英語 中国簡体 中国繁体 韓国語

Kyoritsu Biyo Scrap(KBS)

ヴァンパイヤフェイシャルは結果的に安い?他の治療ではどう?

公開日:2022年07月10日(日)

しみ

このコラムを読むのに必要な時間は約 8 分です。
最後まで有意義なページになっていますので是非ご覧ください。

美容治療は自由診療であるため、どの治療を見ても保険治療よりも高額です。

しかし、保険治療では決まった治療しか行えないのに対し、自由診療では症状に合った治療を自由に選択できるというメリットがあるのです。

こちらの記事では、ヴァンパイヤフェイシャルが結果的に安いと感じる理由をご紹介しています。

 

ヴァンパイヤフェイシャルは安いのか?他の治療と比較してみよう

ダーマペンを額に当てているところ

ヴァンパイヤフェイシャルは、ダーマペンとPRP皮膚再生治療を同時に行う治療で、小じわや真皮じわ、皮膚のたるみ、シミ、クレーター状のニキビ跡、毛穴トラブルに対応しています。

つまり、ほとんどの肌悩みに対応できる治療だということですね。

なお、ヴァンパイヤフェイシャルの費用は美容外科によってばらつきがありますが、顔全体1回あたり80,000円~120,000円が相場だと考えておいてください。

では、他の治療ではどうなのでしょうか。

こちらの章では、5つの治療を例に挙げて、ヴァンパイヤフェイシャルとの料金の違いについてご紹介しています。

 

ダーマペン

皮膚に微細な穴を空けて、自然治癒力で肌悩みを改善する治療です。

ダーマペンでは、しわや皮膚のたるみ、シミ、ニキビ跡、毛穴トラブルの改善を目指せますが、クレーター状のニキビ跡の場合では、完全に改善しきれないことがあります。

また、クレーター状のニキビ跡の深さによっては、目立たないレベルにまで改善するまでに多くの治療回数を要することもあります。

なお、ダーマペンの治療費用は美容外科によってばらつきがありますが、1回あたりおよそ16,000円~35,000円が相場となっています。

つまり、10回の治療では220,000円~300,000円程度の費用が必要になるということです。

ただ、安いクリニックの場合は、針の長さを設定できなかったりするので注意が必要です。

また、麻酔クリームを患者様自身で塗らなければいけないクリニックもあるので、その点も注意が必要です。

ダーマペンは顔にハリを刺すのでしっかり麻酔を塗らないと、施術中とても痛く耐えられなくなります。

 

ダーマペン4のバナー

▼ダーマペンワールド社も来院。共立美容外科のダーマペン4についての詳細はこちら

 

 

PRP皮膚再生治療

PRP皮膚再生治療とは、患者さん自らの血液に含まれる血小板成分を、気になる部分に直接注射する治療です。

PRP皮膚再生治療は、目の下のたるみや目尻のしわ、ほうれい線などの改善に役立つ治療で、1回あたり、およそ80,000円~300,000円の費用がかかります。

注入する量(cc)によっても値段が異なります。

また、注入量ではなく、1か所〇〇円と設定しているクリニックもあります。

つまり、目の下のたるみ、目尻のしわ、ほうれい線を一度に改善したい場合では、240,000円~600,000円の費用が必要になる場合もあるということです。

PRP皮膚再生治療は高額ですが、血小板に含まれる成長因子を直接皮下に送り込むことができるため、高いエイジングケア効果を得られるという特徴があります。

PRPをダーマペンで顔に浸透させる施術はヴァンパイフェイシャルと呼ばれます。

 

PRPへのバナー

▼共立美容外科の人気のPRP療法の料金や種類についての詳細はこちら

 

 

フラクショナルレーザー治療

フラクショナルレーザー治療は、シミやしわ、ニキビ跡、リフトアップに対応できる治療で、1カ所1回あたりおよそ22,000円前後の費用がかかります。

そして、ここで注意していただきたいのは、フラクショナルレーザーはピンポイントのシミやしわに対応した治療だということで、額、頬、あごの3カ所を同時に治療した場合では、22,000×3=66,000円の費用がかかるということです。

1か所●●円ではなく、1回●●円と設定しているクリニックもあります。1回●●円の場合は料金が高くなる傾向にあります。

 

また、フラクショナルレーザーもまた、1回の治療ではっきりとした効果を得ることが難しいため、5回~10回程度の治療が必要だと考えておかなければなりません。

フラクショナルレーザーは、レーザーの熱を皮下に送ることで、コラーゲンの産生を行える治療ですので、エイジングケア対策をしたい方にはピッタリの治療です。

しかし、真皮層が受けたダメージの完全修復は難しいことがあるため、クレーター状のニキビ跡に関しては完治を目指せない可能性があります。

なお、どうしてもフラクショナルレーザーでクレーター状のニキビ跡を改善したい場合では、10回以上の治療が必要になることがあるため、思いのほか高額な費用がかかることがあります。

 

フラクショナルレーザーのバナー

▼共立美容外科の人気のIPLフォトフェイシャルの料金や施術方法についての詳細はこちら

 

 

光治療

フラクショナルレーザーのように部分的な治療を行うのではなく、顔全体に光を照射して美肌を目指せる治療で、フラクショナルレーザーよりもお肌への負担が軽いという特徴があります。

また、光治療は顔全体1回あたりの費用が22,000円~35,000円前後と安価に設定されていることが多いですが、上記でご紹介した治療よりも効果の現れ方が緩やかという特徴があるのです。

さらに、定期的に治療を受け続けることが望ましいとされていますので、満足できる結果を得られるまでには高額な費用がかかる可能性があります。

そのような理由から、なるべく短期間でシミやしわ、たるみを改善したいのなら、ヴァンパイヤフェイシャルもしくは上記でご紹介したいずれかの治療がおすすめできるでしょう。

 

フォトフェイシャルへのバナー

▼共立美容外科の人気のIPLフォトフェイシャルの料金や施術方法についての詳細はこちら

 

 

 

ケミカルピーリング

サリチル酸やグリコール酸などの薬剤を皮膚に塗布し、優しく角質を剥がす治療です。ケミカルピーリングにはターンオーバー促進効果を期待でき、おもにシミの予防や改善対策として行われます。

また、ケミカルピーリングにはリフトアップ効果を望めませんので、シミ改善とともにたるみ改善も行いたいなら、ケミカルピーリングと他の治療の併用が必要になるでしょう。

なお、ケミカルピーリングは顔全体1回あたり5,000円~15,000円程度で、3回程度の治療で効果を実感できます。

ただし、色素が濃くなっているシミの場合では、10回程度の治療が必要になることもあります。

 

マッサージピールへのバナー

▼共立美容外科の人気のマッサージピールの料金や施術方法についての詳細はこちら

 

サリチル酸 マクロゴールピーリングのバナー

▼共立美容外科の人気のサリチル酸マクロゴールの料金や施術方法についての詳細はこちら

 

 

ヴァンパイヤフェイシャルはほぼすべての肌悩みに対応

ヴァンパイヤフェイシャルは、ほぼすべての肌悩みに対応できるという特徴があります。

たとえば、シミとしわを同時に改善したい場合、ヴァンパイヤフェイシャルならそれだけで両方の肌悩みに対応できますが、他の治療を選んだ場合では、ダーマペンとPRP皮膚再生治療といった組み合わせが必要になります。

 

ダーマペン+PRP皮膚再生治療の相乗作用を期待できる

ダーマペンは自然治癒力、PRP皮膚再生治療では成長因子によって理想のお肌を目指せる治療です。

そして、これらの治療を組み合わせたヴァンパイヤフェイシャルは、ふたつの治療の相乗作用により、効率的に理想のお肌を目指せるというメリットがあります。

また、上記では治療5回分の費用をご紹介しましたが、肌悩みによっては1回の治療で効果を実感できる場合もありますので、この場合では、あれこれ治療を試すよりも安いと感じる可能性が高いでしょう。

美容治療を受けるからには、なるべく1種類の治療で肌悩みを改善したいですよね?

そのような希望も、ヴァンパイヤフェイシャルなら実現できるのです。

 

ヴァンパイアフェイシャルのバナー

▼共立美容外科で人気のヴァンパイアフェイシャルの料金や施術についての詳細はこちら

 

目的に応じた治療を選ぶことが大切

PRPを顔に塗るところ

美容治療を受ける際には、どうしても費用に目が行きますよね?
美容治療はどの種類でも高額であるため、治療を考えた場合に費用が気になるのは当然のことです。

しかし本当に大切なことは、費用ではなく「どのような目的で美容治療を受けるのか」という部分です。

 

治療の選択を誤ると思い通りの結果を得られない可能性

たとえば、クレーター状のニキビ跡を目立たなくさせる治療を受けたいと考えたとしましょう。

このときに、治療費用が安いという理由でケミカルピーリングを受けてしまったら、皮下のコラーゲンやエラスチンが増えず、思っていた結果を得ることはできません。

つまり、美容治療を受けるなら、まずはご自身のビジョンを固めてから、数ある治療あの中から適した治療を選ぶ必要があるということです。

 

治療を渡り歩いて莫大な費用がかかるリスク

目的に対応した治療を選ばないと思っていたような効果を得られず、その結果いくつもの治療を渡り歩かなければならなくなります。

すると、当初の予算は100,000円だったのに、治療を変えるたびにどんどん費用がかさみ、最終的に莫大な費用がかかってしまうことがあるのです。

そしてそうならないためには、医師のアドバイスに耳を傾けて、肌悩みに適した治療を検討することが何よりも大切です。

 

ヴァンパイヤフェイシャルはあらゆる肌悩みに対応できる治療です

共立美容外科のバンパイアフェイシャルを勧める女性

今回は、ヴァンパイヤフェイシャルを安いと思える理由を、他の治療と比較しながらご紹介したきました。

ヴァンパイヤフェイシャルは、ダーマペンとPRP皮膚再生治療を組み合わせた治療で、シミやしわ、たるみといったエイジングケアや、クレーター状のニキビ跡改善など、幅広い肌悩みに対応しています。

また、ヴァンパイヤフェイシャルの治療費用は高額だと思いがちですが、ひとつの治療で複数の肌悩みを改善できるため、安いという捉え方もできるのです。

複数の治療をバラバラに受けていると、初めは安いと感じていても、やがて費用がかさみ、結果的に思っていた以上に費用がかさむリスクが高まります。

そうならないためには、初めから肌悩みに合った治療を選ぶことが大切なのです。

肌悩みでお困りなら、ひとまず美容外科でカウンセリングを受けてみて、ヴァンパイヤフェイシャルについて前向きに検討してみてはいかがでしょうか

 

ヴァンパイアフェイシャルのバナー

▼共立美容外科で人気のヴァンパイアフェイシャルの料金や施術についての詳細はこちら

 

カウンセリングの予約バナー

▼初めての方でも入りやすい♪カウンセリングの予約をする。

このページの監修・執筆医師

  • 磯野 智崇(いその ともたか)

    磯野 智崇(いその ともたか)

    共立美容グループ 総括副院長

    • 略歴

      • 1995年
        聖マリアンナ医科大学 卒業
        1995年
        聖マリアンナ医科大学形成外科 入局
        1999年
        東大宮総合病院整形・形成外科 入職
        2002年
        共立美容外科 入職
        2009年
        共立美容外科 浜松院院長就任
        2020年
        共立美容グループ 総括副院長就任
    • 主な加盟団体

      日本美容外科学会
      日本美容外科学会認定専門医

当院は医療広告ガイドラインを遵守しています。

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-500-340 (診療時間 10:00~19:00)

よくあるご質問

×

新宿・名古屋・大阪・福岡をはじめ
全国26院 共通ダイヤル
0120-500-340

あの久次米総括院長も診察♪
新宿本院 直通ダイヤル
0120-500-340

銀座院 直通ダイヤル
0120-560-340

渋谷院 直通ダイヤル
0120-340-428

池袋院 直通ダイヤル
0120-340-800

立川院 直通ダイヤル
0120-489-340

上野御徒町院 直通ダイヤル
0120-340-444