共立美容外科・歯科のニキビ・ニキビ跡の飲み薬について。

日本美容外科医師会認定医院

美容外科 歯科 美容皮膚科

診療時間10:00〜19:00

0120-500-340
全国24院共通
menu

ニキビ・ニキビ跡ニキビ・ニキビ跡の飲み薬

ニキビ・ニキビ跡の飲み薬 ニキビ・ニキビ跡の飲み薬

ニキビ・ニキビ跡の飲み薬

ニキビ・ニキビ跡の飲み薬

ビタメジンCP

ビタメジンCPはビタミンB6の補給剤です。

ビタミンB6はタンパク質の代謝に関わって、皮膚や粘膜を作り出します。ビタミンB6が不足すると、肌荒れを起こしてしまいます。また、ビタミンB6はニキビの原因である皮脂分泌を抑える働きがあるため、ニキビをできにくくする事ができます。それに、ニキビの炎症でダメージを受けた肌はメラニン色素が生成されて色素沈着を起こす場合があります。ビタミンB群があると、メラニン生成を大幅に抑制することができます。ビタミンB6はそういった面でも活躍する素材になります。

ビタメジンCP

フラビタン

フラビタンはビタミンB2の補給剤です。

ビタミンB2はニキビの原因である皮脂分泌を抑える働きがあるため、ニキビをできにくくする事ができます。また、ビタミンB2は肌の代謝を正常化する働きがあるため、余分な角質を皮膚に溜まらせず、ニキビの原因である毛穴のつまりをできにくくする事ができます。

フラビタン

シナール

シナールはビタミンCとパントテン酸の補給剤です。

ビタミンCは水溶性ビタミンで、ニキビ、ニキビ跡の色素沈着、赤み改善する働きがあります。また、抗酸化作用があり、細胞の酸化や老化を抑制する働きがあります。パントテン酸はビタミンB5の事です。パントテン酸は体内の毒素の解毒を促します。また、他のビタミンと共に免疫力を強化する働きがあります。

シナール

ルリッド(抗生物質)

ルリッドは制菌作用のある抗生物質です。

病原微生物が成長するのに必要な、たんぱく質を抑制する働きがあります。ニキビの発生を抑え、赤ニキビの原因であるリパーゼの生成を抑える働きがあります。

ルリッド(抗生物質)

日本美容外科学会 学会長としてのご報告

第107回日本美容外科学会 学会長就任

2019年4月に行われた、第107回日本美容外科学会で共立美容外科・歯科CEO兼総括院長の久次米秋人が務めました。

当学会では、2日間にわたり、特別講演やシンポジウムなど30ものプログラムを通して、国内外から参加した登壇者と参加者とが一丸となり、美容医療の発展に寄与しました。

当院としても、移り変わる社会からの美容医療への要求に対して、お応えできるよう日々研鑽(けんさん)を積んでまいります。

その他の共立美容外科の取り組み

共立美容外科の取り組み

共立美容外科では、患者様が通いやすいような各院の立地選びから、リラックスして院内で過ごしていただくための環境作りを始めとして、患者様にご満足いただけるようなサービスや、技術の向上に力を入れております。

このページの内容は医師によって監修されています

医師による監修

このページは、医療的な内容が含まれ、専門性を有するページとなっています。そのため、医師免許を持った共立美容外科の医師陣が監修し製作しています。

例えば、日本美容外科学会(JSAS)理事で専門医の久次米 秋人総院長をはじめとし、日本美容外科学会(JSAS)の専門医の久次米 秋人医師、磯野 智崇医師、浪川 浩明医師、玉田 洋医師、辻 奈央医師、日本麻酔科学会の麻酔科専門医の遠山 貴之医師、日本形成外科学会の形成外科専門医の辻野 一郎医師、新妻 克宜医師、野本 俊一医師、中川 由美子医師、望月 香奈医師、外崎 麻里医師、日本外科学会の専門医の児玉 肇医師、宮田 洋佑医師、島田 茂孝医師、日本脳神経外科学会専門医の帯包 雄次郎医師などによって監修されています。

お肌のメニュー

共立美容外科で受けられるニキビ・ニキビ跡の施術

共立美容外科

共立美容外科・歯科|ニキビ・ニキビ跡の飲み薬のページをご覧の皆様へ

このページでは、ニキビ・ニキビ跡の飲み薬についてご確認頂けます。共立美容外科・歯科の美容整形は、一人一人大切にコミュニケーションをとりながら、医師や看護師が一人一人思いやりを持って、患者さまの立場に立った美容外科手術を行うことを信念としています。脂肪吸引や豊胸、脱毛、歯科など、1989年に開院し、約30年に渡り美容医療を提供させていただいてきた、全国に24院ある、美容整形クリニックです。美容外科とはドクターひとりで行うものではありません。私たちとあなたとが信頼関係を築き二人三脚で行うもの。充分にコミュニケーションをとり、美容整形を通してあなたの夢に近づけていきます。