共立美容外科のマッサージピール『PRX-T33』について

日本美容外科医師会認定医院

美容外科 歯科 美容皮膚科

診療時間10:00〜19:00

0120-500-340
全国25院共通

マッサージしながらピーリング、マッサージピール『PRX-T33』

マッサージピール『PRX-T33』 マッサージピール『PRX-T33』

肌のハリ、明るさ、肝斑、コラーゲン。

マッサージピール『PRX-T33』

マッサージピールとは

マッサージピールとはピーリングの一種です。

マッサージピールは、まず「PRX-T 33」という薬剤を顔全体にマッサージしながら塗り込みます。そして、その後、薬剤を洗い流すだけの簡単なピーリングです。

肌を美白したい場合や、肌にハリを与えたい場合、そしてニキビなどの肌の凹みを治療する場合に行います。

マッサージピール

PRX-T33とは

PRX-T33(ピーアールエックスティー サーティスリー)は、マッサージピールで使用するピーリングの薬剤です。
高濃度のトリクロロ酢酸(TCA)と過酸化水素、そしてコウジ酸という3種類の主成分でできています。

筋肉にゆっくり優しく注入します

PRX-T33を針のない注射器に移し替え、患者様のお肌にのせて丁寧に塗り込みます。

筋肉にゆっくり優しく注入します

顔に塗る際は、マッサージをしながら塗り込みます。これが「マッサージピール」の由来です。

筋肉にゆっくり優しく注入します

PRX-T33はイタリアで開発されました

マッサージピールのPRX-T33は、医師のDr.カステラーナさんによってイタリアで開発されました。

筋肉にゆっくり優しく注入します

PRX-T33はこのような方に向いています

  • 肌のハリが気になる方
  • 手のシワが気なる方
  • 首のシワが気になる方
  • 肝斑が気になる方
  • ニキビ跡を直したい方
  • 妊娠線が気になる方
  • 肉割れが気になる方
  • 加齢や光老化による肌の衰えが気になる方

向いている部位

PRX-T33の主成分

PRX-T33の主成分

マッサージピールのPRX-T33は、下記の3種類の主成分でできています。

過酸化水素(H2O2)
高濃度のトリクロロ酢酸(TCA) 33%
コウジ酸 5%

マッサージピールの過酸化水素(H2O2)の役割

過酸化水素(H2O2)の役割

過酸化水素(H2O2)は、皮膚表面にPRX-T33を塗った際に、トリクロロ酢酸(TCA)から皮膚表面を保護する働きがあります。

過酸化水素(H2O2)の役割を解説します。

肌の表面を守る低濃度の過酸化水素

肌の表面を守る低濃度の過酸化水素

低濃度の過酸化水素(H2O2)とトリクロロ酢酸(TCA)は皮膚を浸透するスピードが異なります。

低濃度の過酸化水素(H2O2)は、トリクロロ酢酸(TCA)より先に皮膚に浸透するため、トリクロロ酢酸(TCA)が浸透する際には、すでに皮膚表面に浸透しているため、皮膚表面でトリクロロ酢酸(TCA)を中和することができ、トリクロロ酢酸(TCA)のピーリング(剥離)作用から皮膚表面を守ることができます。

過酸化水素の濃度に関して

過酸化水素の濃度に関して

過酸化水素と一概に言っても、濃度によって作用が異なります。低濃度の過酸化水素は0.1%〜0.3%が目安で、高濃度の過酸化水素は3%〜5%が目安です。

低濃度の過酸化水素は、治癒(ちゆ:傷などを治すこと)のプロセスを促進しますが、高濃度の過酸化水素は治癒のプロセスを著しく減速させてしまいます。

そのため、PRX-T33の成分の過酸化水素は、治癒プロセスを促進させることができる「低濃度」の過酸化水を使用しています。

過酸化水素の濃度に関して

このグラフは、創傷(そうしょう:皮膚の傷)に対して、低濃度の過酸化水素(H2O2)と高濃度の過酸化水素H2O2)ではどちらが、傷の治りが早くなるかを実験したデータです。

このデータから、低濃度の過酸化水素(H2O2)を使用したほうが傷の治りが早いことがわかります。

※ここでは、一つの実験結果をご紹介しています。個人差があるため、この実験結果が効果を一概に表すものではありません。

  • Dermal wound healing is subject to redox control.
    Roy S, Khanna S, Nallu TK, Sen CK. Mol Ther. 2006 Jan;13(1):211-20. Epub 2005 Aug 26

マッサージピールのトリクロロ酢酸(TCA)の役割

トリクロロ酢酸(TCA)の役割

マッサージピールのPRX-T33には、トリクロロ酢酸(TCA)が33%も含まれています。

トリクロロ酢酸は「trichloroacetic acid」と英語で表記するため略してTCA(ティーシーエー)と呼ばれています。

トリクロロ酢酸(TCA)が真皮まで浸透

トリクロロ酢酸(TCA)が真皮まで浸透

過酸化水素(H2O2)により皮膚表面を守られながら、トリクロロ酢酸(TCA)が真皮まで浸透します。

肌にハリを与える

肌にハリを与える

真皮まで浸透したトリクロロ酢酸(TCA)は、真皮を刺激し角化細胞や繊維芽細胞の増殖因子を活性化させます。また、トリクロロ酢酸(TCA)、皮膚のターンオーバーの促進など様々な役割を果たします。

これらの作用により施術後、個人差はありますが、数カ月にわたって真皮で新しいコラーゲンが生成され肌にハリを与えます。

コウジ酸の役割

コウジ酸の役割

PRX-T33には、コウジ酸が5%含まれています。

美白になるように働く

美白になるように働く

コウジ酸にはシミの元となるメラニンを作る酵素「チロシナーゼ」の活性化を抑制する作用があります。そのため、個人差はありますが、シミ、くすみ、肝斑やニキビ痕、色素沈着にも効果があるといわれています。

このようにPRX-T33は美白効果や肌にハリを与える効果に配慮されて製造されています。

このようなお悩みにも・・・

ニキビの赤みの痕

ニキビの赤みの痕

PRX-T33に含まれるトリクロロ酢酸と過酸化水素によって局所的な細菌叢(さいきんそう:微生物の集団)への消毒作用があります。

また真皮への刺激効果による皮膚の色や明度の改善、拡張した毛穴の縮小など様々な効果が期待出来ます。これにより、ニキビの赤みの痕の治療にも使用することができます。

ニキビの凹みの跡

ニキビの凹みの跡

PRX-T33に含まれるトリクロロ酢酸は、個人差はありますが、真皮を刺激し、角化細胞の増殖因子を活性化します。

真皮への刺激と血管収縮作用により肌細胞の修復を促進し、その結果細胞再生と新生コラーゲンの生成がもたらされることで、ニキビ跡の肌の凹み(瘢痕)の改善に働きかけます。

ダーマペンを併用して行うと、ダーマペンの針が真皮に穴をあけるため、PRX-T33を真皮に、より浸透させることができます。

さらにダーマペンで傷がついた真皮が自然治癒によりコラーゲンを増幅させるため、ニキビ跡の凹みに対して相乗効果で治療を行うことができます。

首やデコルテのシワやたるみ

首やデコルテのシワやたるみ

加齢によってコラーゲンの生成が不充分になると、肌にたるみやしわができてきます。このような加齢による肌のたるみやシワにはPRX-T33に含まれる高濃度のトリクロロ酢酸により、コラーゲンを形成させ、たるみやシワを改善することができます。

首やデコルテなどは、これまでヒアルロン酸などの注入剤では改善が難しいとされてきました。PRX-T33なら首やデコルテ対して塗るだけでコラーゲンを増幅することができるため、個人差はありますが、改善効果が期待できます。

肝斑

肝斑

PRX-T33にはコウジ酸が5%含まれています。

個人差がありますが、コウジ酸が色素にアプローチし、色素を薄くし、美白効果を期待できます。

手のシワやたるみ

手のシワやたるみ

手のしわは年齢の影響をうけやすいと言われています。また、また手のしわ治療は難しいとされています。

手にPRX-T33を塗布(とふ)するとTRX−T33に含まれるトリクロロ酢酸が新しいコラーゲンを生み出すよう働きかけ、個人差がありますが、手にハリが出てシワが目立たなくなります。

また、コウジ酸の効果により美白作用やしみの改善も期待出来ます。

妊娠線

妊娠線の治療も可能

マッサージピールは妊娠線の治療も行うことが可能です。妊娠線が気になる個所に、マッサージピールを浸透させます。

※ただし、効果には個人差があります。

マッサージピールの施術の流れ

マッサージピール『PRX-T33』の施術の流れ

マッサージピール『PRX-T33』の施術の流れをご紹介しています。

ご覧になりたい方は、下記「マッサージピール『PRX-T33』の施術の流れはこちら」をクリックしてください。

マッサージピール『PRX-T33』の概要

施術料金 顔 ¥16,000
デコルテ ¥32,000
手の甲 ¥16,000
首(前面) ¥16,000
おなか(妊娠線) ¥32,000
お尻 ¥32,000
太もも(前面) ¥64,000
妊娠線 ¥32,000
施術時間 約10分程度
ダウンタイム ほぼなし
通院回数 特に必要なし
カウンセリング当日の治療
入院の必要性 なし
制限事項 紫外線に注意
仕事・外出
その他特記事項 なし

料金に関する詳細が知りたい方

  • 表示料金は全て税抜きの金額です。
  • 表示料金は目安の金額となります。
  • 術後のアフターフォローもしっかりしております。追加料金は一切かかりません。いつでもご遠慮なく、担当医にご相談ください。

お肌のメニュー

共立美容外科で受けられるニキビ・ニキビ跡の施術

このページの監修医師

  • 医師 藤巻 尊子(ふじまき たかこ)

    医師

    藤巻 尊子(ふじまき たかこ)

    ダブロ認定医
    ボトックスビスタVST認定医
    ジュビダームビスタ認定医

    • 略歴

      • 2006年
        北里大学医学部卒業
        2007年
        都立豊島病院入局
        2009年
        信州上田医療センター
        2011年
        大手美容外科入職
        2014年
        共立美容外科・皮膚科 勤務
        2016年
        共立美容外科・皮膚科 渋谷院開院
    • 主な加盟団体

      日本皮膚科学会会員
      日本美容外科学会会員
      ダブロ認定医
      ボトックスビスタVST認定医
      ジュビダームビスタ認定医

共立美容外科

共立美容外科|マッサージしながら行うピーリングのマッサージピール『PRX-T33』のページをご覧の皆様へ

このページでは、マッサージをしながら、ピーリングを行う、マッサージピールについて解説しています。マッサージピールには『PRX-T33』というイタリアで生まれた製剤を使用します。ニキビ跡の治療や、肌のハリ、肌を明るくする、肝斑を薄くする、妊娠線や肉割れを消すといった治療で行われます。PRX-T33をマッサージしながらお肌に塗り、数十秒で拭き取る、とても短時間で終わる施術です。10分前後で終了します。マッサージピールは1度ではなく、定期的に受けていただくとより効果がみられる施術になります。ただし、効果には個人差がありますし、医療行為なので、メリット・デメリットがあります。そのため、施術前にしっかりと医師とカウンセリングを行っていただき、医師よりマッサージピールについてお話させていただきます。患者様と医師とが二人三脚でマッサージピールの治療を行います。