英語 中国簡体 中国繁体 韓国語

目尻の悩み・たれ目つり目など。共立美容外科のグラマラスライン形成(下眼瞼下制術)

目尻切開 目尻切開

目尻切開

垂れ目、つり目の改善。
グラマラスライン形成。

目尻切開とは

目尻切開

目尻切開は、目尻を切開し、目を横方向に拡大する施術方法です。目尻切開は横方向に広がる分だけ、縦方向は狭くなってしまいます。そのため、細長い印象の目つきになります。

切れ長の目元を希望される方に向いている施術方法です。また、タレ目や、つり目を改善する事ができます。

日本美容外科学会専門医が分かりやすく動画で解説

目尻切開

日本美容外科学会専門医の磯野分院院長が目尻切開の手術について医学用語をあまり使用せずに、分かりやすく動画で解説してます。

目尻切開の概要、目頭切開との組み合わせ、術後の傷跡や、ダウンタイム、抜糸、効果、麻酔についてご確認いただけます。

グラマラスライン形成

目元が優しい印象になるグラマラスライン形成の概要、術後の傷跡や、抜糸、効果、麻酔、手術の方法などをご確認いただけます。

「タレ目形成をすると老けてしまうのでは?」との質問にもお答えしています。

目尻切開はこのような方に向いています。

このような方に向いています
  • 目と目の距離が離れた印象にしたい方
  • タレ目を改善したい方
  • つり目を改善したい方
  • 切れ長の目元にしたい方

目尻切開で、バランスのよい目と目の距離に。

バランスのよい目と目の距離

両目の間の長さについて、理想的なのは、片目の横幅と同じ長さと言われています。日本人の場合には、34mm~37mm程度です。

顔の大きさが小さくても、両目の間が30mm以下の場合には寄り目に見え、顔が大きい場合でも、両目の間が40mm以上離れていると目が離れた印象になります。

目尻切開では、目と目が近づいている方の場合、目尻を切開することで、目と目の距離を適度な印象にすることができます。

目尻切開では、タレ目や、つり目を改善するだけでなく、右目と左目の距離を考え、バランスの良い目と目の距離の印象に改善します。

目尻切開の手術方法の種類

目尻切開の種類

共立美容外科で行っている目尻切開の手法は「W+型形成(ダブリュープラスがたけいせい)」と「Y→V型形成(ワイブイがたけいせい)」の2種類があります。

「W+型形成」では、目頭切開で使用される手法と同じように、目尻にアルファベットの「W」の字のようにメスを入れて切開する方法に似ている切開方法です。

一方、「Y→V型形成」は、まずアルファベットの「Y」の字を横にした状態の形にメスを入れて、その後、アルファベットの「V」の字を横にした状態の形に縫合する方法です。

W+型形成

W+型形成

W+型形成では、目頭切開で使用される手法と同じように、目尻にアルファベットの「W」の字のようにメスを入れて切開する方法に似ている切開方法です。

Z型形成

通常のW形成型の場合は、「W」の字のように目尻を切開しますが、「W」の字のようにメスを入れるだけでは、目尻を外側(耳の方)に引っ張りづらいので、 「W」の字にプラス(+)して、外側(耳の方)により目尻を引っ張れるように特殊な切り込みを入れます。

この図にあるように、三角形aceと三角形aebが通常のW型形成にプラスして切開する特殊な切り込みになります。この図の、紺色の矢印分だけW+型形成は、W型形成にくらべて、外側(耳の方)に引っ張ることができます。
(この図はイメージです。個人差があります。)

このように、W型形成にプラスして特殊な切り込みを入れる方法がW+型形成です。

Z型形成

W+型形成はSTEP1のようにデザインをし、STEP2のように切開します。そしてSTEP3のようにWの字に縫合します。

Y→V型形成

W型形成

Y→V型形成は、まずアルファベットの「Y」の字を横にした状態の形にメスを入れて、その後、アルファベットの「V」の字を横にした状態の形に縫合する方法です。

Y→V型形成はW+型形成より簡単で手軽にできるのが特徴です。

W型形成

Y→V型形成はSTEP1のようにデザインをし、STEP2のように「Y」の字を横にしたように切開します。そしてSTEP3のように「V」の字を横にしたように縫合します。

目尻切開の縫うラインに関して

目尻切開の縫うラインに関して

共立美容外科の目尻切開では、W+型形成もY→V型形成も、手術後の傷跡を手術直後の傷跡を目立たないようにするために、二重のラインの延長線上に縫うライン(縫合するライン)が来るように計算して切開し、縫合します。

このように細かい配慮をすることで、仕上がりの美しさの精度をより高めています。

グラマラスライン -タレ目形成・下眼瞼下制術-

グラマラスライン -タレ目形成・下眼瞼下制術-

目尻や下まぶたの皮膚や結膜を切開することで、タレ目を形成することができます。
タレ目を形成する術式は、グラマラスライン形成や下眼瞼下制術とも呼ばれています。

下のまぶた(下眼瞼)を切開し、白目と黒目を見えやすくします。

グラマラスとは魅力的という意味です。
タレ目で大きい目になるように手術を行います。

ダウンタイムに関して

ダウンタイムに関して

目尻切開の腫れや内出血は1週間程度になります。また、目尻切開した部分の化粧が可能になるのも1週間程度です。

スケジュール

休みが比較的自由にとれる学生や就職活動中の方は、平日などいつでも手術を受ける方が多いですが、社会人の方の場合は、ダウンタイムを考慮して、土日に有給を足して3日程度お休みをお取りになって目尻切開の手術を受ける方が多いです。

メガネで傷跡を隠す

手術後1週間程度は、メガネをかけて傷跡が人から見えないようにされる方が多いです。また、「ものもらいになった」や、「花粉症だから」などという理由でメガネをかけている理由をお話しされる方が多いです。

ファンデーションで傷跡を隠す

手術後、1週間が経過すると、目尻を切開した部分の化粧ができるようになるので、傷跡や内出血をファンデーションを塗ってごまかす方が多いです。

目尻切開の概要

手術料金 両目 ¥275,000~¥770,000
片目 ¥192,500~¥539,000
手術時間 約60分
通院回数 3回(手術、抜糸、必要に応じ1ヶ月検診)
回復までの期間 5日~1週間
カウンセリング当日の治療
入院の必要性 なし
制限事項 手術後当日、アイメイク・コンタクト不可
仕事・外出
その他特記事項 なし

料金に関する詳細が知りたい方

  • 表示料金は目安の金額となります。
  • 術後のアフターフォローもしっかりしております。追加料金は一切かかりません。
    いつでもご遠慮なく、担当医にご相談ください。

最新の日本美容外科学会 学会長としてのご報告

最新の日本美容外科学会 学会長としてのご報告

2019年4月に行われた、第107回日本美容外科学会で共立美容外科・歯科の理事長の久次米秋人が務めました。

2020年は日本美容外科学会が中止となりましたので、2021年時点で最新の美容外科学会になります。

当学会では、2日間にわたり、特別講演やシンポジウムなど30ものプログラムを通して、国内外から参加した登壇者と参加者とが一丸となり、美容医療の発展に寄与しました。

当院としても、移り変わる社会からの美容医療への要求に対して、お応えできるよう日々研鑽(けんさん)を積んでまいります。

また、第109回日本美容外科学会は2021年5月26日、27日を予定しています。

学会の様子についてはこちらをご覧ください。

内閣府認定 日本美容医療協会

日本美容医療協会(JAAM)

日本美容医療協会(JAAM)は、内閣府から認定された美容分野の公益社団法人です。

「すべての人に美しくなってほしい」ことを目的としています。
当院の久次米秋人理事長と、野本俊一医師は日本美容医療協会の理事として、皆さまと専門医をつなぐ架け橋になるよう努めています。

当協会は美容分野で唯一、内閣府より公益社団法人の認定を受けています。

様々な科目の専門医が在籍

様々な科目の専門医が在籍

当院には、様々な科目の専門医が在籍し、当サイトも執筆、監修しています。

例えば、日本形成外科学会が認定する形成外科専門医、日本外科学会が認定する外科専門医、日本麻酔科学会が認定する麻酔科専門医、日本脳神経外科学会が認定する脳神経外科専門医、日本抗加齢医学会が認定する専門医、日本外科学会が認定する外科専門医、日本救急医学会が認定する救急専門医、日本旅行医学会が認定する認定医、日本禁煙学会が認定する認定指導医です。

また、日本美容医療協会理事で厚生労働省認定臨床研修指導医でもある日本医科大学付属病院の野本俊一が在籍しています。

様々な科目の専門医や出身者による総合的な医療の上に成り立っているのが、共立美容外科なのです。

定期的な研修や勉強会を開催し、IMCAS(世界皮膚老化会議)などの参加を通じて、医療技術の向上に努めています。学術研究についてはこちらをご覧ください。

医学博士も在籍

医学博士も在籍

当院には、医学博士の新妻 克宜医師が在籍しています。

学会発表などアカデミックな視点からも、美容医療の向上に努めています。そして、全ての医師が解剖学を学んでいます。

救急科専門医と麻酔科専門医が在籍

救急科専門医と麻酔科専門医が在籍

日本救急医学会が認定する救急科専門医で麻酔科認定医のの児玉肇医師や救急科専門医で麻酔科専門医の岡田大輔医師が在籍しています。感染症予防など「未然に防ぐこと」に対して積極的に取り組んでいます。

さらに、ヒヤリ・ハット事例を、収集、分析し「何かあった時の対応」に対しても取り組んでいます。

その他、各専門医の情報については、こちらをご覧ください。

早稲田大学の経営管理研究科と提携

早稲田大学の経営管理研究科と提携

共立美容外科は早稲田大学の経営管理研究科と2017年から2021年現在まで、提携講座を開設しています。当院のスタッフが、接遇サービスや、おもてなし、どのようなクリニックが選んでいただけるかといった講義を行っております。

また、「真っ当な医療を患者様に丁寧に届ける」という企業理念を崩さないことが大切であるという話もしています。この理念は、クリニックとして開院以来30年間一貫しています。

当院のサービス向上部門には、早稲田大学大学院のMBAや博士課程のスタッフが複数名在籍し、スタッフの人材育成に努めています。早稲田大学との提携講座を通じ、患者様にご満足いただけるような接遇サービスの向上に日々、努めています。

「日本美容外科医師会」認定医療機関

「日本美容外科医師会」認定医療機関

「日本美容外科医師会」は、美容外科医が中心となり、美容医学の推進と美容医療の質向上を目的として結成された特定非営利活動法人です。

所属するには、以下の条件を満たしていなければなりません。

院長は医師会の会員であること
共済会に加入して三年以上であること
過去に重大事故(後遺障害3級以上)をおこしていないこと

さらに、以下の審査項目があり、これらも認定への大切なポイントとなります。

美容外科110番でのクレーム状況
美容外科への貢献度
医師としての倫理感
手数料、更新料の支払状況

これらの審査基準を満たして日本美容医師会に所属しているということは、クリニック選びの重要な指針となるはずです。

また、当院の久次米秋人理事長は、日本美容外科医師会の理事として美容医療を通じて医学の進歩と社会の福利に貢献するよう努めています。

新型コロナウイルス感染症に対する院内の取り組み

新型コロナウイルス感染症に対する院内の取り組み

厚生労働省対策本部の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の見解(令和2年3月9日及び3月19日公表)を受けて、院内の備品、施設の消毒管理、外気の取り入れ(換気)、全てのスタッフの体調管理等を行っています。

詳しくは、下記ページをご覧ください。

共立美容外科で受けられる二重・目もとの美容整形の施術

このページの監修・執筆医師

  • 医師 浪川 浩明(なみかわ ひろあき)

    医師

    浪川 浩明(なみかわ ひろあき)

    日本美容外科学会認定専門医

    • 略歴

      • 1991年
        帝京大学医学部医学科 卒業
        1991年
        東京厚生年金病院 形成外科入局
        2006年
        共立美容外科・歯科 入局
        2009年
        共立美容外科・歯科 新宿本院院長就任
        2009年
        共立美容グループ 副院長就任
        2020年
        共立美容グループ 総括院長就任
    • 主な加盟団体

      日本美容外科学会会員
      日本美容外科学会認定専門医
      日本形成外科学会会員
      日本顎顔面外科学会会員
      日本手の外科学会会員
      日本マイクロサージャリー学会会員
      日本職業・災害医学会会員

当院は医療広告ガイドラインを遵守しています。

共立美容外科

目尻切開のページをご覧の皆様へ

このページは2021年5月に最終確認をしています。
このページでは、目尻の切開手術の方法や料金についてご確認できます。目尻切開は目と目が近づいているので、目と目を離した印象にしたい場合や、目尻が垂れていたり、目尻が上に上がっていてつっていたりするお悩みを解消するための手術方法です。目尻切開は目尻の皮膚を切開するので、多少のダウンタイムはありますが、腫れや内出血に配慮して共立美容外科では手術を行っています。また手術は局所麻酔で行うので手術中は痛みを感じることはほとんどありません。目尻切開の手術は、メスを入れる手術ですので、しっかりと手術前に仕上がりをイメージする事が大切です。仕上がりをどのようにしたいか、患者様と医師とで二人三脚でお話し合いをした上で手術を行います。
共立美容外科で目尻切開の手術を行う場合、医師は一人一人大切にコミュニケーションをとりながら、患者さまの立場に立った目尻切開の手術を行っています。
このページでは目尻切開について説明しています。目頭切開の詳細をご覧いただきたい場合は、こちらの目頭切開のページをご確認ください