英語 中国簡体 中国繁体 韓国語

Kyoritsu Biyo Scrap(KBS)

二重整形と相乗効果が期待できるメニューを医師が解説

公開日:2022年06月11日(土)

二重整形・目元のお悩み
目の美容整形の位置

このコラムを読むのに必要な時間は約 9 分です。
最後まで有意義なページになっていますので是非ご覧ください。

二重整形は単独で行うより他の施術と組み合わせることで、より相乗効果を発揮します。

今回は、二重整形と同時に行うと相乗効果が期待できるメニューをご紹介します。

目元のシワ治療やたるみ治療などの老化対策を行いたい方も必見です。

 

涙袋のヒアルロン酸

ヒアルロン酸を注入することで、涙袋を大きく形成することが可能です。

涙袋がしっかり出ていると、かわいらしい印象になります。
メスを使用しないため、手軽に行えることもこの美容整形の特徴の一つです。

笑ったり、人と話したりすると、目の周りの組織はよく動きます。

そのため、涙袋に硬いヒアルロン酸を注入すると、注入部位だけ動かずに不自然な表情になってしまいます。
そのため、涙袋には柔らかいヒアルロン酸を注入します。

 

涙袋のヒアルロン酸へのバナー

▼共立美容外科で人気の涙袋のヒアルロン酸注入の料金や施術方法についての詳細ははこちら

 

 

 

糸リフト

目尻を上げたい場合、糸リフトを挿入することで、目尻を上に上げる事ができます。

目尻を中心に上に上げるので、目元全体も上がった印象にすることが可能です。

この写真は、左半分が挿入済みで、右半分が挿入前の手術中の写真です。
糸リフトを挿入した側のみ目元が上に上がっている事が分かります。

糸リフトは、切らずに糸を皮下に挿入するだけの手術になるので、手軽に行うことが可能です。

糸リフトのバナー

▼共立美容外科の人気の糸リフトの料金や種類についての詳細はこちら

 

 

 

こめかみリフト

こめかみリフトは、目尻を上に持ち上げる美容整形手術です。

髪の毛をポニーテールに結ぶと、皮膚が後ろに引っ張られ、こめかみ付近のシワが伸び、たるみも引きあがります。

この原理と同様の事をこめかみリフトでは行います。
傷跡が目立たなくなるように、髪の生え際に沿って、5cm程度皮膚を切開します。
そして、皮膚を後ろに引っ張り上げ、余分な皮膚のたるみを切除し、皮膚を縫い合わせます。

糸リフトは線で皮膚を持ち上げますが、こめかみリフトの場合、面で皮膚を持ち上げます。

動画で詳しく解説しています。

手術料金 ¥550,000~¥880,000

 

こめかみリフトのバナー

▼人気の共立美容外科のこめかみリフトの料金や施術方法についての詳細はこちら

 

 

 

目の下の脂肪注入(マイクロCRF)

目の下の凹みやくぼみが気になる場合、ご自身の体から脂肪を採取して、特殊な遠心分離器にその脂肪を入れ、不純物を取り出し、良質な脂肪と幹細胞のみを目の下の凹みやくぼみに注入することで、ふっくらとさせる美容整形をマイクロCRFといいます。

目の下に注入した脂肪は、個人差はありますが、おおよそ 90%前後生着します。

脂肪細胞は、ご自身の太ももやお腹から採取します。
マイクロCRFは脂肪の位置移動のため、異物を注入するわけではありません。

ヒアルロン酸に比べて脂肪はなめらかなため、より自然な仕上がりになります。
成長因子と幹細胞により、注入部位の周辺組織が活性化するとも言われています。

動画で詳しく解説しています。

マイクロCRFのバナー

▼人気の共立美容外科のマイクロCRFの料金や施術方法についての詳細はこちら

 

 

 

ヒアルロン酸

目尻に硬いヒアルロン酸を注入すると、そのヒアルロン酸が皮下の中で支柱となり、皮膚を持ち上げるので、目尻を引き上げることができます。

当院ではボリューマXCという、アラガン・ジャパン社が製造販売しているヒアルロン酸を使用しています。

この製品は、「シワとみぞ治療」の両方で、厚生労働省から認可を得ています。

ボリューマのページへのバナ

▼共立美容外科の人気のボリューマXCの料金や手術方法についての詳細はこちら

 

 

 

ボトックス

ボトックスを目尻に注入しているところ

目尻にできるシワは表情じわになります。
表情じわは筋肉の動きに連動して生じるしわです。

ボトックスビスタ®を目尻に注入すると、目尻の筋肉の動きが止まり、皮膚が寄らなくなるので、シワを改善することができます。

ボトックスへのバナー

▼共立美容外科で人気のボトックスの料金や手術方法についての詳細はこちら

 

 

 

 

目の上のたるみ取り(二重切開/眉下切開)

目の上の上瞼の皮膚がたるんでいる場合、たるみが軽度の場合は、埋没法をすることで、皮膚を上に持ち上げ、改善することができますが、中度、重度の場合は上瞼の一部を切開して余分な皮膚を切除します。

切開部分は傷跡を目立たなくするために、もともとある二重のラインに傷跡を重ねるか、眉毛の下のラインを切開して傷跡を目立たなくするか、どちらかの方法で行います。

二重のラインに傷跡を重ねる方法を一般的に二重切開の全切開といい、眉毛の下のラインを切開する方法を眉下切開(まゆしたせっかい)と呼びます。

動画で詳しく解説しています。

手術料金 ¥330,000~¥550,000

二重切開 部分切開のバナー

▼共立美容外科の人気の二重切開、部分切開についての料金や手術方法の詳細はこちら

 

 

 

目の下のふくらみ取り・クマ取り・脂肪取り「経結膜脱脂」

目の下のふくらみの原因は眼窩脂肪(がんかしぼう)という目の下にある脂肪組織になります。

この眼窩脂肪は切らずに取り出すことができます。この方法を経結膜脱脂(けいけつまくだっし)といいます。

あっかんべーをして下まぶたをめくると赤い部分が露出しますが、その赤い部分に穴を空けて、そこからニュルっと眼窩脂肪を取りだします。

切開をしないので、抜糸をする必要もなく、傷跡もありません。

目の下のふくらみ取りは、「目の下の脂肪取り」とも呼ばれています。
経結膜脱脂法は、ふくらみと同時に、クマも改善することができます。

動画で詳しく解説しています。

手術料金 ¥330,000~¥880,000

 

眼瞼下垂の治療

 

目の下のたるみ取り・クマ取り

目の下のふくらみで、「涙袋」がありますが、そのさらに下に目袋というふくらみがあります。

目の下には、眼輪筋という筋肉がありますが、この筋肉が弱くなり、その下にある眼窩脂肪(がんかしぼう)を支えられなくなり、脂肪が下に垂れてくると、目袋の下に影ができ、気になるたるみやクマ、凹みができます。

目の下のたるみ取りの美容整形手術は、切開する場合、下まつ毛のラインに沿って皮膚を切開して行う下眼瞼切開法を行っています。

経結膜脱脂法と違い、脂肪のみを除去するのではなく、皮膚のたるみも除去します。

下眼瞼切開法切開法は、脂肪を除去する皮弁法、脂肪を目の下の凹みに位置移動させて凹みを滑らかにするハムラ法があります。

ハムラ法を行う場合、表側から傷跡がわからないようにするために、下まぶたの裏側から切開して行う裏ハムラ法があります。

下眼瞼切開法のバナー

▼共立美容外科の目の下のたるみ取りの料金や手術方法についての詳細はこちら

 

 

目の上のくぼみの改善

 

年齢を重ねると、目の上がくぼんでくる方がいらっしゃいます。

目の上がくぼんでしまう原因は、眼球を支えるロックウッド靭帯が弱まり、眼球が眼窩脂肪を下に押し出すと、それに引っ張られて、上瞼の脂肪が下にもっていかれてしまうため、目の上にくぼみができてしまいます。

またこの他にも、瞼を上げる力が弱まると、無意識におでこの筋肉を使って瞼を上げようとして、目の上がくぼんでしまう場合もあります。

目の上のくぼみを改善する場合、ヒアルロン酸やご自身の採取した脂肪をくぼみに注入する方法や、瞼の筋肉を強くする方法があります。

どの方法を選択するかは、実際に医師が患者様の状態を拝見して、目の上のくぼみの原因を判断して、原因に応じて決定します。

手術料金 ◇ヒアルロン酸注入
ジュビダームビスタ® ボリューマ XC ¥107,800/1回
ジュビダームビスタ® ボリフト XC ¥107,800/1回
ジュビダームビスタ® ボルベラ XC ¥107,800/1回

◇マイクロCRF
目の上のくぼみ(上まぶた)(両側) ¥231,000
※基本料金として別途¥275,000かかります。

◇眼瞼下垂の治療
共立式二重埋没P-PL挙筋法で治療できます。
■Basic(ベーシック)
¥66,000(両目)
¥46,200(片目)

■中度から重度の場合
両目 ¥440,000~¥770,000
片目 ¥308,000~¥539,000

 

目の上のくぼみの改善のバナー

▼共立美容外科の目の下のたるみ取りの料金や手術方法についての詳細はこちら

 

 

まつ毛の美容液

グラッシュビスタ

グラッシュビスタはまつ毛の美容液です。

まつ毛に塗ることで、「長く」、「太く」、「濃く」することが可能です。

グラッシュビスタのバナー

▼共立美容外科のグラッシュビスタの料金や使用方法についての詳細はこちら

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

二重整形と組み合わせることができる目の周りの施術は意外と多かったのではないでしょうか。

気になる施術がありましたか?

更に詳しく知りたい場合は、共立美容外科の医師による無料カウンセリングをご利用いただければと思います。

 

カウンセリングの予約バナー

▼初めての方でも入りやすい♪カウンセリングの予約をする。

 

 

 

このページの監修・執筆医師

  • 久次米 秋人(くじめ あきひと)

    久次米 秋人(くじめ あきひと)

    日本美容外科医師会理事
    日本美容外科学会認定専門医

    • 略歴

      • 1983年
        金沢医科大学医学部 卒業
        1983年
        高知医科大整形外科入局
        1989年
        東京本院(品川)開院
        2002年
        本院を新宿に移転
        2013年
        銀座院院長就任
        2018年
        第107回日本美容外科学会 学会長就任
    • 主な加盟団体

      日本美容外科医師会理事
      日本形成外科学会会員
      日本美容外科学会会員
      日本美容外科学会認定専門医
      日本脱毛学会会員
      北米脂肪吸引形成外科学会会員
      日本坑加齢美容医療学会会員

当院は医療広告ガイドラインを遵守しています。

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-500-340 (診療時間 10:00~19:00)

よくあるご質問

×

新宿・名古屋・大阪・福岡をはじめ
全国26院 共通ダイヤル
0120-500-340

あの久次米総括院長も診察♪
新宿本院 直通ダイヤル
0120-500-340

銀座院 直通ダイヤル
0120-560-340

渋谷院 直通ダイヤル
0120-340-428

池袋院 直通ダイヤル
0120-340-800

立川院 直通ダイヤル
0120-489-340

上野御徒町院 直通ダイヤル
0120-340-444