お子様の二重整形(共立式二重埋没P-PL挙筋法)|美容整形なら共立美容外科

日本美容外科医師会認定医院

美容外科 歯科 美容皮膚科

診療時間10:00〜19:00

0120-500-340
全国24院共通
menu

二重・目もとの美容整形お子様の二重整形
共立式二重埋没P-PL挙筋法

腫れづらい、痛みの少ない二重手術 腫れづらい、痛みの少ない二重手術

腫れづらい、痛みの少ない
お子様の二重整形

小学生・中学生・高校生の
共立式二重埋没P-PL挙筋法

手術時間 約20分

はじめに

共立美容外科の二重の整形術

共立美容外科の二重の整形術は、とにかく痛くないようにすることを原則としています。共立美容外科に入職した医師全員に、総院長の久次米自ら『患者様には痛くしないようにすることを徹底すること』を伝え、指導しています。

痛くないようにすることは、技術面だけでなく、「思いやり」や「優しさ」の部分も大きいです。

お子様を担当させていただく場合、「大事なお子様を担当させていただく」という思いを胸に、とにかく痛くしないように思いやりを持って手術を行います。

思いやりのある二重手術

小さいお子様でも可能

当院では、目(上瞼)に柔らかく、やさしい、思いやりのある手術を心がけています。

お子様は手術で緊張されていると思いますので、リラックスしていただけるよう、医師以外にも看護師や受付スタッフな ど女性職員がこまめにお声がけをしています。

お子様の不安を取り除くために、手術中は親御様もご入室いただくことが可能です。

時間をかけるカウンセリングと術後のケア

時間をかけるカウンセリングと術後のケア

カウンセリングや手術後のケアにも、十分に時間を取るようにしております。カウンセリングでは、親御様にご同席いただいております。

また、親御様だけでなくお子様にもわかりやすいように手術方法を説明しています。特にお子様は痛みに敏感なので、痛くないように配慮していることをお伝えし、心理面の不安を取り除くようにしています。

楽しく手術をお受けいただけるような雰囲気つくりをしています。

逆さまつ毛の治療にも対応可能

逆さまつ毛の治療にも対応可能

共立美容外科の二重の整形は、お子様の逆さまつ毛の治療にもご対応可能です。

共立美容外科の二重の整形は痛みに配慮しているため全身麻酔ではなく、局所麻酔で行うことが可能なため、お子様の体に負担の少なく治療することができます。

腫れにも配慮しており、また入院も不要のため、学校がお休みの時にお受けいただくことが可能です。もちろん学校帰りにお受けいただけます。

逆さまつげとは

まつ毛が内向きに生えている

内向きのまつげ

「逆さまつげ」は、まつげが極端に内向きに生えている状態です。

まばたきをすると、まつげが眼球をこする

まばたきをすると、まつげが眼球をこする

まつ毛が内側に向いていると、瞬きをするたびに、まつ毛が眼球の表面をこするため、眼球に違和感を感じてしまいます。

眼球がまつ毛でこすれると、目やにが増えたり、弊害が重量化すると結膜や角膜が傷つき、視力にまで影響がでる場合もあります。

また、眼球にまつ毛が当たってしまい違和感があるとお子様は目をこすってしまい、目に負担をかけてしまう場合があります。

逆さまつ毛を改善するには・・・

逆さまつ毛を改善するには・・

逆さまつ毛を改善させるためには、眼球にこすらないように、まつ毛を外側に向ける治療を行う必要があります。

共立美容外科の二重の整形を行うと、目を開いた時に、まつげが上を向く(外側を向く)ので、眼球にまつ毛が当たらなくなり、逆さまつ毛を改善する事ができます。

共立美容外科は「美容」外科のため、ただ逆さまつ毛を治療するのではなく、見た目の美しさに配慮して逆さまつ毛を治療します。

簡単に言うと、逆さまつ毛と二重の手術を同時に行うことができるのです。

痛みに配慮している4つのポイント

痛みに配慮している4つのポイント

共立美容外科がお子様の二重の整形手術や逆さまつ毛の手術を行う際に、痛みに対して配慮している4つのポイントをご紹介します。

ポイント1

超極細の糸を使用

超極細の糸を使用

二重の整形を埋没法や挙筋法(きょきんほう)で行う場合、二重のラインがでるように瞼を糸で結びます。

お子様の二重の整形をする際の糸は、もともと血管の手術に使用されていた、超極細の糸を使用します。この糸は極めて細く、体内で分解されないのが特長です。

二重が長く保たれ、また伸びる糸のため糸の結び目が小さくすみますので、糸が目立たちにくく、自然な二重になるように手術を行うことが可能です。

ポイント2

超極細の注射針を使用

超極細の34Gの針

お子様の二重の整形で使用する麻酔の注射針は、とても針先が細い、34G(ゲージ)の注射針を使用します。

刺された時の感覚は、個人差がありますが、「ほとんど痛くない」といってもよいほどの感覚です。とても細い注射針なので、腫れや出血も出ないように抑えてくれます。

超極細の34Gの針

通常、二重の埋没法などの整形で使用する麻酔の注射針は30G(ゲージ)という、外径が0.3mmの針を使用することが一般的です。

お子様の二重の整形を行う場合、より一層痛みに注意するために、34Gという、外径が0.2mmの超極細の注射針を使用します。

ほとんど痛くないのが特徴ですが、麻酔液の注入量も結果的に少なくて済みますので全くと言っていいほど腫れない二重術になります。また針が細い事により内出血の可能性も非常に低くなりました。

現在、市販されているもので34Gが最小です。
※細さなどの比較のため横に楊枝を置いております。

23G 25G 30G 34G
外径 0.6mm 0.5mm 0.3mm 0.2mm
痛み 多い 多い 少ない 最小
麻酔量 多い 多い 少ない 最小
内出血 非常に
出やすい
出やすい 出にくい 最も
出にくい
ポイント3

こだわりのある麻酔

こだわりのある麻酔

共立美容外科は痛くない手術をモットーにしています。そのためお子様の手術をする際は麻酔にこだわり痛くないように手術を行います。

麻酔をする際は、どうしても注射で麻酔液を注入しなければならないので、麻酔の注射針が痛くないように、まず目薬の麻酔液をして、感覚を痛くないようにしてから麻酔の注射針を刺します。

また、麻酔の注射針を刺す際は優しくゆっくり痛くないように刺します。

ポイント4

不安を取り除く勉強会

不安を取り除く勉強会

お子様の痛みは不安や恐怖から来る場合が多くあります。本当はあまり痛くないのに、恐怖で痛いと思ってしまう場合があります。

そのため、お子様の心のケアに関して勉強会を行っています。医師だけでなく、看護師や受付スタッフ一人一人がお子様の不安を取り除くよう配慮しています。

お子様が楽しく手術に臨めるような雰囲気つくりに努めています。

瞼に糸を通す針

瞼に糸を通す針

瞼に糸を通す際の針は、お子様の瞼に負担を与えないように、とても細い針を使用します。

瞼に糸を通す針

瞼に針で糸を通す際も、優しくゆっくり痛くないように丁寧に通します。

衛生面に配慮

衛生面に配慮

お子様の二重の手術で使用する道具は、滅菌処理をしたものや使い捨てのものなど、衛生面に配慮されたものを使用しています。

使い捨ての医療用の糸

使い捨ての医療用の糸

瞼に通す細い糸は、医療用の使い捨ての糸を使用します。糸は滅菌された状態で使用されます。

お子様の大事な瞼に通す糸なので、衛生面に配慮されています。

使い捨ての注射針

使い捨ての注射針

瞼に麻酔液を注入する注射針は、衛生面に配慮されている使い捨ての注射針を使用します。

瞼に糸を通す使い捨ての針

瞼に糸を通す使い捨ての針

瞼に糸を通す針は、滅菌され衛生面に配慮されている使い捨ての医療用の針を使用します。

お子様の逆さまつげでお悩みの親御さまへ

内向きのまつげ

共立美容外科の場合は、痛くなく逆さまつげの治療ができるので、全身麻酔をせずに小さなお子様でもする事ができます。

また、美容外科なので、ただ治療をするだけでなく美を意識して治療をしますので、眼科とは違い仕上がりもかわいい目元になります。

内向きのまつげ

眼科が逆さまつげの治療で二重にする場合、まつげが目に入らないようにただ単に二重にしますが、当院は美容外科ですので、まつげが目に入らないようにすると同時に、見た目にもこだわり綺麗な二重する事ができます。

眼科や美容外科でも全身麻酔でないとできないというところがありますが、全身麻酔で眠ってしまうと、目を開いた時の確認ができないため、患者さんにしっかりと合った最適な二重にすることはできません。

内向きのまつげ

当院は麻酔にこだわり、痛みをほとんど感じないため、小さなお子様でも痛がらずに二重の整形を受けて頂く事ができるので、全身麻酔をする必要がなく、目を開いた状態もしっかり確認ができるので、患者様一人一人にあった最適な綺麗な二重にすることができます。

逆さまつげでお悩みのお子様をお持ちの方がいらっしゃいましたら、お気軽にご相談にいらしてくださいね。

7歳のお子様の症例写真

    • 手術前

      手術前

    • 手術直後

      手術直後

  • 主なリスク、副作用等
    1. ◆ 2〜3日程度泣いた後のような腫れがでる可能性があります。
    2. ◆ 手術後はご希望のラインより若干幅が広くなる場合があります。
    3. ◆ 症例は個人差があります。
    4. ◆ リスク副作用に配慮して、丁寧に二重の手術の治療を行います。

10歳のお嬢様からの手紙
〜さかさまつげの治療〜

10歳のお嬢様からの手紙

お子様の逆さまつげの体験談 その1

先日、娘が共立美容外科の福岡院で「切らないP-PL挙筋法」という方法で右目の逆さまつげの手術を久次米先生に行っていただきました。

実は、娘はちょうど一年前にも福岡院で同じ方法で左目の逆さまつげの手術をやはり久次米先生にお願いしております。

逆さまつげのトラブル

当時、娘の逆さまつげはとてもひどい状態で、特に左目は常にまつげが目に入り、しょっちゅう炎症を起こしていました。

その度に眼科に通院し、まつげを抜き、炎症をおさえる治療を受けましたが、根本的な治療法ではなく、やはり逆さまつげの手術が必要だと言われていました。

しかし、かかりつけの眼科では「年齢が低い」「状態によってはまぶたを切開する必要がある」という理由で手術を断られてしまい、他の眼科にも相談しましたが、やはり同じ理由で断られてしまいました。

共立美容外科で無料カウンセリング

唯一、大学病院では手術が可能でしたが、全身麻酔を行うため入院が必要と言われ、娘はもちろん、主人とも悩み、多くの美容外科にも相談しましたが、やはり手術は断られてしまい、すがる気持ちで共立美容外科を受診しました。

娘はとても怖がり屋で、もちろん手術は初めてでしたから、私も心配のあまりカンセリングではいろいろな質問しましたが、久次米先生は嫌な顔をされず、一つ一つに正確に答えて頂きました。

共立式二重埋没P-PL挙筋法で逆さまつげの治療

手術方法は共立美容外科独自の二重埋没P-PL挙筋法という二重の手術でしたが、逆さまつげの矯正にも効果がある方法との事でした。

久次米先生は、
「6歳という年齢から考えると、二重にする目的ではお勧めしません。でもお嬢さんの場合は重度の逆さまつげということで、ご本人はもちろんご両親もお困りでしょうから手術をしましょう」
と引き受けてくれました。

それまで私たちは、いろいろな病院で断られていたので心配でしたから、手術の方法はもちろん、麻酔や痛みにしつこいくらいにお聞きしたのですが、先生は、

「手術は局所麻酔で行うのですが、私の方法は痛くないと患者さんからも定評です。もちろん皮膚を切りませんから傷跡も残りません。手術時間は10分程度で入院の必要もありませんから、ご安心下さい」
とおっしゃってくれました。

右目も手術し、無事終える事が出来ました

あれから一年が経ちましたが、前回手術をしていない右目を手術したいと娘が言いだしました。

あんなに怖がりだったのに、久次米先生なら安心して手術が受けられるのだそうです。久次米先生にその事をお話して、快く手術お受け頂き、無事に手術が終える事ができました。


内向きのまつげ

まつげが下や内側に向いて生えている方や、まつげが時々目に入る方は、逆さまつげの可能性があります。一度ご相談ください。

一重まぶたの方は、二重まぶたにするだけで逆さまつげ(さかさまつげ)が改善することがあります。奥二重の方は少し幅を広げると改善する場合があります。

上まぶたの逆まつげ(さかさまつげ)の場合、埋没法による二重瞼(ふたえまぶた)の手術で治療します。

二重の幅の希望がある方は、担当医に申し出てください。美容的にも綺麗に仕上がるよう配慮しております。逆さまつげがひどい場合は、まぶたの皮膚を切開して治療することもあります。

手術の適応について不明な方はお気軽にお問い合わせください。眼科の紹介状等は特に必要ありません。

お子様にも痛くない、共立式二重埋没P-PL挙筋法とは

お子様にも痛くない、共立式二重埋没P-PL挙筋法

共立美容外科では、メスを使わない「切らない二重手術」を採用。目の上に点(ポイント)と点(ポイント)を結んで、二重のラインを作ります。

麻酔のかけ方や手術で使用する極細の糸など、独自の研究結果に基づき、大きくてチャーミングな目元に仕上げます。

手術痕が残らず、腫れない自然な仕上がりで、眼瞼下垂(まぶたが重くなる・目が開けづらくなる)の心配はありません。所要時間は10分程度です。

共立美容外科独自の痛くない麻酔を使用しているので、麻酔も痛くありません。

挙筋法と瞼板法

共立式二重埋没P-PL挙筋法

【閉眼時】固定糸がゆるんで、ループに力が入っていない状態。常時、力が加わっていないので、組織のくいこみが少なく、取れにくい。

【開眼時】ループに力がかかり、皮膚のくいこみ、つまり二重まぶたが出現するという解剖学的にもっとも自然な二重に近い状態です。

共立式二重埋没P-PL挙筋法

その他の方法(瞼板法)

瞼板法やその他の方法はトラブルも多数報告されています。直接、角膜と接する部位から固定する「瞼板法」は、角膜を傷つけやすく、「切開法」は元に戻すことが困難です。手術後の腫れも大きく、ダウンタイム(安静時間)も長くなります。

その他の方法(瞼板法)

お子様の二重整形の流れ

お子様の二重整形の流れをご説明します。

お子様の二重整形の流れをご説明します。

  • 目安の流れになります。患者様のご状態、ご希望により医師の判断で、このご説明する流れと若干異なる場合があります。
  • Step1 ご来院

    ご来院
    • 医師

      共立美容外科は、患者様になるべくお待たせしないようにするために、完全予約制となっております。
      事前に、お父様もしくはお母様より、お電話またはホームページで、お子様のご来院日をご予約の上、ご来院くださいませ。

  • Step2 落ち着いた雰囲気の院内

    落ち着いた雰囲気の院内
    • 医師

      共立美容外科は全国24院あります。どの院も患者様にリラックスしていただけるよう落ち着いた清潔感のある雰囲気になっています。また、高級感のある内装になっています。院内のBGMを聞きながらリラックスしてお過ごしくださいませ。

  • Step3 受付

    受付
    • 医師

      お越しいただきましてありがとうございます。受付でお名前をお伝えください。
      笑顔で親御様とお子様をお出迎え致します。

  • Step4 待合室

    待合室
    • 医師

      なるべくお待たせしないようにさせていただいておりますが、一人一人の患者様を大切にしているため、前の患者様のお時間が長くなってしまう場合がございます。
      もし、お待ちになられる場合は、プライバシーに配慮された待合室で、おくつろぎになられながらお待ちください。

  • Step5 問診票の記入

    問診票の記入
    • 医師

      医師によるカウンセリングの前に、問診票をお書きいただいております。問診票には、お子様の目に関する美容整形のお悩みをお書きください。
      当院のP-PL挙筋法は、逆さまつ毛の治療でも行いますので、逆さまつ毛が気になられるお子様の場合は、その旨も問診表にお書きください。

  • Step6 医師によるカウンセリング

    医師によるカウンセリング
    • 医師

      医師によるお子様の二重の美容整形のカウンセリングを行います。親御様も同席可能です。
      手術前でお子様は不安になられていると思いますので、痛くないように配慮することや手術方法など、親御様だけでなく、お子様にもにわかりやすくご説明いたします。

    医師によるカウンセリング
    • 医師

      お子様は緊張されていらっしゃると思いますので、どの医師も話しやすい雰囲気を心がけて、カウンセリングを行っています。
      親御様がさせたいのではなく、お子様自身の希望で二重の手術を受けたい場合のみ、手術をお引き受けしています。

  • Step7 目の幅の決定

    目の幅の決定
    • 医師

      ブジーという細い針金のような医療器具を瞼に当てて、二重のラインを親御様とお子様とカウンセリングをしながら決定します。

  • Step8 左右差が出ないようにもう片方の目の幅の決定

    左右差が出ないようにもう片方の目の幅の決定
    • 医師

      二重のラインの左右差が出ないように、もう片方の目の二重の幅を決定します。
      二重の幅はどうしても個人差があるので、出てしまう場合がありますが、なるべく出ないようにするために、慎重に二重の幅を決定します。

  • Step9 デザイン

    デザイン
    • 医師

      二重の幅が決定したら、瞼にマーカーで医療用の糸を通す位置に印をつけます。
      「デザイン」と言われる工程になります。

  • Step10 カウンセリング終了

    カウンセリング終了
    • 医師

      カウンセリング終了。お疲れさまでした。お子様手術頑張ってくださいね。
      痛くないようにするので、不安がらないでくださいね。

  • Step11 料金のご説明

    料金のご説明
    • 医師

      スタッフよりご料金をご案内させていただきます。ご料金についてご不明な点は、スタッフにお伝えください。
      共立美容外科ではVISA、マスター、 JCB、アメックス、DC、ダイナースなどのクレジットカードやジャックス、オリコ、アプラス、フレックスなどの医療ローンをご利用いただけます。

  • Step12 手術室へご案内

    手術室へご案内
    • 医師

      手術室へご案内いたします。お子様のご不安を軽減するために、手術室は、親御様もご同席可能です。
      また、お子様が緊張されないよう、スタッフは笑顔でご対応させていただくことを心掛けています。

  • Step13 手術室へ入室1

    手術室へ入室1
    • 医師

      お子様の不安を和らげるために、手をつないでいただくことも可能です。

    医師によるカウンセリング
    • 医師

      お子様にとっての優しい空間つくりをしています。

  • Step14 手術の準備

    手術の準備
    • 医師

      手術室に入りましたら、横になっていただきます。手術室はBGMが流れており、清潔感に配慮された落ち着いた雰囲気になっています。
      どの院も、お子様が怖がられないように、優しい雰囲気作りをしています。

  • Step15 リラックスできるように配慮

    リラックスできるように配慮
    • 医師

      お子様の不安を和らげリラックスしていただけるように、お子様に、こまめにお声がけをしています。
      痛くないように配慮して、優しく行うので、怖がらないでくださいね。

  • Step16 二重の幅の確認①

    二重の幅の確認1
    • 医師

      二重の幅を確認します。

  • Step17 二重の幅の確認②

    二重の幅の確認2
    • 医師

      手術後に二重の幅が左右差が出ないように、ブジーを使用して左右の二重の幅を確認します。

    二重の幅の確認2
    • 医師

      親御様に見守り頂きながら、二重の整形の手術を始めます。

  • Step18 麻酔の目薬

    麻酔の目薬
    • 医師

      麻酔の注射が痛くないように、麻酔の点眼薬(目薬)を注します。

  • Step19 瞼の冷却

    瞼の冷却
    • 医師

      痛みが少なくなるように、目を数分間、アイスノンで冷やします。
      アイスノンで冷やしている間に、麻酔の点眼薬も効いていきます。

  • Step20 顔の消毒

    顔の消毒
    • 医師

      衛生面に配慮するために、顔全体を丁寧に消毒します。

  • Step21 医療用の布

    医療用の布
    • 医師

      清潔な状態で手術を行うために、滅菌された医療用の布を顔にかけます。

  • Step22 衛生面に配慮された医療器具

    衛生面に配慮された医療器具
    • 医師

      お子様の二重の手術で使用する医療器具は、大切なお子様の体に触れるものなので、使い捨てのものや、滅菌をおこなった衛生面に配慮したものを使用しています。

  • Step23 麻酔の注射(極細針)

    麻酔の注射(極細針)
    • 医師

      麻酔の注射を瞼に注入します。事前に点眼薬の麻酔をしているため、痛みはほとんど感じません。
      また痛くないように使い捨ての極細の注射針を使用し、優しくゆっくり痛くないようにと気持ちを込めながら、注射針を刺します。
      万が一痛みを強く感じたら、おっしゃってください。

  • Step24 瞼に糸を通します

    瞼に糸を通します
    • 医師

      あらかじめ、デザインしていた瞼の点に、医療用の極細の糸がついている針を刺して、瞼に糸を通します。
      この糸が、二重のラインを作ります。

    ワンポイント:細い糸

    細い糸
    • 医師

      医療用の糸は、このようにとても細くなっていて、肉眼ではほとんどわかりません。
      また、色も透明に近い白なので、瞼に挿入した後は、他人からはほとんどわかりません。

    ワンポイント:複数人の医療スタッフを配備

    複数人の医療スタッフを配備
    • 医師

      大事なお子様をお預かりして手術をおこないますので、医師一人では行わず、複数の医療スタッフを配備して手術を行います。

  • Step25 コミュニケーション

    コミュニケーション
    • 医師

      お子様とコミュニケーションをとりながら、手術を行います。

    コミュニケーション
    • 医師

      お子様の二重の手術は細心の注意を払って行いますので、手術中は集中力を必要とします。
      また、腫れないように配慮して丁寧に手術を行います。

  • Step26 反対側の瞼に糸を通します

    反対側の瞼に糸を通します
    • 医師

      片方の目の瞼に糸を通しましたら、両目の二重の幅に左右差がでないように、反対側のもう片方の目の瞼にも糸を通します。

  • Step27 両目の二重のラインの確認

    両目の二重のラインの確認
    • 医師

      両目の二重のラインに左右差がないか確かめます。

  • Step28 糸を結びます

    糸を結びます
    • 医師

      最後に丁寧に瞼に通した医療用の糸を結びます。

  • Step29 糸を切ります

    糸を切ります
    • 医師

      糸の余分な部分を医療用のハサミで切ります。

  • Step30 結び目を瞼の皮下に入れます

    結び目を瞼の皮下に入れます
    • 医師

      余計な部分を切った糸は、結び目だけになっているので、外からわからないように、結び目を瞼の皮膚の中に優しくしっかり入れます。

  • Step31 お疲れさまでした。

    お疲れさまでした。
    • 医師

      お疲れさまでした。

    お疲れさまでした。
    • 医師

      手術後なにかご不安な点がございましたら、お気軽にご連絡くださいね。
      手術自体は10分程度で終了します。

  • Step32 飲み薬のご説明

    飲み薬のご説明
    • 医師

      手術後にお飲みいただく飲み薬のご説明をします。

  • Step33 手術後の瞼の冷却

    手術後の瞼の冷却
    • 医師

      腫れに配慮するために、手術後、瞼を冷却します。

    手術後の瞼の冷却
    • 医師

      アイスノンを瞼に乗せた状態で10分程度お待ちいただきます。

  • Step34 ご帰宅

    ご帰宅
    • 医師

      気を付けてお帰りくださいね。
      楽しい学校生活をお送りくださいね。

他院の修正、セカンドオピニオンも対応

他院の修正、セカンドオピニオンも対応

共立美容外科には、日本形成外科学会が認定する形成外科専門医(辻野医師や、中川医師、望月医師など)や、日本外科学会が認定する外科専門医(児玉医師や宮田医師など)が在籍しており、他院でされた二重の整形の修正や、セカンドオピニオンにも対応しています。

どの医師も、患者様と優しく気持ちよくコミュニケーションをお取りすることを心がけています。

価格に関して。私たちの付加価値

価格に関して。私たちの付加価値

価格に関して、患者様に喜んでいただけるよう、誠心誠意、真摯に価格設定をしています。

当院は安売りをするクリニックではないので、価格に関してご満足いただけない場合があるかもしれませんが、価格以上の価値を提供できるよう日々努めています。

患者様に一番ご満足いただける価格は、「安かろう悪かろう」ではなく、美容のお悩みに対して適切な価格で、価格以上の価値を提供させていただき、ご満足いただくことだと思っています。

私たちの価値

  • 1人の患者様に複数人の医療スタッフで対応。
  • 完全予約制をとり、1人の患者様に対して時間をかけておもてなしをさせて頂いています。
    (患者様に対して、流れ作業のようなご対応をしておりません。)
  • 美容の医師が直接カウンセリングを行います。
  • 注射針をはじめ、こだわりのある美容医療器具を使用しています。
  • 総合病院や大学病院勤務の経験がある医師を採用しています。
  • 新卒ではなく、経験のある看護師を採用しています。

クレジットカードや、医療ローンもご利用いただけます。

クレジットカード

カードや分割払いが可能です。

※取り扱いカードは、VISA、マスター、 JCB、アメックス、DC、ダイナースです。
※クリニックによって取り扱いカードが異なる場合がございます。
※手数料は不要です。

医療ローン

医療ローンもご利用いただけます(月々のお支払い5,000円〜)

※審査があります。
※医療ローン会社に手数料を払う必要があります。
※利用可能なローンは、ジャックス、オリコ、アプラス、フレックスです。
※手数料は不要です。

子供の二重(子供の共立式二重埋没P-PL挙筋法)の手術料金と概要

手術料金 ¥140,400(腫れ止めセット代込み)
保証料金(別途)
1年保証 ¥32,400
2年保証 ¥58,400
3年保証 ¥97,200
※保障について
手術時間 約20分
※時間をかけて丁寧に行なっています。
通院回数 1回
回復までの期間 2、3日〜1週間
カウンセリング当日の治療
入院の必要性 なし
制限事項 手術後当日、アイメイク・コンタクト不可
仕事・外出
その他特記事項 なし
  • 表示料金は全て税込みの金額です。
  • 表示料金は目安の金額となります。
  • 術後のアフターフォローもしっかりしております。追加料金は一切かかりません。
    いつでもご遠慮なく、担当医にご相談ください。

二重の保障に関しての
当院の考え方

永久保証や10年保証を売りにしているクリニックがございますが、そのようなクリニックでも、加齢や体型の変化による目もとの変化は、保証の対象となっておりませんのでご注意ください。

目もとは加齢でたるみが出たり、体型の変化(太ったり、痩せたり)、妊娠などによって、

  1. 自然にラインが下がってくる
  2. 徐々に幅が狭まってくる
  3. ラインが薄く見える
  4. くぼんだり、腫れぼったくなる

という変化がどうしてもあります。

当院では確実に保障できない「永久保障」は謳わず、「1年保障」「2年保障」「3年保障」までをご用意しております。上記期間内に二重が取れてしまった場合、再手術は無料で行います。

長期保障を謳う費用の高い施術を他院で検討される際は、よくご確認の上、ご検討されることをおすすめします。

お子様の逆さまつげの体験談 その2

6歳(女児)の母親

娘の逆さまつげはとてもひどい状態で、特に左目は常にまつげが目に入り、しょっちゅう炎症を起こしていました。

その度に取科に通院し、まつげを抜き、炎症をおさえる治療を受けましたが、根本的な治療法ではなく、やはり逆さまつげの手術が必要と言われたのですが、かかりつけの眼科では『年齢が低い」「状態によっては上まぶたを切開する必要がめる」という理由で手術を断られてしまいました。

そんな時、共立美容外科で受診しカウンセリングを受けたところ、久次米先生は嫌な顔をされず、一つ一つに丁寧に答えていただきました。

そして、共立美容外科独自の二重埋没P-PL挙筋法というニ重の手術をご案内いただきました。 逆さまつげの矯正にも効果がある方法との事でした。

手術自体は10分ぐらいで、あっという問に終わり、娘も「全然、痛く無かった」とケロッとしていました。お陰さまで、手術後の腫れはほとんどなく、逆さまつげも治り、自然な二重まぶたになって、娘は大喜びです。

9歳(女児)の母親

私も夫も一重なのですが、娘はその一重が本当にコンプレックスのようで、他人と目を合わせるのもイヤなようです。

そのコンプレックスの克服のため劇団に入団させて、今度テレビのオーディションに娘が受ける事になったのですが、やっぱり一重がイヤなようなので、二重の手術を共立美容外科にお願いする事にしました。

まだ子供なので心配でしたが、丁寧にカウンセリングをしていただき、娘も安心して手術を受けることが出来ました。娘はすっかり明るくなり自信もついたようです。

思い切ってお願いして本当に良かったと思います。

第107回日本美容外科学会 学会長就任

第107回日本美容外科学会 学会長就任

2019年4月に行われる第107回日本美容外科学会 学会長に、共立美容外科・歯科CEO兼総括院長の久次米秋人が就任いたしました。

日本美容外科学会を通じて、緊密な対話と様々な交流を経て、当学会が一丸となって日本の美容医療の発展に努めてまいります。

駅近で便利。院内も落ち着いて過ごせます。

清潔感のある内装

全国24院どの院も駅からすぐ近くにあり便利です。院内もプライバシーに配慮した、清潔感のある内装になっています。

初めての方でも入りやすい雰囲気つくり

初めての方でも入りやすい雰囲気つくり

初めて入る美容外科って緊張しますよね。共立美容外科では、初めての方でも入りやすい雰囲気つくりをしています。大事な時間を使ってお越しいただいている患者様にリラックスしていただけるよう、優しいお声がけをさせていただいております。

ラグジュアリーな雰囲気の中、リラックスして施術や手術をお受けいただければと思います。

様々な科目の専門医が在籍

様々な科目の専門医

当院には、様々な科目の専門医が在籍しています。

例えば、
日本形成外科学会が認定する形成外科専門医
日本外科学会が認定する外科専門医
日本麻酔科学会が認定する麻酔科専門医
日本脳神経外科学会が認定する脳神経外科専門医
日本救急医学会が認定する救急専門医
です。

様々な科目の専門医や出身者による総合的な医療の上に成り立っているのが、共立美容外科なのです。

医学博士も在籍

医学博士

当院には、医学博士も在籍しています。

学会発表などアカデミックな視点からも、美容医療の向上に努めています。そして、全ての医師が解剖学を学んでいます。

また、2019年に行われる第107回日本美容外科学会の学会長に久次米総括院長が就任することが決まりました。

救急科専門医在籍。安全面に配慮。

救急科専門医

当院には、クリニック全体で、安全面に徹底的に配慮しています。医療従事者以外のスタッフも含む全スタッフが参加する安全講習会を定期的に行っています。

また、日本救急医学会が認定する救急科専門医の児玉医師も在籍しています。感染症予防など「未然に防ぐこと」に対して積極的に取り組んでいます。

さらに、ヒヤリ・ハット事例を、収集、分析し「何かあった時の対応」に対しても取り組んでいます。

日本美容外科医師会認定の医院です

日本美容外科医師会認定医院

共立美容外科は、日本美容外科医師会が認定した医療機関です。厳しい基準を満たし、認定されています。

私たちの”おもてなし”が表彰されました

共立美容外科のおもてなし

共立美容外科は接遇サービスにも力を入れています。ご来院された方に対して、スタッフ一同、心を込めてご対応しています。

その努力が実を結び、先日、アラガン・ジャパン株式会社が主催する「Allergan Campaign Award 2018」において、「SATISFACTION AWARD」部門の優秀賞を受賞しました。

表彰トロフィーは渋谷院に飾ってあります。

早稲田大学で接遇サービスの授業を行っています

早稲田大学での接遇サービスの授業

共立美容外科は早稲田大学と提携講座を開設しています。久次米総括院長が、接遇サービスや、おもてなし、どのようなクリニックが選んでいただけるかといった講義を行っております。

また、「真っ当な医療を患者様に丁寧に届ける」という企業理念を崩さないことが大切であるという話もしています。この理念は、クリニックとして開院以来30年間一貫しています。

当院のサービス向上部門には、早稲田大学大学院のMBAや博士課程のスタッフも在籍し、スタッフの人材育成に努めています。

早稲田大学との提携講座を通じ、患者様にご満足いただけるような接遇サービスの向上に日々、努めています。

このページの内容は医師によって監修されています

医師による監修

このページは、医療的な内容が含まれ、専門性を有するページとなっています。そのため、医師免許を持った共立美容外科の医師陣が監修し製作しています。

例えば、日本美容外科学会(JSAS)理事で専門医の久次米 秋人総院長をはじめとし、日本美容外科学会(JSAS)の専門医の久次米 秋人医師、磯野 智崇医師、浪川 浩明医師、玉田 洋医師、日本麻酔科学会の麻酔科専門医の遠山 貴之医師、日本形成外科学会の形成外科専門医の辻野 一郎医師、中川 由美子医師、望月 香奈医師、日本外科学会の専門医の児玉 肇医師などによって監修されています。

その他の二重・目もとの美容整形の施術

共立美容外科

お子様の腫れづらい切らない独自のP-PL挙筋法の二重術のページをご覧の皆様へ

このページでは、お子様の腫れづらい切らない二重術についてご確認頂けます。共立美容外科の二重術は日本有数の独自の手法で痛みが少ない、術後も腫れづらいのが特徴です。共立美容外科の美容整形は一人一人大切にコミュニケーションをとりながら、医師や看護師が一人一人思いやりを持って、患者さまの立場に立った美容外科手術を行うことを信念としています。

×

新宿・名古屋・大阪・福岡をはじめ
全国24院 共通ダイヤル
0120-500-340

あの久次米総括院長も診察♪
新宿本院 直通ダイヤル
0120-500-340

銀座院 直通ダイヤル
0120-560-340

渋谷院 直通ダイヤル
0120-340-428

池袋院 直通ダイヤル
0120-340-800

立川院 直通ダイヤル
0120-489-340