シミ、そばかす、肝斑、くすみ、トーニング治療のピコドリーム(ピコレーザー)

日本美容外科医師会認定医院

美容外科 歯科 美容皮膚科

診療時間10:00〜19:00

0120-500-340
全国24院共通

シミ、そばかす、肝斑、くすみ、トーニング治療ピコレーザー -ピコドリーム-

シミ、そばかす、肝斑、くすみ、トーニング治療 シミ、そばかす、肝斑、くすみ、トーニング治療

シミ、そばかす、肝斑、くすみ、トーニング治療

ピコレーザー -ピコドリーム-

ピコドリームとは

ピコドリームとは

Pico Dream(ピコドリーム)は、2波長のレーザーを搭載した、ピコレーザーの医療機器です。ピコレーザーは主に、シミ、そばかす、肝斑、肌を明るくするトーニング、太田母斑、入れ墨除去の治療に使われます。

衝撃波で色素を破壊

衝撃波で色素を壊す

PicoDream(ピコドリーム)は、ピコ秒「1兆分の1秒」という超短時間でレーザー光を照射します。

ピコドリームのレーザー光は、熱作用ではなく、衝撃波によってシミ、そばかす、肝斑などの色がついている等の黒色や茶色の色素を極小レベルまで粉砕します。

熱による肌ダメージを与えないので、痛みや炎症後色素沈着のリスクが軽減され、ダウンタイムの心配もほとんどありません。

このような方に向いています

このような方に向いています

  • シミを治したい
  • 肝斑を治したい
  • 肌を明るくしたい
  • トーニングをしたい
  • 太田母斑を治したい
  • ほくろを取りたい
  • そばかすを治したい
  • ニキビ跡を治したい
  • 毛穴を引き締めたい
  • シワを治したい

ピコドリームとQスイッチレーザー

ピコドリームとキュースイッチレーザー

ピコドリームは、レーザー光の衝撃波でシミ、そばかす、肝斑などの茶色や黒色の色素を破壊して治療します。

同じレーザーの光でシミやそばかす、肝斑を治療する医療機器に「Q-switched(Qスイッチ)レーザー」と呼ばれる医療機器があります。 Qスイッチレーザーはレーザー光の衝撃波ではなく、熱エネルギーで茶色や黒色の色素をなくします。

Q-switched laser(キュースイッチレーザー)で代表的なレーザーは、
ヤグレーザー(Yag laser)
アレキサンドライトレーザー(Alexandrite Laser)
ルビーレーザー(Ruby Laser)
があります。

レーザーの光(熱)と衝撃波

Qスイッチレーザーはレーザー光のエネルギーを熱に変換して、熱で色素を無くすのに対して、ピコレーザーはレーザー光のエネルギーを光熱作用ではなく、光音響作用で瞬時に黒色や茶色の色素を粉々にして、シミや肝斑、そばかすなどの黒色や茶色の色素を治療します。

医療機器のレーザーの波長

医療機器のレーザーの波長

ピコドリームとQスイッチレーザー(ルビーレーザー、アレキサンドライトレーザー、ヤグレーザー)はそれぞれ照射する波長が違います。

波長はnm(ナノメートル)という単位で表されます。ナノメートルは10億分の1メートルです。

ピコドリームとヤグレーザーは1064nm(ナノメートル)と532nmの2つの波長を出すことができます。一方で、アレキサンドライトレーザーは755nm、ルビーレーザーは694nmになります。波長の長さにより、皮膚への浸透具合が変わります。

1064nmと532nmの2つの波長

1064nmと532nmの2つの波長

ピコドリームは、真皮などの皮膚の深い層の色素をターゲットとする1064nmと、表皮などの皮膚の浅い層の色素をターゲットとする532nmの2つの波長を出すことができます。

つまり、皮膚の浅い層と深い層の両方の茶色や黒の色素を破壊し、シミ、そばかす、肝斑、太田母斑、あざを治療することができます。

-深い層- -浅い層-
ほくろ
日焼けによるシミ
老人性のシミ
そばかす
肝斑
太田母斑
扁平母斑
茶あざ
老人性色素斑
炎症性色素沈着

パルス波形

パルス波形

シミやそばかす、肝斑治療などで使われる医療機器は、レーザー光で茶色や黒色の色素を破壊して治療します。レーザー光はパルス波形という波をうって照射されます。

ヤグレーザー、アレキサンドライトレーザー、ルビーレーザーなどのQスイッチレーザーは10億分の1秒(ナノ秒)の幅で照射されるのに対して、ピコドリームはナノ秒の1000分の1の、1兆分の1(ピコ秒)で照射されます。

痛みはほとんどありません

痛みはほとんどありません

ピコドリームはQスイッチレーザー(ナノ秒)の1000分の1という短い時間にエネルギーを閉じ込めています。そのため、その分Qスイッチレーザーよりエネルギーを凝縮することができるので、強いエネルギーを照射することができます。

強いエネルギーですが、1秒間の1兆分の1しかエネルギーを感じないため、痛みはほとんどありません。

茶色や黒色の色素を粉々に

茶色や黒色の色素を粉々に

ピコドリームは1秒間の1兆分の1というとても短い時間でエネルギーを与えます。1兆分の1秒というとても短い時間にエネルギーが凝縮されているので、エネルギーがとても強く、衝撃波が生まれます。

この衝撃波で茶色や黒色の色素を破壊します。

茶色や黒色の色素を粉々に

シミやそばかすなどの色素を石に例えると、ピコドリームのレーザー光が当たると、色素は衝撃波によって小石や砂利(じゃり)よりも小さい、砂のように細かい粒子になります。

砂のように粉々になった色素は貪食細胞(どんしょくさいぼう)といわれる白血球の一種に食べられて体外に照射されます。

色素はピコドリームによってとても小さく粉々にされるので、そのぶん貪食細胞が食べやすくなるので、体外に排出されやすくなります。

ピコトーニング

ピコトーニング

ピコドリームは、ピコトーニングを行うことで、肌を明るくすることができます。ピコトーニングとは、1秒間に7〜10回程度のレーザーを顔全体に当てる治療方法になります。

ピコトーニングは、Qスイッチレーザーで行うレーザートーニングより強いエネルギーで行うことができます。

また、強いエネルギーですが、Qスイッチレーザーのように熱ではなく衝撃波で色素を破壊していくので、色素沈着などのおそれはほとんどありません。

茶色や黒色の色素を粉々に

紫外線に当たったり、年齢を重ねると表皮と真皮の間の基底層(きていそう)にあるメラノサイトという組織にシミの原因となるメラニンが過剰に蓄積されてしまいます。

顔全体にレーザーを当ててトーニングすることで、メラニン色素を破壊することができ、細かいシミや、くすみをなくすことができます。

また、古くなって表面に垢(あか)や角質となってでてきたよごれにもレーザーが反応し、汚れをなくすことので、肌を明るくすることができます。

肝斑

肝斑

ピコドリームは、肝斑の治療を行うこともできます。

肝斑は強い刺激を与えてしまうと、余計に濃くなってしまいますが、ピコドリームのピコトーニングはエネルギーを肝斑に均一に当てることができるので、強すぎる刺激を与えずに、肝斑の色素を破壊することができます。

医療機器のレーザー光の型

レーザー光の型

レーザー光にはガウシアン型とトップハット型の2つの型があります。

ガウシアン型

ガウシアン型

ガウシアン型は、この図のように山なりの形をしています。レーザー光が強すぎる個所や弱すぎる個所などまばらに存在しています。

弱すぎるレーザー光が当たると効果がでませんし、逆に強すぎるレーザー光を当ててしまうと、刺激が強すぎて肝斑がかえって目立ってしまったり、本来はレーザーのエネルギーを加えたくない周辺組織にもダメージを与えてしまう場合があります。

トップハット型

トップハット型

一方のピコドリームのレーザー光の型はトップハット型という、レーザー光が均一に当たる型をしています。

レーザー光を均一に当てることができるので、周辺組織にダメージを与えづらく、狙った個所に狙った強さでレーザー光を当てることができます。

刺激を与えすぎると目立ってしまう肝斑の治療も丁寧に行うことが可能です。

シミ(顔全体)・ソバカス・くすみ

シミ(顔全体)・ソバカス・くすみ

顔全体のシミ、そばかす、くすみを治療する場合、ピコトーニングを行います。

治療期間を4週間ほどあけて、状態にもよりますが、4〜6回程度行います。

部分的にあるシミ

部分的にあるシミ

顔全体にあるシミではなく、部分的にあるシミは、その部分にのみ、スポットを当てて治療します。濃さや程度によりますが、おおよそ、5㎜程度のシミで2〜3ショット、レーザー光を照射します。

治療回数は1回から6回程度です。治療間隔は4週間ほどあけて行います。

背中のシミ

背中のシミ

背中のシミを治療する場合、ピコトーニングを行います。

治療期間を4週間ほどあけて、状態にもよりますが、4〜6回程度行います。

3つのポイント

3つのポイント

1. 10段階で調整可能
2. セブンジョイントガイドアーム
3. フラクショナルヘッド

ポイント1

10段階で調整可能

10段階で調整可能

ピコドリームは1秒間に1回から10回レーザー光を照射できるよう10段階で設定することができます。

また、レーザー光の直径は1㎜から10㎜の10段階で細かく設定可能です。

ポイント2

セブンジョイントガイドアーム

セブンジョイントガイドアーム

ピコドリームのアームは、セブンジョイントガイドアームと呼ばれ、360度自由に回転することができます。自由な角度と自由な距離でレーザーを照射しやすいよう、医師が使いやすいように作られています。

ポイント3

フラクショナルヘッド

フラクショナルヘッド

ピコドリームのレーザー光がでるヘッドをフラクショナルヘッドに付け替えると、フラクショナルレーザーとして使用することができます。

フラクショナルヘッド

フラクショナルヘッドに付け替えると、レンズから六角形のレーザー光が照射され、衝撃波で真皮に小さい穴を1回のレーザー光の照射で184個程度の穴を真皮付近に空けて、真皮付近を傷ついた状態にします。

傷ついた状態を治そうと、人間の体が自然治癒する過程でコラーゲンが生成され、皮膚がひきしまったり、傷跡がぼけてなくなったり、凹みも薄くなったりする効果があるので、ニキビ跡やシワ治療、毛穴の開きの治療に使うことができます。

クレジットカードや、医療ローンもご利用いただけます。

クレジットカード

カードや分割払いが可能です。

※取り扱いカードは、VISA、マスター、 JCB、アメックス、DC、ダイナースです。
※クリニックによって取り扱いカードが異なる場合がございます。
※手数料は不要です。

医療ローン

医療ローンもご利用いただけます(月々のお支払い5,000円〜)

※審査があります。
※医療ローン会社に手数料を払う必要があります。
※利用可能なローンは、ジャックス、オリコ、アプラス、フレックスです。
※手数料は不要です。

ピコドリーム(ピコレーザー)の概要

料金 ■しみ取り
1箇所 ¥9,100〜¥100,000

■ピコドリームトーニング
<顔全体>(目の近くを除く)
1回 ¥19,000
6回コース ¥100,000(約¥16,667程度/1回あたり)
10回コース ¥158,000(¥15,800/1回あたり)
※1回あたり約2500ショット〜4000ショット

<背中上部>
初回 ¥42,000
6回コース ¥223,000(約¥37,167程度/1回あたり)
10回コース ¥325,000(¥32,500/1回あたり)
※1回あたり約4000ショット〜5000ショット

■ピコドリームフラクショナル
<顔全体>(目の近くを除く)
1回 ¥30,000
6回コース ¥168,000(¥28,000/1回あたり)
10回コース ¥260,000(¥26,000/1回あたり)

料金に関する詳細が知りたい方

  • 表示料金は全て税抜きの金額です。
  • 表示料金は目安の金額となります。
  • 術後のアフターフォローもしっかりしております。追加料金は一切かかりません。いつでもご遠慮なく、担当医にご相談ください。

日本美容外科学会 学会長としてのご報告

第107回日本美容外科学会 学会長就任

2019年4月に行われた、第107回日本美容外科学会で共立美容外科・歯科CEO兼総括院長の久次米秋人が務めました。

当学会では、2日間にわたり、特別講演やシンポジウムなど30ものプログラムを通して、国内外から参加した登壇者と参加者とが一丸となり、美容医療の発展に寄与しました。

当院としても、移り変わる社会からの美容医療への要求に対して、お応えできるよう日々研鑽(けんさん)を積んでまいります。

その他の共立美容外科の取り組み

共立美容外科の取り組み

共立美容外科では、患者様が通いやすいような各院の立地選びから、リラックスして院内で過ごしていただくための環境作りを始めとして、患者様にご満足いただけるようなサービスや、技術の向上に力を入れております。

このページの内容は医師によって監修されています

医師による監修

このページは、医療的な内容が含まれ、専門性を有するページとなっています。そのため、医師免許を持った共立美容外科の医師陣が監修し製作しています。

例えば、日本美容外科学会(JSAS)理事で専門医の久次米 秋人総院長をはじめとし、日本美容外科学会(JSAS)の専門医の久次米 秋人医師、磯野 智崇医師、浪川 浩明医師、玉田 洋医師、辻 奈央医師、日本麻酔科学会の麻酔科専門医の遠山 貴之医師、日本形成外科学会の形成外科専門医の新妻 克宜医師、野本 俊一医師、中川 由美子医師、望月 香奈医師、外崎 麻里医師、日本外科学会の専門医の児玉 肇医師、宮田 洋佑医師、島田 茂孝医師、日本脳神経外科学会専門医の帯包 雄次郎医師などによって監修されています。

お肌のメニュー

共立美容外科で受けられるシミ・そばかすの施術

共立美容外科

ピコドリーム -ピコレーザー-についてのページをご覧の皆様へ

このページでは、ピコドリーム(picodream)という、ピコレーザーの一種の医療機器についてご確認いただけます。ピコドリームは、ピコ秒のレーザー光を照射することができ、真皮や表皮にある黒色や茶色の色素を衝撃波によって破壊することができます。一兆分の一秒というとても短い時間にエネルギーを凝縮するため、エネルギーを感じても痛みはほとんど感じません。顔全体のシミや、部分的な少し大きいシミ、そばかす、太田母斑、入れ墨除去の治療で使われます。また、均一にエネルギーを出せるため、肝斑治療も行うことが可能です。また、顔全体にレーザー光を照射することで、肌を明るい印象にすることができる、ピコトーニング(レーザートーニング)も行うことが可能です。トーニングは1回でも効果はありますが、6回から8回程度行うことを推奨しています。ただし、効果には個人差があります。