良い汗と悪い汗【共立美容外科】

日本美容外科医師会認定医院

美容外科 歯科 美容皮膚科

診療時間10:00〜19:00

0120-500-340
全国25院共通

出版物紹介『次世代わきが多汗症治療』 共立美容外科 医師グループ著

『次世代わきが多汗症治療』
共立美容外科 医師グループ著

コラム2 良い汗と悪い汗

『次世代わきが多汗症治療』 共立美容外科 医師グループ著

コラム2 良い汗と悪い汗

「汗」とひとことにいってもさまざまな場面でかく汗があります。運動や、食事の後の汗、冷や汗から寝汗まで、私たちは色々なシーンで汗とつき合っています。

では、「良い汗」「悪い汗」とはどんなものでしょう?そこにはどんな違いがあるのでしょう?第一に良い汗はすぐに乾きます。汗の最大の役割は蒸発し、体温を下げることにあるわけですから、サッと乾かなければ意味がありません。そして第二にその汗は水に近い、サラサラしたものであることが大事です。汗には血漿の大事な成分が含まれています。そうした成分をなるべく含まないものが良い汗なのです。

正確にいいますと、良い汗は出してしまった血漿の成分を、実は再吸収しているのです。その時、アルカリ性の成分(重炭酸イオン)も一緒に再吸収されます。これで皮膚が酸性に保たれ、雑菌の繁殖を防ぐのです。その結果、汗臭さも少なくなります。

そして最後に短期集中の汗が良い汗といえます。「必要なときにだけ、速やかにかく」そこが肝心です。ネバネバと濃く大粒で、ダラダラかく汗は悪い汗です。濃いということはそれだけ体内の貴重な成分も含んでいます。良い汗の成分には、水の表面張力を下げて、粒を小さくする「界面活性物質」が含まれており、一つ一つが小さな粒になります。このことは実はとても重要です。小さければそれだけ蒸発が早く、体温調節がスピーディーに行われるからです。

目次