脇汗、多汗症治療のボトックス注射の料金等について。

日本美容外科医師会認定医院

美容外科 歯科 美容皮膚科

診療時間10:00〜19:00

0120-500-340
全国25院共通

多汗症、脇汗治療のボトックス注射

注射で手軽に多汗症治療 注射で手軽に多汗症治療

注射で手軽に多汗症治療

気になる脇汗に…

多汗症・脇汗のボトックス注射とは

メスを使いたくない方にオススメの手軽な多汗症治療です。

わきの下へボトックスを注入することで、汗腺が細くなり、汗が出にくくさせます。この施術ならば誰でも10分程度で終了します。
しかし半永久的でないので、個人差が有りますが、半年に1回は治療が必要です。多汗症ではなくても、一般的な汗かきの人にも最適です。

脇ボトックス施術

施術のポイント

痛みが少ないボトックスによる多汗症治療を行っています。他院で痛かった方、当院で受けてみませんか?

  • メスを使わず注射で簡単。
  • 治療時間たった10分。
  • 当日のシャワー、入浴可。

こだわりのある安全性の高い製品を使用

当院の脇ボトックスでは「ボトックスビスタ」か「ディスポート」を使用しています。

ボトックスビスタ

「ボトックスビスタ」はボツリヌス菌を精製したものです。 日本の厚生労働省とアメリカのFDAという日本の厚生省にあたるアメリカの機関から認可を受けています。 また、これらの名称はアラガン社の登録商標です。

ボトックスビスタ

ディスポート

ボトックスという名前は、アラガン社の登録商標ですが、同じボツリヌス毒素を精製した製品として「ディスポート」という製品もあります。
ディスポートはイギリスのイプセン社から発売されているもので、 ヨーロッパでは既に20年近く使用されており世界23カ国でしわ治療を目的で使用を認可されています。ディスポートもFDAから認可を受けています。

ディスポート

注射の流れ(痛みが少ない2つのステップ)

  • Step 1:クリーム麻酔を塗ります

    注射を打つ前に、注入時の痛みをより、少なくするために、クリーム麻酔を塗ります。
    ※クリーム麻酔はオプションで別途¥10,000になります。

    脇ボトックスの流れ1 クリーム麻酔を塗ります
  • Step 2:ボトックスを注入します

    極細の針で注入します。
    注入時は経験を積んだ美容外科専門の医師が痛みが少ないように注入します。

    脇ボトックスの流れ2 ボトックスを注入します

脇ボトックスの概要

施術料金(概算) ¥70,000
施術時間 約15分
通院回数 1回
回復までの期間 針穴、赤みは1日程度
カウンセリング当日の治療
入院の必要性 なし
制限事項 なし
仕事・外出
その他特記事項 なし

料金に関する詳細が知りたい方

  • 表示料金は全て税抜きの金額です。
  • 表示料金は目安の金額となります。
  • 術後のアフターフォローもしっかりしております。追加料金は一切かかりません。
    いつでもご遠慮なく、担当医にご相談ください。

ボトックス注射のメニュー

共立美容外科で受けられるわきが手術

このページの監修医師

  • 医師 児玉 肇(こだま はじめ)

    医師

    児玉 肇(こだま はじめ)

    日本抗加齢医学会 認定専門医
    日本外科学会 外科専門医
    日本救急医学会 救急科専門医
    日本麻酔科学会 麻酔科認定医

    • 略歴

      • 2004年
        東邦大学医学部卒業
        2004年
        東邦大学医療センター 大橋病院研修医
        2006年
        東邦大学医療センター 大橋病院外科入局
        2007年
        清智会記念病院救急部
        2010年
        東邦大学医療センター 大橋病院外科
        2014年
        共立美容外科 入職
        2015年
        共立美容外科 千葉院 開院
    • 主な加盟団体

      日本抗加齢医学会 認定専門医
      日本外科学会 外科専門医
      日本救急医学会 救急科専門医
      日本麻酔科学会 麻酔科認定医
      日本禁煙学会 認定指導医
      日本美容外科学会会員