英語 中国簡体 中国繁体 韓国語

FUSICA CREAM

点滴による再生医療

不死化ヒト乳歯歯髄
幹細胞順化培養上清液

最終更新日 2021年7月23日

  • 記事:監修医師
    日本美容外科学会専門医
    磯野 智崇

  • 監修の磯野医師

点滴による再生医療

培養上清液の入った注射器

当院の点滴による再生医療では、不死化ヒト乳歯歯髄幹細胞順化培養上清液を使用します。
この培養上清液はヒト由来の乳歯歯髄幹細胞の培養上清の100%原液です。注目の再生医療になります。

培養上清液に含まれる成分は国際特許を取得している不死化技術を使用し、生産ロットごとに限りなく同一成分にしています。

この培養上清液は「微量」でも細胞間シグナルを介し機能するため、おひとり様1回につき1ccからの投与になります。

体内の幹細胞を活性化して、修復機能を徐々に発揮するため、効果感を感じるのに数日間必要になります。

点滴で投与

施術の様子

体内には、点滴により投与されます。

状態やご希望に合わせて1ccを投与するか5ccを投与するかお決めいただきます。
注入量もそうですが、注入する頻度も重要だと考えられています。

製造会社の株式会社CYSAYによると、2021年現在、すでに数千に及ぶ投与実績があります。

株式会社CYSAYは2012年に創業し、名古屋大学の指導のもと研究を開始しました。

期待できる効果

人体の画像

歯髄幹細胞培養上清液は臨床研究が進められています。
少なくとも動物モデルの臨床研究で有効性が学会で報告されている疾患をご紹介します。

回復が期待できる疾患

不死化ヒト乳歯歯髄幹細胞順化培養上清液とは

不死化ヒト乳歯歯髄幹細胞順化培養上清液の抽出

不死化ヒト乳歯歯髄幹細胞順化培養上清液で使用される幹細胞は、乳歯の歯髄から抽出しています。

抽出後、数時間以内に国際特許を取得している不死化因子を導入して初代を培養しています。

培養して幹細胞が増殖した培養液を遠心分離し、不純物を取り除き、培養上清液を抽出します。

「培養液」と「培養上清液」は異なります。

「培養液」と「培養上清液」

一般的な幹細胞を使用したコスメのほとんどは、「培養液」を使用しています。
この培養液には不純物が多く含まれています。

「培養上清液」は培養液から不純物を取り除いて調整するため、数%しか抽出することができません。

培養上清液は純度が高く、ヒトの細胞が放出する成長因子が数百種類、自然に近い状態で含まれています。

  • 培養液から不純物を取り除いた上澄みの部分を「培養上清液(ばいようじょうせいえき)」とよびます。

ヒト由来の「幹細胞」の比較

個体差 感染症
リスク
ドナー経路
不死化
ヒト乳歯
歯髄幹細胞

均一

リスクほぼなし

正式ドナー
脂肪幹細胞 ×
バラバラ
×
リスクあり
不明の場合あり
※自身への投与の場合が多い
胎盤幹細胞 ×
バラバラ

データなし
不明の場合あり
臍帯血
幹細胞

データなし

データなし
不明の場合あり

ヒト由来の幹細胞培養上清液には、歯髄由来、脂肪由来、臍帯血由来、胎盤由来といったものがあります。

それぞれを比較すると、歯髄由来が最も機能的に優れていることがわかります。

不死化ヒト乳歯歯髄幹細胞順化培養上清液で使用する培養上清液は、歯髄の中でも幹細胞の量と質が良い、乳歯の歯髄を使用しています。
法的な手順を踏んだ正式なドナーから提供されているため、安全面からも安心できます。

パラクライン効果

パラクライン効果

パラクライン効果とは、近接する細胞や組織に直接拡散などにより作用する効果の事です。

培養上清液に豊富に含まれる成長因子やサイトカインや細胞から分泌されるエクソームなどが、体内にある幹細胞にパラクライン的に作用し、損傷や機能が低下している組織に細胞を集めることで組織を再生させます。
それにより、肌や傷の再生や、免疫の向上、機能の回復が期待できます。

含まれるサイトカイン

不死化ヒト乳歯歯髄幹細胞順化培養上清液を摂る注射器

不死化ヒト乳歯歯髄幹細胞順化培養上清液には、EGF、VEGF、PDGF、IGF-1、TGF-β、TGF-αなどの数百の成長因子やサイトカインが含まれています。期待できる効果を下記にご紹介します。

  • ■EGF
  • ・新しい皮膚細胞創生によるシワの予防と解消
  • ・健康な肌色にする
  • ・肌を滑らかにして若々しくする
  • ・新しい皮膚細胞を再生する事で傷口の回復を早める
  • ■VEGF
  • ・VEGFが毛根へ栄養を運ぶ事で発毛を促進
  • ・新しい細胞を生産する事でシワを防止・改善
  • ・肌にエネルギーを与え、肌つやを改善する
  • ■PDGF
  • ・損傷を受けた皮膚細胞の再生を促進
  • ・コラーゲン合成を促進しシワを改善
  • ・育毛を促進
  • ■IGF-1
  • ・新しい皮膚細胞創生によるシワの予防と解消
  • ・コラーゲンとエラスチンやヒアルロン酸を増す
  • ・皮膚感触を良くし、顔やボディーの無駄な脂肪を燃焼させる
  • ・毛根を刺激し髪の毛を強くする
  • ■TGF-β
  • ・細胞の分化・誘発などの老化を防ぐ
  • ・肌のテクチャーを改善(コラーゲン、エラスチンに関与)し、若々しい肌を保つ
  • ・傷跡を残さず修復する因子
  • ■TGF-α
  • ・コラーゲンとエラスチンの構造を強化する事で肌の弾力性を増す
  • ・肌の成長を促進し、傷の治癒を促進
  • ・新しい細胞を生産する事でシワを防止、改善
  • 作用別にサイトカインをみる

    「不死化ヒト乳歯歯髄幹細胞順化培養上清液」の料金と概要

    料金 ■エイジングケアプラン 1cc/回
    1回 ¥110,000
    3回セット ¥313,500
    6回セット ¥594,000

    ■健康増進プラン 5cc/回
    1回 ¥550,000
    3回セット ¥1,567,500
    6回セット ¥2,970,000
     ※健康増進プランの場合は交通費¥50,000までサービス。必ず領収書をお持ち下さい。
    健康診断料金 エイジングケアプラン 1回のみ別途¥16,500かかります。それ以外のプランでは健康診断はかかりません。
    点滴時間 約45分
    通院間隔 3~4週間おき
    カウンセリング当日の施術
    入院の必要性 なし
    制限事項 特になし
    仕事・外出
    対応医院 新宿本院、銀座院になります。
    ※健康増進プランの場合は交通費¥50,000までサービス。必ず領収書をお持ち下さい。

    不死化ヒト乳歯歯髄幹細胞

    このページの監修医師

    • 医師 磯野 智崇(いその ともたか)

      医師

      磯野 智崇(いその ともたか)

      日本美容外科学会認定専門医

      • 略歴

        • 1995年
          聖マリアンナ医科大学 卒業
          1995年
          聖マリアンナ医科大学 形成外科 入局
          1999年
          東大宮総合病院 整形・形成外科入職
          2002年
          共立美容外科 入職
          2009年
          共立美容外科 浜松院院長就任
          2020年
          共立美容グループ 総括副院長就任
      • 主な加盟団体

        日本美容外科学会
        日本美容外科学会認定専門医

    共立美容外科

    共立美容外科・歯科|再生医療の点滴のページをご覧の皆様へ

    このページは2021年8月に最終確認をしています。
    このページでは不死化ヒト乳歯歯髄幹細胞順化培養上清液を点滴する再生医療の効果や方法についてご紹介しています。培養上清液には数百にも及ぶ成長因子やサイトカインが含まれています。