共立美容外科・歯科のイオン導入について。

日本美容外科医師会認定医院

美容外科 歯科 美容皮膚科

診療時間10:00〜19:00

0120-500-340
全国24院共通

ビタミンC、トラネキサム酸
イオン導入

イオン導入 イオン導入

ビタミンC、トラネキサム酸

イオン導入

イオン導入

イオン導入

イオン導入とは、電気の力を利用してビタミンC誘導体やトラネキサム酸、などを皮下(真皮層)へ浸透させる治療方法です。

イオン導入

イオン導入の治療にはイオン導入機を使用します。肝斑や色素沈着、毛穴などの肌の治療をすることができます。

イオン導入はこのような方に向いています

イオン導入はこのような方に向いています
  • 肝斑を治したい
  • 色素沈着を治したい
  • ニキビ跡の赤みを治したい

イオン導入の仕組みを解説

イオン導入の仕組みを解説

イオン導入の仕組みを簡単に説明します。

イオン導入の仕組みを簡単に説明します。

イオン導入の仕組みを簡単に説明します。

皮膚は表面から、角質層、顆粒層(かりゅうそう)、表皮、基底層、真皮、皮下組織といった層に分かれています。

角質層と顆粒層の間には電気の膜があります。この電気の膜がバリア機能を持っていて、外部からの汚れや異物が入らないように皮膚を保護しています。

そのため、肌に美容成分を塗布しても角質層やより先の表皮や真皮層には成分が浸透しづらくなっています。

シートパックをパック

シートパックをパック

ビタミンC誘導体やトラネキサム酸、などの水溶液を含んだシートパックを皮膚表面に置いてパックします。

電極をシートパックに設置

電極をシートパックに設置

シートパックにイオン導入機の電極を複数個所設置します。

イオン導入機のスイッチを入れる

イオン導入機のスイッチを入れる

イオン導入機のスイッチを入れ、微弱な電流を流します。

微弱な電流を流すと、角質層と顆粒層が中性に傾き、角質層と顆粒層の間にあるバリア機能が弱まります。

水溶液が皮下に浸透

水溶液が皮下に浸透

シートパックにマイナスの電流が流れると、シートパックに浸み込んでいるマイナスイオンを帯びたビタミンC誘導体やトラネキサム酸などの水溶液が、マイナスの電流と反発して、皮下に浸透していきます。

肝斑や色素沈着まで浸透

肝斑や色素沈着まで浸透

ビタミンC誘導体やトラネキサム酸などの水溶液は真皮にまで浸透し、肝斑やニキビ跡の赤み、色素沈着まで到達し、肌のお悩みを改善します。

※効果には個人差があります。

ニキビ跡の赤み、色素沈着

ニキビ跡の赤み、色素沈着

ニキビ跡や湿疹などによって肌が炎症し、肌を守ろうとしてメラニンが活性化して、炎症が治った後に表皮から真皮にかけて現れるしみを炎症後色素沈着(えんしょうごしきそちんちゃく)といいます。

ターンオーバーに時間がかかる真皮にも残ってしまうので、消えづらい事も特徴です。紫外線に当たると濃くなってしまいます。

ビタミンC誘導体をイオン導入

ビタミン

ビタミンC(アスコルビン酸)は、皮膚などの結合組織を構成する、タンパク質の合成に必要なビタミンです。そして、ビタミンCは、肌のターンオーバーを正常化する作用があると言われています。

ビタミンCを真皮に届けることで、ニキビ跡の赤みや炎症後の色素沈着を目立たなくすることができます。

フォトフェイシャルやピーリングなどと併用して行うとより肌の改善に導きやすいため、併用治療をお勧めしています。

ただし、効果には個人差があります。

肝斑

肝斑

肝臓の形に似ているので、肝斑(かんぱん)と呼ばれます。肝斑は左右対称に現れることが特徴です。 30代後半ごろから濃くなってきます。

女性ホルモン、特にエストロゲン(卵胞ホルモン)と関係しているといわれています。そのため、閉経するとよくなる場合があります。ホルモンバランスが崩れると肝斑が出てしまう場合があります。

また、こすったり、たたいたりするなど刺激を与えてしまうと濃くなるので、化粧や洗顔をする際は優しく肌に触れるなど注意が必要です。紫外線に当たると濃くなってしまいます。

トラネキサム酸をイオン導入

トラネキサム酸をイオン導入

トラネキサム酸はアミノ酸の一種です。肝斑は茶色っぽい色をしていますが、その色の原因はメラニン色素があります。

メラニン色素は皮下の基底層にあるメラノサイトで生成されます。メラノサイトを活性化する因子としてプラスミンがあります。トラネキサム酸は抗プラスミン作用を持つ成分です。 そのため、トラネキサム酸がプラスミンを抑えることで、結果としてメラニン色素の生成を抑えることができ、肝斑を薄くすることができます。

イオン導入を単体で行うより、ピコレーザー(ピコドリーム)やスペクトラレーザー、メドライト C6などのレーザー治療と併せて行うことでより効果が見込めます。

ただし、効果には個人差があります。

併用治療

併用治療

イオン導入を行う場合、ピコレーザー(ピコドリーム)やYAGレーザー(スペクトラレーザー、メドライトC6)、フォトフェイシャル、イーライトなどの美容マシンやマッサージピール(PRX-T33)などのピーリングで、角質や毛穴の汚れを落としてから行うと、よりビタミンC誘導体やトラネキサム酸が浸透しやすくなります。

イオン導入の料金と概要

施術料金 1回 ¥3,000〜
※オプションの種類により異なります。
治療時間 15分〜
通院回数 希望に応じて
カウンセリング当日の治療
入院の必要性 なし
制限事項 なし
仕事・外出 可能
その他特記事項 化粧は直後より可

料金に関する詳細が知りたい方

  • 表示料金は全て税抜きの金額です。
  • 表示料金は目安の金額となります。
  • 術後のアフターフォローもしっかりしております。追加料金は一切かかりません。
    いつでもご遠慮なく、担当医にご相談ください。

日本美容外科学会 学会長としてのご報告

第107回日本美容外科学会 学会長就任

2019年4月に行われた、第107回日本美容外科学会で共立美容外科・歯科CEO兼総括院長の久次米秋人が務めました。

当学会では、2日間にわたり、特別講演やシンポジウムなど30ものプログラムを通して、国内外から参加した登壇者と参加者とが一丸となり、美容医療の発展に寄与しました。

当院としても、移り変わる社会からの美容医療への要求に対して、お応えできるよう日々研鑽(けんさん)を積んでまいります。

その他の共立美容外科の取り組み

共立美容外科の取り組み

共立美容外科では、患者様が通いやすいような各院の立地選びから、リラックスして院内で過ごしていただくための環境作りを始めとして、患者様にご満足いただけるようなサービスや、技術の向上に力を入れております。

このページの内容は医師によって監修されています

医師による監修

このページは、医療的な内容が含まれ、専門性を有するページとなっています。そのため、医師免許を持った共立美容外科の医師陣が監修し製作しています。

例えば、日本美容外科学会(JSAS)理事で専門医の久次米 秋人総院長をはじめとし、日本美容外科学会(JSAS)の専門医の久次米 秋人医師、磯野 智崇医師、浪川 浩明医師、玉田 洋医師、辻 奈央医師、日本麻酔科学会の麻酔科専門医の遠山 貴之医師、日本形成外科学会の形成外科専門医の新妻 克宜医師、野本 俊一医師、中川 由美子医師、望月 香奈医師、外崎 麻里医師、日本外科学会の専門医の児玉 肇医師、宮田 洋佑医師、島田 茂孝医師、日本脳神経外科学会専門医の帯包 雄次郎医師などによって監修されています。

お肌のメニュー

共立美容外科で受けられるニキビ・ニキビ跡の施術

共立美容外科

共立美容外科・歯科|イオン導入のページをご覧の皆様へ

このページでは、イオン導入についてご確認頂けます。共立美容外科・歯科の美容整形は、一人一人大切にコミュニケーションをとりながら、医師や看護師が一人一人思いやりを持って、患者さまの立場に立った美容外科手術を行うことを信念としています。脂肪吸引や豊胸、脱毛、歯科など、1989年に開院し、約30年に渡り美容医療を提供させていただいてきた、全国に24院ある、美容整形クリニックです。美容外科とはドクターひとりで行うものではありません。私たちとあなたとが信頼関係を築き二人三脚で行うもの。充分にコミュニケーションをとり、美容整形を通してあなたの夢に近づけていきます。