英語 中国簡体 中国繁体 韓国語

口コミが多い美容整形外科のメニューを地域別に医師が解説

大分で美容皮膚科を受診!美容整形も同時に受けられる?

公開日:2022年06月09日(木)
最終更新日:2022年06月12日(日)

大分
美容皮膚科の治療を受ける女性
            美容外科医への無料カウンセリング実施中:予約ボタン

このページを読むのに必要な時間は約 11 分です。
最後まで有意義なページになっていますので是非ご覧ください。

美容医療のジャンルは、美容外科、美容皮膚科、美容内科、審美歯科などに分類されており、それぞれに行える治療の範囲が決まっています。

では、美容皮膚科を受診する際には、美容整形も同時に受けられるのでしょうか。

こちらの記事では、美容外科と美容皮膚科の違いと、大分の美容皮膚科で受けられる治療の一部をご紹介しています。

 

美容皮膚科と美容外科の違いは?

美容医療を専門に扱う病院という意味では、美容皮膚科も美容外科も同様です。

しかし、両者の治療内容には違いがあるため、病院を選ぶ際には、診療科目を確認した上で、どちらにするのかを決める必要があるのです。

それではまず、美容皮膚科と美容外科の違いから見ていきましょう。

 

美容外科と美容皮膚科の違いとは

美容外科と美容外科では似たような治療を行っています。

しかし、美容外科は美容整形手術を含む美容医療を提供する病院で、美容皮膚科は皮膚をすこやかに保つ医療を提供し、美容整形手術には対応していないという違いがあるのです。

それでは、リフトアップ治療を例に挙げて、両者の違いを確認してみることにしましょう。

 

美容皮膚科のリフトアップ

美容皮膚科のリフトアップは、光を照射するフォトフェイシャル、高周波を照射するRF治療、超音波を照射するHIFU治療、赤外線を照射する赤外線治療、糸を皮下に埋め込む糸リフト治療などで行われます。

そして、これらの治療はすべて皮膚を切開すること行われます。

こちらでご紹介している治療の詳細は以下で詳しくご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

なお、こちらの治療は1回ではっきりとした効果を得ることは難しいため、目標達成まで複数回の治療を受ける必要があります。

 

美容外科のリフトアップ

美容外科では、美容皮膚科で行われるリフトアップ治療に加え、皮膚を切開してたるみ部分を取り除くリフトアップ術や、皮膚と脂肪組織の切除と筋膜の引き上げを行うリフトアップ術などがあります。

これらのリフトアップ術は、いずれも皮膚を切開する、皮膚を切除する、脂肪組織の切除、筋膜の引き上げといった手術で行われるため、美容皮膚科では対応していません。

これらのリフトアップ術は手術のためダウンタイム(回復期間)がありますが、手術以外の治療よりも効果を実感しやすく、1回の治療で悩みを改善できるという特徴があります。

 

美容皮膚科と美容外科を同時受診したい!そのようなときには?

美容皮膚科のみの治療を希望する場合では、そのまま美容皮膚科で治療を受ければ問題はありません。

一方、美容皮膚科の治療と美容整形手術を同時に受けたいとお考えなら、美容外科で治療を受けるか、美容外科が併設されている美容皮膚科で治療を受けるという方法があります。

なお、美容外科の中にも美容皮膚科が併設されている場合がありますので、気になる病院を見つけたら、どの科の治療に対応しているのかをよく確認した上で、最終決定すると良いでしょう。

 

美容皮膚科で受けられる治療をご紹介

美容皮膚科では、ターンオーバー促進治療のケミカルピーリングやレーザーによるニキビやニキビ跡治療など、あらゆる皮膚の治療に対応しています。

それでは、美容皮膚科で受けられる治療の一部をご紹介しましょう。

 

ダーマペン4

ダーマペン4は肌に細い針穴を無数に開けて、本来人間が持っている肌の修復力を利用してニキビやニキビ跡、毛穴を治療する方法です。

PRPやマッサージピーリング、アムニオジェニクスなどと併用しても行われます。

 

ダーマペン4のバナー

▼ダーマペンワールド社も来院。共立美容外科のダーマペン4にの料金や施術ついての詳細はこちら

 

 

マッサージピール

顔にマッサージしながら薬剤を塗って拭くだけの簡単なピーリングです。

コウジ酸が5%含まれているため、美白作用も期待できます。

コラーゲンピールとも呼ばれています。

 

マッサージピールへのバナー

▼共立美容外科の人気のマッサージピールの料金や施術方法についての詳細はこちら

 

 

フォトフェイシャル

IPLという光を照射して繊維芽細胞に働きかけて、皮下のコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を増殖させることで、リフトアップを行える治療です。

なお、この治療ではリフトアップのほか、シミやそばかす、くすみ、赤ら顔、シワの改善効果も期待できます。

また、ダウンタイムがほとんどないため、気軽に治療を受けられるというメリットもあります。

※共立美容外科は大分院では行っていません。

フォトフェイシャルへのバナー

▼フォトフェイシャルの料金や施術方法についての詳細はこちら

 

RF(イーライト)

高周波を照射して、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の増殖を狙う治療です。

高周波は、皮下組織をじわじわと温めることで美容成分の増殖を行うもので、小じわの改善やニキビ痕改善にも効果を発揮します。

※共立美容外科は大分院では行っていません。

イーラートのバナー

▼イーライトの料金や施術方法についての詳細はこちら

 

HIFU

HIFUとは、高密度焦点式超音波治療をいい、コラーゲンやエラスチンの増殖作用によってリフトアップを実現させる治療です。

HIFUの超音波は皮膚の深い部分まで届きやすく、張力な引き締め・引き上げ効果を期待できることから、「切らないリフトアップ」と呼ばれることもあります。

なお、HIFUは顔に留まらず、二の腕やお腹、ウエスト、太ももなどの不文痩せに用いられることもあります。

ただし、HIFUの効果はすぐに表れるものではなく、2~3週間かけてゆっくりと現れてくるという特徴があるのです。

とはいえ、一度引き締まった部分が元の状態の戻る可能性が低いとされているため、脂肪吸引手術に抵抗がある方にもおすすめできるでしょう。

 

ハイフのバナー

▼大分で人気のスーパーハイフproの料金や施術方法についての詳細はこちら

 

 

赤外線

近赤外線を照射して繊維芽細胞に刺激を与え、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の増殖を狙える治療です。

なお、赤外線治療は顔と体に対応できますが、美容皮膚科によって導入機種が異なるため、気になる方は事前確認しておくと良いでしょう。

特にタイタンという機種には、年齢によって編成したコラーゲン繊維を引き締める作用があるため、比較的早い段階で効果を実感できるとされています。

※共立美容外科 大分院では赤外線治療は行っていません。

 

糸リフト

医療用の溶ける糸を皮下に埋め込み、糸の周囲にコラーゲン繊維を増殖させることでリフトアップを叶える治療です。

なお、糸を埋め込む際には事前に麻酔を施すため、治療中に痛みを感じる心配はありません。

また、糸リフトは埋め込む糸の数を調節できるため、少ない本数をお試しで埋め込むこともできます。

糸リフトには興味があるけれど、まずは少ない本数で試してみたいという方は、美容皮膚科でカウンセリングを受け、医師に相談してみると良いでしょう。

 

糸リフトのバナー

▼大分で人気の糸リフトの料金や種類についての詳細はこちら

 

ほくろの除去治療

CO2(炭酸ガス)レーザーを用いてほくろを除去する治療です。

CO2レーザーをほくろに照射すると、瞬間的にほくろの組織に含まれる水分がレーザーの熱を吸収して、その場でほくろを取り除くことができます。

また、治療時間は一瞬で、出血もほとんど見られません。

ただし、CO2レーザーによるほくろ除去は大きなほくろには対応できないことがあり、この場合では美容外科でほくろを切除する手術を受ける必要があるでしょう。

 

メドライドC6へのバナー

▼大分で人気のメドライドC6(ヤグレーザー)の料金や種類についての詳細はこちら

 

 

美容注射治療

美容注射治療とは、注射で美容成分を体内に送ることで、美白や脂肪の減少などを狙える治療です。

なお、美容注射治療には以下の種類があり、患者さんの希望をヒアリングした上で適切な種類を選びます。

 

白玉点滴

グルタチオンが主成分の美容点滴です。美白作用があると言われています。

メラニン生成を抑制する作用もあるので、シミ予防でも行われています。

 

白玉点滴のバナー

▼共立美容外科の人気の白玉点滴(共立モアホワイト点滴)の料金や施術方法についての詳細はこちら

 

プラセンタ注射

ヒトプラセンタを注射して、エイジング対策を行える治療です。

この治療は美肌づくりに役立つほか、更年期の諸症状改善にも役立ちます。

なお、この治療はヒトプラセンタを体内に取り込む方法であるため、安全面や衛生面を考慮するという意味で、治療後には献血を行えなくなります。

つまり、今後献血をお考えの方には、あまりおすすめできない治療ということになります。

 

高濃度ビタミンC注射

高濃度ビタミンC注射は美白やエイジングに効果を発揮しますが、免疫力アップや疲労回復効果も期待できます。

また、活性酸素除去にも役立つため、年齢によるしわでお困りの方にもおすすめできるでしょう。

 

美容点滴のバナー

▼大分で人気の美容点滴や注射の料金や種類についての詳細はこちら

 

脂肪溶解注射

メソセラピーとも呼ばれる治療で、脂肪溶解成分を注射することで部分痩せを行える治療です。

特に中高年になると、ダイエットや運動だけでは痩せにくくなりますが、それは年齢によって代謝機能が衰えているからです。

そして、そのように代謝機能が衰えている方に効果的なのが、脂肪溶解注射なのです。

 

BNLS脂肪溶解注射へのバナー

▼大分でBNLS(脂肪溶解注射)の料金や施術の流れについての詳細はこちら

 

 

発毛治療

AGA(男性型脱毛症)やFAGA(女性男性型脱毛症)を改善または予防するための治療です。

なお、発毛治療は男女で異なり、男性の場合ではミノキシジルなどの成分配合の内服薬が用いられるのに対し、女性にはビタミンなどの成分配合の内服薬で対応します。

また、成長因子を含む発毛成分配合の薬剤を注射するHARG療法という方法もあり、この治療では男女ともに対応できるという特徴があります。

 

HARG療法のバナー

▼大分で人気のHARG療法の料金や施術方法についての詳細はこちら

 

 

医療脱毛

医療用レーザーを用いて毛根組織にダメージを与え、自然に脱毛に導く治療です。

なお、医療レーザーは黒色に反応するため、日焼けした肌には照射できませんので、この治療を希望する場合には、あらかじめ日焼け対策をしておく必要があるでしょう。

 

脱毛のバナー

▼大分で人気の医療脱毛についての詳細はこちら

 

アートメイク、タトゥー除去

QスイッチYAGレーザーを照射して、アートメイクやタトゥーを除去する治療です。

なお、大きなタトゥーの場合ではレーザーで対応できない場合があり、この場合では皮膚切除で対応しなければならないことがあります。

しかし、美容皮膚科では皮膚切除を行えないため、美容外科での治療となります。

※共立美容外科 大分院ではアートメイクは行っていません。

タトゥー 入れ墨 除去 へのバナー

▼大分で人気のタトゥー、入れ墨除去の料金についての詳細はこちら

 

ピアスの穴開け

医療用のピアッサーでピアスの穴開けをする治療です。

自分でピアスの穴開けをすると、引きつれや化膿が起こりやすくなりますが、美容皮膚科での治療ならその心配はありません。

また、美容皮膚科ではアフターケア方法の指導も受けられますので、安全にピアスの穴開けを行いたい方は、ぜひ一度美容皮膚科に相談してみてください。

なお、美容皮膚科によってはボディピアスにも対応していますので、この点についてはあらかじめ美容皮膚科の公式HPで確認するか、電話で確認しておくと良いでしょう。

 

ピアスの穴開けのバナー

▼大分で人気のピアスの穴開けの料金や方法についての詳細はこちら

 

 

 

 

美容皮膚科で迷ったら共立美容外科 大分院も選択肢の1つ

大分院を案内する2人の看護師

今回は、大分で美容皮膚科を受診する前に知っておきたい、美容皮膚科と美容外科の違い、そして、美容皮膚科で受けられる治療の一部をご紹介してきました。

美容皮膚科と美容皮膚科は混同されることが多いですが、美容皮膚科が美容整形手術に対応できないのに対し、美容外科では手術にも対応できるという違いがあります。

なお、美容皮膚科によっては美容外科が併設されている場合がありますので、美容皮膚科と美容外科の治療を受けたいという方は、美容外科が併設されている美容皮膚科を探してカウンセリングを受けてみると良いでしょう。

共立美容外科 大分院でもいろいろな美容皮膚科メニューを取り揃えています。

 

 

■住所

〒870-0027
大分県大分市末広町1-1-32
末広ビル7F

■お電話
097-538-1455

大分院の詳細はコチラから▶

 

 

共立美容外科 トップページ

▼大分院の美容医療のメニューを見る。

 

カウンセリングの予約バナー

▼初めての方でも入りやすい♪カウンセリングの予約をする。

 

~監修医師~

島田 茂孝(しまだ しげたか)

■認定医等

日本形成外科専門医

■略歴

1995年 島根医科大学医学部 卒業
1995年 太田熱海病院 外科 入局
1996年 熊本機能病院 整形外科 入局
1997年 恵寿総合病院 形成外科 入局
1998年 昭和大学医学部付属病院 形成外科 院外助手
1999年 今給黎総合病院 形成外科入局
2000年 前橋赤十字病院 形成外科入局
2001年 横浜労災病院 形成外科入局
2002年 太田熱海病院 形成外科 入局 部長就任
2005年 鶴岡市庄内病院 形成外科 入局 部長就任
2009年 荒尾市民病院 形成外科 入局 部長就任
2018年 共立美容外科・歯科 入職
2019年 共立美容外科・歯科 大分院院長就任

 

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-500-340 (診療時間 10:00~19:00)

よくあるご質問

×

新宿・名古屋・大阪・福岡をはじめ
全国26院 共通ダイヤル
0120-500-340

あの久次米総括院長も診察♪
新宿本院 直通ダイヤル
0120-500-340

銀座院 直通ダイヤル
0120-560-340

渋谷院 直通ダイヤル
0120-340-428

池袋院 直通ダイヤル
0120-340-800

立川院 直通ダイヤル
0120-489-340

上野御徒町院 直通ダイヤル
0120-340-444