英語 中国簡体 中国繁体 韓国語

エラ・あご・頬骨長い・出ている顎(あご)の整形

受け口の改善受け口の改善

長い顎、曲がっている顎
割れている顎の小顔形成

オトガイの骨切り・骨削り術

下顎(オトガイ、しゃくれ)の輪郭形成

下顎(オトガイ、しゃくれ)の輪郭形成

オトガイ、しゃくれの輪郭形成は、顎が長かったり、曲がっていたり、顎先が割れていることでお悩みの方向けの手術になります。
また、顎変形症の方の治療にも対応できる手術です。

顎の骨に外科的手術を加えて、骨を短くし、面長の輪郭を小顔になるようにする美容整形手術です。

顎を切って顎先を移動させて小顔にする場合と、顎を削って短くしたり、顎先をシャープにしたり、左右対称にしたりする場合の2つの方法があります。

オトガイとは

オトガイとは

「オトガイ」と聞くと聞きなれない方も多いと思いますが、オトガイとは、下あごの先端の骨の事を言います。

オトガイは、進化の過程で言語を話すために発達し形成されたといわれ、人間にしかない部位になります。
そして、オトガイは、顔の美しさを作る黄金比を構成する重要なパーツの一つです。

輪郭の黄金比

輪郭の黄金比

輪郭には「黄金比」と言われる美しさを構成する比率があります。

顔全体の黄金比は、この画像の左側のように、「髪の生え際から、鼻の付け根まで(a)」と「鼻の付け根から鼻の底辺まで(b)」と「鼻の底辺から下顎の先端まで(c)」のa,b,cが1:1:1と同じ長さになると美しいと言われています。

また、口回りの黄金比は、この画像の右側のように「鼻の底辺から下唇の底辺まで(d)」と「唇の底辺から下顎の先端まで(e)」のd,eが1:1と同じ長さになると美しいと言われています。

ただ、昨今では、より小顔に見せたいという需要から、dよりeの長さを短くしたいという方が増えています。

オトガイ、しゃくれの輪郭形成

オトガイ、しゃくれの輪郭形成

顎の先端をカットして中抜きして、余分な下顎の骨を切除して下顎を縮める「中抜き」という方法と、下顎の先端から、ひたすら骨を削っていき下顎の形を整え、小顔を形成する「削り」という方法の2つの方法があります。

削る方が手間もかかりますが、どの角度から見ても綺麗な輪郭を形成することができるので、術後の精度は高くなります。

イメージで例えるなら、「中抜き」が寄木細工で、「削り」が一本木細工になります。

下顎の中抜き手術

下顎の中抜き手術

下顎の一部を除去して縮める中抜きという手術方法を解説します。
中抜きの手術方法は、下顎を削る方法より短時間で済みますが、削る方法に比べて精度が落ちてしまうデメリットがあります。

Dr.浪川

Dr.浪川

私、共立美容グループの副院長の浪川が解説します。

中抜きは、削る方法に比べ、精度が落ちてしまうため、あまり行いませんが、下顎が極端に前出ていたり、曲がっていたりする場合、いわゆる「しゃくれ」と言われる状態や、下顎が極端に後ろに下がっている場合は、削りだけでは、どの方向から見ても綺麗な輪郭を形成することができないため、中抜きの手術方法を行います。

下顎が極端に前出ている場合

下顎が極端に前出ている場合

顎が極端に前に出ていたり、曲がったりする場合、矯正などでは治らず、骨格的な治療が必要になります。

下顎の骨を後ろに下げると同時に、顎の長さを短くします。

手順

手順

1.中抜きする為に、下顎をカットするラインにミシン目を入れて、骨を除去しやすくします。

2.余分な骨を除去します。
オトガイと呼ぶ、下顎の先端部分(a)は、顎先を形成する為に残します。

3.オトガイ(a)を上に上げて、頭蓋骨にくっつける作業をします。

手順

4.オトガイ(a)を後ろに少しずらして、頭蓋骨とチタンミニプレートを使用して接合します。
このとき、頭蓋骨と、オトガイ(a)との接合部分に段差が出来てしまいます。

5.綺麗なフェイスラインにするために、段差を削ります。

ポイント:
ただ段差を削るだけではなく、どの方向から見ても綺麗な小顔の輪郭にするために、共立式MWO法ではエラの方まで顎下を削り、フェイスラインを形成します。

6.完成

下顎が極端に後ろに下がっている場合

下顎が極端に後ろに下がっている場合

顎が極端に後ろに下がっている場合、睡眠時無呼吸症候群が生じる場合があります。
そのため、顎が後ろに下がっていると、健康上の問題も生じる場合があります。
そのため、当院では、見た目だけでなく機能面も重要視して、骨格的治療をを行います。

下顎の骨を前に持ってくると同時に、顎の長さを短くし、小顔を形成します。

手順

黄金比

1.中抜きする為に、下顎をカットするラインにミシン目を入れて、骨を除去しやすくします。

2.余分な骨を除去します。
オトガイと呼ぶ、下顎の先端部分(a)は、顎先を形成する為に残します。

3.オトガイ(a)を上に上げて、頭蓋骨にくっつける作業をします。

黄金比

4.オトガイ(a)を前に少しずらして、頭蓋骨とチタンミニプレートを使用して接合します。
このとき、頭蓋骨と、オトガイ(a)との接合部分に段差が出来てしまいます。

5.綺麗なフェイスラインにするために、段差を削ります。

ポイント:
ただ段差を削るだけではなく、どの方向から見ても綺麗な小顔の輪郭にするために、共立式MWO法ではエラの方まで顎下を削り、フェイスラインを形成します。

6.完成

下顎の「削り」の手術

下顎の「削り」の手術

下顎をひたすら削っていき、小顔形成する手術方法を解説します。
中抜きの手術方法に比べとても時間はかかりますが、その分、精度が高くなります。

どの方向から見ても綺麗なフェイスラインになるように、線型方程式ではなく、非線形方程式のイメージで丹念に下顎を削ります。

共立式MWO法

共立式MWO法

下顎を削る場合、ただ単に顎先を削る手法もありますが、それでは顎先がシャープになりません。

そのため、当院では共立式MWO法というどの方向から見ても綺麗なフェイスラインにする削りの方法を取っており、顎先から、エラの方まで顎下全体を削ります。

単に顎先を削る場合

単に顎先を削る場合

単に顎先を削る場合の問題点を解説します。
顎先を短くしたいからといって、単に顎先だけを削ってしまうと、綺麗なフェイスラインを形成することができません。

単に顎先を削る場合

顎削りの手術は大掛かりの手術のため、基本的に1回勝負の手術になります。
そのため、1回の手術で丹念に顎下を削ることが、綺麗な仕上がりにするポイントです。

単に顎先を削る場合

顎先を削るだけの場合、顎の両サイドに角度がついてしまい、輪郭が丸くなってしまい、シャープな顎になりません。

顎先をシャープにするためのポイント

顎先をシャープにするためのポイント

丸顔にするのではなく、顎先をシャープにする場合、この画像の赤い部分も削ります。
顎先から、エラの奥の方まで丁寧に削っていき、綺麗なフェイスラインを形成します。

削る量が必然的に多くなるので、手間隙と時間がとてもかかります。
労力をかける分、個人差はありますが、患者様の満足度も高くなる傾向にあります。

Vライン

Vライン

顔の骨が小さくなるので、小顔になり、そして顎先がシャープになるので、Vラインが形成されます。
削った場合はテープによる圧迫固定は3〜4日程度になります。

骨の厚みを削りVラインを形成

骨の厚みを削りVラインを形成

Vラインを形成する為に、ただ顎先の骨を削るのではなく、エラの方まで、顎の骨を三次元に球面上に削ります。

そうすると、フェイスラインに向かってだんだんと骨が薄くなるので、骨の厚みがあるところと薄くなるところで厚みに綺麗なカーブを持たせることができるので、卵を逆さにしたような球面上のVラインを形成することができます。

このように骨の厚みを球面上に削る事でどの方向から見ても綺麗な輪郭にすることが可能です。

共立式MWO法のエラと顎の骨の削り方を動画で解説

どの方向から見ても綺麗な輪郭になるように削る「共立式MWO法」のエラと顎の骨の削り方を新宿本院の浪川院長が頭蓋骨の模型を実際に削って動画で解説しています。

手術後の仕上がりのイメージを360度から確認

長い顎を短くする小顔形成手術の術前術後のイメージ動画です。

実際に浪川院長が実際の手術道具で模型を削りました。

この動画では、手術後の顔の骨のイメージを360度からご確認いただけます。

曲がっている顎を整える場合や顎変形症の治療も同様の方法でご対応することが可能です。

    • 浪川医師

      次は、写真で解説します。
      右の写真が顎を削る前、左の写真が顎を削った後です。
      小顔に見えるように顎先からエラの奥まで削ります。

正面

正面

顎だけを短くするのではなく、フェイスラインがVラインになるように、顎の先端から耳の付け根のあたりまで、骨を削ります。

ただ、骨を削るのではなく、骨の厚みを丸みが出るように球面上に削る事で、どの方向から見ても綺麗な輪郭にすることができます。

執刀医は利き手があるので、左右のバランスを取りながら削る事は難しいですが、豊富な経験をもとに、仕上がりをイメージして左右対称になるように削ります。

斜め

斜め

ただ顎先を短くする場合、卵型にならず、フェイスラインの途中で角度が変わり将棋の駒を逆さにしたようなフェイスラインになってしまいますが、共立式MWO法では、耳の付け根の方まで骨を削るので、斜めから見ても小顔の印象になります。

また、フェイスラインもデコボコがなく、綺麗な曲線になっています。

横

横から見ると卵型に近い曲線になっています。
写真だと平面なので奥行きが伝わりませんが、フェイスラインにデコボコがなく、綺麗な曲線になっています。

また、骨の厚みも削っているので、横から見ても小顔に見えます。

斜め後ろ

斜め後ろ

どの方向から見ても小顔に見えるように、骨の厚みを球面上に三次元を意識して削っているので、斜め後ろから見ても、小顔の印象になります。

髪をポニーテールにした時も綺麗な輪郭を見せることができます。

後ろ

後ろ

顎を短くし骨の厚みを削った分、後ろから見ても、小顔に見えます。

    • 浪川医師

      ただ、顎を短くするだけでは綺麗なフェイスラインを作ることはできません。
      三次元を意識して仕上がりをイメージして削らないと、術後の仕上がりに大きく差がつきますよ。

お一人お一人に合わせてカスタマイズ

お一人お一人に合わせてカスタマイズ

一人一人の患者様のご希望に応じて、顎の長さを調整することが可能です。
ご希望をカウンセリングで医師にご相談ください。

削る量が大きければ大きいほど、手間隙と時間がかかります。
小顔にしたい分だけ、削る量も多くなります。

顎が曲がっている場合(顎変形症等)

顎が曲がっている場合(顎変形症等)

顎が曲がっている場合や、顎変形症で顎が歪んでいたりする場合も顎下を削ることで、左右対称に近づけることが可能です。

その場合、顎下全体を顎先からエラの方まで丁寧に削り込みます。

また、左右対称に近づけると同時に顎先をシャープにし小顔を形成します。

顎先が割れている場合

顎先が割れている場合

顎の先端の骨は中心が凸の字のように前に盛り上がっていて、その両サイドが凹んでおり、波をうっています。

盛り上がっている部分を「オトガイ隆起」といい、凹んでいる部分の淵のあたりをオトガイ結節と言います。

顎先が割れている場合

オトガイ結節が発達している場合、顎が果物のピーチ(桃)のような形になります。
いわゆる顎先が割れている状態になります。

顎がピーチ型でお悩みの方の場合も、顎先を削るだけで、顎先をシャープにすることができます。

共立式MWO法 オトガイ形成とは

オトガイ形成とは

共立美容外科では、ただ顎の骨を削るのではなく、どの方角から見ても綺麗に見えるようにする共立式MWO法という方法でオトガイ形成を行っています。

そして美容外科だけでなく、口腔外科や麻酔科と連携したチーム医療で行っています。
CT検査も導入し、3Dを使用し事前にシミレーションしています。

骨を切ったり削ったりする際は、口の中からアプローチするので、傷跡は外からはわかりません。

また、こだわりぬいた医療機器を使用して手術を行っています。

共立式MWO法や使用する医療機器など当院の詳しい輪郭形成術についてはコチラの輪郭形成の総合ページをご覧ください。

浪川院長の輪郭形成の骨削りの手術動画

新宿本院の浪川院長の輪郭形成術、共立式MWO法骨削りの手術動画です。

浪川院長にフォーカスして撮影しています。
患者さまは映っていません。

顔全体の骨格を考えて手術を行う

顔全体の骨格を考えて手術を行う

オトガイ形成の手術をする際、医師は手元に目が行きがちで、手術後の顔全体のバランスを考えながら顎の骨を削ることは中々難しいです。

手術中、手元にだけ目がいってしまい、顎の骨だけを削ってしまうと、かえって顎が目立ってしまう場合があります。

そのため、オトガイ形成の手術をする際は、綺麗な卵型の輪郭に近づけられるよう、手術後の顔全体のバランスを考えながら丁寧に削ります。

医師自身が、顔全体の骨格を考え手術後の輪郭をイメージして顎の骨を削ることが大切です。
そうする事で前・横・斜め、どの方向から見ても綺麗なバランスのいい仕上がりの輪郭に近づけることが可能です。

輪郭3点も行っています

輪郭3点

顎先、エラ、頬の3か所の骨を小さくする小顔整形術、「輪郭3点」も行っています。

輪郭3点といっても特別な手術方法ではなく、エラ、顎先、頬をセットで骨を小さくする小顔整形術です。

韓国で多く行われている手術方法です。

顔の大部分の骨を小さくするので、かなり小顔にすることができる手術方法です。

症例写真

    • 施術前

      施術前

    • 直後

      直後

    主なリスク、副作用等
    1. ◆ 数日間の腫れ、仕上がりまで3〜6ヶ月かかります。
    2. ◆ 2〜3日の休みがとれる時期が望ましいです。
    3. ◆ 症例は個人差があります。
    4. ◆ リスク・副作用に配慮して、丁寧に輪郭の整形(骨切り)の治療を行います。

共立式MWO法 顎の骨切り・骨削りの小顔形成の概要
保険適用外の自由診療・税抜き

手術料金(税抜き) 【長い顎を短く形成】
■下顎全体削り+Vライン形成
¥1,500,000~¥1,800,000
■中抜き法(オトガイを前or後ろに移動)
¥1,500,000~¥1,800,000

【曲がっている顎の改善】
■下顎全体削り+Vライン形成
¥1,500,000~¥1,800,000

【割れている顎先の改善】
■顎先削り
¥600,000~¥800,000

■輪郭3点(エラ、顎先、頬の3か所の骨を小さくする)
¥2,180,000~¥3,075,000
手術時間 60分~120分
通院回数 術後の状態により2~3回
回復までの期間 数日間の腫れ、仕上がりまで3~6ヶ月
カウンセリング当日の治療 不可
入院の必要性 日帰りが基本だが、場合によっては1泊必要な場合もある
制限事項 1週間の禁煙、シャワー翌日から可、入浴は3日後
仕事・外出 2~3日の休みがとれる時期が望ましい
その他特記事項 なし

料金に関する詳細が知りたい方

  • 表示料金は全て税抜きの金額です。
  • 表示料金は目安の金額となります。
  • 術後のアフターフォローもしっかりしております。追加料金は一切かかりません。
    いつでもご遠慮なく、担当医にご相談ください。

新型コロナウイルス感染症に対する院内の取り組み

新型コロナウイルス感染症に対する院内の取り組み

厚生労働省対策本部の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の見解(令和2年3月9日及び3月19日公表)を受けて、院内の備品、施設の消毒管理、外気の取り入れ(換気)、全てのスタッフの体調管理等を行っています。

詳しくは、下記ページをご覧ください。

共立美容外科で受けられるエラ・あご・頬骨の美容整形の施術

このページの監修医師

  • 医師 浪川 浩明(なみかわ ひろあき)

    医師

    浪川 浩明(なみかわ ひろあき)

    日本美容外科学会認定専門医

    • 略歴

      • 1991年
        帝京大学医学部医学科 卒業
        1991年
        東京厚生年金病院 形成外科入局
        2006年
        共立美容外科・歯科 入局
        2009年
        共立美容外科・歯科 新宿本院院長就任
        2009年
        共立美容グループ 副院長就任
        2020年
        共立美容グループ 総括院長就任
    • 主な加盟団体

      日本美容外科学会会員
      日本美容外科学会認定専門医
      日本形成外科学会会員
      日本顎顔面外科学会会員
      日本手の外科学会会員
      日本マイクロサージャリー学会会員
      日本職業・災害医学会会員

共立美容外科

共立美容外科・歯科|顎削りの骨切りのページをご覧の皆様へ

このページは2020年11月に最終確認をしています。
このページでは、オトガイの骨にアプローチする輪郭形成についてご確認いただけます。顎の先端の骨を削ったり切ったりすることで、曲がっている顎をまっすぐにしたり、長い顎を短くしたり、割れている顎をシャープにすることが可能です。また、引っ込んでいる顎を前に出すことも可能です。