しみ、そばかす、肝斑、色素沈着の治療にハイドロキノン(塗り薬)

日本美容外科医師会認定医院

美容外科 歯科 美容皮膚科

診療時間10:00〜19:00

0120-500-340
全国24院共通
menu

しみ、そばかす、肝斑、色素沈着ハイドロキノン(塗り薬)

しみ、肝斑、そばかす、ニキビ跡、炎症後色素沈着、レーザートーニングの治療のスペクトラレーザー

しみ、そばかす、肝斑、色素沈着

ハイドロキノン(塗り薬)

ハイドロキノン

ハイドロキノン

ハイドロキノンとは、しみやそばかす、肝斑、くすみの治療用の塗り薬です。

しみやそばかす、肝斑、くすみの原因となるメラニン色素の生成を抑えます。

ただし、効果には個人差があります。

このような方に向いています

このような方に向いています

  • しみを治したい方
  • そばかすを治したい方
  • 色素沈着を治したい方
  • ニキビ跡の色素沈着を治したい方
  • くすみを治したい方
  • 黒ずみを治したい方
  • 肝斑を治したい方
  • 体のしみを治したい方
  • 体の黒ずみを治したい方
  • ホームケアで治したい方
  • ホームケアを併用して治したい方

ハイドロキノンの治療の仕組み

メラニン色素を破壊します

ハイドロキノンを使用した、しみやそばかす、肝斑、くすみ治療の仕組みを簡単にご説明します。

メラニン色素が生成される仕組み

メラニン色素が生成される仕組み

皮下は、表皮と真皮に分かれます。表皮と真皮の層の間に、メラニン色素を生成するメラノサイトがある基底(きてい)層があります。

また、表皮は、さらに角質層、透明層、顆粒(かりゅう)層、有棘(ゆうきょく)層に分かれています。表皮は0.2mmと薄く、表皮にはケラチノサイト(角化細胞、かくかさいぼう)と呼ばれる細胞があります。

ケラチノサイトが女性ホルモンや日光の紫外線の影響で刺激を受けると活性酸素が発生します。活性酸素が過剰に分泌されてしまうと、過剰に分泌された活性酸素から肌を守るために、情報伝達物質は基底層にあるメラノサイトに対してメラニン色素を生成するようにシグナル(信号)を出します。

シグナルを受けたメラノサイトは、メラニン色素を生成します。メラニン色素は黒色や茶色い色をしています。

ターンオーバー

ターンオーバー

メラニン色素は紫外線やさまざまな刺激から細胞を守るために生成されます。

表皮は約28日〜56日かけてターンオーバー(入れ替わり)が行われます。基底層で生まれた細胞は形を変えながら皮下の上に上がっていき、最後は垢(あか)、角質となって剥がれ落ちます。

そのため、生成されたメラニン色素は、産出されてもターンオーバーをして、外に排出されます。

ケラチノサイトにメラニン色素が滞留

ケラチノサイトにメラニン色素が滞留

ターンオーバーの周期は28日から56日と幅がありますが、年齢を重ねるごとにターンオーバーにかかる時間は長くなります。20代の場合は、約28日ですが、 30代〜40代は45日程度になってしまいます。

そのため、年齢を重ねると、ターンオーバーの時間が長くなるので、メラニン色素が外に排出される前に新たに、メラニン色素が作られてしまうなどし、ケラチノサイトにメラニン色素が滞留してしまいます。その滞留してしまったメラニン色素がしみとなってしまいます。

また、メラニン色素が過剰に分泌された場合も、ターンオーバーの乱れとなり、ケラチノサイトに蓄積してしまい、しみとなります。

ハイドロキノンがメラニン色素の生成を抑制

ハイドロキノンがメラニン色素の生成を抑制

ハイドロキノンはメラノサイトに対して、しみやそばかすの原因となるメラニン色素の生成を抑制する働きがあります。

ハイドロキノンにより、メラノサイトでチロシンという物質からメラニン色素を生成する過程をブロックすることで、しみやそばかすを新たに作らせたり濃くしたりしないようにします。

皮膚はターンオーバーによって生まれ変わり、新たにしみやそばかすが作られないので、結果としてしみやそばかすが皮膚から少なくなります。

ハイドロキノンを例えると・・・

ハイドロキノンを例えると・・・

スハイドロキノンを例えるなら、漂白剤(ひょうはくざい)です。このようにイメージするとわかりやすいかもしれません。

ハイドロキノンの保存方法

ハイドロキノンの保存方法

ハイドロキノンは、ご自宅の冷蔵庫で保管していただきます。

ハイドロキノンの留意点

ハイドロキノンの留意点

ハイドロキノンは、濃度が高かったり、塗布する量が多すぎると、皮膚を刺激してしまい、赤みやかゆみが生じる場合があります。

アスコルビン酸を配合

アスコルビン酸を配合

共立美容外科のハイドロキノンには、アスコルビン酸を配合しています。アスコルビン酸はビタミンCとしてはたらく有機化合物です。

ビタミンCはメラニン色素の生成を遅らせる作用があると言われています。

ハイドロキノンの使用方法

ハイドロキノンの使用方法

ハイドロキノンは5%と10%の2種類をご用意しています。夜、就寝前に1回、しみ、そばかす、色素沈着、肝斑の気になる個所に塗布します。また、ハイドロキノンは、顔以外にも体にも使用することができます。

5%のハイドロキノンは主に顔に、10%のハイドロキノンは主に体に使用します。

ハイドロキノンの料金

料金 ハイドロキノン5%(アスコルビン酸7%含有)/5g ¥4,000

ハイドロキノン10%(アスコルビン酸14%含有)/5g ¥4,500

料金に関する詳細が知りたい方

  • 表示料金は全て税込みの金額です。

クレジットカードや、医療ローンもご利用いただけます。

クレジットカード

カードや分割払いが可能です。

※取り扱いカードは、VISA、マスター、 JCB、アメックス、DC、ダイナースです。
※クリニックによって取り扱いカードが異なる場合がございます。
※手数料は不要です。

医療ローン

医療ローンもご利用いただけます(月々のお支払い5,000円〜)

※審査があります。
※医療ローン会社に手数料を払う必要があります。
※利用可能なローンは、ジャックス、オリコ、アプラス、フレックスです。
※手数料は不要です。

日本美容外科学会 学会長としてのご報告

第107回日本美容外科学会 学会長就任

2019年4月に行われた、第107回日本美容外科学会で共立美容外科・歯科CEO兼総括院長の久次米秋人が務めました。

当学会では、2日間にわたり、特別講演やシンポジウムなど30ものプログラムを通して、国内外から参加した登壇者と参加者とが一丸となり、美容医療の発展に寄与しました。

当院としても、移り変わる社会からの美容医療への要求に対して、お応えできるよう日々研鑽(けんさん)を積んでまいります。

その他の共立美容外科の取り組み

共立美容外科の取り組み

共立美容外科では、患者様が通いやすいような各院の立地選びから、リラックスして院内で過ごしていただくための環境作りを始めとして、患者様にご満足いただけるようなサービスや、技術の向上に力を入れております。

このページの内容は医師によって監修されています

医師による監修

このページは、医療的な内容が含まれ、専門性を有するページとなっています。そのため、医師免許を持った共立美容外科の医師陣が監修し製作しています。

例えば、日本美容外科学会(JSAS)理事で専門医の久次米 秋人総院長をはじめとし、日本美容外科学会(JSAS)の専門医の久次米 秋人医師、磯野 智崇医師、浪川 浩明医師、玉田 洋医師、辻 奈央医師、日本麻酔科学会の麻酔科専門医の遠山 貴之医師、日本形成外科学会の形成外科専門医の辻野 一郎医師、新妻 克宜医師、野本 俊一医師、中川 由美子医師、望月 香奈医師、外崎 麻里医師、日本外科学会の専門医の児玉 肇医師、宮田 洋佑医師、島田 茂孝医師、日本脳神経外科学会専門医の帯包 雄次郎医師などによって監修されています。

お肌のメニュー

共立美容外科で受けられるシミ・そばかすの施術

共立美容外科

共立美容外科|ハイドロキノン(塗り薬)のページをご覧の皆様へ

このページでは、ハイドロキノン(塗り薬)についてご確認いただけます。ハイドロキノン(塗り薬)とは、しみやそばかす、肝斑、くすみの治療用の塗り薬です。しみやそばかす、肝斑、くすみの原因となるメラニン色素の生成を抑えます。