まつげを長く、太く、濃くしたい方へ塗り薬「グラッシュビスタ」

日本美容外科医師会認定医院

美容外科 歯科 美容皮膚科

診療時間10:00〜19:00

0120-500-340
全国24院共通

二重・目もとの美容整形グラッシュビスタ

グラッシュビスタ グラッシュビスタ

グラッシュビスタ

塗り薬でまつ毛を長く

グラッシュビスタとは?

グラッシュビスタは、まつげを「長く」、「太く」、「濃く」する塗り薬です。まつげがもの足りないと感じる方が使用されます。

グラッシュビスタとは?

グラッシュビスタはこんな方にお勧め

  • 目ヂカラを上げたい方
  • まつげを長くしたい方
  • まつげを太く・濃くしたい方

グラッシュビスタの症例

    • 使用前

      使用前

    • 4か月後

      4か月後

グラッシュビスタを4ヶ月塗り続けたデータ

グラッシュビスタを4ヶ月塗り続けたデータ

上のグラフはグラッシュビスタを4か月塗り続けた時のまつげの長さと太さの変化量の平均のデータです。
グラッシュビスタを4か月塗り続けると、長さは平均で1.62mm伸びました。
太さに関しては平均で0.35mm太くなりました。

承認|厚生労働省やFDAをはじめ、世界23か国で承認されています。

承認1

厚生労働省に承認されています

厚生労働省に承認されています

グラッシュビスタは、日本で唯一、まつげ貧毛症治療薬(まつげ貧毛症治療薬)として厚生労働省によって製造販売が承認されています。

グラッシュビスタの主要成分である、ビマトプロストの作用により、まつげの「長さ」、「太さ」、「濃さ」を改善することが臨床試験で認められています。

承認2

FDAに承認されています

グラッシュビスタはアメリカの厚生労働省にあたる、FDAからも承認されています。

承認3

世界23か国に承認されています

2013年10月の時点で世界23ヵ国で承認され、多くの方々に使用されている医療用医薬品です。

グラッシュビスタの使い方

  • Step 1:まつげの生え際を清潔な状態にします

    グラッシュビスタは清潔な状態で夜寝る前に使用します。
    メイクをされている方はメイク落としと洗顔を済ませて、清潔な状態にしてから使用します。
    また、コンタクトをされている方はコンタクトを外してから使用します。

    Step 1:まつげの生え際を清潔な状態にします
  • Step 2:ブラシの準備

    グラッシュビスタには専用のブラシが付属してあります。ブラシを容器から取り出し水平に手に取ります。そして、ブラシの毛先部分にグラッシュビスタを一滴落とし、ブラシに染み込ませます。
    ※ご注意(1)ブラシの毛先には触らないで下さい。
    ご注意(2)必ず専用のブラシをお使いください

    Step 2:ブラシの準備
  • Step 3:まつげの生え際へブラシで塗る

    ブラシで、上まつげの生え際の部分を、目頭から目尻の方向へ丁寧に塗ります。塗るときには、液が目の中に入らないようにして下さい。
    塗る回数を増やしてもまつげの成長スピードが速くなったりはしないので、1日1回のみ塗ってください。
    ※ご注意(1)下まつげには使用しないで下さい。

    Step 3:まつげの生え際へブラシで塗る
  • Step 4:生え際以外についた液をふき取る

    薬液が上まつげの生え際以外についてしまった場合は、コットンやティッシュなどですぐに薬液をふき取るか、水で洗い流してください。

    Step 4:生え際以外についた液をふき取る
  • Step 5:片方のまつげが塗り終わったらブラシを捨てる

    片方のまつげが塗り終わったら、ブラシを捨てて下さい。もう片方のまつげに塗る場合は、新しいブラシを容器から取り出し使用して下さい。

    Step 5:片方のまつげが塗り終わったらブラシを捨てる

クレジットカードや、医療ローンもご利用いただけます。

クレジットカード

カードや分割払いが可能です。

※取り扱いカードは、VISA、マスター、 JCB、アメックス、DC、ダイナースです。
※クリニックによって取り扱いカードが異なる場合がございます。
※手数料は不要です。

医療ローン

医療ローンもご利用いただけます(月々のお支払い5,000円〜)

※審査があります。
※医療ローン会社に手数料を払う必要があります。
※利用可能なローンは、ジャックス、オリコ、アプラス、フレックスです。
※手数料は不要です。

グラッシュビスタの概要

料金 ¥32,400(70日分)
通院回数 1回
効果が出るまで 1ヶ月〜
カウンセリング当日の治療
入院の必要性 なし
仕事・外出
その他特記事項 なし

    料金に関する詳細が知りたい方

  • 表示料金は全て税込みの金額です。
  • 表示料金は目安の金額となります。
  • 術後のアフターフォローもしっかりしております。追加料金は一切かかりません。
    いつでもご遠慮なく、担当医にご相談ください。

日本美容外科学会 学会長としてのご報告

第107回日本美容外科学会 学会長就任

2019年4月に行われた、第107回日本美容外科学会で共立美容外科・歯科CEO兼総括院長の久次米秋人が務めました。

当学会では、2日間にわたり、特別講演やシンポジウムなど30ものプログラムを通して、国内外から参加した登壇者と参加者とが一丸となり、美容医療の発展に寄与しました。

当院としても、移り変わる社会からの美容医療への要求に対して、お応えできるよう日々研鑽(けんさん)を積んでまいります。

その他の共立美容外科の取り組み

共立美容外科の取り組み

共立美容外科では、患者様が通いやすいような各院の立地選びから、リラックスして院内で過ごしていただくための環境作りを始めとして、患者様にご満足いただけるようなサービスや、技術の向上に力を入れております。

このページの内容は医師によって監修されています

医師による監修

このページは、医療的な内容が含まれ、専門性を有するページとなっています。そのため、医師免許を持った共立美容外科の医師陣が監修し製作しています。

例えば、日本美容外科学会(JSAS)理事で専門医の久次米 秋人総院長をはじめとし、日本美容外科学会(JSAS)の専門医の久次米 秋人医師、磯野 智崇医師、浪川 浩明医師、玉田 洋医師、辻 奈央医師、日本麻酔科学会の麻酔科専門医の遠山 貴之医師、日本形成外科学会の形成外科専門医の辻野 一郎医師、新妻 克宜医師、野本 俊一医師、中川 由美子医師、望月 香奈医師、外崎 麻里医師、日本外科学会の専門医の児玉 肇医師、宮田 洋佑医師、島田 茂孝医師、日本脳神経外科学会専門医の帯包 雄次郎医師などによって監修されています。

グラッシュビスタのよくあるご質問

  • グラッシュビスタは1箱で何日分使えますか?
    1箱70日分として製造されています。1滴の量は、28-30μLになりますので、容量の5mLでは160-170滴に相当になります。
    ただし、1滴量は容器を押す力によっても変化しますので、上記は目安の日数になります。
  • 従来のまつげを長く、太くする塗り薬のラティースとどう違うのですか?
    グラッシュビスタは厚生労働省から承認を得ていますが、ラティースが厚生労働省から承認を得ていません。
  • 18歳以下でも使用できますか?
    18歳以下でも使用できます。ただし、年齢制限はありませんが、小児には投与できません。低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児に対する安全性は確立していません。
  • コンタクトレンズをしている時に、グラッシュビスタを塗っても大丈夫ですか。
    グラッシュビスタを塗る際は、必ずコンタクトレンズを外してから塗ってください。
    コンタクトの再装着は15分以上たってから行ってください。
  • なんでコンタクトレンズをしている時にグラッシュビスタを塗ってはいけないのですか。
    グラッシュビスタの主成分であるベンザルコニウム塩化物がコンタクトレンズに吸着されると、レンズを変色させることがあり、また、二次的に角膜が障害される危険性があるためです。
  • 現在世界で何か国で承認されていますか?
    2013年10月現在で23カ国で承認されています。
  • 塗ってからどのくらいで効果がでますか?
    1ヶ月ほどで伸びや太さの変化を実感される方が多いです。4か月後には長さは平均で1.62mm、太さに関してはは平均で0.35m?太くなったというデータがあります。
  • いつ塗ればいいのですか?
    就寝前になります。
  • 下まつげにも効果はありますか?
    グラッシュビスタは上まつげ用の塗り薬になります。
    臨床試験では上上眼まぶた辺縁部(上まつげの生え際)に塗布した際の有効性と安全性は確認されていますが、下まつげについては検討されておらず、下まつげの使用に対す る適応はありません。ただ、まばたきによって、上まつげに塗った薬が下まつげにも少量つくので、上まつげのみ塗っていても、下まつげも伸びたという方もいらっしゃいます。

共立美容外科で受けられる二重・目もとの美容整形の施術

共立美容外科

共立美容外科・歯科|グラッシュビスタのページをご覧の皆様へこのページでは、まつげに塗布し、手軽にまつげの「長さ」「太さ」「濃さ」などの改善ができる薬、グラッシュビスタについてご確認頂けます。

共立美容外科・歯科の美容整形は、一人一人大切にコミュニケーションをとりながら、医師や看護師が一人一人思いやりを持って、患者さまの立場に立った美容外科手術を行うことを信念としています。目元の整形では、二重の埋没法、共立式二重P-PL挙筋法や、まつげを長くする塗り薬のグラッシュビスタの取り扱い、また、目の下のたるみを取りや目尻のしわ治療、そしてヒアルロン酸を注入しての涙袋の形成術などを行っています。