英語 中国簡体 中国繁体 韓国語

AGA治療AAPE® V2.0を使用したHARG療法

HARG療法

HARG療法

毛髪再生医療による
AGA治療

HARG療法

HARG療法

HARG療法(ハーグりょうほう)とは、AAPE® V2.0(えーえーぴーいーぶぃつー)というヒト脂肪幹細胞由来サイトカイン製剤を頭皮に注入することで、毛髪を再生させるAGA治療の1つです。

日本では、2006年から行われており、30ヶ国以上で使用されています。

Hair Re-generative theraphy(毛髪再生医療)の頭文字をとってHARG療法と呼ばれています。

3~4週間に1回お越しいただき、細い注射針で頭皮に注入します。
6回程度で効果を感じられます。

女性でもお受けいただくことが可能で、ミノキシジルやフィナステリド、デュタステリドとの併用も可能です。

HARG療法の動画

HARG療法の治療の動画をご紹介しています。

注入方法や治療の雰囲気をご確認いただけます。

HARG療法の効果と症例写真

50代男性

50代男性

左が治療前、右が9回治療終了後、1ヶ月後の写真です。

20代女性

20代女性

左が治療前、右が4回治療終了後、1ヶ月後の写真です。

20代女性

20代女性

左が治療前、右が6回治療終了後、1年後の写真です。

  • 引用:上記3例の症例写真は、福岡大太朗・菅浩隆「幹細胞由来因子の毛髪再生への応用」
    (「形成外科」第55巻 第10号, 克誠堂出版, 2012)より引用しています。

男性 21日後、56日後、90日後 

男性 21日後、56日後、90日後 

左上が治療前、右上が1回目から21日後の写真で、左下が56日後(2回終了)、右下が90日後(3回終了)の写真です。

  • 提供:メトラス株式会社

男性 6か月後

男性 6か月後

左が治療前、右が3ヶ月後(6回終了)の写真です。

  • 提供:メトラス株式会社

男性 4か月後

男性 4か月後

左が治療前、右が4ヶ月後(4回終了)の写真です。

  • 提供:メトラス株式会社

女性 6か月後

女性 6か月後

左が治療前、右が6ヶ月後(4回終了)の写真です。

  • 提供:メトラス株式会社
主なリスク、副作用等
  • ◇ 稀に、毛髪再生療法の注射により、熱感・発疹・赤み・掻痒感 などの症状が現れる場合がありますので、もしこのような症状がでた場合、あるいは不安に思われた場合は、必ず担当医師にご相談下さい。
  • ◇ 頭皮に注入する AAPE® V2.0は脂肪幹細胞培養上清液そのものを、成分調整なく凍結乾燥した製剤のため、これまでに重篤な副作用の報告はありません。
  • ◇ 注入部位が注入後赤くなりますが、数時間で消えてなくなります。
  • HARG療法が効果を出す仕組み

    HARG療法が効果を出す仕組み

    髪を育てる組織として、髪の付け根に毛乳頭(もうにゅうとう)という組織があります。

    毛乳頭は毛細血管(もうさいけっかん)から栄養を取り入れ、毛母細胞(もうぼさいぼう)に送り、髪を育てます。

    また、毛乳頭細胞は加齢や、活性酸素の増加、ストレス、不規則な食生活、産後の脱毛などによって傷つけられてしまいます。

    毛乳頭細胞を修復する方法として、頭皮から幹細胞抽出タンパクのAAPE®(えーえーぴーいー)を注入する方法があります。

    AAPE® v2.0とは

    AAPE®v2.0とは

    AAPE® v2.0はAdvanced Adipose-derived stem cells・Protein・Extractsの略です。

    ヒト脂肪幹細胞由来サイトカイン製剤になります。

    培養中のヒト脂肪幹細胞の上清液(じょうせいえき)を凍らせて乾燥させた、生理活性タンパク質製剤です。

    上清液とは、幹細胞を培養液の中で培養した際に出る、上澄みの溶液の事です。

    また、サイトカイン(cytokine)とは、細胞から分泌されるタンパク質の事を言います。

    サイトカインは生理活性タンパク質とも呼ばれています。

    AAPE® v2.0は、従来のAAPE®より、生理活性タンパク質の濃縮技術が改善されており、生理活性タンパク質が12μg入っています。

    AAPE® v2.0を頭皮に注入

    AAPE®v2.0を頭皮に注入

    薄毛を治療する場合、AAPE® v2.0を頭皮に注入することで、毛乳頭細胞を修復させ、髪の毛の成長を促す効果が期待できます。

    ※個人差があります。

    AAPE® v2.0の役割

    AAPE® v2.0の役割

    AAPE® v2.0を頭皮に注入し、髪の毛が成長する仕組みを解説します。

    髪の毛の成長にとって悪い環境の頭皮

    髪の毛の成長にとって悪い環境の頭皮

    頭皮には、細胞や細胞の赤ちゃんの幹細胞(かんさいぼう)があります。

    AGAやFAGAで薄毛に悩まれている方の場合、FGF-5によって、頭皮の細胞が弱っています。頭皮の細胞が弱っていると、髪の毛の成長にとって良くない環境状態となってしまいます。

    AAPE® v2.0を頭皮に注入

    AAPE® v2.0を頭皮に注入

    頭皮の環境をよくするために、AAPE® v2.0を頭皮に注射により注入します。

    AAPE® v2.0がシグナルを発信

    AAPE® v2.0がシグナルを発信

    AAPE® v2.0が幹細胞にを活性化させるシグナル(信号)を送ります。

    AAPE® v2.0は従来のAAPE®より、この幹細胞を活性化させるシグナルが多く出るようになっています。

    幹細胞が活性化

    幹細胞が活性化

    AAPE® v2.0からシグナルを受けると、幹細胞に周りから幹細胞が集まってきます。この現象をホーミング現象といいます。

    また、幹細胞は、他の幹細胞とお互いに指令を出し合って活性化します。幹細胞間の情報伝達をパラクラインといいます。

    AAPE® v2.0からシグナルを受けて活性化した幹細胞は自ら考えて、不足しているグロスファクターという成長因子を放出します。

    細胞が元気になる

    細胞が元気になる

    幹細胞より放出されたグロスファクターは弱った細胞を正常化させ、細胞を元気にさせます。

    髪の毛の栄養素が毛乳頭に送られる

    髪の毛の栄養素が毛乳頭に送られる

    AAPE® v2.0により、弱くなった細胞が正常化すると、細くなっていた血管は太く戻り、血流も改善されます。

    血管の状態が正常化すると、血流が増え、髪のもとになる栄養素や酸素が毛細血管から髪の付け根の毛乳頭に送られ、髪が成長します。

    厳格な製造工程を経ています

    厳格な製造工程を経ています

    AAPE® v2.0はヒト由来ですが、その製造には、厳しい生化学検査やウイルスチェックをクリアした、20歳の女性ドナー1名の脂肪細胞のみを使用されています。

    健常な20歳の生化学試験にパスしたドナーから脂肪細胞を吸引し、間葉系幹細胞を取り出し培養します。

    その後、Serum free culture medium <無血清培地>で低酸素状態でさらに培養し、サイトカイン(タンパク質)の分泌を促します。

    また、培養前には培地を3回洗浄し、ガンマ滅菌を施しています。

    この分泌タンパクを凍結乾燥した製剤がAAPE® Powderになります。

    • 引用:メトラス株式会社提供資料「HARG療法」より一部修正

    韓国での特許

    韓国での特許

    AAPE®は製造元の韓国で特許を取得しています。

  • ◇成熟幹細胞培養上清液を用いた癌細胞の抑制
  • ◇脂肪由来成熟幹細胞を用いたグロスファクターの大量生産法
  • ◇成熟幹細胞上清液を用いたメラニン合成の抑制
  • ◇間葉系幹細胞を用いたグロスファクターの大量生産法
  • ◇脂肪幹細胞上清液を含む組織修復のための注入剤添加物
    • 引用:メトラス株式会社提供資料「HARG療法」より一部修正

    AAPE® V2.0の改良点

    AAPE® V2.0の改良点

    AAPE® V2.0は、 AAPE® を改良してできた無細胞の製剤です。

    毛髪の再生に関連するナノ粒子である Hair StemvesicleTMを既存のAAPE®より多く含有しているため、毛髪の再生能力を向上させる効果が期待できます。

    韓国のProstemics社が 保有する独自技術のFTSC Technologyという幹細胞培養と微細環境における調節、濃縮等の技術を活用して製造されています。

    FTSC Technologyにより、AAPE® V2.0はAAPE®に比べ、細胞間コミュニケーションに欠かせない、Hair StemvesicleTM(エクソソーム)をより多く抽出することが可能となりました。

    毛乳頭細胞や皮膚線維芽細胞に反応するように誘導した幹細胞培養上清液のサイトカイン製剤です。

    • 引用:メトラス株式会社提供資料「HARG療法」より一部修正

    HARG療法の料金・概要

    料金 頭部【1/3】
    ・1回 ¥60,000
    ・1クール(3回) ¥172,000

    頭部【2/3】
    ・1回 ¥120,000
    ・1クール(3回) ¥300,000
    *4回目以降(1回) ¥77,000
    施術時間 約30分
    通院回数 3〜4週間毎6回
    カウンセリング当日の治療
    入院の必要性 なし
    制限事項 なし
    仕事・外出
    その他
    特記事項
    効果は3回目以降(個人差あり)

    料金に関する詳細が知りたい方

    • 表示料金は全て税抜きの金額です。
    • 表示料金は目安の金額となります。
    • 術後のアフターフォローもしっかりしております。追加料金は一切かかりません。
      いつでもご遠慮なく、担当医にご相談ください。

    新型コロナウイルス感染症に対する院内の取り組み

    新型コロナウイルス感染症に対する院内の取り組み

    厚生労働省対策本部の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の見解(令和2年3月9日及び3月19日公表)を受けて、院内の備品、施設の消毒管理、外気の取り入れ(換気)、全てのスタッフの体調管理等を行っています。

    詳しくは、下記ページをご覧ください。

    共立美容外科で受けられるAGA治療・予防

    このページの監修医師

    • 医師 遠山 貴之(とおやま たかゆき)

      医師

      遠山 貴之(とおやま たかゆき)

      日本美容外科学会認定専門医
      麻酔科専門医

      • 略歴

        • 1997年
          順天堂大学医学部卒
          1997年
          順天堂大学医学部付属病院 麻酔科入局
          2006年
          共立美容外科岡山院院長就任
      • 主な加盟団体

        日本美容外科学会会員
        日本美容外科学会認定専門医
        麻酔科専門医

    共立美容外科

    共立美容外科・歯科|AAPE® V2.0を使用したHARG療法の効果や費用のページをご覧の皆様へ

    このページは2020年9月に最終確認をしています。
    このページでは、病院で行っているAGA治療のうち、AAPE® V2.0というヒト脂肪幹細胞由来サイトカイン製剤を頭皮に注入する毛髪再生医療のHARG療法について、費用や効果、症例、毛髪再生の仕組みをご確認いただけます。HARG療法はあらゆるタイプの薄毛に治療可能で重篤な副作用報告がない事も特徴の一つです。ただ、頭皮に注射針で注入するため、針の深度が深いと内出血の心配がありますが、表皮と真皮付近の深さ1.5〜4.0mm程度の個所に、針のカット面を上にして、真皮上層部に対して、0.02〜0.03ml皮膚を膨隆させる様に注入しています。AGA治療はすぐには効果が出ない場合があるので、焦らずに時間をかけてミノキシジルやフィナステリド、デュタステリドの服用あどのホームケアと併せて治療を行います。