  • Step8 手術日のご予約

    手術日のご予約
    • 医師

      血液検査が終わりましたら、手術日のご予約をお取りいただきます。
      通常、カウンセリング後、一週間後程度が手術日になります。

  • Step9 手術日当日

    手術日当日
    • 医師

      手術日当日です。入院の必要はございませんので、リラックスしてお越しください。

  • Step10 受付&手術室へご案内

    受付&手術室へご案内
    • 医師

      手術室へご案内いたします。

  • Step11 入室&眠る麻酔

    入室&眠る麻酔
    • 医師

      手術室に入られましたら、ゆっくり横になっていただきます。リラックス麻酔(眠る麻酔)の点滴をすると優しく眠りに入ります。
      眠られているのでデリケートゾーンの手術に対する心理的負担はほとんどないと思います。

  • Step12 小陰唇縮小術の手術

    小陰唇縮小術の手術
    • 医師

      小陰唇縮小手術のオペ開始です。患者様は眠られている状態ですので、痛み等の感覚はありません。起きたら手術が終わっている状態になります。
      手術には、医師一人ではなく、安全面に配慮するために複数人の医療スタッフが配備されています。

  • Step13 カットしやすくする工夫

    カットしやすくする工夫
    • 医師

      小陰唇は柔らかく、カットしづらいため、当院では小陰唇に麻酔等がブレンドされている特別な医療用の液体を注入しカットしやすくしています。
      カットしやすくすることで組織のダメージを少なくしています。

  • Step14 縫い糸について

    縫い糸について
    • 医師

      カットした部分を縫う糸は患者様の状態にもよりますが、細い溶ける糸を使用しています。
      溶ける糸を使用するため時間が経つと糸は溶けてなくなりますが、数日後に抜糸(縫った糸を抜く施術)をした方が、綺麗な縫い口になります。
      そのため、当院では数日後にご来院いただき、抜糸をしていただく事をお勧めしています。

  • Step15 お疲れさまでした。&抜糸日のご予約

    最終的な微調整
    • 医師

      お手術お疲れさまでした。
      次回の抜糸をされる日にちをご予約後、お帰りいただきます。

  • Step16 抜糸当日(手術から5日程度後)

    抜糸当日
    • 医師

      小陰唇縮小手術を受けられてから5日程度たちましたら、抜糸(縫った糸を取る施術)にお越しいただきます。
      抜糸は麻酔をせずに、糸を抜くだけの施術になりますので、当日はリラックスしてお越しください。

  • Step17 抜糸

    抜糸
    • 医師

      抜糸は、基本的に女性の医療スタッフが行います。10分程度で終わります。

  • Step18 お疲れさまでした。

    ご帰宅
    • 医師

      お疲れさまでした。手術後なにかご不安な点がございましたら、お気軽にご連絡くださいね。

小陰唇縮小手術の料金と概要

手術料金 ¥302,400〜
治療時間 30分〜60分
通院回数 1〜3回
カウンセリング当日の治療
入院の必要性 なし
制限事項 なし
仕事・外出
その他特記事項 なし

料金に関する詳細が知りたい方

  • 表示料金は全て税込みの金額です。
  • 表示料金は目安の金額となります。
  • 術後のアフターフォローもしっかりしております。追加料金は一切かかりません。
    いつでもご遠慮なく、担当医にご相談ください。

第107回日本美容外科学会 学会長就任

第107回日本美容外科学会 学会長就任

2019年4月に行われる第107回日本美容外科学会 学会長に、共立美容外科・歯科CEO兼総括院長の久次米秋人が就任いたしました。

日本美容外科学会を通じて、緊密な対話と様々な交流を経て、当学会が一丸となって日本の美容医療の発展に努めてまいります。

駅近で便利!院内も落ち着いて過ごせます。

清潔感のある内装

全国23院どの院も駅からすぐ近くにあり便利です。院内もプライバシーに配慮した、清潔感のある内装になっています。

様々な科目の専門医が在籍

様々な科目の専門医

当院には、様々な科目の専門医が在籍しています。

例えば、
日本形成外科学会が認定する形成外科専門医
日本外科学会が認定する外科専門医
日本麻酔科学会が認定する麻酔科専門医
日本脳神経外科学会が認定する脳神経外科専門医
日本救急医学会が認定する救急専門医
です。

様々な科目の専門医や出身者による総合的な医療の上に成り立っているのが、共立美容外科なのです。

医学博士も在籍

医学博士

当院には、医学博士も在籍しています。

学会発表などアカデミックな視点からも、美容医療の向上に努めています。そして、全ての医師が解剖学を学んでいます。

また、2019年に行われる第107回日本美容外科学会の学会長に久次米総括院長が就任することが決まりました。

救急科専門医在籍。安全面に配慮。

救急科専門医

当院には、クリニック全体で、安全面に徹底的に配慮しています。医療従事者以外のスタッフも含む全スタッフが参加する安全講習会を定期的に行っています。

また、日本救急医学会が認定する救急科専門医の児玉医師も在籍しています。感染症予防など「未然に防ぐこと」に対して積極的に取り組んでいます。

さらに、ヒヤリ・ハット事例を、収集、分析し「何かあった時の対応」に対しても取り組んでいます。

日本美容外科医師会認定の医院です

日本美容外科医師会認定医院

共立美容外科は、日本美容外科医師会が認定した医療機関です。厳しい基準を満たし、認定されています。

私たちの”おもてなし”が表彰されました

共立美容外科のおもてなし

共立美容外科は接遇サービスにも力を入れています。ご来院された方に対して、スタッフ一同、心を込めてご対応しています。

その努力が実を結び、先日、アラガン・ジャパン株式会社が主催する「Allergan Campaign Award 2017」において、「SATISFACTION AWARD」部門の優秀賞を受賞しました。

表彰トロフィーは渋谷院に飾ってあります。

早稲田大学で接遇サービスの授業を行っています

早稲田大学での接遇サービスの授業

共立美容外科は早稲田大学と提携講座を開設しています。久次米総括院長が、接遇サービスや、おもてなし、どのようなクリニックが選んでいただけるかといった講義を行っております。

また、「真っ当な医療を患者様に丁寧に届ける」という企業理念を崩さないことが大切であるという話もしています。この理念は、クリニックとして開院以来30年間一貫しています。

当院のサービス向上部門には、早稲田大学大学院のMBAや博士課程のスタッフも在籍し、スタッフの人材育成に努めています。

早稲田大学との提携講座を通じ、患者様にご満足いただけるような接遇サービスの向上に日々、努めています。

このページの内容は医師によって監修されています

医師による監修

このページは、医療的な内容が含まれ、専門性を有するページとなっています。そのため、医師免許を持った共立美容外科の医師陣が監修し製作しています。

例えば、日本美容外科学会(JSAS)理事で専門医の久次米 秋人総院長をはじめとし、日本美容外科学会(JSAS)の専門医の久次米 秋人医師、磯野 智崇医師、浪川 浩明医師、玉田 洋医師、日本麻酔科学会の麻酔科専門医の遠山 貴之医師、日本形成外科学会の形成外科専門医の辻野 一郎医師、中川 由美子医師、望月 香奈医師、氷見 祐二医師、日本外科学会の専門医の児玉 肇医師などによって監修されています。

婦人科形成の治療

共立美容外科

共立美容外科|小陰唇縮小手術のページをご覧の皆様へ

このページでは、小陰唇縮小手術についてご確認頂けます。共立美容外科の美容整形は、一人一人大切にコミュニケーションをとりながら、クオリティの高い、患者さまの立場に立った美容外科手術を行うことを信念としています。脂肪吸引や豊胸、脱毛、美容歯科など総合的な美容整形クリニックです。美容外科とはドクターひとりで行うものではありません。私たちとあなたとが信頼関係を築き二人三脚で行うもの。充分にコミュニケーションをとり、美容整形を通してあなたの夢に近づけていきます。

【夜間もお電話受付中(23時まで)】
新宿、銀座、渋谷、立川、千葉、横浜のみ

新宿・名古屋・大阪・福岡をはじめ
全国23院 共通ダイヤル
0120-500-340

あの久次米総括院長も診察♪
新宿本院 直通ダイヤル
0120-500-340

銀座院 直通ダイヤル
0120-560-340

渋谷院 直通ダイヤル
0120-340-428

立川院 直通ダイヤル
0120-489-340