英語 中国簡体 中国繁体 韓国語

しわ・たるみ眉間のシワをボトックスビスタ®で治療

眉間 ボトックス

施術時間5分
¥22,000

眉間のシワのタイプ

眉間のシワのタイプ

眉間のシワは大きく分けて下記の5つのタイプに分けることができます。

1.スクランチ型
2.1型
3.11型
4.オメガ型
5.横皺(よこさび)型

どのタイプにあたるかは、人それぞれ持っている筋肉によって異なります。

タイプにより、ボトックスを注入する方法も異なります。

眉間にある筋肉

眉間にある筋肉

眉間は皺眉筋(しゅうびきん)と鼻根筋(びこんきん)の2つの筋肉でできています。
この2つの筋肉はどちらも、皮膚につながっていて皮筋(ひきん)と呼ばれている、喜怒哀楽の表情を作り出す、表情筋になります。

この眉間にある表情筋にボトックスを注入することで、筋肉が固定され動かなくなるので、眉間のシワができなくなり、結果的に目立たなくなります。そして、眉間にシワが寄ることが無くなるので、眉間のシワ予防にもなります。

ボトックスを注入することで、シワの改善と予防の2つの美容整形効果を期待することができます。

スクランチ型

スクランチ型

スクランチ型の場合、眉間に小さい筋腹(きんふく)の塊のような皺が波上に複数できるタイプです。各々の皺眉筋や鼻根筋に同程度の力が入っている状態です。また、筋腹とは筋の中央部分の事をいいます。

スクランチ型

スクランチ型のシワにボトックスを注入する場合、皺眉筋と鼻根筋にバランスよく注入します。

スクランチ型

具体的には、この画像のように眉毛の上と鼻の付け根付近の5か所に注入します。
Ic1の部分に皺眉筋に沿って注射器を30度、内側向きに深さ1~2mmに注入します。
Oc1の部分に皺眉筋に沿って注射器を60度、外側向きに深さ2~3mmに注入します。
そしてP1の個所に深さ3~6mmで注射器を垂直に注入します。

また、Icはinside of corrugator supercilii muscle(皺眉筋の内側)の略で、Ocはoutside of corrugator supercilii muscle(皺眉筋の内側)の略で、Pはprocerus muscle (鼻根筋)の略になります。

1型

1型

1型の場合、その名の通り、眉間に数字の1のように眉間の中心に長い縦シワが入るタイプです。鼻根筋に近い皺眉筋が相対的に強いです。

1型

1型のシワにボトックスを注入する場合、皺眉筋を中心に注入します。鼻根筋には注入しない場合がほとんどです。

1型

具体的には、この画像のように眉毛の上に4か所注入します。
Ic1の部分に皺眉筋に沿って注射器を30度、内側向きに深さ1~2mmに注入します。
Oc1の部分に皺眉筋に沿って注射器を60度、外側向きに深さ2~3mmに注入します。

11型

11型

11型の場合、1型と同じように眉間の中心に長い縦シワが入るタイプです。1型の場合は1本長い縦シワが入りますが、11型は2本入ります。
1型と比べて、外側の皺眉筋が相対的に強いです。

11型

11型のシワにボトックスを注入する場合、外側の皺眉筋が相対的に強いので、外側の皺眉筋を中心にに注入します。 1型と同様、鼻根筋には注入しない場合がほとんどです。

11型

具体的には、この画像のように眉毛の上に6か所注入します。
Ic1の部分に皺眉筋に沿って注射器を30度、内側向きに深さ1~2mmに注入します。
Oc1とOc2の部分に皺眉筋に沿って注射器を60度、外側向きに深さ2~3mmに注入します。

オメガ型

オメガ型

オメガ型の場合、眉間の縦皺に連動して前頭部の横皺ができるタイプです。
前頭部が皺眉筋の動きに連動します。ギリシャ文字の「Ω(オメガ)」のような形になるのでオメガ型と呼ばれます。

オメガ型

11型のシワにボトックスを注入する場合、外側の皺眉筋が相対的に強いので、外側の皺眉筋を中心にに注入します。 1型と同様、鼻根筋には注入しない場合がほとんどです。

オメガ型

具体的には、この画像のように眉毛の上に6か所注入します。
Ic1の部分に皺眉筋に沿って注射器を30度、内側向きに深さ1~2mmに注入します。
Oc1とOc2の部分に皺眉筋に沿って注射器を60度、外側向きに深さ2~3mmに注入します。

横皺型

横皺型

横皺型の場合、眉間の横皺が強く出るタイプです。鼻根筋と皺眉筋の内側が強く、鼻の根本に向かってシワが集まります。

横皺型

横皺型のシワにボトックスを注入する場合、鼻根筋と皺眉筋の内側を中心に注入します。皺眉筋の外側には注入しません。

横皺型

具体的には、この画像のように鼻根筋を中心として3か所注入します。
Ic1の部分に皺眉筋に沿って注射器を30度、内側向きに深さ1~2mmに注入します。
P1の個所に深さ3~6mmで注射器を垂直に注入します。

失敗しないために注入する際に気を付けている事

注入する際に気を付けている事

ボトックスを眉間に注入する際に医師が気を付けていることをご紹介します。
・注入時の痛みを緩和させるために注入部位を指でつまみながら注射針を刺します。
・万が一、瞼が開きづらくなることを防ぐために、眉毛の下にある上眼瞼挙上筋に作用しないように眉を下から押さえ、流れないようにしています。
・ボトックスの薬液が注入時に漏れないように、実際に狙う深さより深く注射針を刺しています。

効果が出るまでの期間

ボトックスを眉間に注入する様子

ボトックスを注入後、2日~3日で効果を感じられます。効果は3、4か月持続します。

治療を受ける間隔

治療の間隔を相談する患者

眉間にボトックスを注入してから、3~4ヵ月経つと効果が薄れ、治療前の状態に戻ります。
そのため、3~4ヵ月間隔を空けて、継続的に注入すれば、シワのない、もしくは目立たない状態をキープすることができます。
ただし、効果には個人差があります。

ボトックスの投入量

ボトックスをアンプルから取り出す

ボトックスは「単位」という単位で投入量を示しています。
鼻根筋や皺眉筋など針を刺す部位に各4単位づつ注入します。
ボトックスが効きすぎた場合は次回から2単位に減らして注入します。

眉間へのボトックス注入が効かない場合

投与単位が適正ではなく少ない場合

ボトックスビスタパッケージ画像

投与単位が適正ではなく少ない場合、効きづらいです。
ただ、適正な量を注入しても、個人差により効かない場合があるので、その場合は、次回注入する際は単位数を多くして注入します。

抗体ができている場合

ボトックスの抗体を説明する医者

患者様の体に抗体ができてしまっている場合もボトックスが効きづらい場合があります。
ボトックスの治療は眼科や脳神経外科でも行われています。海外の文献によると、短い期間に連続して600単位や1,000単位注入すると注入する容量が大きく抗体ができやすいそうです。
美容整形で注入する場合、1単位~200単位です。それに200単位を注入する部位はふくらはぎを痩身したい場合なので、美容整形で顔に注入する場合は、適切な期間を空けて注入すれば、抗体ができる心配はありません。
そのため、眉間にボトックスを注入して効かないことはほとんどの場合ありません。

眉毛が上がる?

眉間の各筋肉の名称を写真で解説

眉間のボトックスを注入した場合、眉毛が上がることはほぼありません。逆に眉毛が下がる場合もほぼありません。
ボトックスを注入することで、眉毛が上がる原因として考えられるのは、皺眉筋より外側にある側頭筋(そくとうきん)に注入して眉毛の外側が上がる場合です。
また、眉毛の内側が下がる原因として考えられるのは、鼻根筋より上にある前頭筋(ぜんとうきん)の下の方に注入して、眉毛の内側が下がる場合です。

眉毛とこめかみのアップ

眉間にボトックスを注入する場合、前頭筋や皺眉筋には注入しないため、眉毛が上下することはほぼありません。
ごくまれに顔が小さい方の場合、筋肉が重なっているので、ボトックスが広がると、側頭筋や前頭筋にも作用するため、少し眉毛の位置が変わる場合があります。

ボトックス注入後の注意事項

注入部位は揉まない

注入部位は揉まない

注入部位を揉むと、ボトックスの薬液が広がり、狙ったところ以外にも効いてしまうため、意図していない筋肉も動かなくなる恐れがあります。
眉毛の上に注入しているため、薬液が目の周りにも広がってしまうと、目が開きづらくなる恐れもあるので、注入後は患部を揉まないようにしてください。
アラガンジャパン社から出ているボトックスビスタは、広がりづらい性質があるので、適切な個所に適切な量を注入すれば、注入後、目が開きづらくなることはほとんどありません。

化粧

化粧

化粧は注入部位以外なら当日から可能です。
注入部位は注入後2日程度避けてください。

激しい運動

注入後の運動についてを説明する医者

激しい運動をすると、血管が膨張し内出血を悪化させる恐れがあるので、注入後は1週間程度、激しい運動はお控えください。

長湯

注入後の入浴についてを説明する医者

長湯も、血管が膨張し内出血を悪化させる恐れがあるので、注入後は1週間程度はお控えください。サウナも同様です。
シャワーや洗顔は翌日から可能です。

経過の症例写真

患者様の比較症例写真

クランチ型の眉間のシワのボトックス治療の経過の症例写真です。
このように2、3日で効果を実感しはじめ、3、4か月を過ぎると徐々に効果を感じられなくなります。
16週間後も注入直後ほどではないですが、眉間にシワが寄らず、効果があります。
そのほかの症例写真はコチラ。

ボトックス ビスタのシワ治療

ボトックスビスタでの治療を説明する医師

アラガン・ジャパン社が製造販売している、「ボトックスビスタ」を使用するシワ治療についてご紹介しています。

ボトックスビスタに対しての共立美容外科の取り組みや、治療の流れ、部位別の値段についてご紹介しています。

眉間のシワへのボトックスビスタ®の概要

施術料金(概算) ¥22,000
手術時間 5分
カウンセリング当日の治療
入院の必要性 なし
仕事・外出
その他特記事項 特になし

料金に関する詳細が知りたい方

  • 表示料金は目安の金額となります。
  • 術後のアフターフォローもしっかりしております。追加料金は一切かかりません。いつでもご遠慮なく、担当医にご相談ください。

最新の日本美容外科学会 学会長としてのご報告

最新の日本美容外科学会 学会長としてのご報告

2019年4月に行われた、第107回日本美容外科学会で共立美容外科・歯科の理事長の久次米秋人が務めました。

2020年は日本美容外科学会が中止となりましたので、2021年時点で最新の美容外科学会になります。

当学会では、2日間にわたり、特別講演やシンポジウムなど30ものプログラムを通して、国内外から参加した登壇者と参加者とが一丸となり、美容医療の発展に寄与しました。

当院としても、移り変わる社会からの美容医療への要求に対して、お応えできるよう日々研鑽(けんさん)を積んでまいります。

また、第109回日本美容外科学会は2021年5月26日、27日を予定しています。

学会の様子についてはこちらをご覧ください。

内閣府認定 日本美容医療協会

日本美容医療協会(JAAM)

日本美容医療協会(JAAM)は、内閣府から認定された美容分野の公益社団法人です。

「すべての人に美しくなってほしい」ことを目的としています。
当院の久次米秋人理事長と、野本俊一医師は日本美容医療協会の理事として、皆さまと専門医をつなぐ架け橋になるよう努めています。

当協会は美容分野で唯一、内閣府より公益社団法人の認定を受けています。

様々な科目の専門医が在籍

様々な科目の専門医が在籍

当院には、様々な科目の専門医が在籍し、当サイトも執筆、監修しています。

例えば、日本形成外科学会が認定する形成外科専門医、日本外科学会が認定する外科専門医、日本麻酔科学会が認定する麻酔科専門医、日本脳神経外科学会が認定する脳神経外科専門医、日本抗加齢医学会が認定する専門医、日本外科学会が認定する外科専門医、日本救急医学会が認定する救急専門医、日本旅行医学会が認定する認定医、日本禁煙学会が認定する認定指導医です。

また、日本美容医療協会理事で厚生労働省認定臨床研修指導医でもある日本医科大学付属病院の野本俊一が在籍しています。

様々な科目の専門医や出身者による総合的な医療の上に成り立っているのが、共立美容外科なのです。

定期的な研修や勉強会を開催し、IMCAS(世界皮膚老化会議)などの参加を通じて、医療技術の向上に努めています。学術研究についてはこちらをご覧ください。

医学博士も在籍

医学博士も在籍

当院には、医学博士の新妻 克宜医師が在籍しています。

学会発表などアカデミックな視点からも、美容医療の向上に努めています。そして、全ての医師が解剖学を学んでいます。

救急科専門医と麻酔科専門医が在籍

救急科専門医と麻酔科専門医が在籍

日本救急医学会が認定する救急科専門医で麻酔科認定医のの児玉肇医師や救急科専門医で麻酔科専門医の岡田大輔医師が在籍しています。感染症予防など「未然に防ぐこと」に対して積極的に取り組んでいます。

さらに、ヒヤリ・ハット事例を、収集、分析し「何かあった時の対応」に対しても取り組んでいます。

その他、各専門医の情報については、こちらをご覧ください。

早稲田大学の経営管理研究科と提携

早稲田大学の経営管理研究科と提携

共立美容外科は早稲田大学の経営管理研究科と2017年から2021年現在まで、提携講座を開設しています。当院のスタッフが、接遇サービスや、おもてなし、どのようなクリニックが選んでいただけるかといった講義を行っております。

また、「真っ当な医療を患者様に丁寧に届ける」という企業理念を崩さないことが大切であるという話もしています。この理念は、クリニックとして開院以来30年間一貫しています。

当院のサービス向上部門には、早稲田大学大学院のMBAや博士課程のスタッフが複数名在籍し、スタッフの人材育成に努めています。早稲田大学との提携講座を通じ、患者様にご満足いただけるような接遇サービスの向上に日々、努めています。

「日本美容外科医師会」認定医療機関

「日本美容外科医師会」認定医療機関

「日本美容外科医師会」は、美容外科医が中心となり、美容医学の推進と美容医療の質向上を目的として結成された特定非営利活動法人です。

所属するには、以下の条件を満たしていなければなりません。

院長は医師会の会員であること
共済会に加入して三年以上であること
過去に重大事故(後遺障害3級以上)をおこしていないこと

さらに、以下の審査項目があり、これらも認定への大切なポイントとなります。

美容外科110番でのクレーム状況
美容外科への貢献度
医師としての倫理感
手数料、更新料の支払状況

これらの審査基準を満たして日本美容医師会に所属しているということは、クリニック選びの重要な指針となるはずです。

また、当院の久次米秋人理事長は、日本美容外科医師会の理事として美容医療を通じて医学の進歩と社会の福利に貢献するよう努めています。

新型コロナウイルス感染症に対する院内の取り組み

新型コロナウイルス感染症に対する院内の取り組み

厚生労働省対策本部の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の見解(令和2年3月9日及び3月19日公表)を受けて、院内の備品、施設の消毒管理、外気の取り入れ(換気)、全てのスタッフの体調管理等を行っています。

詳しくは、下記ページをご覧ください。

ボトックス注射のメニュー

共立美容外科で受けられるしわ治療

このページの監修・執筆医師

  • 医師 新垣 光之(あらかき みつゆき)

    医師

    新垣 光之(あらかき みつゆき)

    • 略歴

      • 1992年
        琉球大学医学部医学科 卒業
        1992年
        第86回医師国家試験に合格(医籍 348734 号 1992年5月26日登録)
        1992年
        琉球大学医学部第一外科 入局
        1998年
        琉球大学医学部第一外科 退局
        1998年
        共立美容外科 入職
        2001年
        共立美容外科 退職
        2001年
        クリア・スキンクリニック那覇 開業
        2018年
        クリア・スキンクリニック那覇 閉院
        2018年
        共立美容外科 立川院 管理者就任

当院は医療広告ガイドラインを遵守しています。