英語 中国簡体 中国繁体 韓国語

口コミが多い美容整形外科のメニューを地域別に医師が解説

大阪でボトックスのクリニック選びに失敗しない方法を医師が解説

公開日:2022年05月19日(木)
最終更新日:2022年05月31日(火)

大阪
鏡を見てシワを気にする女性
            美容外科医への無料カウンセリング実施中:予約ボタン

このページを読むのに必要な時間は約 10 分です。
最後まで有意義なページになっていますので是非ご覧ください。

大阪の美容クリニックでエイジングケアをしたいけれど、メスで切開はせずに気軽に受けたいという方に人気があるのが、注入系のプチ整形ボトックス注射です。

最近、よく耳にするボトックスですが、実際にどんな効果が期待できるのか、効果の持続期間や副作用・リスクはどうなのか、気になる方も多いでしょう。

今回は、大阪でボトックス注射を受けてみたい方に向けて、ボトックス注射の基本情報をご紹介します。

失敗しないコツも解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

大阪のクリニックで受けられるボトックス注射とは?

しわにボトックスを注入しているところ

大阪にある美容クリニックではボトックス注射と呼ばれる注入系の美容医療を受けることができます。

ボツリヌストキシン注射・ボツリヌス治療・ボツリヌス療法とも呼ばれます。

ボトックスとはボツリヌス毒素から抽出した成分から毒性を抜いて、ボツリヌス菌が作り出すたんぱく質成分を使用した製剤のことをいいます。

もちろん製剤に毒性はありません。

シワやエラ張りなどの気になる部位に注射器を使ってボトックスを注入することで、筋肉抑制作用が働き、表情ジワを改善したり、顔の輪郭や鼻の高さを変える効果が期待できます。

注入箇所の神経伝達物質「アセチルコリン」の働きが弱まりますので、眉間・額・目尻にできる表情筋による深いシワが目立たなくなるのを実感できるでしょう。

アメリカの医薬品メーカーであるアラガン社が製造する「ボットクスシリーズ」は世界80か国以上で長年使用されており、日本の厚生労働省から認可済みの安全性の高い製剤です。

ボトックス注射はお悩みに合わせて幅広い施術が可能となり、施術時間も15分から20分程度と短く、ダウンタイムがほとんどないので、気軽なプチ整形として人気があります。

 

ボトックス注射とヒアルロン酸注射の違いは?

並べられているボトックス

大阪の美容クリニックで受けられる注入系の美容医療には、ボトックス注射の他に「ヒアルロン酸注射」があり、「どちらが良いのかな?」とお悩みの方もいらっしゃるでしょう。

ボトックス注射と「ヒアルロン酸注射」の違いは、ボトックスは表情筋に働きかける作用があり、ヒアルロン酸は膨らませてハリやボリュームを出す作用があります。

笑ったり、怒ったり、表情によって出る眉間や額、目尻のシワはボトックス注射、無表情でも深く刻まれているほうれい線などのシワには「ヒアルロン酸注射」が適しています。

そして、ヒアルロン酸はゼリー状の形をしていて、皮膚に注入すると内側からふっくらと押し上がり、細胞と細胞を繋げて水分を保持して留まるのが特徴です。

一方でボトックスは粉を水に溶かした製剤を注入すると、注入箇所の筋肉に浸透して、筋肉の過剰な動きを抑えるという特徴があります。

 

ボトックス注射で期待できる効果と適応部位

顔のしわにボトックスを注入しているところ

ボトックス注射の適応部位は幅広く、顔や体の様々な部位に対応できます。

 

ボトックス注射の適用部位

  • 眉間、額、目尻、口元、アゴなどの表情ジワ
  • エラ張りの改善
  • 口角を引き上げる
  • 小鼻縮小
  • 鼻を高くする
  • 輪郭形成、小顔
  • リフトアップ
  • 毛穴を引き締める
  • 多汗症を改善する
  • 美脚 など

 

顔の表情ジワは笑ったり、困ったりする時に自然と現れますが、このシワは過剰な筋肉が働いていますので、ボトックス注射をすることで表情筋が皮膚を引っ張る力が弱まります。

また、エラ張りが気になる方はボトックス注射をすれば切開せずにエラを目立たなくすることが可能です。

エラ張りは強く噛む癖や食いしばりの癖がある方に多く見られます。

ボトックス注射で咬筋の収縮が抑えられますので、エラに余計な力が入らなくなって、スッキリと小顔効果が期待できるでしょう。同時に歯を強く噛む癖もなくなるのがメリット。

その他にも、ボトックス注射は口角をキュッと上向きに引き上げたり、鼻の穴の膨らみを小さくしたり、鼻筋を整えて鼻の高さを上げることも可能です。

ボトックス注射は、多汗症の改善にも有効です。

多汗症にお悩みの方はワキの下に打つことで交感神経から汗腺への情報伝達を遮断し、汗の分泌が抑制されて、ニオイも軽減します。

ふくらはぎや二の腕などの筋肉が発達している筋肉太りにお悩みの方は、ボトックス注射をすると筋肉が縮小して、部分痩せ、痩身効果が期待できます。

ボトックス注射は医師が使用する製剤の濃度や注入量、注入する深さなどによって、様々な効果が期待できますので、気になる方はクリニックの医師に相談しましょう。

 

 

ボトックス注射の効果の持続期間は?

ボトックス注射の効果は注入後すぐに効果が現れるのではなく、一定の日数がかかります。

注入箇所や個人差もありますが、シワ改善の場合は2〜7日後に効果を実感し始めて、3ヶ月〜4ヶ月くらい効果が持続することが多いです。

ワキや脚などボディの場合は、筋肉が収縮するまでに時間がかかりますので、注入後約2週間くらいに効果を実感し始めるでしょう。効果は3ヶ月〜4ヶ月くらい続きます。

写真撮影や結婚式などを控えている方は、イベントの直前ではなく、時間に余裕を持って1ヶ月くらい前に受けることをおすすめします。

 

ボトックス注射の効果を持続させるには?

ボトックス注射は一回の治療で永久的な効果が持続するわけではありません。

一般的に3ヶ月〜4ヶ月経つと効果が効かなくなり、持続期間は長い場合でも12ヶ月くらいです。

ボトックス注射の効果をなるべく長く持続させるためには、効果が弱くなってきたら、定期的に追加で注入を繰り返す必要があります。

ボトックス注射の効果は時間の経過とともに徐々に弱くなっていきますので、効果が弱まるタイミング(平均3ヶ月くらい)で再度注入すれば、効果を長く保つことができるでしょう。

ボトックス注射は繰り返し注入することで、持続期間が長くなる特徴がありますので、継続するほど元に戻りにくくなるメリットもあります。

ただし、ボトックスを大量に注入すれば効果が長くなるということはありませんので、信頼できる担当医に相談することが大切です。

再度注入しなければ、次第に元に戻っていきますので、やめるタイミングも自由です。

 

ボトックス注射の副作用は?

大阪ではじめてボトックス注射を受ける方は、副作用やリスクについてもしっかり理解しておきましょう。

体内でボトックスを異物と察知して、アレルギー反応が起こり、腫れや赤み、かゆみなどの症状が現れることがありますが、通常、1週間程度で治まります。

ボトックス注射は細い針を刺して注入するので、切開したときのような傷跡は残りませんが、ダウンタイムに注入した部位に腫れや内出血、むくみ、かゆみなどが起こることがあります。

ただし、注入部位に刺激を与えずに安静に過ごしていれば、時間の経過とともに症状は落ち着いていき、約1週間くらいで治まることがほとんどです。

ダウンタイムの腫れやむくみ、内出血の症状は担当医の注入スキル、技術力によって差が出ますので、術後の症状を抑えるためにも、熟練の医師を選ぶことが大切です。

 

要注意、意外と多いボトックス注射の失敗リスク

ボトックスで失敗しないように注意喚起する医師

ボトックス注射の症例経験が少なく、スキルが未熟な新人医師などに任せると、注入部位の表情がこわばったり、左右非対称になる失敗リスクがあるので要注意。

ボトックスには筋肉を弛緩させる作用があるので、担当医が注入量を誤った場合、術後に顔がこわばったり、引きつったり、表情が不自然になることがあります。

口角が上がる角度に左右差が出たり、アゴやエラにボコッとしこりができることがありますが、その原因の多くは医師が注入量や注入箇所・深さを誤ったケースです。

ボトックス注射は経験と技術力があるクリニック・医師に依頼すれば、ほとんどの失敗リスクを防ぐことができますので、カウンセリングでしっかりと見極める必要があります。

 

ボトックス注射で失敗したらどうする?

万が一、ダウンタイムの症状が治まらずに生活に支障をきたしている場合は、クリニックに早めに連絡をして、担当医に診てもらうことが大切です。

ボトックス注射で理想のイメージにならなかった場合は、ボトックスの効果を弱める注射治療もありますが、基本的に一度注入した製剤をすべて取り出すことはできません。

多くの場合は、時間の経過による効果が弱まるのを待つしかなく、筋肉の動きが元に戻ってくれば症状が治まるでしょう。

はじめてボトックス注射をする方は効き目が強くなる可能性がありますので、少なめの注入量から始めると安心です。

 

大阪のボトックス注射で失敗しないコツ

大阪には低料金でボトックス注射を宣伝してるクリニックが多くあります。

手頃な価格で受けられる美容医療は魅力的ですが、クリニック選びは慎重に行うことが大切です。

繰り返しになりますが、ボトックス注射の症例実績が少ないクリニック、注入スキルが未熟な新人医師が多く在籍しているクリニックでは、失敗リスクが高まるのでご注意ください。

高額な治療費を求めるために注入量を多めにしたり、複数箇所に同時に注射をしたりすると、しこりができたり、様々な副作用が起こりえますので気をつけなければなりません。

信頼できる美容クリニックはカウンセリングで医師がしっかりと症状を診療して、適切な治療法を提案します。ボトックス治療ではなく、ヒアルロン酸注入の方が適しているケースもあります。

最近は、プチ整形はコスメ感覚で受ける方が増えていますが、失敗リスクを避けて、イメージ通りの仕上がりを実現するためにも、高度な技術力のある医師に依頼することが大切です。

 

共立美容外科も選択肢の1つ

共立美容外科を勧める医師

大阪ではじめてボトックス注射をお考えの方は、日本有数の豊富な経験と実績のボトックス注射を提供している「共立美容外科」にご相談ください。

「共立美容外科」は全国に26院、大阪には心斎橋駅近くにある「大阪本院」とOsakaMetro御堂筋線 梅田駅徒歩5分にある「梅田院」がございます。

当院の医師は全員ボトックスビスタ®の認定医、みな解剖学を熟知しており、安全面に配慮したボトックス注射を徹底しておりますので、初めての方も安心して受けていただけます。

目尻、眉間、額などシワが気になる箇所に適切な深さに注入すると、シワ改善が期待できますので、ご検討頂ければ幸いです。予防効果もありますので幅広い年代の方におすすめです。

また、ボトックスはしわだけでなく、多汗症や人中短縮、エラ、肩こりボトックスなども行っています。

大阪本院(心斎橋)

大阪本院 内装

■住所
〒542-0086
大阪府大阪市中央区西心斎橋1丁目1−13
5・6F 東邦ビル
■お電話
0120-500-340

大阪本院(心斎橋)の詳細はコチラから▶

 

大阪メトロ御堂筋線 心斎橋駅 徒歩0分

大阪メトロ長堀鶴見緑地線 徒歩0分

 

梅田院

梅田院の内装

■住所
〒530-0001
大阪府大阪市北区1丁目 大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル18F

■お電話
06-6348-0360

梅田院の詳細はコチラから▶

 


OsakaMetro御堂筋線 梅田駅 徒歩約5分

OsakaMetro谷町線 東梅田駅 徒歩約5分

OsakaMetro四つ橋線 西梅田駅 徒歩約5分

JR東西線 北新地駅 徒歩約2分

JR各線 大阪駅 徒歩約8分

阪神本線 梅田駅 徒歩約5分

阪急各線 梅田駅 徒歩約10分

 

 

ボトックスへのバナー

▼大阪本院と梅田院で人気のしわボトックスの料金や手術方法についての詳細はこちら

 

ふくらはぎのボトックス注射のバナー

▼共立美容外科で人気のふくらはぎボトックスの料金や手術方法についての詳細はこちら

 

エラボトックスへのバナー

▼共立美容外科の人気のエラボトックスの料金や施術方法についての詳細はこちら

 

脇 ボトックスのバナー

▼共立美容外科のボトックス注射についての詳細はこちら

 

肩こりボトックスへのバナー

▼共立美容外科で人気の肩こりボトックスの料金や手術方法についての詳細はこちら

 

カウンセリングの予約バナー

▼初めての方でも入りやすい♪カウンセリングの予約をする。

 

~監修医師~

川上 勉(かわかみ つとむ)

■略歴
1999年 田辺製薬株式会社入社
2008年 大分大学医学部医学科 卒業
2008年 八戸市立市民病院 入職
2012年 日本銅管病院整形外科 入職
2015年 共立美容外科 入職
2018年 共立美容外科 神戸三宮院院長就任
2022年 共立美容外科 大阪本院院長就任

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-500-340 (診療時間 10:00~19:00)

よくあるご質問

×

新宿・名古屋・大阪・福岡をはじめ
全国26院 共通ダイヤル
0120-500-340

あの久次米総括院長も診察♪
新宿本院 直通ダイヤル
0120-500-340

銀座院 直通ダイヤル
0120-560-340

渋谷院 直通ダイヤル
0120-340-428

池袋院 直通ダイヤル
0120-340-800

立川院 直通ダイヤル
0120-489-340

上野御徒町院 直通ダイヤル
0120-340-444