共立美容外科・歯科のブリッジによる欠損部の改善について。

日本美容外科医師会認定医院

美容外科 歯科 美容皮膚科

診療時間10:00〜19:00

0120-500-340
全国25院共通

歯科ブリッジによる欠損部の改善

ブリッジによる欠損部の改善 ブリッジによる欠損部の改善

短期間で自然の歯と
同じような外観に

ブリッジ治療による
欠損部の改善

ブリッジ治療とは

ブリッジは、「虫歯などで歯を抜歯した場合」や、「外傷で歯が欠損した場合」に使用される方法で、インプラントや入れ歯と並ぶ欠損歯治療の一つです。歯の欠損に対するブリッジは、比較的多く採用される治療法で、治療期間も短く、噛んだ感じもほとんど違和感がありません。

方法としては、土台(支え)となる両隣の歯を削り、それぞれに連なった冠をかぶせます。取り外しは出来ません。連続した多数の歯が欠損した場合のブリッジは、土台(支え)となる歯にかかる負担がより大きくなります。懸念として、支えている歯がいずれダメになってしまう可能性があります。

※最近は歯科材料の進歩により『ジルコニア』を使用することによりオールセラミッククラウンでのブリッジ治療も行えるようになりました。

オールセラミッククラウンの詳細はコチラ

ブリッジ治療とは?

歯が抜けたスペースをそのままにしておくと・・・

歯が抜けてできたスペースに、「かみ合う歯を失った歯」や「隣接する歯を失った歯」は少しずつ移動していきます。その結果、噛み合わせが悪くなり、しっかりかめなかったり、健康な歯まで虫歯になることがあります。

ブリッジ治療とは?

共立美容外科・歯科のブリッジ治療

短期間に自然の歯と同じような外観を回復したい方にお勧め

特徴1

自然の歯と同じような外観を回復できる。

特徴2

自分の歯と同じように咀嚼できる。

特徴3

かみ合わせを回復することができる。

特徴4

短期間での治療が可能。

ブリッジ治療の長所・留意点

長所 留意点
・自然の歯と同じような外観に修復できる。
・自分の歯と同じように咀嚼できる。
・噛み合わせを回復させることができる。
・審美的な回復が行いやすい。
・土台となる、しっかりとした歯が両側に必要。
・失った歯の数が多いと治療できない。
・土台となる健康な歯を、削らなければならない。

ブリッジ治療の概要

料金 かぶせる物の種類と本数により異なります
手術時間 60分
通院回数 3〜4回
回復までの期間 治療期間:1ヶ月
カウンセリング当日の治療
入院の必要性 なし
制限事項 なし
仕事・外出
その他特記事項 形状歯全体にすっぽりかぶせるタイプ。従来型は一部に金属を使用しているが、共立では、金属を一切使用しないオールセラミック・クラウンを推奨。

料金に関する詳細が知りたい方

  • 表示料金は全て税抜きの金額です。
  • 表示料金は目安の金額となります。
  • 術後のアフターフォローもしっかりしております。追加料金は一切かかりません。
    いつでもご遠慮なく、担当医にご相談ください。

共立美容外科・歯科で受けられる歯科の施術

このページの監修医師

  • 歯科医師 會田 隆介(あいた りゅうすけ)

    歯科医師

    會田 隆介(あいた りゅうすけ)

    • 略歴

      • 2008年
        鶴見大学歯学部卒業
        2009年
        同大学総合歯科研修医終了
        2010年
        同大学保存学教室入局
        2011年
        都内歯科医院勤務
        2012年
        共立美容外科・歯科勤務
    • 主な加盟団体

      日本顎顔面インプラント学会会員
      日本歯周病学会会員
      日本保存学会会員
      日本口腔インプラント学会会員

共立美容外科

共立美容外科・歯科|ブリッジによる欠損部の改善のページをご覧の皆様へ

このページでは、ブリッジによる欠損部の改善についてご確認頂けます。共立美容外科・歯科の美容整形は、一人一人大切にコミュニケーションをとりながら、医師や看護師が一人一人思いやりを持って、患者さまの立場に立った美容外科手術を行うことを信念としています。脂肪吸引や豊胸、脱毛、歯科など、1989年に開院し、約30年に渡り美容医療を提供させていただいてきた、全国に25院ある、美容整形クリニックです。美容外科とはドクターひとりで行うものではありません。私たちとあなたとが信頼関係を築き二人三脚で行うもの。充分にコミュニケーションをとり、美容整形を通してあなたの夢に近づけていきます。